ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモのキャンペーン情報の裏 ドコモdカード(旧DCMX)の裏

エディオンと東急ハンズでdポイントが貯まる! iDで買い物してdポイントカードまでもらってきた話

投稿日:

+20%が還元される、非常にお得なdポイントスーパーチャンスが2019年4月24日より実施されています。5月7日までです。

平成から令和へ変わる10連休において、非常に大きな「お得」を提供してくれるキャンペーンなので、是非活用したいところです。

 

ということで今回、4月23日からdポイントの取り扱いが開始され、24日からは非常にお得なキャンペーンが実施されているエディオン(EDION)で、dポイントスーパーチャンスでの最大限のお得を獲得するために実際に買い物をしてきました。

また、4月27日からは東急ハンズにおいて、同じようにdポイント対応を記念したキャンペーンが展開されるため、合わせてご案内していきます。

エディオンでdポイントスーパーチャンスの進呈上限を満たす買い物をしてみた

まず、dポイントスーパーチャンスの詳細内容については、別記事でご案内しているのでそちらを参考にされてください。→「+20%還元のdポイントスーパーチャンスキャンペーンを詳細解説

 

それを踏まえて今回、dポイントスーパーチャンスでもらえる進呈上限のポイントである1万ポイントを1回の買い物で確定させるべく、5万円以上の買い物になりそうな、家電量販店のエディオンで買い物をしてみることにしました。元々検討していた家電があったので、ちょうどよかった、ということもあります。

 

ちなみにエディオンは、関東では東京含む全体で見ても10店舗ほどしか展開していませんし、東北に至っては1店舗も存在していません。そのため、「いやいやエディオンなんて行ったことないし」という方も少なくないと思います。主に西日本の方に馴染みのある家電量販店なんですね。

私も普段はエディオンについては全然利用したことがないため、今回のdポイントスーパーチャンスおよびエディオンのキャンペーンを活用するために、普段よく行くヤマダはじめ大手家電量販店をあえて避け、わざわざ足を延ばしてみた感じです。

 

で、その非常にお得なエディオンのキャンペーンがこちらです。

 

 

一目見て、かなりお得ということがわかります。まぁ、実際に買い物してみると、一部うまくいかず、合計33%還元、というわけにはいかなかったのですが、それは後程説明するとして、それでも非常にお得でした。

 

支払方法は「iD」か「d払い」で

私が購入時に利用した支払い方法は、「iD」です。本当はここで、「d払い」を選択するべきでした。

私はd払いの支払いにdカード GOLDを設定しているので、iDであれば1%しかポイントがもらえないところを、d払いなら合計1.5%もらえていたはずだからです。

購入時に、レジでd払いのマークを見つけられなかったこともあり、なんとなくエディオンはd払いに対応していないような気分になってしまったのと、仮に対応していても5万円以上の金額をd払いで一括で払うのは無理ような気がしてしまい、「iD」を選択してしまいました。ちゃんと確認するべきでした。

元々、数万円規模の買い物をする際は、dカード GOLDのクレジット決済を利用することがほとんどなので、「iD/d払い」での高額な支払いに慣れていなかったのが失敗の原因です。

 

逆に、ちゃんと抜かりなくできた、という点としては通常dポイントをしっかりつけてもらえた、という点です。

エディオンでは、今回のキャンペーン期間中、なんと通常dポイントが2.5%還元です。すごいですね。これはdカード GOLDを提示して、ばっちりつけてもらえました。レシートにもしっかり記載されていました。5万円なら1,250ポイントですね。

この時点で、既に合計3.5%お得に買い物ができています。(d払いにしていれば4%でしたが・・・)

 

そして、今回最大のポイント還元率である20%部分が、dポイントスーパーチャンスです。

事前にエントリーは済ませていたので、後は条件となっている「iD払い」または「d払い」を利用するのみでした。普段高額払いではクレジット決済ばかりを利用しており、慣れていないにも関わらず「iD」を利用したのは、このキャンペーンのためです。

ちなみに、d払い(dカード/dカード GOLD)で高額商品を購入する際は、商取引上の安全性向上のためクレジットカードの提示をお願いされる場合があるそうです。

iD払いでは、どの水準からそうなるのかはわかりませんが、高額商品の買い物の場合、少額商品購入時にはない暗証番号の入力を求められることがあります。

 

とりあえず私の買い物は「iD」払いで何の問題もなく終了したので、これで+20%、合計で最大23.5%もお得になりました。

 

エディオンポイント10%はエディオンカード必須?

