ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス情報の裏

最新・ドコモのキャッシュバック事情/お得な現金はもうないのか

更新日:

2018年12月現在、ドコモにおけるキャッシュバック事情は、一昔前とはずいぶん大きく変わりました。

たまに私も、またキャッシュバックがどこかで復活していないものか、期待して調べたりすることがあるのですが、出てくる情報は「え? これってキャッシュバック?」と疑問に思うような情報ばかりで、「そうじゃない感」満載です。

多くの人が期待しているであろう「〇万円現金キャッシュバック!!」と騒がれていた往年の「キャッシュバック」は、少なくとも現在のドコモにおいては発見することはかなり難しいです。

 

思うに最近は、「キャッシュバック」の定義がどうも、かなり拡大解釈されている傾向にあり、例えばキャンペーンでのポイント還元や入会特典に関しても「キャッシュバック」の範疇に含んでしまっているケースも散見されます。

しかし私も含めてユーザーが探しているキャッシュバック情報はそんな情報ではなく、ズバリ「現金〇万円もらえます!」というものこそ、真のキャッシュバックであると思うわけです。

ということで今回は、かつて大流行を極めたあの現金キャッシュバックについての現状と、今見つけることができるキャッシュバックについて解説していきます。

MNP新規/通常新規契約時の現金キャッシュバックは泡沫の夢

とりあえず、残念なお知らせです。

かつてあった「宝」を探し続けている方々に対して、ここではっきり現在の真実をお伝えします。

 

現金〇万円もらえます、という形のキャッシュバックは、基本的にもはや存在しません

それこそやっているところがあるとしたら、総務省やキャリアの意向を無視して代理店単位でやっている可能性が高く、そんな店舗に遭遇する可能性は極めて低いでしょう。特に、ドコモの場合です。ドコモが最も、大手キャリアの中で、新規契約時の現金キャッシュバック廃止への対応は厳格です。

 

聞いた話によると、某キャリアあたりではまだそうした現金キャッシュバックが水面下で残っているところもある、ということですし、実際に私も家電量販店の携帯電話販売コーナーにおいて、あるキャリアの販売員の方から「ここだけの話ですが・・・」とそうした話を持ち掛けられたことがあります。

ただ、それも現在では実際のところどうなっているのかまではわかりません。あくまでも噂、という程度で認識しておいてください。

 

「僕たちが憧れたあの現金数万円キャッシュバックはもうないのだ」、という事実をまずはしっかり認識し、その上で次に考えるべきは、キャッシュバックはなくともそれに代わったお得なキャンペーン特典などはないのか、ということなのですが・・・。

一つだけ、忘れてはいけないことがあります。現金キャッシュバックが生き残っているジャンルが実はまだ、一つだけあります。

それは、WEB申し込み時における、ドコモ光+指定プロバイダーです。

 

ドコモ光で現金キャッシュバックがもらえる!

この情報は、知っている人と知らない人で大きな差が開く情報なので、ドコモ光をこれから新規で契約検討している人、そして知人友人などでドコモ光を検討している方がおられる場合など、是非おさえておいてください。

 

ドコモ光は、ドコモショップ等、実店舗で申し込みをしてはいけません

 

何故なら、ドコモ光と指定プロバイダーを同時に申し込みした場合にもらえる現金キャッシュバックは、WEB申し込み限定だからです。

 

実際に、ドコモ光と同時申し込みで、大きな現金キャッシュバックをもらうことができるプロバイダーを紹介していきます。

ドコモ光についての基本情報についてはこちらを参考にどうぞ。→「ドコモ光は本当にお得なのか

 

So-net/ドコモ光は現金キャッシュバック15000円!

ドコモ光を利用する際に、せっかくなら大きなキャッシュバックをもらいたい!と思うのは当然のことで、できる限りお得にドコモ光を開始したいですよね。

そんな要望に最大限応えてくれるプロバイダーが登場しています。

それは、「So-net」です。

ドコモ光の新規申し込み、フレッツ光からの転用、どちらのケースでも同じように条件なしで15,000円のキャッシュバックを受けることができます。

もちろん、ドコモが公式で実施している申し込み特典としての、ドコモ光dポイントプレゼント特典は、同時に適用されます。

そのため、ドコモ光新規契約時の金額を合計すると、

 

・15000円キャッシュバック

・dポイント10,000ptプレゼント

 

となり、合計で25,000円分ものお得になるのです。転用時でも、15,000円キャッシュバックとdポイント5,000ポイントで、合計20,000円分のお得です。

 

安定した通信を利用できるv6プラスにも対応し、無料のWi-Fiルーターもあるため、現状ドコモ光を利用するにあたっては現状最強のプロバイダーと言っていいと思います。

So-netの15,000円キャッシュバックを確認する

 

対抗のドコモ光・プロバイダーは「DTI」

ドコモ光のプロバイダー・「DTI」は略称で、会社としては「ドリーム・トレイン・インターネット」と言います。

DTI? 全然聞いたことないけど大丈夫なの? という人も少なくないかもしれませんが、2015年からDTI SIMとして格安SIM事業も展開していますし、そもそもドコモ光ではタイプAのプロバイダーとして初期から名前を連ねています。

有名どころのプロバイダーとしてはOCNやBIGLOBE、@Niftyなど大手がありますが、それらのプロバイダーが実施していない大きなキャッシュバックを現在、展開しています。

 

DTIが実施している、DTI with ドコモ光を専用サイトから申込した場合の現金キャッシュバック額は、なんともれなく15000円です。

大きいですね。これがあるのとないのではかなり違います。

So-net同様、新規契約時だけでなく、転用時にも同じ金額のキャッシュバックを受けることができるので、非常にお得です。

 

