ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ソフトバンクの「シンプルスタイル」iPhone 5を検討してみた

   

ソフトバンクのプリペイドサービス「シンプルスタイル」において、iPhone 5がオンラインショップで販売開始されました。

プリペイドでもなんでも、安くiPhone 5が手に入るのであれば検討の余地はありそうです。

検証してみました。

ソフトバンク「シンプルスタイル」とは何か

ソフトバンクユーザーでなければあまり耳慣れない単語だと思います。ソフトバンクユーザーでも、使っていなければ知らないかもしれません。

シンプルスタイルとは、ドコモではすでに提供がない、「プリペイドサービス」です。

つまり、超短期の利用に向いており、長く使うことはないけれど、この期間だけケータイスマホが必要、というユーザー向きの契約となっています。

例えば短期で訪日している外国人や、海外駐在が長く一時的にしか日本に帰国しない人などにも使い勝手がいい契約方式と言えます。本当に使いたいときに最低限しか利用しない、というユーザーにも向いています。

後払いの通常契約(ポストペイド)と逆で、プリペイドは前払い方式であり、先に3000円または5000円をチャージして利用するような形となります。電話も通信も、どちらも利用可能です。

 

シンプルスタイルの利用料金

シンプルスタイルは、プリペイドの特徴として毎月の定額基本料金がありません。

それだけでもかなり安く感じると思います。

ただ、チャージ方式なので、最低3000円をチャージしたとして、その3000円分の利用期間は60日となっているため、事実上は月あたり最低1500円がかかるような計算となります。

通話料金は全国一律で6秒あたり8.58円です。つまり1分あたり85.8円です。かなり高額ですね。これはプリペイドなので仕方がありません。プリペイド契約は、あくまで利用が少ないユーザー向けで、通話や通信が多い人には向いていません。

同様に通信についても、2日プラン、7日プラン、30日プランが用意されていますが、最低の2日プランで900円ということで、これはどう受け取るかによります。

通常契約と比較して考えて、ほとんど利用しないユーザーからすればかなり安いと思います。しかし多少なりとも利用するユーザーからすれば、さすがにたった二日で900円は高いと感じるでしょう。

 

「iPhone 5」が安く手に入るお得プラン?

シンプルスタイルでiPhone 5を購入する場合、本体価格は32,184となります。割賦等は利用できず、クレジットカードでの一回払いか、代金引換による現金払いとなります。

無料チャージ額10000円が初めからついているため、初回追加料金を支払ってのチャージをする必要はありません。利用開始手続きを行ってから120日間、10000円分の無料チャージ額を利用することができます。

初期費用として契約事務手数料が3000円かかりますが、チャージ分が必要ないので手数料3000円+端末代金32184円で利用できるようになります。

さて、この価格を高いとみるか、安いとみるかです。

 

iPhone 5は、容量16GBタイプで、新品ではありませんが、Appleの厳しい品質水準を満たすために厳格に再整備を受けた「整備済製品」となっています。ほぼ新品同様と考えていいでしょう。

さらに新品同様1年間の特別保証がありますし、AppleCare+の申し込みをすることも可能です。

 

ちなみに端末入手だけが目的で、契約から1年以内にシンプルスタイルを解約した場合、契約解除料19800円がかかります。あくまで、解約をした場合なので、このルールは他社へのMNP弾の発射台となることを防ぐためのルールと言えます。

基本的にシンプルスタイルはプリペイド契約なので、わざわざ解約をしなくても、そのまま維持していれば維持費はかかりません。初回チャージ分がなくなった後、追加チャージをしなくても360日間は番号を維持できます。

そしてそれを超えると自動解約になり契約解除料もかからないので、どうしても他社に番号を持っていく必要に迫られない限りにおいて、解約したくても一年間そのままにしておいて自動解約になるのを待つ方が解約金を節約できます。

つまり単純に、端末代金32,184円(税込)+手数料3240円(税込)の合計35,424円でiPhone 5が手に入るということです。

 

ネットオークションでのiPhone 5の価格

ここで比較対象として確認しておきたいのは、中古端末市場やネットオークションでのiPhone 5の価格です。

中古のiPhone 5の場合、実は2015年12月時点で、ネットオークションでは2万円を切る価格で取引されており、新品でも3万円を超えているのは稀です。さらには、iPhone 5ではなくiPhone 5sでも、3万円以内で手に入るケースもあります。

そうなると、単純に端末だけを目的とするのであれば、ネットオークション等で購入したほうがお得と言えそうです。

 

ただし、iPhone 5に対する保証を含めて考えるのであれば、1年保証プラス希望すればAppleCare+も利用可能というメリットがあり、ソフトバンクシンプルスタイル版iPhone 5も十分選択肢としてはありとも言えます。

 

シンプルスタイル版iPhone 5はSIMロック解除不可

もしシンプルスタイル版iPhone 5に他社SIMを入れたりMVNOを利用したりする使い方を想定しているのであれば、要注意です。

このiPhone 5は、SIMロックがかけられており、さらにはSIMロック解除が不可となっています。

つまり、通常の利用としては他社SIMを入れたりドコモ系およびau系MVNOのSIMを入れて利用することはできません。

この点は、iPhone 5を様々な場面で利用したいと考えているケースではかなり致命的と言えます。せめてSIMロックがかかっていなかったら、色々な使い道が検討できたのですが。

 

シンプルスタイルとMVNO比較

ここでシンプルスタイルをMVNOと比較してみます。

プリペイドサービスであるシンプルスタイルに対して、MVNOは月額料金を支払っての通常利用(ポストペイド)が可能です。そして、何より格安です。

例えば、シンプルスタイルでは2日プラン900円のデータ通信を、MVNOであれば月額900円で3GBほど利用できる契約が主流です。

通話をつけると追加料金がかかりますが通話料は30秒20円程度の水準なので、シンプルスタイルよりもかなり安い水準です。

そう考えると、通常利用の中ではシンプルスタイルをMVNOに優先して利用するメリットはほとんどないと言ってもよさそうです。あくまでシンプルスタイルは、超短期の利用に特化したサービスであると理解したほうがいいでしょう。

 

シンプルスタイル利用のiPhone 5購入まとめ

・本体代金:32184円(税込) クレジット一括払い or 代金引換現金払い

・iPhone 5 16GB 整備済製品(充電器等備品セット) 1年保証あり AppleCare+申し込み可能 SIMロックあり 解除不可

・契約事務手数料:3240円(税込)

・初期費用:0円 (無料チャージ額10000円付き・登録より120日利用可能)

・パケットサービス:2日プラン(900円)、7日プラン(2700円)、30日プラン(4980円)あり

・契約解除料:契約から一年以内に解約した場合は19800円 MNPポートアウトは手数料3000円~5000円(時期による) ただし、追加チャージせずに360日経過すると自動解約で解約金も発生せず

 

 - ソフトバンクの裏