ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

dカード GOLDを申し込むために家族を説得する方法

更新日:

「dカード GOLDのお得さはもう十分理解しているし申し込みも本当はしたいんだけれど、年会費がかかるから家族が許してくれない・・・」と、そんな相談をされました。

正直、dカード GOLDのお得さは「dカード GOLDは本当にお得なのか/年会費1万円を回収する方法まとめ」で語りつくしてあるので、こちらをとにかく隅から隅まで読んでほしい・・・というところなのですが、確かに上記記事にはかなりのボリュームがありますし、情報が過多になりすぎると逆にわかりにくくなってしまったり要点をうまくまとめられず家族を説得できない、ということもあると思います。

そこで今回は、dカード GOLDが確実にお得であるということを家族に納得してもらい、申し込みをするための説得方法を、説明してみようと思います。

ケース別・dカード GOLD申し込み説得方法

相手を確実に説得するためには、そもそも相手が何を重視する性格なのか、何故お得なdカード GOLDの申し込みに反対するのかを理解する必要があります。

まぁ反対する理由の九分九厘は年会費1万円だとは思うので、そこをどう誤解を解いて切り崩していくのかが問われます。

ということで、説得方法を項目ごとに分けて考えてみました。

 

年会費1万円は確実に回収できる、という具体的な数字で説得

説得相手が論理的な性格の持ち主であるのなら、具体的な数字で説得するのが一番です。初年度の年会費についてと、2年目以降の年会費について考えます。

 

dカード GOLD初年度の年会費の元は簡単にとれる、という説得方法

現在dカード GOLDには入会&利用特典が設定されており、dカード GOLDでドコモの支払い設定をし、入会翌月末まで税込2万円以上の利用をすれば、合計11000円分のiDキャッシュバックがもらえるので、既にこの時点で初年度年会費の元は取れています。

「iDキャッシュバックなんてどこで使うの!?」と言われたら、「『まいばすけっと』で毎日買い物してるからそこで使えるよ!」と言いましょう。

「まいばすけっと」が近くにない場合は、マックスバリュやイオンモール等々、イオン系の店舗ならほぼ確実にiDが使えます。

他にも、dカード/dカード GOLDで最大5%お得なローソンやその他大手コンビニ、マクドナルド、ドン・キホーテや東急ストア、サミット、成城石井、マツモトキヨシなどでも使えますし、それでも駄目なら以下のサイトから「iDが使えるお店」をジャンルごとに調べることができます。思った以上に様々なお店で利用できるので、iDキャッシュバックを使い切ることができない、なんてことはまず考えにくいです。

 

iDが使えるお店検索

 

この点がクリアになると、次に言われるのはこんなことでしょう。

 

「初年度はそれでいいかもしれないけれど、2年目以降は何もないじゃない!」

 

まぁ至極最もな反応だと思います。そのため、dカード GOLDのお得さをわかりやすく伝えるためには、初年度のお得さと2年目以降のお得さは分けて説明する必要があるわけです

 

説得のポイント

入会&利用特典で条件を満たせば最大11000円分のiDキャッシュバック(こえたらリボ・キャッシングリボで条件を満たせばさらに2000円分がプラスになりますが、家族を説得するにはハードルがかなり高いので諦めます)

iDはコンビニ、マクドナルド、イオン系店舗、ドン・キホーテ、マツモトキヨシ他多数のお店で使える!

 

 

dカード GOLD2年目以降の年会費回収の説得方法

dカード GOLDで2年目以降の年会費は元が取れない、なんてことはありません。

何故なら、ドコモおよびドコモ光の利用分に対して10%のポイント還元があるから、です。もちろんこれは2年目以降からというわけではなく、初年度からずっと適用です。

仮に自分のスマホ分とドコモ光分あわせて8400円以上の利用があれば、年間1万ポイント以上貯まるので簡単に元が取れます。

 

ただ、ここで注意したいのは、その利用料金の中に割賦の本体代金など、dポイント付与の対象外の料金が多く含まれていないか、という点です。

その場合、貯まると思っていた分ほどポイントが貯まらず、年会費分の1万ポイントに満たない、というケースも考えられます。

そこで、お得さをさらに補強するために、普段の生活でiD決済およびクレジット決済をフル活用すればこんなにお得、という点を説明することにします。

 

普段のiDおよびクレジット利用によるポイント付与は1%なのでそれほど大きくはありませんが、生活にかかわる固定費のほとんどをdカード GOLDに集約することで、生活水準にもよりますが、月あたり400ポイント以上はほぼ確実に貯めていくことができると考えられます。年間4800ポイント以上です。

となると、ドコモ利用分で貯まった分と合わせれば、ほぼほぼ1万ポイントは超えるのではないでしょうか。

もし、生活水準が高めで毎月の利用料金がそこそこ大きいのであれば、dカード GOLDに支払いを集中させることで、年間利用額特典最大2万円分も狙えてかなりお得です。

 

