ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス情報の裏

ドコモの月額304円(税抜280円)回線の内訳を公開/0円運用も可能な格安シェア子回線

更新日:

毎月の利用料金をできる限り安く、というのは誰しも考えることだと思いますが、現在私はシェアパック子回線の番号では、実に月額304円(税込)という格安料金を実現しています。

特に裏技を使っているというわけでもなく、普通に利用していての料金です。

ただ、こうした格安料金は、ドコモのプランの組み合わせや使い方のコツを知らないと、実現することは難しかったりするのも事実です。

ということで、毎月どうしてもドコモの利用料金が高くなってしまい、格安の料金を実現できない、という方のために、シェアパック子回線における月額304円(税込)を実現させるための方法についてご案内していこうと思います。


ドコモのシェアパック子回線・月額304円の内訳

まずは実際の月額304円(税込)の内訳を公開します。

 

 

極めてシンプルな形になっています。

ドコモWi-Fi利用料は、永年キャンペーン割引料と相殺されているので「ないもの」と考えます。そうすると残りはシンプルプラン(基本使用料)、シェアオプション定額料(パケット定額料)、spモード利用料、そしてユニバーサルサービス料の4つのみです。

 

シンプルプラン・・・980円

シェアオプション・・・500円

spモード・・・300円

消費税・・・22円

ユニバーサルサービス料・・・2円

 

合計で、1,804円です。ここから、学割の割引分である1,500円が引かれ、結果的に月額料金は304円となります。税別では280円、ですね。

 

ちなみにこの回線は、端末購入サポートでXperia XZ2 Compactを購入した回線なので、月々サポートはかかりませんし、docomo withも適用になっていません

docomo withが適用されないのは残念ですが、代わりに学割が絶妙な役割を果たしており、端末購入サポートの規定利用期間が終了するまでの間は、割引を継続してくれます。

そのあとは、docomo withがそれまで残っていれば、という前提になりますが(4月以降にプランの大幅変更が予想されるため)、1年後にdocomo with機種を購入することで月額304円(税抜208円)をそのまま継続することができます。

 

シェアパック子回線は、docomo with/ウェルカムスマホ割/学割(2019)のいずれかによって月額304円が達成可能

ドコモにおける月額304円(税込)という格安料金を実現するためには、いくつかの条件が存在します。

 

まずその大前提として、シェアパックの子回線である必要があります。

シェアパックの親回線は、パケット定額サービスの利用料金がそのまま乗ってくるので、逆に格安料金の実現は難しくある程度の料金はかかります。月額304円(税込)はあくまで子回線の場合のみです。

 

シェアパック子回線という条件をクリアできたら、その時点で基本料金はかなり安い状態で利用できるベースができます。すなわち、シンプルプランの場合が税別・ユニバーサルサービス料別で1,780円、カケホーダイライトの場合は2,500円、カケホーダイなら3,500円です。

ここに、ドコモの学割(2019)/docomo with/ウェルカムスマホ割という月額料金を1,500円割引きしてくれるサービスのいずれかが適用すれば、シンプルプランなら280円、カケホーダイライトなら1,000円、カケホーダイなら2,000円で利用することができるようになります。

シンプルプランを選択していれば、この段階で税別280円、つまり税込304円を達成できるので、非常に簡単です。

つまり、月額304円(税込)を達成する条件は、以下の通りです。

 

・シェアパック子回線

・シンプルプラン利用

・ドコモの学割(2019)/docomo with/ウェルカムスマホ割のいずれかが適用

・補償を含めたオプション等を一切利用しない

 

私は元々他に端末を多数所有しているのと、今回機種本体の価格が648円だったこともあり、あえてケータイ補償サービスはつけませんでした。ただもし、代替機種を持っていない状態で万が一1年以内に故障が発生するとややこしい話になるので、304円では収まらなくなりますが、基本的にはケータイ補償サービスは利用するようにしましょう。→「外してはいけないケータイ補償

dカード GOLD利用中の方は、dカードケータイ補償もあてにしたいところですが、すべての故障に対応できるわけではないので、通常のケータイ補償もあった方が無難です。→「dカード GOLDケータイ補償の全く触れられていない注意事項とわかりにくい手続き方法を詳細解説

 

