ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモのキャンペーン情報の裏

ドコモ「感謝のきもちスマホ割」詳細内容まとめ

投稿日:

2016年5月19日より、ドコモの新キャンペーン「感謝のきもちスマホ割」がスタートします。

ドコモの長期利用ユーザーに対する割引施策で、新規契約ユーザーは対象外となっていること、さらに2016年新機種夏モデルを購入した場合に対象になるという点が特徴です。

どうすれば適用されるのか、どういう条件を満たしたユーザーが対象なのかなど、詳細内容を確認していきます。

感謝のきもちスマホ割の詳細内容

ドコモの新割引キャンペーン「感謝のきもちスマホ割」の詳細内容をまずはまとめてみます。

 

キャンペーン対象期間:2016年5月19日~2016年7月31日まで

対象機種:2016年夏モデル5機種(Xperia X Performance/Galaxy S7 edge/AQUOS ZETA SH-04H/arrows SV/Disney Mobile on docomo DM-02H)

割引内容:月々サポート増額5184円分

適用条件:月々サポート適用/ドコモの継続利用年数が4年以上の契約回線で対象機種を購入

 

お得といえばお得、微妙といえば微妙、なんとも評価の分かれるキャンペーンです。

何より、4年以上ドコモを継続利用しているユーザーのみが対象ということで、最近ドコモに乗り換えたユーザーやこれから夏モデルを目当てにドコモにMNPで移ろうと考えているユーザーに対してはまったく適用されません。

つまり、長期契約者向けの割引施策、ということで、いかにも総務省向けキャンペーンのような気配が漂っています。

しかも対象機種が夏モデルのみなので、元々価格が下がってきている旧機種をさらにこの割引キャンペーンにて安く、ということはできないということになります。つまり、結局最低価格は下がりません。

旧機種でもいいから少しでも安く、というユーザーにはメリットゼロです。

 

感謝のきもちスマホ割がメリットになるケース

とりあえず割引キャンペーンなのですべてのユーザーにおいて、この感謝のきもちスマホ割がデメリットとして働くことはありませんが、ただ、メリットがあるユーザーも限られてくるのは間違いありません。

では実際にメリットを享受できるユーザーとはどういうケースなのでしょうか。

それは、4年以上ドコモを利用していて、新機種2016年夏モデルの購入を希望しており、ちゃんと月々サポートが適用される条件を満たしているケースです。

この3つの条件を満たして初めて、「今回の感謝のきもちスマホ割があってお得だった」といえるわけです。

一つでも条件を満たしていない場合には感謝のきもちスマホ割は適用されませんので、メリットは0です。

 

そもそも買替を希望していなければ、割引キャンペーンのことなど調べないでしょうから「感謝のきもちスマホ割」の条件がどうあろうと関係ないと思われますが、2015-2016年冬春モデルの購入を希望しているケースだってあるわけです。

ドコモは今後新機種の発売を「年間サイクル」に変更していくとして旧機種のラインナップを残しておきながら、言っているそばから「新機種しか割引は適用しない」という謎施策となっているわけです。

 

感謝のきもちスマホ割の条件・「4年以上」の詳細

そしてもう一つ、継続利用年数が4年以上という条件です。

具体的に4年以上、とはどこからになるのか、という問題があります。

4年とはどこから4年なのか、4年前の4月、5月、6月と、どのタイミングで契約した人が対象なのか、わかりにくいのです。

この答えは、感謝のきもちスマホ割の「注意事項」にあります。以下の通りです。

 

「継続ご利用年数は新規にご契約のあった日の翌月(新規ご契約が1日の場合は当月)を1か月目と計算します。なお、利用休止されていた場合、その期間はご利用年数にカウントされません。継続ご利用年数は12か月目(1年0か月目)までを1年とし、13か月目(1年1か月目)より1年以上(2年目)とします」

 

少しわかりにくいのでわかりやすく言い直します。

4年前の2012年4月2日以降4月30日までの間に新規契約した場合、2012年5月を1ヶ月目としてカウントしますので、2013年5月で1年1ヶ月、2014年5月で2年1ヶ月、2015年5月で3年1ヶ月、2016年の5月で4年1ヶ月、つまり4年以上で割引対象となります。

2012年5月1日に新規契約した場合も、5月が1ヶ月目としてカウントされるため、2016年5月で4年1ヶ月目となり対象となります。

つまりまとめると、2012年5月1日を含むそれ以前にドコモで新規契約をしたユーザーについては、感謝のきもちスマホ割の条件を、割引開始当初から満たしていることになります。

2012年5月2日から6月1日までに新規契約をしたユーザーは、2016年6月からが対象となり、2012年6月2日から7月1日までに契約したユーザーは、2016年7月からが割引対象となります。

割引キャンペーン期間が2016年7月31日までの予定なので、最終的に対象となるのは2012年7月1日までに契約したユーザーであり、2012年7月2日以降に新規契約したユーザーに関しては、完全に条件を満たすことはありません。

 

感謝のきもちスマホ割はGalaxy S7 edge発売と同時スタート

ということで、ドコモの新割引キャンペーン「感謝のきもちスマホ割」は、2016年夏モデル新機種・Galaxy S7 edgeの発売と同時にスタートします。

以上の条件を満たしているユーザーにとっては、多少なりとも割引が適用される分ありがたいキャンペーンといえますので、有効に活用したいところです。

ちなみに月々サポート総額5184円割引ということは、月あたり216円の割引、ということになります。

これを多いと考えるか、少ないと考えるか、役立つキャンペーンととるか、「長期利用者を優遇しましたよ」という総務省への言い訳ととるかは人それぞれです。



-ドコモのキャンペーン情報の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.