ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモ光・v6プラスが繋がっているか確認する方法

   

現在ドコモ光をv6プラス対応の高速Wi-Fiルーターが使えるGMOとくとくBBで利用している場合に、一つ気になることがありました。

この通信は本当にv6プラスで通信することができているのだろうか、ということです。

実際のところ、v6プラスで繋がっていても、IP v6IP v4でつながっていても、本当はどうなっているのかなんてまったくわからないわけです。

もちろん速度を見ればある程度の予測はできるのですが、あまり速度が出ていない時には「ちゃんと設定できているのだろうか?」と不安になることもあると思います。

そんな時に、v6プラスでの通信がちゃんとできているのかどうか、確認する方法があります。

その方法について今回は解説していきます。

関連記事:「GMOとくとくBBの高速Wi-Fiルーターを使ってみたら驚くべき結果が出た

v6プラスで通信できているかを確認する方法

基本的にGMOとくとくBBを利用して、無料のv6プラス対応Wi-Fiルーターもレンタルして使っているのであれば、v6プラスでの通信は問題なくできているはずです。

そのため、一応念のための確認、という意味合いが強くはなりますが、あるサイトにて確認をすることができます。

 

http://v6v4.net/

 

上記サイトにアクセスをすると、すぐに以下のような表示が出てきます。

 

 

これは実際に私が試した結果ですが、「IP v4」と「IP v6」の両方に対応しているような結果が出ます。これはおそらく、v6プラスの特性上かと思われます。技術的なことは詳しくはわからないのですが、v6プラス自体が、IP v6接続を介して「IP v4」接続を提供するような形になっているそうです。

試しにスマホで時間をおいて何度かチェックをしていたところ、時間帯によって「IP v4で接続しています」と表示されたこともありました。

どちらにしても、続けて「v6プラスで接続しているか確認するにはこちら」という部分を選びます。すると、以下のような表示が出ます。

 

 

この表示が出れば、まったく問題なくv6プラスで通信ができている、ということです。何の心配もありません。

もしここで、「v6プラスではありません」という表示が出る場合には、その前の表示のパターンによって対処が変わります。以下の通りです。

 

IP v4で通信しています→v6プラスではありません

IP v6で通信しています→v6プラスではありません

IP v4 IP v6 両方で通信しています→v6プラスではありません

 

それぞれのケースごとに、対処法を見ていきます。

 

IP v4で通信しています→v6プラスではありません

IP v4で通信していますという表記からのv6プラスではない、ということであれば、これは完全にv6プラスではありません

もし他社プロバイダーを利用中なのであれば、そもそもv6プラスに対応していない、またはv6プラスの申し込みがされていない、という状態であると思われます。

GMOとくとくBBを利用していてこの表記が出るのであれば、これはv6プラス対応Wi-Fiルーターを利用できていない、ということです。私がv6プラス対応Wi-Fiルーターを無料レンタルする前まではこの状態でした。

そのころ時間帯による速度低下がひどかったのは、混み合うIP v4のネットワークを通っていたためだったのですね。

v6プラスで迂回路を通り高速通信を利用したいのであれば、早めにv6プラス対応Wi-Fiルーターの無料レンタルをしておきましょう

 

 IP v6で通信しています→v6プラスではありません

このパターンはIP v6には対応しているけれども、v6プラスに対応していないWi-Fiルーターを利用しているようなケースが考えられます。もしくは、正常に設定が完了していない可能性もあるようです。

GMOとくとくBB利用中でこの表示が出るのであれば、やはりWi-Fiルーターが自分で用意したv6プラス非対応Wi-Fiルーターなのか、もしv6プラス対応Wi-Fi[ルーターを利用しているのであれば設定の問題の可能性があるため、一度ルーターを初期化して、30分ほど経ってから再度試してみましょう。

 

IP v4 IP v6 両方で通信しています→v6プラスではありません

この場合にも、Wi-Fiルーターの設定が正しく完了していない可能性があります。そのため、Wi-Fiルーターを初期化して様子を見てみましょう。

ただ、このパターンはあまりないのではないかと思われます。

 

ドコモ光が遅いのではなくIP v4が遅い

いまだにドコモ光は遅い!なんて感想を見かけることもありますが、私の中ではこの件については完全に答えが出ています。

ドコモ光が遅いのではなく、IP v4が遅い(混雑する)のです。つまり、IP v4で接続しているWi-Fiルーターが遅いと言い換えることもできますし、もっと言うならIP v4接続、またはIP v6接続のみを提供しているプロバイダーが遅い、ということもできます。

渋滞が起こっている道と空いている迂回路があるとして、あえて渋滞の道を通る人はいませんよね?

