ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

OCNモバイルONEには「OCN光」がお勧め

   

各種、光コラボ事業者が目白押しの昨今、フレッツ光をどの光コラボに転用しようか、悩んでしまうことも多いと思います。

自宅に固定電話やひかり電話がある人は、「光回線を乗り換えませんか?」という勧誘の電話がかかってきたことがある、という人も多いと思います。

光コラボ市場はMVNO・格安SIM同様、熾烈なユーザー獲得争いが繰り広げられているのです。

しかも、光コラボに関しては、一度フレッツ光から転用を実施したら、後戻りができません。また別の光コラボ事業者に変更しようと思ったら、解約してからの新規契約になってしまうため、大きな負担と手間がかかります。

そのためMVNO以上に光コラボでは「素早い顧客の獲得」が至上命題となっているわけです。

 

とはいえ、光コラボもMVNO同様、なかなか選択が難しいです。種類が多すぎて、どこがどうお得なのかイマイチわかりにくいのです。

そんな時は、色々考えるのが面倒になってきたところで、原点に戻って単純に選択するのが一番だったりします。

つまり、ドコモユーザーならドコモ光OCNモバイルONEユーザーならOCN光

実はこういう組み合わせこそが最強なのです。

今回は特に、OCNモバイルONEユーザー向けに、OCN光について、ドコモ光との関連も併せて検証していきます。

ドコモユーザーの方にも、将来のために一読していただくと面白いかもしれません。

 

まずは公式サイトを確認する OCN 光

OCN光とドコモ光+OCNはほとんど同じ

基本的にコラボ光全般にいえることですが、どの光コラボを利用していても、特に自分は「〇〇光を利用しているんだ」と意識することは、ほとんどありません。

大元のサービスであるフレッツ光を使っていようがドコモ光に転用しようが、OCN光だろうが、ほとんど同じです。

アクセスラインであるNTTの光ファイバー部分は、フレッツ光でもコラボ光でも結局同じなので、違いとしてはISP(プロバイダー)でどこを選択するか、という部分だけということになります。

同じドコモ光を利用していてもプロバイダーが違うと速度も快適さも変わってくるので、逆に言えばドコモ光でプロバイダーにOCNを選択している場合と、OCN光を利用している場合とでは、速度などについては理論上同じ、ということができそうです(厳密には違うそうですが)。

大手でバックボーンの強いプロバイダーを選ぶのか、回線は細くてもユーザー数が少なく比較的快適に利用できるプロバイダーを選ぶのか。

ケータイ/スマホとの関連性が高まっている昨今、プロバイダーの選択はますます難しくなってきています。

 

プロバイダーの選択/量販店系とパソコンメーカー系

ISP(インターネットサービスプロバイダー)にどこを利用するか、という問題は、インターネットの黎明期からある大きな問題です。

ただ、自分自身で自らプロバイダーを選択した、というケースはあまりないと思われます。大きな販路である家電量販店で積極的に勧められているプロバイダーを利用している、というユーザーが実は大半なのではないでしょうか。

そのため、積極的にリアル店舗で販売促進されているプロバイダーは大きなシェアを自動的に占めるようになりました。それが、NTTフレッツ光であればセットになるのはやはりOCN、というわけです。

ほかにはヤフーや電力系光サービスが、OCNと同じ家電量販店系のプロバイダーといえます。

それとは別に、パソコンにプリインストールされていることで申込者が増えたパターンとして、かつてNECが運営していたBIGLOBE、かつてSONYブランドだったVAIOからSo-net、富士通パソコンからはNiftyなどがあります。

これらパソコンメーカー系プロバイダーは、当然のことながらパソコンのシェアとも密接につながりがあります。

かつてパソコン市場において大きなシェアを占めていたNECによって、BIGLOBEは拡販されたといっても過言ではないでしょう。

 

プロバイダーのバックボーン最強はOCN

私はかつて合計4社ほどプロバイダーを利用したことがあります。

どのプロバイダーも特徴は確かにあったものの、インターネットの利用環境自体はそれほど変化を感じたことはありませんでした。それがADSLから光への変更など、節目節目で同時にアクセスラインも変更していたこともプロバイダーとしての変化を感じられなかった大きな要因ではあります。

プロバイダーが持つバックボーンの違いによって、インターネットの速度は大きく変わるといわれていますし、自社回線を持つNTTコミュニケーションズのOCNがその内容で強いのは当然といえば当然ですが、個人的にそれを体感できた、と感じたことはありません。

