ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

iPhoneの裏

ドコモのiPhone Xs/iPhone Xs Max/iPhone Xrのスペック比較/予約・購入のためのチェック項目まとめ

投稿日:

2018年版の新iPhoneがAppleより発表されました。

大方の予想通り、名称はiPhone Xs(アイフォン・テンエス)、iPhone Xs Max(アイフォン・テンエスマックス)、iPhone XR(アイフォン・テンアール)で確定です。

予約開始日はiPhone Xs、iPhone Xs Maxが予想通り9月14日。発売日は9月21日です。

iPhone Xrは、予約開始が10月19日、発売日は10月26日となり、やや遅れる形となります。

iPhone Xrはカラーバリエーションがなんと6色で、より目を引きますが、全体的なスペックとしてはiPhone Xsが上なので、昨年とは違い今年は先に発売されるiPhone Xsの方がメインとなります。

それぞれの詳細スペックを確認していきます。

iPhone Xs/iPhone Xs Max/iPhone Xrの価格

ドコモより正式に新iPhone3機種の価格が発表されています。Appleの発表時点である程度予測はできましたが、やはりそれなりに高いです。

 

 

今回メインとなるであろうiPhone XSの最安値である64GBモデルで128,952円、512GBモデルになると171,720円です。高いですね。ただ、実際のところiPhone Xと比較すると64GBと256GBモデルではほぼ同程度の価格ということで、iPhone Xを買うくらいならiPhone XSにしよう、という判断は間違いではないと思います。

ただ、大型モデルのiPhone Xs Maxになると、またまた相当高いです。64GBモデルでも141,912円、512GBモデルで184,680円という、まさかの18万円超えです。月々サポートを考慮に入れた実質負担額でも、24回の割賦で月々5,238円という、異次元の価格帯となっています。

悩ましいところですね。

 

iPhone XRについては、スペックが抑えられている分、価格も控えめで、一般的なドコモのハイスペック機種であるXperiaやGalaxyとそう変わらない価格設定で、まだ買いやすいと思います。ただ、これを買うなら今かなり安くて買いやすいiPhone 8でも・・・と思えてしまうのが辛いところです。

この新iPhoneの価格を見て、iPhone 8に逆に人気が集中する可能性が出てきています。既に在庫切れの色も出ていますので、新iPhoneにするか、価格を優先してiPhone 8にするか、判断はお早めに。

iPhone Xs/iPhone Xs Max/iPhone Xrのスペック比較

 

3機種主なスペックまとめ

まずは今回発表された3つのiPhoneの主なスペックをそれぞれ比較して確認してみます。

 

iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone Xr
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ブルー
ホワイト
ブラック
イエロー
コーラル
(PRODUCT)RED
5.8インチ
Super Retina HD
6.5インチ
Super Retina HD
6.1インチ
Liquid Retina HD
143.6×70.9×
7.7mm
157.5×77.4×
7.7mm
150.9×75.7×
8.3 mm
177g 208g 194g
12MP
デュアル
12MP
デュアル
12MP
Face ID Face IID Face ID
Qi対応 Qi対応 Qi対応
IP68 IP68 IP67
64・256・512GB 64・256・512GB 64・128・256GB
Apple Pay対応 Apple Pay対応 Apple Pay対応
iPhone Xより
30分長い
iPhone Xより
1.5時間長い
iPhone 8 Plusより
最大1.5時間長い
デュアルSIM
(nano SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano SIMとeSIM)
Lightning Lightning Lightning
9月14日 9月14日 10月19日
9月21日 9月21日 10月26日

 

iPhone Xs/iPhone Xs Max/iPhone Xrのサイズ

まず注目すべきはiPhone Xsのサイズで、こちらはディスプレイサイズも含めてiPhone Xとまったく同じです。

ケース関係も同じものが利用できる可能性が高いと考えられます。

となると、外見上ではiPhone Xと区別がつかない感じなので、新色のゴールドが狙い目かもしれません。

 

iPhone Xs Maxは、iPhone 8 Plusよりごくわずかだけ、数ミリ単位で小さくなっていますが、実際に利用する際のイメージとしては、ほぼ同サイズと考えておいてよさそうです。