ということは、同じドコモ光でありながらも、v6プラス対応プロバイダーと対応Wi-Fiルーターを選択するのはごくごく自然な流れです。しかもGMOとくとくBBの場合、ここに料金的な差は発生しません。

いくらOCNのように道(バックボーン)が広くても、ユーザーが多くて渋滞が日常的に起こっているなら快適さは望むべくもなかったわけです。

知らないということは怖いことで、こんなに簡単に混雑回避ができたのか、と感じるばかりです。

もしまだドコモ光を検討中の場合には、それを踏まえてドコモ光の詳細を改めて確認した上で申し込みしておきましょう。

関連記事:「ドコモ光は本当にお得なのか

 

v6プラス利用中に比較をしようと思って気づいたある事実

GMOとくとくBBを利用してv6プラス対応のWi-Fiルーターを利用すれば、v6プラスが正しく利用できるようになり、混雑時の通信速度の改善度合が非常に顕著なものになるという事実は既に確認ができました。

そこで、改めて試みに、以前利用していたv6プラス非対応のWi-Fiルーターを利用して通信を試してみようと思ったのですが、この通信は結果としてできませんでした。

以前通信できていたのだからできないわけがないと思っていましたし、ルーターの付け替えくらいすぐに終わるものと思って取り組み始めたのですが、結果かなりの時間を費やしてもWi-Fiルーターをつなぎなおすことができませんでした。

原因が全く分からず、GMOとくとくBBのサポートセンターに問い合わせてみたところ、v6プラスに変更し利用を開始すると、やがてIP v4のルートは閉じられてしまうらしく、IP v4でしか通信ができない以前利用していたWi-Fiルーターはもはや使えないということでした。

まぁわざわざ遅い通信に戻すなんてことは基本的にないと思われるため特に問題はないのですが、例えばもし無料レンタルしているWi-Fiルーターが故障した場合に、修理に出している間に以前のWi-Fiルーターを利用するなんてこともあるかなとぼんやり考えていたのですが、そういう使い方はできないということがわかりました。

ちなみに、強い要望があれば、IP v4につなぎなおしをすることはできるようです。

 

v6プラスでは利用できないサービスがある

その内容を受けて、「v6プラス」利用時に注意しないといけない項目の意味がやっと、理解できました。

v6プラスには、以下のような一部利用できないサービスが存在しています。申込時の注意事項に記載されている内容です。

 

「v6プラス」では一部利用できないサービスあり
・固定IPサービス
・特定のプロトコルを利用するサービス
・一部オンラインゲームなど、特定ポートを使用するサービス
・IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス
・利用可能なポート番号、ポート数に制限があるため、外部へサーバ公開を考えている場合は利用不可

 

おそらく一般的に影響があると思われるのは、「オンラインゲーム」ではないかと思われます。パソコンでもそうですし、据え置き型のゲームでも最近はオンラインに接続するタイプのゲームも多いですよね。たとえばPS4の特定ゲームを利用している場合などには要注意です。

私自身がゲームをほとんどしないのであまり意識したことがありませんでしたが、v6プラスに変えると使えなくなる可能性があるといわれると、オンラインゲームができないと困る人にとってはかなり影響が大きそうです。

最悪その場合はIP v4に戻すしかないと思いますが、それはそれで速度低下に悩まされてしまうという難しい問題があります。

このあたりについては現状どうすることもできませんが、技術の進歩によって改善してくれることを期待するしかなさそうです。

 

いずれにしても、今まで鈍足だったインターネットの速度が劇的に改善するのは間違いないので、こうした注意点には気を付けつつ、うまくドコモ光+v6プラスを活用していきたいところです。


 - ドコモ光