それでも一点だけ、例えばまだスマホを利用しておらずガラケーを利用中、かつドコモ光を使っていない、という場合。

この場合ドコモの利用料金が劇的に安い、という人も存在します。つまり、dカード GOLDを所有していても元の料金が安すぎて10%還元されても月あたり200ポイントとか300ポイントしか貯まらない可能性があります。

ポイントがほとんど貯まりませんので、月6~9万円近いペースでdカード GOLDを利用していかないと年間1万ポイント貯まりません。

さらにとどめとして固定費も総額でそんなにかかっていない、ということであれば、数字的に説得するのがかなり苦しくなります。

 

実際のところはdカード GOLDは他にも車検やら大人数での飲み会やら、いろんなところで活用できるので貯めるのは不可能ではないのですが、家族を説得する、という場面ではどうしても弱くならざるをえないわけです。→「dカード GOLDで年間どれくらいのポイントが貯まるかチャレンジしてみる

このようなケースであるのなら、潔く数字で説得を目指すのはあきらめましょう。

 

他にも、もし説得相手が数字が苦手な相手の場合、「数字的なことはよくわからないけどとにかくダメ!」と感情で反対されると手も足も出ません。その場合、次の方法に移ります。

 

説得のポイント

・ドコモおよびドコモ光の利用分に対して10%ポイント還元で、合わせて月8400円以上の利用があれば年間で1万円分以上のdポイントが貯まる。※ただしdポイント付与対象料金で8400円以上

・iD決済とクレジット決済をフル活用でdポイント獲得を最大化可能。

・利用額が大きくなれば年間利用額特典で最大2万円分も狙える。

使えば使うほどとにかくお得!

 

ゴールドカードのステータスで説得

dカード GOLDは、通常のクレジットカードではなく、ゴールドカードです。無料のクレジットカードではなく年会費もかかります。それはすなわち、一定の社会的ステータスの象徴でもあるわけです。

確かに最近は400万契約を突破するなど、かなり多くのユーザーが所有するようになってきているものの、となると逆に、所有していないことがマイナスのステータスになってしまう可能性も出てくるわけです。

みんなが持っているのに自分だけが持っていない、という状況を想像してみてください。

 

もしお子様がいるのなら、同級生のご両親は皆、ゴールドカードの一枚や二枚、既に持っているかもしれません。パパ会やママ会の支払い時に、「あれ? ゴールドカード持ってないんですか?」という展開にならないとも限りません。そんなことになると、非常にみじめな気持ちになってしまいます。

しかしそこで、dカード GOLDを一枚所有していれば、ゴールドの輝きはもちろん、スマートに「iDで!」と支払いを完了させてしまえば、少なくとも周りから後れをとることはありません。

同じような状況は会社でもどこでも、他人と付き合っていく限り起こりえます。

一枚のゴールドカードで周囲との関係性を維持、またはリードできるのであれば、持たない理由がありません。それを理解してもらえるよう、家族を説得してみてはいかがでしょうか。

 

説得のポイント

・ゴールドカードというステータス

・みんな持ってるのに自分だけ持っていないのは・・・

・使いこなせれば信用力アップ

 

dカード GOLDの特典で説得する

dカード GOLDには数々の特典が存在していることは、「dカード GOLDは本当にお得なのか」で説明している通りです。

しっかり使い込んでいけば年間利用額特典最大2万円分もらえます。→「年間利用額特典を最大活用する

空港では無料でカードラウンジが使えます。家族カード所持で家族も一緒に無料です。

国内旅行にいけば利用付帯の旅行保険、海外なら必須の海外旅行保険は自動付帯です。所有しているスマホには最大10万円補償のdカードケータイ補償もついてきます。

これらの特典を次々並べてみましょう。「えっ!? こんなに色んな特典があるの?」と驚いてくれればほぼ説得成功となるのではないでしょうか。

 

説得のポイント

年間利用額特典で最大2万円分の特典。

・空港ラウンジ(カードラウンジ)無料利用可能。

・家族カードが1枚無料で利用でき、本カードとほぼ同じ特典が受けられる。

・国内旅行保険/海外旅行保険の存在。

・dカードケータイ補償は最大10万円分の補償

・その他にも特典色々!

 

 

dカード GOLD申し込みの説得に成功したなら

ここまでで、どうにかdカード GOLD申し込みの説得に成功したなら、それで終わりではありません。

入会特典のiDキャッシュバックが無事反映されたなら、反対されていた家族(妻か夫のどちらかだと思いますが)を連れて、実際にiDが使えるお店に買い物や食事に行ってみましょう。そして颯爽とiDで支払いをし、「iDキャッシュバックがあるから、お金かからないんだ」と一言。

さらに、「iDキャッシュバックがなくなったあとも、普段からこうしてiDかクレジット決済を利用していけば、dポイントもドンドン貯まるんだよ」と実地で解説して安心させます。説得後のフォローですね。

そうすることで、それまで机上の空論のようにしか聞こえていなかった事実に、真実味が加わってくるはずです。

家族カードも是非持ってもらい、二人で仲良くdカード GOLD年間利用特典獲得を目指したいところです。



-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.