 

唯一今回、今までのiPhoneの中にサイズ感が合うものがないのが、iPhone Xrです。

iPhone Xsよりは大きく、iPhone Xs Maxよりは小さい、という今回のiPhoneの中では中間のサイズです。

 

最近のスマートフォンはドンドン大型化が進んできていることもあり、iPhone Xのサイズなら、5.8インチとはいえ、ベゼルレスデザインということもあり、正直それほど大きいとは感じません。

そこまでディスプレイの大きさは求めていない、という人は、迷わずiPhone Xsを選びましょう。

 

iPhone Xs/iPhone Xs Max/iPhone Xrのカラー

今回、カラーでの注目はやはり、iPhone Xrです。全部でなんと6色のカラーが用意されています。

ブルー、ホワイト、ブラック、イエロー、コーラル、(PRODUCT)REDです。

ホワイト、ブラック、レッドは今までにもよく使われているカラーなので、比較的見慣れていると思いますが、ブルー、イエロー、コーラルはかなり珍しい色合いなので、目を引きます。今回iPhone Xrをもし購入するなら、この辺りの新色がお勧めです。

イエローはそのまま黄色ですが、ブルーや水色系のブルー、コーラルはピンクとオレンジの中間のような色味です。それぞれのカラーは以下の通りです。

 

 

iPhone Xs、iPhone Xs Maxは、スペースグレイ、シルバー、ゴールドという3色展開です。

 

 

スペースグレイ、シルバーはお馴染みの色、ゴールドは、iPhone 8のゴールドと同じ感じのややピンクがかったゴールドです。

こちらも、選ぶならやはり新色のゴールドが良さそうです。

 

iPhone Xrのみカメラがシングル、Liquid Retina HDディスプレイ

iPhone XrとiPhone Xsのスペックの違いで最も目を引くのは、やはりカメラの違いとディスプレイの違いです。

カメラはiPhone Xs/iPhone Xs Maxがデュアルカメラであるのに対し、iPhone Xrはシングルとなっています。カメラにある程度こだわりたい場合、この差は大きいです。

その他、ディスプレイが唯一Liquid Retina HDを採用している点も注意点です。ただ、実際のところどのようにディスプレイの表現力が変わってくるのかは、実際に見比べてみるまではわかりません。

 

ついにTouch ID(指紋認証)がなくなり、完全にFace ID(顔認証)へ

今回のiPhoneから、Touch IDが完全に姿を消してしまいました。残念ですね。

iPhone Xユーザーは既に慣れているでしょうが、それ以外のiPhoneユーザーやAndroidユーザーは、Face IDと指紋センサー兼ホームキーのないiPhoneの使い勝手にまずは慣れる必要があります。

iPhone Xを利用していた感想として、慣れればそこまで違和感なく使えるものの、一度で認証できずパスコードを入力する場面は確実に増えると思いますので、やや利便性は落ちるかもしれません。

暗い場所や寝起きの顔の場合などもなかなか認証してくれなかったりしますね。iPhone Xでの弱点が、iPhone Xsでは改善していればいいのですが。

 

Apple PayとデュアルSIM

Apple Payは引き続き対応していますので、dカード GOLDユーザーも安心して利用できます。

デュアルSIM、と聞いて一瞬テンションが上がったものの、残念ながら片方がnanoSIMで片方がeSIMでした。

eSIMをどのように使うのかがまだ見えてこないので、今後確認していこうと思います。

 

