ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモ・カケホーダイライト+シェアパック10詳細まとめ

   

NTTドコモは2016年3月1日より、「シェアパック5」の受付開始に伴い、今まで適用できなかったカケホーダイライトプランとシェアパック10の組み合わせを可能にするよう、カケホーダイライトプラン対応パケットパックを拡大します。

これにより、新しく開始される「シェアパック5」および「シェアパック10」が、新たにカケホーダイライトプランでも利用可能となります。

シェアパック5ではなく、シェアパック10のユーザー視点から詳細を検証してみます。
シェアパック5についての検証は「シェアパック5のメリットデメリット内容まとめ」にて。

現在カケホーダイプラン+シェアパック10の場合にメリット

今まで申込することができなかった、カケホーダイライト+シェアパック10について、2016年3月1日よりいよいよ申込可能となります。

実は今までも申し込みをしようとしたけれどもできなかった、という人も少なくないと思われますので、まずは申込需要はあるのではないかと思われます。

 

メリットがあるユーザーとしては、インターネットなど通信はそれなりに利用する(シェア5では足りない)けれども、通話の利用はかなり少ないという層です。つまり、カケホーダイプラン+シェアパック10を利用しているけれども、通話はそんなに必要ないというユーザーがあてはまります。

この場合、そもそもカケホーダイプランが必要ないため、ライトプランが利用できるなら利用したかった、という層なわけです。

そのため、今回シェアパック10でもカケホーダイライトの申し込みができるようになれば、十分その恩恵にあずかることができるのです。

シェアグループの回線数およびライトプランに変更する回線数が多いほど、料金は値下がりすることになります。

つまり、現状シェアパック10でカケホーダイプランが3回線ある場合、基本料金としては2700円×3回線です。

通話はあまりしないのであれば3回線すべてをカケホーダイライトに変更できるようになります。すると、1700円×3回線となるため、合計で3000円料金が下がる形になります。

 

現在カケホーダイライト+シェアパック15の場合にメリット

今まではカケホーダイライトプランを選択するためにはシェアパック15を選ぶしかありませんでした。そのため通話が少ないユーザーはライトプランを選択するものの、シェアパック15を選ぶほど容量も使わず、実際にはかなり毎月容量を余らせているというケースも多かったのではないかと思われます。

このケースの場合に、今後はカケホーダイライトプランを維持したままシェアパック15をシェアパック10に、それでも余るならシェアパック5に変更できるようになります。

仮にカケホーダイライトプランを維持したままシェアパック15からシェアパック10に変更すれば、それだけで3000円安くなります。さらにシェアパック5まで下げてしまえばさらに3000円安くなり、シェアパック15からすると6000円安くなることになります。

 

シェアパック15(12500円)→シェアパック10(9500円)→シェアパック5(6500円)

 

6000円も浮いてしまうということは、自宅にインターネット環境がない場合には、そちらに浮いた料金分を回してしまうことができると考えることもできます。そうすると、逆に自宅では15GBと言わず使い放題となり、ドコモ光を利用しても料金は今までよりも安くなることになります。

既に自宅にインターネット環境がある場合には、単純にシェアパック15をシェアパック10もしくはシェアパック5に変更することにより、料金をぐっと抑えることができます。

最大6000円も安くなると考えると非常に大きいですね。

 

現在カケホーダイライト+データMパックの場合にメリット

今までそもそもシェアパックを利用しておらず、単独でカケホーダイライトとデータMパックを利用していた、というケースにもカケホーダイライト+シェアパック10の活用ができるようになります。

カケホーダイライト+データMを利用していた場合のパターンとしては、シェアパック10を利用したいけれどもシェアパック10にするとカケホーダイライトが選択できなくなってしまうため、あえてシェアパックを組まずにカケホーダイライト+データMを利用しているようなケースです。

このケースでは、カケホーダイライト+シェアパック10にすることで家族で効率的にデータ容量を利用することができるようになりますし、回線数が多ければ割引のメリットは大きくなります。さらにドコモ光が絡めば、光シェアパック10になることで割引額をさらに大きくすることもできます。

 

カケホーダイライト+シェアパック10にデメリットはあるのか

カケホーダイライト+シェアパック10を利用する場合のデメリットについては、ほとんど存在しません。

何故なら、デメリットを感じるのであれば他のプランを選択すればいい話だからです。

 

たとえば、カケホーダイライトでは無料通話に「1通話あたり5分以内」という制限が付きますが、それがデメリットであると感じるならそもそもカケホーダイライトを選択せずにカケホーダイプランにすればいい話なので問題にはなりません。

もしデータ容量が少なければシェアパック15にすればいいですし、逆に多ければシェアパック5にすればいいわけです。

 

今回のカケホーダイライトプランとシェアパック5、シェアパック10の組み合わせが選択可能になったことによって、プランの組み立ての幅がかなり広くなったという印象です。

様々なケースで、もっとも自分の利用状況にあったプランを選択すればいいのではないでしょうか。

 - ドコモのサービス情報の裏