ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

iPhoneの裏

ドコモのiPhone XS Maxに機種変更したけど大して変わってない? とにかく高い最新機種

投稿日:

日本では大手3キャリアとAppleストアから発売されたiPhone XS Maxを、ドコモオンラインショップで購入してみました。

いやいやしかし高いです。もう機種の感想とか、そういうものよりも真っ先に出てくる言葉は「高い」しかないです。

レビュー用に購入してみたものの、価格を思い出すたびに辛い気持ちになります。

 

しかしです。

高いなりにやはり抜群の性能を誇るのは間違いありませんし、「最高価格帯のiPhoneを使っているんだ」という事実で自尊心を満たすことができるのであれば、決して悪い買い物ではありません。

と、私も自分自身を納得させつつ、最新iPhone XS Maxの詳細内容を見ていこうと思います。

iPhone XS Max(テンエスマックス)の外観

まずはiPhone XS Maxの箱から。外観はiPhone XSとまったく変わりませんが、大きさだけが異なります。

 

 

iPhone XSの箱と並べてみます。

 

 

もちろん箱だけでなく、本体も大きいです。同じくiPhone XSと並べてみます。

 

 

今回、カラーはシルバーを選択しました。シンプルなカラーですが、それが逆にいい感じです。

さらに、最近のiPhoneを並べてみました。

 

 

左から、iPhone 8、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 7 Plusです。iPhone 7 PlusはiPhone XS Maxと外観のサイズはほとんどかわりませんが、デュアルカメラの付き方がヨコかタテかの違いがありますね。ちなみにiPhone 8 Plusもカメラはデュアルカメラはヨコなので、iPhone XS Maxで同じケースは利用できません。

 

iPhone XS Max最大の特徴はその大画面

iPhone XSはiPhone Xと比較して、操作性もカメラもほとんど違いを見つけられませんでしたが、今度はiPhone XSとiPhone XS Maxで比較した場合にも、同じように全く違いは見つけられませんでした。

iPhone XとiPhone XSの間にはスペック的な差がありますが、iPhone XSとiPhone XS Maxはスペック的な差もほとんどないので、仕方ないところかもしれません。高いレベルで共通の性能を維持している、と考えるべきですね。

 

では、iPhone XSとiPhone XS Maxは、何をもって選び分けるかと言うと、やはりそのディスプレイの大きさです。

iPhone XSとiPhone XS Maxの価格的な数万円の差は、純粋にその差です。

外観上のサイズは前述したとおりほとんど「Plus」シリーズと変わりませんが、ディスプレイのサイズは全く違います。

 

 

上下のベゼル部分が完全にディスプレイになってしまい、指紋センサー兼ホームキーもなくなってしまったことで、画面全体をフルに利用することができるようになっています。

つまりその分、大画面で快適なブラウジングが可能となり、より臨場感のある動画の視聴なども楽しめるようになるというわけです。

 

iPhone XS MaxはOLEDディスプレイ

iPhone XSとiPhone XS Maxのディスプレイには、Super RetinaディスプレイとしてOLEDディスプレイが利用されています。

そのため、iPhone X同様、利用していて「鮮やかだなぁ」と感じるのですが、とても身近にこのディスプレイの感じ、どこかで・・・と思っていたのですが、思いつきました。Galaxyですね。Galaxyシリーズはもう長く、有機ELディスプレイを利用し続けていますが、そう考えるとGalaxyにようやくiPhoneが追いついてきたのか?と考えることもできなくもありません。

 

ちなみに私が現在、普段Galaxy S9+を利用しているせいもあるかもしれませんが、iPhone XSとiPhone XS Maxはやけに画面の中で「白」が黄色がかって見える気がする・・・と感じて同じOLEDディスプレイのiPhone Xと比較しましたが、そう変わりませんでした。iPhone Xもよく見たら「白」がやや黄色がかっていました。今更ですが。

iPhoneのOLEDディスプレイはやや白が黄色がかる調整がされているのか、そこはわかりません。

有機ELは黒の再現には強くても、白の再現力が弱いのか?とも一瞬思いましたが、Galaxyではそんなこともないので、有機EL云々ではなく、単純にiPhoneとGalaxyの差ですね。

個人的に、Androidスマートフォンではブルーライトカットモードを利用することもあるので、慣れてしまえばそう気にならないと思いますが、白はちゃんと白に見えないと嫌だ、という人はとりあえずiPhoneX/iPhone XS/iPhone XS Maxの白の再現力は店頭の実機などで確認はしておきましょう。

 

カメラはGalaxy S9+やHUAWEI P20 Proを超えられていない?

昨年のiPhone X発売からGalaxy S9+を手に入れるまでの間、長く(?)iPhone Xをメイン端末として利用していたのですが、それ以降はP20 Proとどちらをメインにするか悩んだ末に、現在はGalaxy S9+をメインに利用しています。

その最も強い理由としては、やはりカメラの性能です。

普段の写真はもちろん、ボケのあるプロのような写真や暗所での撮影まで、幅広くスマートフォン最強であると判断して利用しているのですが、その感想は今でも変わりません。

新iPhoneが登場して、また使いたくなるだろうか、と思っていたのですが、正直今回のiPhone XSとiPhone XS Maxなら、Galaxy S9+を私は使い続けます。

