ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

2019年夏モデル

ドコモオンラインショップ売れ筋ランキングにみる、今売れているドコモのスマートフォン/2019年8月

投稿日:

2019年6月以降、ドコモでは本当に格安のスマホを手に入れにくくなりました。

0円機種はもちろん648円機種もなくなり、人気を集めていた「docomo with」対応機種も、docomo withの終了後はお得さを感じにくくなり、ハイエンドモデルは今まで以上の高価格となってしまい、「買いたくても買えない」、「なんとなくもう少し様子見」、という傾向も強まっているようです。

そしてこの端末価格の高額化の傾向は、総務省がそういう方針である以上もう戻ることはなく、今後もずっと続く可能性が高いです。

むしろ、今後はスマホおかえしプログラムが継続できるかもかなり怪しいですし、dカード GOLDの年間ご利用額特典に含まれている「ケータイ購入割引クーポン」あたりももしかしたら規制対象になるかもしれず、「iPhone含むハイエンドスマホを安く買える未来」はもはや絶望的と言ってもいい状況です。

 

しかし、かといってスマホを「買わない」わけにはいきませんし、どうにかしてできる限りお得に買い替える方法を模索していくしかありません。

ということで、今回は現状の、ドコモオンラインショップにおける売れ筋ランキングを確認してみようと思います。

関連記事:「ドコモオンラインショップでの機種変更/購入がリアル店舗より圧倒的有利な件

2019年7月のドコモオンラインショップ月間ランキング

順位 機種名 発売日
1位 Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L 2019年7月24日
2位 Xperia 1 SO-03L 2019年6月14日
3位 Xperia ACE SO-02L 2019年6月1日
4位 Galaxy S10 SC-03L 2019年6月1日
5位 arrows Be3 F-02L 2019年6月7日
6位 Google Pixel 3a 2019年6月7日
7位 Galaxy S10+ SC-04L 2019年6月1日
8位 AQUOS R3 SH-04L 2019年6月1日
9位 AQUOS sense2 SH-01L 2018年12月14日
10位 LG Style2 L-01L 2019年7月12日

 

2019年7月のドコモオンラインショップ月間売り上げランキングでは、Galaxy S10+ Olympic Games Editionが1位に輝いていますが、7月発売だったという点に加え、ドコモオンラインショップ限定発売、という点が圧倒的に有利に働いたと考えられるため、この順位に関しては参考程度に考えた方がいいでしょう。

ちなみに、購入レビューでも書きましたが、Galaxy S10+オリンピックエディションについては、同梱のGalaxy Budsが欲しい、ということでなければ、普通のGalaxy S10+でいいのではないかと思います。→「ドコモのGalaxy S10+ Olympic Games Editionレビュー

 

他に、もう一つ気になったのが、10位のLG Style2についてです。Galaxy S10+オリンピックエディション同様、2019年7月に発売された機種なので、当然初動の動きがあるはず、にもかかわらずこの順位。売れてないですね。実は私も触った感じ、これは売れないだろう、と思ってあえて購入しなかったのですが、予想通り、というところです。

 

逆に、私の予想よりかなり売れているなぁと感じているのが、Google Pixel 3aです。正直、こんなに人気があるとは思っていませんでした。

ただ、もし今からPixel 3aの購入を検討されるのであれば、スマホおかえしプログラムの利用を前提とすればGoogle Pixel 3と実質価格が全く変わらないので、Pixel 3aを買うメリットはかなり薄く、普通にPixel 3を買う方がお勧めです。

 

全体として、「売れ筋」といえば比較的価格が安く買いやすい機種が上位にきやすい傾向がある、と思っていたのですが、2019年7月の状況を見る限り、Xperia 1やGalaxy S10が上位に来るなど、価格の高いハイエンドモデルも変わらず人気を集めていることがわかります。

ただ、見方を変えるなら、買いやすいスタンダードモデルを検討している人のかなり多くが、5月までに買い替えを済ませてしまった、と考えることもできるため、ハイエンドモデルが売れているというより、スタンダードモデルが売れていない、と考える方がむしろいいのかもしれません。

以下、そのハイエンドモデルとスタンダードモデルをそれぞれ見ていきます。

なお、2019年夏モデルについては以下の記事も参考にされてください。

関連記事:「ドコモ 2019年夏モデル・新機種の選び方

 

ドコモオンラインショップ:ハイエンドモデル別ランキング

2019年7月のドコモオンラインショップ売れ筋トップ10からハイエンドモデルだけを抜き出してみると、Xperia 1、Galaxy S10、Galaxy S10+、AQUOS R3がランクインしています。

いずれも2019年夏モデルであり、順当なところではありますが、まだ現在も販売されているその前の冬春モデルであるXperia XZ3Galaxy Note9が、全くトップ10には入っていません。

今までなら、2シーズン前の機種は比較的大きめの割引きが入り、むしろ新機種よりもはるかに売れる、という展開もよく見る光景でしたが、割引が総務省により抑制されているためか、高止まりしてしまっている旧機種はやはり売れ行きが鈍くなってしまうようです。

 

上位2機種については安定した人気のXperiaとGalaxyですが、特にGalaxyに関しては、日韓関係の悪化なんのその、モノが良ければ日本では売れる、という展開になっています。まぁ、今の状況が続けば、今後のサムスン新機種の供給については不安が残るところですが。

AQUOS R3は、決して悪くはないのですが、今回のXperia、Galaxyと比較するとどうしても3番手になってしまう、という苦しい展開です。やはり決め手はカメラの差、ですね。

