ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

おかわりSIMの利用容量をMy b-mobileで調べる方法

      2017/11/11

5段階定額で人気のb-mobile「おかわりSIM」。

データ専用プランで1GBまで月額500円から利用可能であり、上限が5GB1500円となっています。

できる限り料金を抑えて利用したい場合には1GB以内にデータ容量を抑える必要がありますが、そのためにはポイントポイントでの利用容量の確認が必須となります。

利用している中で、どうやって通信に利用した容量を確認できるのか、検証します。
※関連記事:「おかわりSIM/b-mobile・詳細評価レビューまとめ

おかわりSIMの当月データ利用量確認はMy b-mobileから

おかわりSIMの当月データ利用量を確認する場合には、「My b-mobile」を見る必要があります。

My b-mobileは、b-mobileのサイト内にあり、b-mobile「おかわりSIM」の利用開始登録をした際に決めたはずの「b-mobile ID」と「パスワード」でログインすることができます。

 

b-mobiledata03

 

ログインすると次のような画面に遷移します。

 

b-mobiledata

 

SIMカード電話番号が表示されていますので、おかわりSIMの番号と間違いないか確認しましょう。

以下にサービス名と当月利用データ量があります。実際確認するのはこの当月利用データ量のみですが、下部の「月額基本料の目安」は地味に役立ちます。どれくらいの容量を超過したらいくらになるのか、というのは確かに咄嗟にわかりにくいので、この点は親切設計と言えます。

そちらで確認すると、とりあえず500円内で抑えるための目安は1000MB=約1GBであるとわかります。

おかわりSIMの特徴として、開始日からの一ヶ月、という形で計算されているので、他のMVNOのように月初から月末までで基本料金がかかるというシステムではないので、注意が必要です。

わかりにくいと感じる場合は、月初に利用を開始するのも一つの方法です。

 

b-mobiledata02

 

さらに同じ画面の下部には、請求明細の確認や、SIMサイズの変更/再発行、解約などの項目が用意されています。あまり利用する頻度は高くないかもしれませんが、一応抑えておきたいところです。

 

おかわりSIMの利用容量確認はリアルタイム反映するのか

おかわりSIMを利用していく中で、実は非常に大事なのが利用容量の確認がリアルタイムでできるかどうか、という点です。

実際に使った分が、即座に具体的な数字としてわかるかどうかで、利便性に大きな差が出てきます。

 

例えばSo-netの「0SIM」の場合、利用データ容量の確認は専用サイトに毎回ログインする必要があり、しかもリアルタイムで反映しないため、利用状況に気を付けながら使っていく必要があります。これでは、料金が気になってなかなか安心して利用することができません。

逆にOCNモバイルONEの場合、優秀なデータ使用量確認アプリがあり、利用した容量をリアルタイムで確認ができます。そのため、月コースでも日コースでも、通信を利用した後に都度、使用容量を確認すれば、安心して利用することができます。

 

ではおかわりSIMはどうかというと、So-net「0SIM」により近くなっています。

前述したMy b-mobileの専用サイトから確認が可能となっており、そしてリアルタイムではデータ容量が反映されません。

それでも、0SIMのように何時間も遅れる、ということはなく、約1時間ほどで反映はされるようです。

 

おかわりSIMにデータ利用量確認アプリは存在しないのか

おかわりSIMの当月利用データ量は、My b-mobileの専用サイトより確認が可能ですが、OCNモバイルONEのような便利な専用アプリは存在しないのでしょうか。

その答えは、2016年2月時点ではそうしたアプリは存在しません。

So-netの0SIMにしてもそうですが、段階性プランだからこそリアルタイムで利用容量が反映されるアプリなどが是非欲しいところですし、また、そうでなければついうっかりデータ利用量を超過してしまい、最低料金で抑えられず思ったよりも高額になってしまうというケースを期待しているのではないか、と邪推したくもなります。

そのため、是非今後の要望としておかわりSIMにもこの点に関しては改善を期待したいところです。

 

おかわりSIMの使い勝手

データ利用量の確認は、データ通信の利用量によって月額料金が変わってくるプランにおいては必須の機能といえます。

データ通信利用量とはもともと非常にわかりにくく、あまり使っていないと思っていたら予想以上に使っていたり、逆にかなり使いすぎたと思ってもそれほど利用されていなかったりと、なかなか思うようにいかないものです。

だからこそ、その利用容量の確認方法は非常に大事なのです。

おかわりSIMの当月利用データ量については、どれくらいの時間で反映されるのかを確認した結果、一時間程度で反映されました。ただ、その一時間のずれが予想外に大きく影響したりしますので、料金を一定額で抑えたいと考えているのであれば、注意しながら利用しましょう。

 - ドコモとMVNOの裏