今回のエディオンのキャンペーンの中で、dポイントスーパーチャンスの次に還元率が大きいのが、エディオンポイント10%還元の部分なのですが、残念ながらここには条件がありました。

まず大前提としてエディオンカードが必要で、なおかつ購入商品によってもポイント付与率が変わるようです。わざわざ今回のためだけにエディオンカードを作りたくなかったですし、仕組みがややこしかったので今回私はエディオンポイントは完全に諦めました。

どうしても逃さず獲得したい場合は、エディオンカードを申し込みする前提で、店員さんに確認してみましょう。

 

レジ付近で見つけた「エディオン・オリジナルdポイントカード」

実は今回エディオンであえて買い物をしたのにはもう一つ理由がありました。それは、エディオン限定オリジナルdポイントカードです。

オリジナルdポイントカードは、dポイント加盟店になるのに合わせて限定で配布されるケースが多いのですが、エディオンもそのパターンでした。

レジ付近に誰でももらえるように置いてあり、限定カードと通常dポイントカードのそれぞれを見つけることができました。

もらっていいか、一応確認の上、快諾されたのでそのままもらってきたのがこちらです。

 

 

オリジナルdポイントカードは、いただいた情報によると、エディオン直営店とフランチャイズ店の一部で配布されているそうですが、数に限りがありますので、もし欲しい方は早めにもらいに行きましょう。

特にもらうのに条件等はありませんが、せっかくなのでついでに何か買い物をしていけば気持ちよくもらうことができます。買い物もせず、一人で何枚も大量にもらうような行為は、やはりマナー違反だと思うのでやめましょう。

関連記事:「dポイントカードをコレクションしてみた

 

東急ハンズで実施される、ゴールデンウィーク期間中dポイント2倍キャンペーン

東急ハンズは、エディオンと比べると首都圏の方にはまだ馴染みがあると思います。

ただ地方では、1道府県あたり1店舗あるかないか、というところも多い印象です。やはり少ないのが東北ですね。仙台の1店舗のみです。

 

この東急ハンズ、ハンズ ビー、ハンズ エキスポの54店舗でdポイントが利用できるようになり、今回それとゴールデンウィークに合わせて、dポイント2倍キャンペーンが実施されています。

 

 

ちなみに、東急ハンズでも対象外店舗もあるので注意しましょう。対象外店舗は以下の通りです。

 

【dポイント2倍キャンペーン対象外店舗】

東急ハンズ 東京店、ららぽーと豊洲店、ららぽーと立川立飛店、ららぽーと横浜店、ららぽーと湘南平塚店、ららぽーと船橋店、ららぽーと富士見店、静岡店、名古屋店、名古屋モゾ ワンダーシティ店、名古屋ANNEX店、桑名店、京都店、奈良店
ハンズ ビー ららぽーと柏の葉店、ダイバーシティ東京プラザ店、ハンズカフェ、ネットストア

 

また、東急ハンズでもエディオン同様、オリジナルdポイントカードが配布されます。

 

 

デザインに見覚えがありますね。最近ドコモでもらえるdポイントカードで、服を着ていなかったはずのポインコ兄弟が、東急ハンズの制服を着ています。

 

せっかくのキャンペーンなので、私も27日以降、普段はあまり行かない東急ハンズに足を運び、何かしら買い物をしてこようと考えています。そのついでにオリジナルdポイントカードがもらえたら最高です。

東急ハンズの店舗の多くでは、iDは対応しているようなので、dポイントスーパーチャンスで最大進呈額である1万ポイントをもらえる水準である5万円の利用をまだ満たせていないのであれば、ここでもしっかり「iD」を使ってポイント還元とdポイント2倍を獲得しましょう。

 

10連休はdポイントスーパーチャンスをフル活用したい

10連休中、どこかにお出かけされる方も多いと思います。そんな時にはiDまたはd払いをひたすら活用して、是非dポイントスーパーチャンスにおいてMAXの1万ポイントを獲得しましょう

もちろん使わなくていいことにお金を使う必要はありませんが、どうせ使うならiD払いかd払いを利用することで対象になるのですから簡単です。

まだdカード/dカード GOLDをお持ちでない場合には、電話料金合算払いを設定したd払いを利用することもできますが、それだとまだまだ利用可能店舗が限られてしまうので、iDを使えるようにdカード GOLDを早めに申し込みしておきましょう。

今回のキャンペーンには間に合わなくても、今後似たようなキャンペーンは登場してくる可能性は高いですし、いずれにしてもキャッシュレスのお得さは増すばかりです。

ドコモ利用時のキャッシュレス決済として、iD利用のためのdカード、しっかり利用していきましょう。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-ドコモのキャンペーン情報の裏, ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.