ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

au テザリングオプション+スーパーデジラはもうすぐ有料

   

現在auから提供されているテザリング機能は、基本的に「カケホとデジラ」を利用している場合には申し込みは必要であるものの、基本料金は無料で利用することができます。

ただし、スーパーデジラ(20GB/30GB)の場合には、キャンペーン期間である2017年4月までは無料とされているものの、それ以降に関してはキャンペーンが終了することにより、通常料金の1000円がかかる形となります。

そのテザリングオプションの無料期間が、もうすぐ終了です。

ドコモのテザリングの内容と合わせて確認しておきます。

auのテザリングオプション無料期間は2017年4月で終了

auでスーパーデジラを利用している場合のテザリングオプションの月額無料キャンペーンは、2017年4月をもって終了となります。

今のところ期間延長という発表もないので、このままであれば予定通り来月以降のauスーパーデジラ利用時のテザリングオプション月額料金は1000円となります。(※1/2/3/5/8/10/13GBの場合は月額料金無料)

今まで何も特に気にすることなくテザリングを利用していた、スーパーデジラ(20GB/30GB)利用のauユーザーとしては、いきなり料金が自動的に1000円高くなってしまうので要注意です。

とはいえ、どうしてもテザリングが必要な場合には外すに外せず、なかなか悩ましい問題となりそうです。

スーパーデジラが開始された当初は、2017年4月といってもまだまだ先のような気がしていましたが、あっという間ですね。

どうしてもこれ以上料金が上がると気になる、という場合には、auからの脱出も含めて検討してみてもいいかもしれません。

au系の格安SIMも、UQモバイルmineoを中心に、最近はずいぶん充実してきています。

その場合、料金が劇的に安くなることだけは間違いありません。

 

ドコモのウルトラパック利用時のテザリング料金

さて、話をドコモに移すと、auのスーパーデジラと同等サービスにあたるドコモのウルトラパックでは、auと同じようにテザリングについて、別料金で月額1000円がかかる形とされています。

ただ、auとの大きな違いとしては、テザリング無料キャンペーンの期間が2018年3月末までとかなり長期に設定されているため、まだあと一年の猶予があります。

もちろんいずれにしてもあと一年で、ウルトラパック利用かつテザリング利用の場合には月額1000円かかる形となるため(事前申し込みが必要です)、今から来たるべき一年後のための準備や対策を考えておいた方がいいでしょう。

 

テザリングオプション有料化への対策

auの テザリングオプションの無料キャンペーン終了に伴う有料化がどうしても困るという場合には、なんらかの対策をとる必要があります。

考えられる方法としては、auのスーパーデジラ(20GB/30GB)をそれ以下の1GB/2GB/3GB/5GBのいずれにかに落とすという方法です。

そうすればテザリングは引き続き無料で利用し続けることができます。ただ、それまで大容量である20/30GBを利用していたところを少なくとも5GBまで落とすのはなかなか難しいかもしれません。

 

そこで、他の方法としては、大容量20GB/30GBを用意しているOCNモバイルONE楽天モバイルなどのMVNOの格安SIMを利用します。

これにより、トータルの料金を抑えながら、テザリングも同時に利用することができます。

 

au ドコモ OCNモバイルONE 楽天モバイル
20GB 6000円 6000円 4150円 4750円
30GB 8000円 8000円 6050円 6150円

 

上記表はauのスーパーデジラ、ドコモのウルトラパック、OCNモバイルONEと楽天モバイルの20GB/30GBの料金比較です。音声通話分の基本料金等を入れると比較がややこしくなるので、データ容量分のみで比較しています。

この料金に加えて、auについては2017年5月よりテザリング料金1000円が、ドコモに関しては2018年4月から同じくテザリング料金1000円がかかります。

格安SIMの安さは一目瞭然ですね。

auのスーパーデジラかつテザリング利用の場合は急いだ方がいいですが、ドコモユーザーの場合はもう少し余裕がありますので、今のうちから将来のために検討を始めておきましょう。

 - KDDI auの裏