もう1点、ここで注意しておきたい点として、ドコモの学割(2019)、ウェルカムスマホ割はどちらも適用が最大13ヶ月なので、2年目以降は月額料金が1,500円(税込1,620円)上がってしまう、という点です。月額304円(税込)運用は1年限定となります。

docomo withの場合についてのみ、2年目以降もずっと割引が継続し、月額304円(税込)を維持することができるため、長期的に見た場合に最もお得な状態は、やはりdocomo withが適用されているケースです。

 

スマホ代金があるかないかで変わる月額料金総額

月額料金を安くしたいと考える場合には、スマホ端末自体の価格についても非常に重要になります。

docomo withを選択した場合、端末代金としてはほとんどの機種で4万円以下なので非常に安いのですが、さらにもう一段階安い激安648円スマホが2019年3月現在では存在しています。→「ドコモの648円機種は買うべき!

そちらを選択した場合にはdocomo withのように長期的な割引は受けられないのですが、短期的には端末代金はほぼかからないも同様で、なおかつ学割やウェルカムスマホ割によって毎月の料金も最安値の税込304円で利用できるなど、非常にお得な状況を作り出すことができます。

648円機種を購入してdocomo withを即時で適用することはできませんので、考え方次第で選び分ける形となります。

 

ちなみに、648円スマホでもdocomo with機種でもなく、最新iPhone最新Xperiaなどを選びたいという場合にも、端末代金を除いた月額304円は実現可能ですが、これに加えて本体代金が一括または割賦という形でかかってきます

一括で購入した場合はともかくとして、割賦にしてしまうとそれなりの金額が上乗せされるため、月額料金が安くなっているという印象は体感しにくくなります。

ただし、その代わりに多くのケースで現状月々サポートがあわせて適用されるため、シェアパック子回線では端末代金を除いた月額0円運用が可能となり、割引しきれない分についてはシェアパック代表へと割引分が回る形となります

 

※「648円機種」は、端末購入サポート/月々サポート適用後の金額です。適用には指定プラン加入、および2年定期契約(自動更新)が必要となり、途中解約時は10,260円(税込)の解約金がかかります。また端末購入サポートについては、最大13か月以内での回線契約の解約などをされた場合に、端末購入サポート割引額の半額に相当する金額の解除料がかかります。

 

割引重畳適用でシェアパック子回線の月額0円運用が可能になるケース

ドコモの学割(2019)が適用して毎月の月額料金が、1500円引きされ、月額304円(税込)となった場合、docomo withの割引きとウェルカムスマホ割の割引分が重畳適用することはありません。

ですが、docomo with機種を購入した場合については、条件を満たせばウェルカムスマホ割も同時に適用し、合計3,000円が割引されます

そのため、月額304円どころか、ユニバーサルサービス料の2円のみの運用が可能となります。事実上の月額0円ですね。

 

シェアパック子回線の場合、シンプルプランとカケホーダイライトプランを選択している場合は、月額料金が税別3,000円に満たないため、合計3,000円引きが適用する場合も割引しきれない分が発生してしまいます。

しかし、その値引きしきれなかった料金については、シェア代表回線に割引が回る形になるので、決して無駄になることはありません。むしろ代表回線の金額が下がることで全体の料金もグッと引き下げられます。

もちろん、ウェルカムスマホ割は最大13ヶ月の適用なので、月額2円運用が永遠に続くわけではなく、あくまで約1年限定なのですが、それでも月額2円、事実上の0円で運用できるという事実はかなり大きいです。

 

先々を想定しにくい2019年3月のドコモで月額304円運用をする意味

2019年は、4月以降の春先に大きなプラン変更が待ち構えているドコモにとって、今後の展開の想定が非常にしにくい状況となってしまっています。

例えば私は、最近648円機種を購入したのですが、元々端末購入サポートが終了する1年後にdocomo withへ、というイメージで考えていました。しかしこれにしても吉澤社長の発言により「docomo with廃止の可能性」が取りざたされはじめており、かなり不確定要素の強い状況になってしまいました。

加えて、シェアパックという仕組み自体にも見直しが入る可能性が出てきており、子回線の304円という格安な状況は、今後実現できなくなる可能性もあり得ます。

そう考えると、シェアパックおよび子回線の304円化を今のうちに実現しておいて、その上で新しいプランの状況を見定める、というのが最も間違いのない方法かもしれません。

 

とはいえ、わからない先のことを考えても仕方がありません。まずは今現在、最もお得な方法を模索して、欲しい機種を買いやすい価格のうちに早めに手に入れるようにしましょう。



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモのサービス情報の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.