ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」がドコモdtvにて一斉大量配信

   

大人気アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の劇場版及びテレビアニメ版が、ドコモのdtvにて大量一斉配信を開始しました。

2016年7月23日公開予定の最新作「ONE PIECE FILM GOLD」の公開記念特集ということです。

今まで劇場版ワンピースを観ることが出来ていなかった人も、大ファンで全作網羅してきた人も、最新作を観る前の復習として、改めて観放題で視聴することができるようになっています。

どうすればスマホで、タブレットで、パソコンで、そしてテレビで、ワンピースを思う存分視聴することが出来るのか、再確認していきます。

ドコモ「dtv」を申込む/「dアカウント」を準備

今回の「劇場版・ONE PIECE」「テレビアニメ版・ONE PIECE」は、ドコモの映像系サービス「dtv」での配信となりますので、当然のことながらdtvの契約をしないと観ることができません。

dtvの契約をするためには、ドコモの回線契約dアカウントが必要になります。

ドコモの回線契約を持っているのであれば、ドコモショップドコモインフォメーションセンターで申し込むこともできますし、WEB上のMy docomoから申し込むことも可能です。その際はドコモユーザーであってもdアカウントが必要です。

ドコモ回線を持ってない場合、つまり他社ユーザーの場合には、dアカウントはドコモのdアカウントポータルサイトで簡単に発行することができます。

このdアカウントさえ取得してしまえば、あとはdtvのサイト上より簡単に申込みが可能となり、その上ですぐに視聴もできるようになります。
※「dアカウントを理解する

 

ONE PIECE(ワンピース)を31日間無料視聴

dtv最大のメリットは、初回申し込み時31日間無料の存在です。

そのため、「とりあえずお試しで」という気軽な申し込みが可能となるのです。

しかしこの31日間無料があるがゆえ、販売店における「ベタ付け」なる悪徳手法がなくならないわけでもあるので、デメリットとしてネガティブに考えることもできます。
※「ドコモ機種変更時の自動付帯強制オプションまとめ

ただし今回は、ONE PIECEを視聴するために実際にdtvに申し込みをしたいので、31日間無料は有利に働きます。

観るだけ観たら、料金がかかる前に解約することも可能なわけです。dtvの月額料金は500円

注意点としては、例えば以前ドコモの機種変更を実施した際に、dtvを例によってベタ付けされており、その上で後日解約したことがある人の場合、以前一度dtv申込み実績があるということで、今から再度dtvの申し込みをしても31日無料期間は適用されません。

特に必要もないときにせっかくの無料期間を消化し、本当に必要な時には利用できないという大いなる矛盾が発生する瞬間です。

そんなときには、改めて一つ、ドコモ回線と紐づかない別のdアカウントを作り、そのdアカウントでdtvを申込みすればOKです。そうすると、そのdアカウントではdtvが初回申込みとなるため、31日間無料が適用されます。

 

dtvで見ればONE PIECEをレンタルしなくてもいい

これは非常によくあることだと思いますが、シリーズものの新作映画が公開される直前は、その新作映画の旧シリーズがよくレンタルされる傾向にあります。

せっかくだから前作を見た上で再新作を見たい、改めて旧作を見て、テンションを上げて最新作を視聴したい、という人が少なくないということだと思われます。

そのため、最新映画公開直前にDVDのレンタルショップを覗いてみても、同シリーズの旧作が軒並み貸出されており、まったく借りることができなかった、という経験はないでしょうか。

私も昔同様の体験をしたことがあります。普段はそんなに観たいとも思っていないのに、観たいと思った時に観られないというのは、なかなかのストレスだったりすると思います。

だからこそ役立つのが、今回のようなdtvの公開直前特集です。

dtvで視聴できれば、レンタルなんてする必要はまったくありません。自宅に居ながらにしていつでも視聴でき、しかもわざわざ返却をしたりする必要もないわけです。

「ベタ付けオプション」と考えると邪魔で仕方なく思われるdtvが、必要を感じた時には神サービスに思えたりするから不思議なものです。

 

dtvで視聴可能な劇場版・ONE PIECE一覧

では、dtvで視聴可能なONE PIECEをまとめてみます。

 

【劇場版】

第1作「劇場版 ワンピース」

第2作「ワンピース ねじまき島の冒険」

第3作「ワンピース 珍獣島のチョッパー王国」

第4作「ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険」

第5作「ワンピース 呪われた聖剣」

第6作「ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」

第7作「ワンピース THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵」

第8作「ワンピース エピソード・オブ・アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」

第9作「ワンピース エピソード・オブ・チョッパー + 冬に咲く、奇跡の桜」

第10作「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」

第12作「ONE PIECE FILM Z」※6月はレンタル配信・7月より見放題作品へ

 

劇場版第1作から第12作まで、第11作「ONE PIECE 3D 麦わらチェイス」を除く11作品が見放題で公開されます。

第12作の「ONE PIECE FILM Z」だけは、6月末まではレンタル配信されていますが、7月1日より見放題となるため、7月に入ってから視聴すればいいでしょう。

それぞれストリーミング再生およびダウンロード再生に対応しており、視聴可能デバイスもAndroid、iOS、WindowsPC、Mac、dtvターミナル、スマートTV dstickと各種デバイスで視聴できるようになっています。
※「dtvターミナル利用設定まとめ

モバイルデバイスからのテレビ出力としては、Chromecast、HDMIケーブル出力にも対応しています。

視聴画質については、「きれい」「すごくきれい」「HD」から選択可能です。

データ容量は画質により変わりますが、Wi-Fi環境であればやはりHDを選択して綺麗な画質で観たいところです。

ドコモのLTE環境やMVNOでのLTE利用であれば、当然データ容量を節約しないとすぐに上限到達してしまう可能性が高いため、「きれい」画質が推奨です。それでも何話も視聴するのは少し苦しいかもしれません。

MVNO利用中の場合には、「LTE使い放題」を提供しているDTI SIMやU-mobileを利用したいところですが、直近3日のデータ容量が多くなりすぎると制限をかけられてしまうので、やはり注意する必要があります。

 

他に、テレビアニメ版のワンピースも、1話から700話以上まで、視聴が可能です。

この機会に今までワンピースをまったく見たことがなかった人も、全話一気に視聴してみてはいかがでしょうか。

700話なので、1話20分としても230時間を超えます。1日10時間見ても1ヶ月近くかかります。

そこまでいくと、もはや拷問のようにも思えてきますが、ワンピース愛があればきっと可能です。ワンピース・テレビ/映画・全話視聴マラソンをこの機会に楽しんでみましょう。

 - ドコモのサービス情報の裏, ドコモのキャンペーン情報の裏