ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

OCNモバイルONEの容量シェアで家族回線をお得に利用

   

他のMVNOにはあまり見られないOCNモバイルONE独自機能の一つが、複数SIMを利用しての容量シェアです。

主に家族で利用する場合に重宝するサービスであり、うまく活用できるとそれこそ格安で利用することができます。

具体的に容量シェアとは何か、家族分の回線を追加したいときにはどうすればいいのか、詳細を検証していきます。

関連記事:「OCNモバイルONEがMVNO最強な理由

ファミリー利用は複数SIMで容量シェアを活用する

 

ファミリーでOCNモバイルONEを利用する場合、それぞれ単独でプランを選択するのではなく、メインとなる回線に追加する形で「容量シェア」を利用すると、お得に利用することが可能です。

 

例えばデータ専用プラン3GB1100円を利用しているとします。その容量をシェアする形で2枚目のSIMカードを追加すると、追加SIM分の料金が400円かかります。

つまり、1100円+400円=1500円で二台を3GBで利用可能となります。

 

最大5枚までSIMカードを追加できるため、1100円×1台+400円×4台=2700円で最大5台を利用できる計算になります。ただしデータ容量は5台で3GBなので、かなり控えめに利用する必要はあります。

利用容量がもっと多くなるのであればもっと容量が大きいプラン(5GB、10GBなど)をシェアすることもできますし、逆にまだ少ないとか、日ごとのデータ容量に設定したいのであれば、110MB/日コースに容量シェアを追加することもできます。

 

OCNモバイルONEの容量シェアはデータ分け合い

前述したとおりOCNモバイルONEの「容量シェア」は、1契約の中で複数のSIMカードを利用している場合、利用しているすべてのSIMカードで通信容量を共有することが出来るサービスです。

つまり、夫がメインでOCNモバイルONEのSIMを利用している家庭において、一緒に妻もOCNモバイルONEのSIMカードを利用しようと考えた場合、まったく別に新しい契約を作ることももちろんできるのですが、それをせずに契約は夫の1契約のみにしておき、追加で妻のSIMカードを発行、「容量シェア」で2枚のSIMカードを同じ容量内で利用する形となります。

 

例えば夫は通信容量を非常にたくさん使うけれども、妻はほとんど使わない、というケースの場合にメリットがあります。

個別に3GB×2回線契約すれば1100円×2回線で2200円かかるところが、メインを6GBにして容量シェアでSIMを1枚追加する方が、1850円で済むため料金は安くなります。同じ容量内でシェアする回線数がさらに増えれば、その分お得になります

 

OCNモバイルONEの容量シェアは音声プランでも可能

 

ここまで見てきた内容はすべて、データ通信専用プランでしたが、容量シェアはデータ通信専用プランのみというわけではなく、音声通話付きプランでも利用可能となっています。

音声対応SIMにした場合は、上記の料金に+700円がかかります。

 

1100円+700円=1800円

400円+700円=1100円

 

2枚合わせると、2900円で、2枚の格安音声対応SIMを、3GB/月で利用することが出来るようになります。

仮にこれが、ドコモなどの大手キャリアの場合であれば、2台で軽く14000円~18000円程度はかかることを考えれば驚きの安さです。

もちろん、わざわざ容量シェアしなくても、2枚のそれぞれ別契約のOCNモバイルONEの音声対応SIMカードを利用することもできますが、料金的には容量シェアの方が有利です。

仮に別契約にしても、上記のケースなら1800円×2台の3600円でそれぞれ3GB利用できる形となるために、どちらにしても安いことには変わりがないのですが、その上さらに無駄を省くという意味では、容量シェアをうまく活用することが出来ると非常にお得になります。

 

容量シェア利用時の通信制限は全員に影響する

注意点としては、容量シェアを利用するということは、限られた容量を全員で利用するわけなので、思いのほか一人がたくさん利用してしまうと、早めに速度制限が発生してしまう可能性もあります。

その場合、当然のことながら容量シェアをしている全員が速度制限の影響を受けてしまいます。この辺りは、ドコモのシェアパックと全く同じ考え方ですね。

家族が多ければ多いほどこうした他の家族の利用状況によって通信制限という影響を受けてしまう可能性は高くなります。

あらかじめ、全員の利用容量をある程度把握したうえでプランは設定しておきたいところです。

 

OCNモバイルONEアプリなら家族分まで利用状況がわかる

 

容量シェアを実施している場合、OCNモバイルONEの専用アプリを利用すれば、自分の利用状況以外に家族の利用状況まで、しっかりリアルタイムでチェックすることができます。

非常に使い勝手のいいアプリなので、ぜひ有効活用したいところです。

誰がいつ、どれくらい利用したのか。先月やその前の利用はどうだったのかなど、細かく分析も可能です。自分と家族の利用容量を把握するのに活用できます。

データ容量のコース変更は、そのうえで改めて検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

OCNモバイルONEで容量シェアするためのSIM追加方法

SIMカードの追加は、OCNマイページ(会員サポート/手続き)のサイトにログインした上で手続きを簡単に実施できます。

 

 

「OCNモバイルONEに関する手続き」を選択します。

 

 

「SIMカード、端末の追加」を選択します。

 

 

データ通信専用SIMと音声対応SIMのどちらを追加するのかを選択します。

 

 

そうすると、現在の利用状況が確認でき、それに追加してどういうSIMを追加するのかを選択できます。SIMカードを追加した場合の手数料も確認できます。

 

 

microSIM、nanoSIMなど、種類を選択できます。対応機種のSIMカードサイズが何なのか、間違わないように注意しましょう。あとは送付されてきたSIMカードを利用したいスマホ端末に入れてAPN設定をすれば完了です。

OCNモバイルONE公式サイトOCN モバイル ONE

 - OCNモバイルONE