 

逆にOCNの弱みとしては、バックボーンがいくら強くても、会員数が多すぎることで混雑し、実際の速度に回線の太さが反映されないこともあるのです。その点は良し悪しです。

道が狭くても、通る自動車がほとんどいなければ道路は事実上自分の独占状態となり、実に快適に運転できるというわけです。

ただし道が狭いと、少し交通量が増えただけで大渋滞になりかねず、そしてその状況をなかなか解決できないという可能性があることは一つのリスクです。そう考えるのであれば、多少混雑していても、定期的な拡張工事が行われたり、技術や工事資金のある大手を選択する方が合理的と考えることもできます。

このあたりの考え方はそれこそ人それぞれです。

 

ただし、客観的な事実として、OCNはアジアで唯一の「Tier 1」の称号を持つISPです。

Tier 1とは、インターネットの品質を上位プロバイダーに頼ることなく、自らをコントロールできる世界規模の広域IPバックボーンを有するISPグループのことを指すということで、世界でも数社のみしか存在しません。

この強みはOCNが持つ、他のプロバイダーに対する絶対的な優位性と言えます

 

OCN光とドコモ光はどちらが得か

私はドコモユーザーであると同時にOCNモバイルONEユーザーでもあります。

ドコモ光を選択することもできたのですが、インターネットのメインがOCNモバイルONEだったこともあり、光コラボではOCN光を選択しました。

OCN光はファミリータイプで5100円、マンションタイプで3600円なので、ドコモ光よりも安いのは間違いないのですが、ドコモ光にはドコモ回線からのセット割引があるので、そちらを含めて考えると一見ドコモ光の方がお得に見えます。

 

OCN光 ドコモ光(タイプA) ドコモ光セット割
ファミリータイプ 5100円 5200円 -500円~-3000円
マンションタイプ 3600円 4000円

 

表を見ていただくとわかる通り、ドコモ光セット割引きが光の料金から引かれると考えると、最低でも500円のセット割引があるドコモ光の方が、OCN光の料金より安くなります。

仮にOCNが提供されているドコモ光のタイプBだったとしても、データMパック以上を利用していれば800円の割引になるので、ドコモ光が有利です。

 

しかし、ドコモ光が安いと感じるのはそこまでの話です。ここで一旦立場が逆転します。

なぜなら、OCNモバイルONEとドコモの回線を比較すると、確実にOCNモバイルONEが安くなるためです。

「ドコモ光+ドコモスマホ vs OCN光+OCNモバイルONE」であれば、後者の圧勝です。

そのため、私はOCN光を選択しました。

ちなみにOCN光にもOCNモバイルONE利用時に適用される、OCN光モバイル割があります。額は少ないですが、月額200円割引が適用されます。

 

ドコモ光だとセット割以外にもdカード GOLDが大活躍

「OCN光の方がお得なのでOCN光にして、同時にOCNモバイルONEを利用しよう」、という流れは個人的にはお勧めですが、「確かにお得かもしれないけど、ドコモから離れるのは不安」という人も少なからずいると思います。

そんな時には、dカード GOLDの存在を思い出しましょう。

ドコモ光の料金は、dカード GOLDを所有していれば、ポイント還元率が実に10%になるのです。

つまり、戸建てタイプAの5200円も、10%ポイント還元と考えると520円引きの実質4680円になり、非常にお得です。

それ以外にも、年会費1万円がかかってもそれでも単独でもお得なdカード GOLDには注目しておきたいところです。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか/年会費1万円を回収する方法まとめ

 

OCN光・ドコモ光は一方通行/後戻りできない

冒頭でも触れましたが、OCN光にしてもドコモ光にしても、NTT東西のフレッツ光からの転用については、一回限りの一方通行となっています。

たとえば、フレッツ光からドコモ光に転用したものの、やっぱりOCN光の方がいいからOCN光に再度転用、ということはできません。

このケースでは、どうしてもドコモ光からOCN光にしたければ、ドコモ光をいったん解約後、改めてOCN光の申し込みをする必要があります。

これがコラボ光最大のデメリットであり、転用の注意点といえます。

だからこそ、先の先を見据えて、後悔しない選択をしていかなければなりません。

OCN光にするのかドコモ光にするのか、それとも他のコラボ光にするのか。

よくよく考えて答えを見つけ出しましょう。


 - OCNモバイルONE