ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモのキャンペーン情報の裏

ドコモのプチほけんキャンペーンがなんと無料で加入可能! 3つから選べる補償!

投稿日:

2019年夏。ドコモからなんと無料で加入できる「ドコモのプチほけんキャンペーン」が実施されています。dアカウント会員で、申し込み日時点で満18歳以上、満70歳以下であれば申し込みすることができます。

 

ドコモでは以前から、ケータイからカンタン申し込みできる「サイクル保険」、「医療保険」、「ワンタイム保険」などを取り扱いしていますが、今回の保険もそれらの保険の引受会社となっている東京海上日動火災保険から提供される形となります。

なんと言っても今回のキャンペーンの特徴は、「夏のフライトトラブル補償」、「秋のヘルスケアサポート」、「冬のお買物あんしん補償」のうちの一つを無料でプレゼントしてもらえる、という点です。

いずれも、ドコモのプチ保険キャンペーンサイトから簡単申し込みが可能です。

加入しなければもったいない、それぞれの保険の内容詳細を解説していきます。

参考:ドコモのプチほけんキャンペーン公式サイト

カンタン申し込み可能な無料のプチ保険は3つから1つだけ選択可能

ドコモのプチほけんキャンペーンでは、3つのプチ保険からお好きな保険を1つだけ選択し、申込することができます。保険料等の支払いは一切不要、コストゼロで利用することができるのが最大の特徴です。

申し込みはスマートフォン、またはパソコンから非常に簡単に実施することができます。

流れとしては、まずはdアカウントにログインした状態でキャンペーン公式サイトより加入する保険を選び、「この保険に申し込む」をタップします。

続けて加入に必要な情報を入力しますが、dアカウントに紐づくのでほぼ自動的に情報が入るので、実際の入力項目はほとんどありません。

そのまま入力内容と重要事項を確認した上で、お申込みボタンを押せば完了です。

たったこれだけで万が一の無料補償を受けられるのですから、必ず申し込みしておいた方がいいですよね。

では、3つの補償のうち、どれを選ぶべきなのか、詳細な内容を続けてそれぞれ見ていきます。

 

夏のフライトトラブル補償

 

補償概要 旅行で登場予定の国内線航空便が欠航、または搭乗機が着陸地変更となった時に追加で発生した宿泊費を補償
補償額 追加宿泊費 最大5,000円
(1回限り)
申し込み可能期間 2019年7月1日~2019年7月31日
補償期間 2019年8月1日~2019年8月31日
(補償対象便は、上記期間中に出発予定の旅行目的で利用する国内線航空便に限る)
お客様負担 無料

 

夏のフライトトラブル補償は、正式名称を「旅行変更費用保険」と言います。

実際に補償される期間が8月1日~8月31日なので、夏休みに航空機を利用した国内旅行を計画している人が検討したい補償です。

悪天候等の不測かつ突発的な事由により、利用予定航空便が欠航または搭乗した航空便が着陸地を変更した場合が対象となり、申込をしたdアカウント本人分についてのみ、1回限り宿泊費分として5,000円が補償されます。

あくまで宿泊費としてのみが補償されるので、交通費分などについては補償されませんし、旅行ではなく仕事の出張で航空機を利用していた場合も対象外です。まずないと思いますが仮に2泊、3泊することになったとしても、何泊したかによらず、最大5,000円までの補償となります。

 

もし家族で旅行されるのであれば、それぞれのdアカウント(家族名義分)で、夏のフライトトラブル補償を申込しておきましょう。

 

ちなみに、国内旅行の場合、dカード GOLDを所有されていて旅行費用をdカード GOLDで決済しておくことで、dカード GOLD国内旅行保険がかかります。その中に、「国内航空便遅延費用特約」というものがあり、「乗継遅延による宿泊・食事費用」、「手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用」、「手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用」、「出航遅延・欠航による食事費用」は含まれています。

夏のフライトトラブル補償とは保険金が出るケースが微妙に異なるため、合わせて利用できるとより安心だと思います。

ちなみにdカード GOLDの場合は、海外旅行時の保険も付帯(一部利用付帯)しています。

関連記事:「dカード GOLDの国内旅行保険の価値を知る

 

秋のヘルスケアサポート

 

補償概要 健康などに関する不安を、夜間や休 日も24時 間 、専門医に電話相談可能。ケガ(交通事故など)による入院も補償。
補償額 ・補償期間中2 4時間電話相談受付(無料)
・交通事故などによるケガの入院補償 1,000円/日
申し込み可能期間 2019年7月1日~2019年9月30日
補償期間 2019年10月1日~2019年11月30日
お客様負担 無料

 

保険の正式名称は、「ヘルスケアサポート【総合生活保険(傷害補償)】」と言います。

健康などに関する不安を、いつでも専門医に電話相談することができる、という特典は、あくまでサブ的なもので、メインとなる補償は「傷害補償」です。

ただ、実用性、という意味では、専門医への電話相談の方が活用価値が高いとも言えます。傷害補償の事由が発生する可能性は、基本的には極めて低いと考えられるためです。

 

具体的な保険金支払い対象となる事故は、道路通行中または交通乗用具に搭乗中の交通事故、交通乗用具の火災等の事故です。交通乗用具には、電車、バス、自動車、原付自転車、飛行機などが含まれますので、比較的範囲は広く見えるものの、保険金は対象の事故による入院費用を日額1,000円補償する、という内容であるため、入院が発生しないと保険金は1円も出ません

そして、実際に入院が必要になるような事故に遭遇してしまった場合、日額1,000円では大した足しにならない、とも考えられます。

 