予約開始日と発売日が確定

例年通り、9月の予約開始日と発売日は揃えてきました。

iPhone Xrについては、昨年のiPhone Xに近い発売日となっています。

10月26日にiPhone Xrが発売されるということで、ドコモの冬春モデルのスケジュールに若干の影響を与えてきそうですね。

 

iPhone Xs/iPhone Xr/iPhone Xs Maxの予約・購入のための事前チェック

dアカウントのログインと2段階認証を実施しておく

当日、パソコンで購入手続きをするのか、スマホで実施するのかをまず決めておきましょう。

その上で、利用する予定の端末からドコモオンラインショップにアクセスし、dアカウントとパスワードでログイン出来るか確認しておきます。

もし2段階認証を求められたら、今のうちに実施しておき、「信頼できるブラウザ」として設定しておきましょう。→「ドコモオンラインショップの2段階認証の設定方法を解説

 

この作業を怠ると、予約当日に2段階認証の実施に時間を取られてしまって、他の人に確実に先を越されます。

予約は時間との勝負ではありますが、慌てる必要はありません。むしろ慌てすぎると逆に失敗したりしますのでまずは落ち着いて手続きした方がいいです。

しかし、確実に早めに手に入れたいなら、事前に出来ることは必ず事前に終わらせておきたいところです。

 

ドコモオンラインショップでの予約の流れ

2段階認証の確認と同時に、ドコモオンラインショップでの予約の流れをそのまま確認しておきましょう。

予約開始当日は、ドコモオンラインショップもかなり混雑し、一時的にアクセスしにくい状況になることも考えられます。となると、無駄な操作ミスをすればするほど余計に時間がかかってしまいます。

ある程度、予約の流れを予習しておくことで、当日の予約をスムーズに実施できるはずです。

スマホなのかパソコンなのか、実際に購入予定のデバイスを利用して試しておきましょう。慣れてしまえばそう難しいものではないですが、全く初めてドコモオンラインショップを見る、という状態で予約に臨むのは不安があるので、必ず一度は目を通しておきましょう。

ドコモオンラインショップ公式

 

「予約」だけでなく「購入」時もできるだけ早く

ドコモオンラインショップでは、予約当日はまず予約だけを実施し、後日販売開始の三日前、または二日前から実際の購入手続きが開始されます。

購入手続きが開始された旨はメールにて送られてきますが、この手続きをできる限り早く行うようにしましょう。

 

「予約してるから安心じゃないの?」と思われるかもしれません。確かに早めに予約さえできていれば、在庫確保はできている状態です。ただ、購入手続きを実施しないと発送手続きがいつまで経っても実施されません

となると、予約がいかに早くても、購入手続きが遅れれば遅れるほど、実際に送られてくるのが遅れてしまう、ということになるわけです。

もちろん、「在庫確保さえできていれば、多少遅れる分には問題ない」ということであればいいのですが、できる限り早めに手元に届いてほしいと考えるならば、早めの購入手続きが必須である、ということも覚えておきましょう。

 

居住地域によっては発売日当日に届かないこともある

ドコモオンラインショップで新iPhoneを予約・購入した場合、住んでいる場所によっては発売日に届かない場合もあるので注意しましょう。

これは単純に発送にかかる時間の問題なので、特に注意が必要なのは九州や沖縄、北海道、離島などです。

無事早めの予約ができたとしても、上記の地域では実際に送られてくるのは発売日翌日以降になるのはほぼ間違いありません。

とはいえ、ショップで購入するのと比較するとどうしても費用的な差が生まれたり、待ち時間等の問題も出てくるため、よほどどうしても発売日当日に欲しい、ということでなければ、やはりドコモオンラインショップで予約をしておくことをお勧めします。

 

新iPhone(2018年)をドコモで予約する4つの方法

通常ドコモでiPhoneを予約する場合、方法が4つ存在します。まずはその方法を確認しておきます。

 

1.店頭で予約し店頭で購入する

2.WEBで予約し店頭で購入する

3.WEBで予約しWEBで購入する

4.電話で予約し店頭で購入する

 

どの方法を検討中でしょうか。それぞれ解説していきます。

 