実際に使い比べてみても、やはり最優先で使いたくなるのはGalaxy、次にXperiaです。

日韓関係云々を気にしないのであれば、やはり現状一番の「買い」はGalaxy S10/S10+です。逆にそれが気になる方はXperia 1でも全く問題ありません。むしろ、ここしばらくでは最高のXperiaだと思います。

 

そういえば、Pixel 3aがトップ10にランクインするほど売れているのに、Pixel 3がランクインしていないのは逆に不思議な気もしますが、そういえばPixel 3が値引きされたのは7月24日からなので、今回のランキングにはその辺りが反映されていないのかもしれません。

となると、8月以降はもう少しGoogle Pixel 3がランキング上位に挙がってくるかもしれません。

 

ドコモオンラインショップ:スタンダードモデル別ランキング

docomo withなき今、むしろ注目度が高いのはハイエンドモデルよりもスタンダードモデルではないかと思います。

如何に安く買えるのか、おそらくここが今最も多くの方が知りたい部分ではないかと思います。

といっても、割引サービス全般5月末をもって一斉に終了してしまった今、安く買う方法はほぼ存在せず、単純に機種代そのものの料金を比較して安いものを選ぶしかありません。

 

あとは、極めて間接的ではあるものの、iD、d払い、dカード、dポイントなどのキャッシュレス系キャンペーンが非常に多く展開されているため、そちらをもらさずしっかり拾っていくことで、機種購入とは直接的には関係しませんが、ある程度の還元を受けることはできます。→「ドコモの割引キャンペーンまとめ

 

そんな中で今、売れている機種は、上からXperia Ace、arrows Be3、Google Pixel 3a、AQUOS sense2、LG Style2です。

スタンダードモデルはスマホおかえしプログラムが適用外なので、端末価格は非常にわかりやすいです。

 

Xperia Ace:48,600円

arrows Be3:33,048円

Google Pixel 3a:46,656円

AQUOS sense2:31,104円

LG Style2:38,880円

 

見事に、「売れている順番」と「価格」が比例しません。比較的安いスタンダードモデルの中では、ある程度好きなものを選びたい、ということかもしれません。

一番人気は、特徴や個性という意味ではやや弱いですが、やはり人気ブランドのSONY・Xperia Ace。

それに続くのが、「割れない・洗える」という特徴とその安さで人気のarrows Be3です。ちなみに、直近の週間ランキングではXperia Aceを抜いてarrows Be3の方が売れています。個人的にもarrowsは安心して使えるのでお勧めです。

例えば小さいお子様がいらっしゃるようなご家庭でも、勝手に触られてもロックさえしておけば安心して触らせておけます。私も、子にスマホを貸し出すときは、必ずarrowsを貸しています。それはもちろん、万が一落とされても安心だからです。→「ドコモのarrows Be3 F-02L機種変更レビュー

 

Pixle 3aがそれに続いているのは、価格の割に性能が高い、というところが評価されたのかもしれません。

その下には、冬春モデルとして人気を継続しているAQUOS sense2がランクインしています。とにかく安く、かつ使い勝手もいい、というところが人気です。

それらの機種に、新発売のタイミングでも勝てなかったLG Style2は、今回は選ばれにくい機種になってしまっているようです。

個人的にはやはり、横幅が大きすぎる、という点がイマイチに感じられました。あとは、競合するその他の機種と比較した場合に、LG Style2を選ぶ「必然性」に欠けると感じています。

 

そう考えると、やはり上位3機種は妥当なところと考えてよさそうな気がします。

ブランドを重視するならXperia Ace、様々なシーンでの使い勝手の良さならarrows Be3、総合的な性能ならPixel 3a、という感じですね。

 

iPhoneはランキングには登場しない

元々iPhoneは、ドコモオンラインショップの売れ筋ランキングには登場しませんので、どの機種が売れているかは判断がつきません。

が、価格的に買いやすいiPhoneはやはり、元docomo with機種のiPhone 7です。Androidスマートフォンのスタンダードモデルと近い価格帯なので、「iPhoneを買いたいが価格も抑えたい」という人には最適です。

次にiPhone 8、iPhone XRが、スマホおかえしプログラム適用であれば、比較的買いやすい価格帯ですが、このくらいの金額を出すなら、いっそのことiPhone XSにしてもいいのでは、と思ってしまいます。

 

ただ、もうすぐ9月には次の新型iPhoneの登場が有力視されていますので、今のタイミングならもう少し待って、旧型になるiPhone XS他の値下げに期待してみるのもありかもしれません。

 

iPhoneなら待ち、Androidでも待ち?

いずれの機種も、この価格なら買いやすい! と言えるような価格帯の機種がかなり少なくなってしまった上に、新プランのギガホ/ギガライトではイマイチ安さを実感しにくいという、ユーザー心理としては「全体として値上げになっているのでは?」、という気分に陥りやすい状況です。

しかも状況の改善がほぼ見込めず、未来への期待が持ちにくい状況と言えます。

とはいえ、iPhoneについては9月の新機種発表まで待つのもありだと思いますし、Androidスマホに関しても、10月になれば次の冬春モデルの話も出てくるでしょうし、楽天参入に伴う全体としての若干の見直しが何かしら入る可能性もないとは言えないため、どちらにしても急ぐ必要がなければ今は様子見推奨、というところです。

が、もし今買うなら、個人的にはやはり、GalaxyやXperia、価格重視ならarrows Be3がお勧めです。

 

今はとにかく、盛り上がっているキャッシュレス決済系のキャンペーンをひたすら追い、消費税増税におけるポイント還元に対応するため、ドコモのdカード GOLDを持ちつつキャッシュレス決済に慣れておきましょう。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-2019年夏モデル

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.