そのため、もし「秋のヘルスケアサポート」を選ばれる場合、補償部分はあくまでおまけとして考え、専門医への相談、という部分を最大限に活用したいところです。

30以上の診療分野ごとの専門医が常駐しており、放射線の医師から、消化器外科、腫瘍内科など、高い専門性を擁している医師が揃っているということなので、病院に行くかどうか悩んでいる場合などでも、とりあえず電話で相談することができて非常に便利です。

また、がんの相談などもすることができ、患部ごとに相談できる「がん専用相談窓口」も用意されているということです。

フリーダイヤルがあるため、電話料金も心配する必要はありませんので、全く費用をかけず、期間中専門医に自由に相談することができるサービス、と考えてもいいでしょう。

気になるのは、専門ダイヤルの繋がりやすさ、ですね。相当込み合う可能性も考えられ、繋がり方次第では事実上ほとんど役に立たない、というケースまで一応念頭においておいた方がいいでしょう。

どんなに繋がりにくくても、無料なので文句も言えませんしね。

 

冬のお買い物あんしん補償

 

補償概要 補償期間中にクレジットカードで購入した商品が、購入日から90日以内に破損したときに最大100,000円補償(補償を受ける際の自己負担額:3,000円)
補償額 最大100,000円
申し込み可能期間 2019年7月1日~2019年12月5日
補償期間 2019年12月6日~2020年1月5日
お客様負担 無料

 

冬のお買い物あんしん補償は、正式名称を「動産総合保険」と言います。

加入者が所有するクレジットカード(加入者名義のものに限る。)によって2019年12月6日から2020年1月5日までの間に購入した物(ただし、対象外物件を除く)が、購入日から90日以内に落として破損したりした場合に、最大10万円(免責金額3,000円)を補償してくれる、という内容です。

支払われる保険金は最大10万円ですが、商品価格と10万円の低い方が限度額となります。

保険責任期間は購入日から90日なのでそう長くはありませんが、購入後超短期で壊してしまった場合のリスクを回避することができるので、補償期間である2019年12月6日から2020年1月5日までの間に、何かしらそこそこ高い商品を購入予定がある場合には活用できそうです。

ただ、あくまで火災、風災、水濡れ、破損等の不測かつ突発的な事故による損害が対象で、盗難、紛失、水災等は対象外となりますし、携帯電話、ドローン等、補償対象外になる商品もあるので、その辺りはしっかり申し込み時の重要事項説明書を確認しておきましょう。

 

ちなみに、dカード GOLDを所有されている場合、「お買物あんしん保険」がカードの特典として存在しているので、「冬のお買い物あんしん補償」は事実上必要ありません。

そもそもdカード GOLDの「お買物あんしん保険」は、引受会社が同じ東京海上日動火災の「動産総合保険」なので、内容としては同じなんですね。

ちなみにdカード GOLDでは、免責金額は同じ1事故あたり3,000円で、年間なんと300万円まで補償してくれます

 

ドコモのプチほけんキャンペーンはdカード GOLDがあればかなりの部分賄える

以上、細かく内容を確認するとわかる通り、ドコモのプチ保険キャンペーンは、dカード GOLDさえ持っていれば、似たような補償や、全く同じ補償を受けることができる部分も少なくありません。

ただ、フライトトラブル補償にしろヘルスケアサポートにしろ、dカード GOLDでは対応できない部分を押さえられていることもあり、活用価値はありますし、むしろdカード GOLDの補完的役割も果たしてくれそうです。

何度も言いますが、プチほけんキャンペーンは完全無料なので、申し込みしておくだけしておいた方がいいと思います。

dカード GOLDの有無によっても選択肢は変わると思いますが、ご自分で最も活用できそうなプチ保険を選択しましょう。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

「ドコモ保険ナビ」では、その他保険も受付中

既にずっと前からドコモが展開している保険サービスとして、サイクル保険、医療保険、ワンタイム保険が、現在も「ドコモの保険ナビ」公式サイトより申し込みが可能です。以前は「ペット保険」も存在しましたが、2018年3月30日で新規受付を終了しています。

ただ注意したいのは、そもそも医療保険は「申し込みしてはいけない保険」の上位に来る保険ですし、サイクル保険は個人賠償責任保険でカバーできる場合もあるため要注意です。火災保険や自動車保険の特約に「個人賠償責任保険特約」などを付けている場合などは、自転車事故の際もカバーしてもらえるのかなどまで確認した上で申し込みを検討しましょう。→「ドコモサイクル保険は入るべきか

ワンタイム保険は、それこそ必要かどうかの判断は個人個人で異なります。まずは内容を確認してみましょう。

 

その他、ドコモではドコモショップにおける保険相談を開始する、という話がもう何年も前に出ており、順次拡大予定としていた割に、今確認してみても拡大している気配はなく、むしろ縮小しているんじゃないか? とすら思える店舗数しか対応していません。

保険の販売は資格が必要で誰にでもやらせるわけにはいかないですし、それゆえ人員の確保が難しかったのか、それとも思ったより効果が薄かったのかはわかりませんが、今の感じから今後今まで以上に広がっていく可能性は低いと思ってよさそうです。

保険の相談は保険ショップを素直に訪ねましょう。ただし、そのショップの利益が大きい保険を勧められるリスクは避けようがないので、ある程度自分で知識を集めた上で判断するのがお勧めです。

一応参考までに、「ドコモでほけん相談」で取扱いされている保険会社の中では、オリックス生命が個人的にお勧めです。最近はあまり確認していませんが、基本的に優良な保険が多い印象です。

日本生命などの大手保険会社の商品は、一部ドアノック商品を除くと相当割高な保険ばかりです。保険は10年20年とかなり長期にわたってかけていくケースがほとんどだと思いますので、判断を誤らないようによくよく確認の上申し込みしましょう。

参考:ドコモ保険ナビドコモでほけん相談



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモのキャンペーン情報の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.