WEBで予約し店頭で購入する

新iPhone(2018年)をWEBで予約し、そのうえで店頭、つまりドコモショップで購入する場合、発売日に人が殺到しすぎて、かなりの待ち時間が発生してしまう可能性があります。

加えて、店頭販売では新iPhoneにも頭金が上乗せされる可能性もあり、WEBでの購入価格よりも割高になることが考えられます。

さらに、店頭販売ならではのオプション案内も当然実施されますので、押しに弱い場合などは不要なオプションに加入してしまうリスクがあります。

そのため、せっかくWEBで予約をするのなら、わざわざ店頭で購入する必要はなく、そのままWEB購入をする方がいいと考えられます。

 

WEBで予約しWEBで購入する

WEBで新iPhoneを予約する、というところまでは同じです。ドコモオンラインショップなら手数料も完全無料です。

違いとしては、そのままWEBで購入手続きを実施するため、ドコモショップや家電量販店にわざわざ足を運ぶ必要がありません。

また、店頭でかかる可能性が高い頭金が、WEB購入の場合一切かからないので、その分安く手に入れることができます。

もちろん対面営業が存在しないため、不要なオプションを利用しなければならなくなることもあり得ません。

WEBでの手続きなので待ち時間もなく、自宅や外出先からでも手続きできるという強みがあります。

最もお勧めの予約・購入方法です。

ドコモオンラインショップでの購入のメリットは、別の記事でも詳しく解説しています。→「ドコモオンラインショップでの機種変更/購入がリアル店舗より圧倒的有利な件

 

iPhoneの店頭予約と電話予約はメリットなし

以上の内容から、新iPhoneを予約するのであれば、WEBから予約した方が断然有利です。

さらに、電話で予約をしようと考えている人は要注意です。電話予約は、受けてくれる店舗もあれば、場合によっては混乱を避けるために受けない店舗もあり得ます。

しかも、いざ予約を、と思って電話をして、まったく電話がつながらないではどうしようもありません。そして、そういう可能性が非常に高いのが電話予約最大のリスクです。

 

そう考えていくと、昔のように店頭にわざわざ長蛇の列を作って並ぶ、という予約方法は、今はどうやら流行らないようです。毎年iPhone発売日にはテレビでiPhone購入に並ぶ方々の様子が放送されますが、もはやそうした行列はパフォーマンスのようになっており、できる限り労力をかけずに新iPhoneを手に入れたいと考えるのであれば全く現実的ではありません。

そこまでしなくても手に入る可能性は高いですし、WEBで注文した方がはるかに手間もかからないし時間的にも早いわけです。

 

WEB購入に関しては、慣れていないとどうしても抵抗がある人もやはりいると思います。特に、料金プランがまだカケホーダイプランになっていないユーザーの場合には、プラン等までWEBで決めていくのは少しハードルが高いのも確かです。

その場合には、インフォメーションセンターに問合せしながら予約、購入を行ったり、購入さえなんとかできれば、あとは受取場所としてドコモショップを選択するという方法もあります。

用意されているサービスは最大限に活用していきましょう。

 

dカード/dカード GOLDユーザーへの特典がさらに

さらにもう一点。

もしドコモオンラインショップでの購入を考えるのであれば、出来る限りdカード決済を実施するようにしましょう。

なぜなら、ドコモオンラインショップ購入時にdカード決済を選択すると、dポイントの付与率が通常の1%から2%に増えるからです。

つまり、100円(税込)につき1ポイントだったところが、2ポイントに増額されます。非常にお得です。

しかも、iPhoneをdカード GOLDで一括決済することで、年間利用額の積み上げにも貢献します。→「dカード GOLDの年間利用額特典を最大活用する

 

dカード GOLDの申し込みが完了していない人もまだ今なら間に合います。2018年版の新iPhone購入に備えて、今から準備しておきましょう。

一般的な機種購入前の事前準備を実施しておく

新iPhone購入も別の新機種購入も、実際の購入前後の流れは全く変わらないため、現在利用しているプランおよび変更後のプランだったり、データのバックアップ、アプリの引継ぎ等々、細かい事前準備はしっかり終わらせておきましょう。