カメラを重視している、という人に対しては、iPhoneよりもGalaxy S9+かHUAWEI P20 Proを勧めます。

とはいえ、iPhoneのカメラが劣っているというわけではなく、このレベルになると好みの問題と言ってもいいかもしれません。

ただ確実なのは、暗所撮影における明るさだけは、やはりGalaxy最強です。これは本当に間違いありません。

 

ちなみに、iPhone XとiPhone XS・iPhone XS Maxを比較すると、夜景撮影時の光の飛びをグッと抑えられるようになっているため、しまった写真が出来上がります。新iPhoneも確実に進化しているのは間違いありません。

 

解決していないdフォト問題

iPhoneのカメラのフォーマット設定を「高効率」にしていた場合、ドコモのdフォトでクラウドに写真を預けることができない、という問題が以前から発生しており、この問題は今もまだ解決しておらず、結局iPhoneの設定を「高効率」から「互換性優先」に切り替えないと、dフォトの利用は事実上できません。

iCloudを使えばいいじゃないか、と言われるかもしれませんが、iCloudの無料分の容量は少なすぎますし、特に子育て応援プログラムを利用している場合など、せっかくクラウド容量オプション+50GBを利用することができて合計55GBも無料で使うことができるのに、それを一切利用できないのではもったいなすぎます。

ということで、iPhoneでカメラを利用し、dフォトに預けておきたい場合には、必ず「互換性優先」を選択しておく必要があります。

また、「高効率」にしておくと、HEVCフォーマットで撮影されるため、パソコンでもデータが見られないなどかなり不便です。「互換性優先」だとJPEGなので、データの持ち運びも便利になります。

設定→カメラ→フォーマットで設定変更できます。デフォルトでは「高効率」に設定されています。

 

大画面以外に特徴は見つけられないが・・・

iPhone XS Maxはとにかく大画面が映えます。

非常に使いやすいですし、個人的にiPhone XSとiPhone XS Maxでどちらをメインに使いたいかと言われたら、iPhone XS Maxを使います。

 

 

ただ個人的には、大画面である、という点以外に、強く興味を惹かれる点が見つけられなかったのもまた事実です。

それは、既に昨年のiPhone Xの段階でかなり完成度が高く、そこからの進化具合が少ないという点が一つ、さらには現在私が利用しているGalaxy S9+がさらにそれを上回るパフォーマンスに感じられているという点も大きいです。

そのため、ひと昔前のAndroidスマートフォンからiPhone XS Maxへの買い替えとなるとまた話は変わってきて、その場合はその劇的な進化に感動すること間違いなしです。つまりは、昨今のスマホおよびiPhoneはレベルが高くなりすぎたんですね。

「それ以上」を求めても、元々がかなり高い水準なので、伸びしろが少ないわけです。

 

なので、iPhone XS Maxにおける私の正直な感想としては、「大して変わってないじゃん」という程度のものでしたが、元が非常に高いスペックであるのは間違いなく疑いようもないため、購入して後悔することはあり得ないと考えていいと思います。

とにかくiPhone XS Maxの問題は、やはりその価格だと思います。

 

iPhone XS Maxにはその価格ほどの価値があるのか

例えばGalaxy S9+のインテリジェントスキャンにおける顔認証と虹彩認証は、iPhone XSやiPhone XS MaxにおけるFace IDには到底勝てるものではありません。

使い物にならない、と言ってもいいくらいですね。そのため、私はもう指紋認証しか利用していません。

それくらい今回のFace IDの出来はいいと思いますし、ディスプレイも大きく美しく操作性も抜群で、それ以外の機能もトップクラスの性能があると思うのですが、iPhone XS Maxの価格はさすがに高すぎます。

iPhone XS Maxの最安値である64GBモデルでも14万円なので、Galaxy S9+とAQUOS senseの2台を買えてしまいます。AQUOS senseだけなら4台買えます。

それならiPhone XSの方がまだ買いやすいですし、もっというならそれほど変わらない値引きされたiPhone X。

こだわり自体がないならもう一つ落としてiPhone 8なら劇的に安くなり、実質負担金ベースでも4分の1の価格で購入できてしまいます。

「最新iPhoneを購入する」、という文化は、この価格帯においても継続していけるのでしょうか。少なくとも私はもうずいぶん疲弊しています。金銭的に。。

 

格安お勧め機種にも目を向けてみよう

とりあえず10月にはもう1機種、iPhone XR(テンアール)の発売が控えており、そちらはカラフルかつ料金もまだ手ごろなので、そちらを狙っている、という人も多いかもしれません。

もしかしたら今年は、ハイスペックモデルのiPhone XS/iPhone XS Maxよりも、スペックを抑えたiPhone XRの方が売れる、なんて可能性も意外になくはない気がしています。

事実、iPhone XとiPhone 8では、最初はiPhone Xが売れましたが、後半伸びたのはiPhone 8ですしね。

 

そして、もうiPhoneはいい、ということであれば、今お買い得な格安機種に目を向けてみるのもありです。

iPhone XS/iPhone XS Maxと比較すれば、それはそれはスペックはガクッと落ちますが、それでも十分使っていける程度の性能は有しています。

格安スマホが気になる、なんて方であればなおさら、ドコモにおける格安機種群を選ぶのはお勧めです。

ドコモの強力なサポートと安定の回線網を維持しながら、価格は抑えて利用する、という方法が実は最も賢く、無駄に高額iPhoneに手を出す必要はないとも言えます。

是非関連記事も合わせてご確認ください。→「ドコモの機種変更にお勧め格安機種



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-iPhoneの裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.