今までドコモ光に転用するまでもない、と判断してNTTフレッツ光のままで継続していた人も、キャッシュバックがあるとなったら話は変わってくると思います。

もちろんプロバイダーは今まで利用していたプロバイダーからDTIに変える必要はありますが、そこさえ問題がなければ、変えるなら今!と言えそうです。

キャッシュバックの詳細は以下公式サイトで確認されてみてください。

DTI with ドコモ光

 

GMOとくとくBBの現金キャッシュバック最大15000円

元祖・ドコモ光で現金キャッシュバックをもらえるプロバイダーと言えば、GMOとくとくBBです。

実際に利用してみた結果、v6プラスに対応していることで、非常に安定した高速通信ができることが確認できている、安心のプロバイダーです。→「ドコモ光/GMOとくとくBBの高速Wi-Fiルーターを利用したら驚くべき結果が出た

 

そういう意味で、DTIよりも印象度は有利と言えそうですが、キャッシュバックについては注意点があります。

以下、GMOとくとくBBのキャッシュバックの条件を引用します。

 

<「ドコモ光(2年定期契約プラン(タイプA)」をお申込みの場合>

5,500円キャッシュバック

<「ドコモ光(2年定期契約プラン(タイプA)」と「ひかりTV(2ねん割)」をお申込みの場合>

15,000円キャッシュバック

 

つまり、ひかりTVを同時に申し込みすればキャッシュバックが15000円なのですが、ドコモ光とGMOとくとくBBだけの申し込みだと、5500円になってしまうわけですね。

とすると、ひかりTVを必要としていないユーザーからすれば、キャッシュバックはDTIの方が9500円も多い!ということになります。

つまり、GMOとくとくBBよりもDTI、そしてSo-netがお得です。

 

So-netの15,000円キャッシュバックを確認する

 

dカード GOLD入会&利用特典のiDキャッシュバック

現金のキャッシュバック施策は、前述したとおりドコモ光のプロバイダーにおいてしか現在実施されていません。

ただ、形を変えたキャッシュバックであれば、dカード/dカード GOLDの申し込み時に存在しています。

それが、iDキャッシュバックです。

 

iDキャッシュバックとはどういうものかというと、買い物で「iD」を利用した際に発生する料金分から、iDキャッシュバックされた金額分を割引する、というものです。→「dカード GOLDでiDキャッシュバック/dポイント利用

現金でキャッシュバックされるわけではないのですが、iDで買い物ができると考えれば、結果的に現金でキャッシュバックを受けているのと同じことになります。

既にキャッシュレスに慣れてしまっている人からすれば、現金で返ってくる必要など一切ないと言えるので、iDキャッシュバックはある意味受け入れやすいのではないかと思います。

現金がなくても生活ができるようになってきている現代における、新しいキャッシュバック方式ですね。

もしまだdカード GOLDの申し込みをされていないのであれば、早めに申し込みをしてiDキャッシュバックを獲得しておきましょう。

 

ドコモユーザーなら是非持っておきたいdカード GOLDについてはこちらを参考にどうぞ。→「dカード GOLDは本当にお得なのか

dカード GOLD入会&利用特典の詳細についてはこちらをどうぞ。→「dカード GOLDキャンペーンまとめ

 

これからドコモへのMNPを考えるなら

ここまで見てきた内容は、確かにドコモの主要サービスであるドコモ光とdカード GOLDを利用することで得られる大きなキャッシュバック/iDキャッシュバックではあるものの、以前のように他社からドコモに移る際に直接的に得られるものではありません。

ドコモにMNPしてから以上二つのサービスを利用するのであれば、確実に大きなメリットを享受できるものの、MNP新規契約手続きはそれ以前の話だからです。

 

MNP利用時における割引キャンペーン・特典は本当に少なくなりました。

現在行われているキャンペーンを探してみても、せいぜい「スマホ☆光のりかえサポート」くらいのものですね。

ドコモ光の申し込みと同時に、他社携帯の解約証明書を提示することで、解約金相当額10,260pt(期間・用途限定)がもらえるというキャンペーンなので、もしMNPにあたって光回線もこれからはじめてドコモで、ということであればメリットがありそうです。

しかし、光回線を他社からのりかえようとするなら、携帯電話分だけでなくそちらの解約金もかかる可能性があるため、ポイント分丸々プラスになるかというと微妙なところです。→「ドコモ光のキャンペーンまとめ

 

あとは、少し目に見えにくい部分ですが、MNP新規契約の場合には端末代金の割引きがかなり大きく設定されている機種もあるため、そうした点で優遇が残されている程度です。

そうした事情を鑑みて、現在他社からドコモにMNP新規で移ってくるのであれば、やはり解約金のかからないタイミングを意識することが最も負担を少なくお得に手続きするコツ、というそれこそ基本の基本に立ち返ることになります。

解約金がかからない期間は、現在各社2ヶ月間が設定されていますが、今後はこの期間がさらに拡大される動きもあるため、今まで以上に慎重にタイミングを見計らう必要があります。

 

家族回線をまとめてドコモに集約するのが最もお得、という流れはさらに強まりつつある現在、まだ家族が他社にとどまっており、早めにドコモに移したいという方も少なくないと思いますので、これからの動きにも注意しておきましょう。

引き続き当サイトでも動きがあればお伝えしていきます。

関連記事:「ドコモの機種変更お勧め格安機種



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-ドコモのサービス情報の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.