ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

パケットパック海外オプションをわかりやすくまとめてみる

   

ドコモより、新しい海外サービス「パケットパック海外オプション」が発表されました。

パケットパック海外オプションは、「海外1dayパケ」に変わる新しい海外パケットサービスで、2018年3月15日より提供開始されます。

それに合わせて、現在展開されている海外1dayパケは3月14日をもって提供終了となります。それ以降も、現在利用している人はそのまま継続して利用することが可能です。

 

パケットパック海外オプションは、海外1dayパケと比べて何がどう変わったのでしょうか。

内容を確認していきます。

関連記事:「dカード GOLDは海外旅行保険という観点から検証すると絶対的にお得

パケットパック海外オプションの詳細内容

パケットパック海外オプションを一言でいえば、定額980円で開始から24時間、世界205の国と地域において日本国内と同じ通常速度でインターネットを利用することができるサービスです。利用可能なデータ容量に関しては、国内のデータパック、シェアパックなど申し込みされているパケット容量分だけ利用できる形となります。

詳細情報をまとめておきます。

主な対象国と地域の定額料

定額料 対象国と地域
980円 世界205の国と地域に対応(渡航者カバー率99%)

 

「定額料」というのは毎月かかるというわけではなく、1回あたりの料金で、利用開始をした時に初めてかかる形となります。

スタートより24時間を980円で利用可能になる、というわけです。

例えば24時間経過後、再び利用する場合には再度980円がかかります。

逆に言えば、申し込みをしていても日本国内にいて利用することがなければ一切料金はかかりません。

そのうち海外に行く可能性がある、という場合にはあらかじめ申し込みをしておけば便利です。

このあたりの内容は、海外1dayパケと全く同じなので、今まで海外1dayパケを利用していた人であればすぐに理解できると思います。

 

利用条件

課金単位 渡航先で利用開始操作をしてから24時間
対象通信 「パケットパック海外オプション」対象通信事業者を利用したパケット通信
適用条件 「WORLD WING」
インターネット接続サービス「spモード」
国内のパケット定額サービス
その他 ・「パケットパック海外オプション」はご契約中の国内パケット定額サービスのデータ量を利用
・「パケットパック海外オプション」を利用したデータ量が、「データパック」「シェアパック」などの
データ量上限がある国内パケット定額の国内利用分と合わせ、当月のご利用可能データ量を超えた場合、
国内と同様に当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsとなります
・なお、上限に到達した際も「1GB追加オプション」などを利用すれば、国内と同様に海外でも
通常速度で利用可能となる。

 

海外1dayパケと大きく異なるのが、利用可能なパケット容量が、国内のパケットパック、シェアパックの容量分であるという部分です。

超過した場合、国内の場合同様速度制限がかかり、送受信最大128kbpsとなります。

もしスピードモードの利用がある場合には適用されますし、1GB追加オプションを利用することも可能です。

 

ちなみに海外1dayパケでは通常一日30MBまでしか利用できず、それを超えたら送受信最大16kbpsとなります。

 

提供・受付開始日時

2018年3月15日、0時(日本時間)より。

※海外1dayパケが3月14日で新規受付終了。

 

申し込み受付窓口

インターネット受付:My docomo

電話受付:ドコモインフォメーションセンター

ドコモショップ・ドコモワールドカウンター等での店頭受付

 

利用開始方法

「パケットパック海外オプション」の申込み後、渡航先にて下記1、または2どちらかの利用開始操作を行うことで「パケットパック海外オプション」を利用できます。

 

1.ドコモ海外利用」アプリから利用開始操作を行う。渡航先で「モバイルデータ通信」と「データローミング」を「オン」にしてから行う。「ドコモ海外利用」アプリを活用。

2.WEBブラウザから利用開始操作を行う。渡航先で「モバイルデータ通信」と「データローミング」を「オン」にしてから行う。

 

基本的には、海外1dayパケの利用方法と同じです。

「ドコモ海外利用」アプリは現在も提供されていますが、サービス開始後の3月15日に新しいアプリか更新データのいずれかが提供されるようです。

 

パケットパック海外オプション・対応機種

・iOS 9.0以上のiPhone/iPad

・Android 4.3以上のドコモスマートフォン、ドコモタブレット

 