それらの準備がしっかり終わっていれば、購入後の移し替え作業もスムーズに実施できます。

 

関連記事:「機種変更の事前準備をまとめてみる

 

発表後はすぐに、新iPhoneの種類と色、容量を間違わないように決める

正式発表が実施されましたので、iPhoneの色と容量、種類はもう、決めることができると思います。

その中から、自分が目当てとする機種・色・容量を決めておきましょう。

 

何故この段階で色と容量まで決めるのかと言うと、予約の段階でそこまで指定しなければならないからです。

もし、iPhone XSのブラック256GBで予約をしていたとして、後からiPhone XSのゴールドの512GBに変更、ということはできません。どうしても変えたい場合には、予約のやり直しになってしまいます。

気が変わるケースもそうですが、予約手続きを慌てすぎて、種類と色と容量のいずれかを間違ってしまう、というケースも考えられます。iPhoneの種類や色や容量は時に非常に似ていることもありますので、特に慣れていない方は要注意です。

予約開始までに、この点、何度も確認して間違いが絶対にないようにしておきましょう。

 

大型のシリーズは在庫が少ないケースが多いので要注意

2018年は「Plus」という名称では発売されませんが、代わりにiPhone Xs Maxがあります。

例年のことですが、通常のシリーズと比べて大型のシリーズは製造数が少なく、初期配備もかなり少ないことが非常に多いです。

ちなみに一昨年、iPhone 7 Plusを私が予約した時は、仕事の都合もあり予約開始日の夜に予約をしたのですが、結局実際に送られてきたのは発売日より一ヶ月近く後でした。

そういうことも十分可能性としてはありますので、もし早めに入手したいなら、大型のシリーズではなく通常のシリーズを選んだ方が間違いないかもしれません。

iPhone Xs Maxを選ぶ際は、よほど予約開始直後に予約をしない限りは、入手できるまでにある程度時間がかかることまで想定しておきましょう。

 

予約開始時間は今年も午後4時1分!

私は昨年、iPhone X、iPhone 8両方とも、ドコモオンラインショップでの予約により、発売日に手に入れることができましたが、いずれも予約開始直後に予約を入れています。

iPhoneの場合、例年予約開始時間が日本時間午後4時1分とされていますが、今年も例外なく同じパターンとなりました。

まずは9月14日、iPhone XsとiPhone Xs Maxが午後4時1分より予約開始です。

日中働いている人からするとなかなか予約を入れるのは難しいと思いますが、そこはうまく有休を入れるなり仕事の合間を見つけるなりするしかありません。

予約自体は、まだ購入手続きをするわけではないので、ほんの数分で終わります。なので、外回りの人などは仕事中でもドコモオンラインショップでの予約は比較的しやすいと思います。

 

もし直後が難しい場合でも、出来る限り早く当日夜に予約をしておきましょう。在庫の状況によっては間に合う可能性もありますし、発売日直後が難しくても早めの予約によって早めに送られてくるので、急ぐに越したことはありません。

 

新iPhone予約開始前のチェック項目まとめ

以上、新iPhoneを予約・購入するためにあらかじめ抑えておきたい項目の数々でした。

「新iPhoneが発売されたら発売日に購入する気持ちでいたのに、予想外に予約が殺到して手に入らない」、という状況は、昔ほどではないにせよ、やはり起こる可能性もあります。

出来ることはやっておき、しっかり準備をしておくことが大切です。

全て確認ができた状態になったら、後は予約開始を待ちましょう。

関連記事:「ドコモオンラインショップでの機種変更/購入がリアル店舗より圧倒的有利な件

 

ドコモオンラインショップ



-iPhoneの裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.