対応の国と地域

北米 アメリカ(本土)・アラスカ・カナダ・グアム・サイパン・ハワイ
アジア 韓国・台湾・中国・香港・インド・インドネシア・カンボジア・シンガポール
スリランカ・タイ・ネパール・パキスタン・バングラディシュ・東ティモール
フィリピン・ブータン・ブルネイ・ベトナム・マカオ・マレーシア・ミャンマー
モンゴル・ラオス
オセアニア オーストラリア・クック諸島・サモア・ソロモン諸島・トンガ・ナウル
ニュージーランド・バヌアツ・パプアニューギニア・パラオ・フィジー
仏領ポリネシア(タヒチ含む)・ミクロネシア連邦
ヨーロッパ アイスランド・アイルランド・アゾレス諸島・アルバニア・アルメニア
アンドラ・イギリス・イタリア・ウクライナ・ウズベキスタン・エストニア
オーストリア・オランダ・ガーンジー・カザフスタン・カナリア諸島・キプロス
ギリシャ・キルギス・グリーンランド・クロアチア・コソボ・サンマリノ
ジブラルタル・ジャージー・ジョージア・スイス・スウェーデン・スペイン
スペイン領北アフリカ・スロバキア・スロベニア・セルビア・タジキスタン
チェコ・デンマーク・ドイツ・トルクメニスタン・トルコ・ノルウェー・バチカン
ハンガリー・フィンランド・フェロー諸島・フランス・ブルガリア・ベラルーシ
ベルギー・ポーランド・ボスニアヘルツェゴビナ・ポルトガル・マケドニア
マディラ諸島・マルタ・マン島・モナコ・モルドバ・モンテネグロ・ラトビア
リトアニア・リヒテンシュタイン・ルーマニア・ルクセンブルク・ロシア
 中南米 アルゼンチン・アルバ・アンギラ・アンティグアバーブーダ・ウルグアイ
英領バージン諸島・エクアドル・エルサルバドル・オランダ領アンティル
ガイアナ・キューバ・グアテマラ・グアドループ島・グレナダ・ケイマン諸島
コスタリカ・コロンビア・ジャマイカ・スリナム・セントクリストファーネイビス
セントビンセントグレナディーン諸島・セントルシア・タークス諸島・カイコス諸島
チリ・ドミニカ共和国・ドミニカ国・トリニダードトバゴ・ニカラグア・ハイチ
パナマ・バミューダ諸島・パラグアイ・バルバドス・プエルトリコ・仏領ギアナ
仏領サンマルタン・ブラジル・米領バージン諸島・ベネズエラ・ベリーズ・ペルー
ホンジュラス・マルティニク・メキシコ・モンセラット
中東 アフガニスタン・アラブ首長国連邦・イエメン・イスラエル・イラク・イラン
オマーン・カタール・クウェート・サウジアラビア・バーレーン・ヨルダン
アフリカ アセンション島・アルジェリア・アンゴラ・ウガンダ・エジプト・ガーナ
カーボベルデ・ガボン・カメルーン・ガンビア・ギニア・ケニア・コートジボアール
コンゴ共和国・コンゴ民主共和国・ザンビア・シエラレオネ・スワジランド
セイシェル・赤道ギニア・セントヘレナ島・タンザニア・チャド・中央アフリカ
トーゴ・ナイジェリア・ナミビア・ニジェール・ブルキナファソ・ペナン・マイヨット島
マダガスカル・マラウイ・マリ・南アフリカ・モーリシャス・モザンビーク・モロッコ
リベリア・ルワンダ・レソト・レユニオン

 

全部で205の国と地域が対応しています。日本人の渡航先としては99%がカバーされていますので、ほとんど心配はなさそうです。

ただし、もちろん日本でもそうであるように、場所によっては電波が入りにくかったり全く使えない地域も存在しますので、その点は注意しましょう。

基本はホテルのWi-Fiを有効に活用することを念頭に置いておくと、間違いないと思われます。

 

パケットパック海外オプションの注意事項

音声通話やテレビ電話、SMS、WORLD WING Wi-Fi、公衆無線LANなどは、パケットパック海外オプションの適用対象外となります。

また、ISPサービスとしては「spモード」のみが対応しており、その他「iモード」や「mopera U」は対応していません。

「spモード」および「対象のパケットパック/シェアパック」を申込していることが前提です。

 

海外1dayパケとパケットパック海外オプションは何が違うのか

現状、海外1dayパケを利用しておらず、2018年3月15日以降、パケットパック海外オプションを初めて利用しようと考えている人にとっては、パケットパック海外オプションの内容をそのまま受け入れれば問題ないと思いますが、現行で海外1dayパケを利用している人や、過去に利用したことがある人にとっては、海外1dayパケとパケットパック海外オプションは一体何が違うのかが気になるところだと思います。

そこで、わかりやすく両者を比較してみました。

 

パケットパック海外OP 海外1dayパケ
定額料 980円 980円/1280円/1580円
(国・地域による)
対象国と地域 205の国・地域 104の国・地域
課金単位 渡航先で利用開始操作をしてから24時間
通信容量 国内パケットプランの容量分 30MB/日
制限後速度 128kbps 16kbps
申し込み 必要

 

現在、海外1dayパケは、「とことん使いホーダイキャンペーン」が展開されています。新規受付が終了する3月14日まで、そのキャンペーンは継続しますので、それを踏まえて比較しないと意味がないのですが、とりあえず上記は通常スペックでの比較です。

パケットパック海外オプションの優位性として、まず対象となる国と地域が205となり、海外1dayパケの倍になっています。

さらに、海外1dayパケの最大容量が一日30MBとかなり少ないのに対して、パケットパック海外オプションではパケットパック・シェアパックの容量分利用することができるため、例えばデータMパックを利用していれば、最大5GB利用することが可能となります。

仮に利用可能容量を超過してしまった場合も、海外1dayパケだと16kbpsというかなり遅い速度に制限されてしまうのに対して、パケットパック海外オプションでは国内と同じ128kbpsなので、遅くはなるものの、まったく使えないというわけではありません。

 

こう比較すると、全体的にパケットパック海外オプションが有利になっていることがわかると思います。

ただし、海外1dayパケには「とことん使いホーダイキャンペーン」があることを考えると、現在対象の国では容量関係なく使い放題となっているため、そういう意味ではパケットパック海外オプションが開始されると、現状使い放題なのに、パケットパックの容量分しか使えなくなってしまうので、若干不利になる人も出てくる可能性はあります。

つまり、3月にパケットパック海外オプションが開始されることによって、基本的には有利になる人の方が多いと思われるものの、一部逆に不利になってしまうケースもある、ということです。

 

とはいえ、いずれにしてもそれほど極端に大きな違いはありませんので、今までと同じように利用することはできます。

その中で、以上説明してきたような、細かい変更点だけは頭に入れておくといいかと思います。

関連記事:「dカード GOLDの海外特典一覧

 - ドコモのサービス情報の裏