ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

iPhoneの裏

iPhone XS/iPhone XS Maxが高すぎる! 別機種に機種変更という選択肢

更新日:

2018年の新iPhone・iPhone XS/iPhone Xs Max/iPhone XR(テンエス/テンエスマックス/テンアール)が発表され、そのうち2機種(iPhone XS/iPhone Xs Max)の予約が開始されています。

ドコモでも9月14日に予約が開始され21日の発売を待つばかりです。その後、各機種の価格も発表されました。

 

iPhone XSは、現状ドコモで最も高い水準であるiPhone Xと並ぶ高価格帯で、iPhone XS Maxはなんとその水準をさらに上回る高さです。

その価格を見て、購入しようと予約までしたものの改めて悩んでいる、という人もいるかもしれません。

 

そうした人のために、別の選択肢をいくつか、考えてみようと思います。

iPhone XS/iPhone XS Maxを高いと感じたなら

最新iPhoneであるiPhone XSとiPhone XS Maxが高いと感じられるなら、まずそもそも自分自身が何を求めて最新iPhoneを選ぼうと考えたのか思い出してみましょう。

 

最新機種を手に入れるという満足感、最新技術や性能を味わってみたいという好奇心などが何よりも重要である、という人は、多少高いと感じられたとしても、迷わずiPhone XS/iPhone XS Maxを選択しましょう。

いわゆる「最新iPhoneのブランド力」と言ってもいいかもしれません。そのあたりを重視する場合、悩む必要は一切ないと言えます。多少の金銭的負担は仕方ありません。

 

しかし、それらの理由がそれほど強くなく、例えばカメラ性能とか操作性とか、ある程度は必要だけれども普通に使えれば問題ない、というユーザーの場合、あえて高いiPhone XS/iPhone XS Maxに手を出す必要があるのか疑問と言えます。

以下に案内する別の選択肢を積極的に検討してみましょう。

 

iPhone XR(テンアール)を選ぶ

 

iPhone XS/iPhone XS Maxが高すぎる!と感じた場合でも、2018年最新iPhoneにはもう1機種、発売されるモデルがあります。それが、iPhone XRです。

iPhone XRは、全体としてのスペックをやや抑え気味にしてある代わりに、価格も抑えられています。iPhone XS Maxと比較すると、実質価格で約半額程度です。

もちろんそれでも、2018年夏モデルのAndroidスマートフォンのハイスペックモデルと大体同程度の価格なので極端に安いというわけではないのですが、到底手を出せないような極端な価格帯ではではなくなります。

また、iPhone XRは、鮮やかなカラーバリエーションが大きな特徴なので、イエローやコーラル、ブルーなど普段みることができないカラーのiPhoneを手に入れることができる、という意味で、iPhone XSやiPhone XS Maxを手に入れるよりも、価格は安くても高い満足感を得ることができる可能性があります。

 

iPhone XRは、iPhone XS、iPhone XS Maxは高すぎる、と感じた場合の最優先の代替案となります。

ただし、予約開始日が10月19日、発売日が10月26日ともう少し先なので、そこまで待てない、という場合はさらに以下の機種を検討してみましょう。

 

iPhone 8を選ぶ

 

新iPhone発表前から高い人気を継続している機種が、iPhone 8です。

その人気の秘密は、何と言ってもまずは価格帯です。機種変更、新規契約、どちらのパターンでも実質負担金は2万円を切り、MNP新規なら約1万円と、iPhoneとしてはかなり安い価格帯が設定されています。

また、新iPhoneであるiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRがすべてFace ID対応機種となり、完全にTouch IDの機種がなくなってしまったため、ホームキーと指紋認証があった方がいい、というiPhoneユーザーにとってはiPhone 8がその最後の機種になってしまった、ということもあります。

強い駆け込み需要が発生しており、圧倒的に売れ続けている状態のため、iPhone 8の購入を検討するのであれば、新iPhone以上に急いだほうがいいとも言えます。

 

docomo with・iPhone 6sを選ぶ

 

現在、iPhone 8もかなり安い水準で手に入れることができる状況ですが、iPhone 6sの場合、docomo withにより毎月の基本料金を1,500円安く利用することができるため、さらにお得に利用が可能です。

iPhoneのスペックよりも価格を重視するのであれば、真っ先に選ぶべき機種と言えます。

事実、9月に改めてdocomo with機種として発売されたiPhone 6sは、かなり高い人気で売れ続けているようです。

 

ただ、元々iPhoneを利用しているユーザーからすると、iPhone 6sは逆に所有している機種よりも以前の機種である可能性もあるため、その場合は購入してもSIMカードを入れ替えて利用するメリットがあまりなく、そのままSIMカードを入れ替えず現行機種を利用する、という方法になりかねません。

もちろんそれでもdocomo withの恩恵は受けられるのですが、もともとそうした利用を想定するのであれば、より端末価格が安いdocomo with対象機種の別機種を選択した方がいいとも言えます。

 

docomo with・Xiスマホを選ぶ

 

もはやiPhoneにこだわらない、という人や、現在iPhone 6s以上に新しいiPhoneを所有しているので、docomo wtihを受けるためだけに機種購入をしたい、という場合にはdocomo with対応のAndroidスマートフォンをあえて選択するという方法もあります。

現在最安値は2017-2018年冬春モデルのAQUOS senseで、総額でも30,456円、24回割賦の場合の月々の負担は、1,269円です。

1,500円の割引きを受けることができるdocomo withで、2年経過を待たずして端末代金を差し引いてもお得になります。

現行機種を利用し続け、端末本体を必要としないのであれば、予備機として取っておくこともできますし、家族友人知人などに譲ってもいいでしょうし、場合によっては転売も視野に入れることもできます。

 

他にも泡タイプのハンドソープで洗える割れないスマホ・arrows Beや、LG Styleなど、iPhoneほどではないにせよ使いやすく魅力もある端末も揃っています。

価格重視のユーザーであれば、十分選択肢として考えてみてもいいと思います。

関連記事:「docomo withは本当にお得なのか

 

高い機種を高く買わない

元々高い水準のiPhone XSやiPhone XS Maxを、さらに高いドコモショップや家電量販店でうっかり購入しないように注意しましょう。

実店舗とドコモオンラインショップでは、頭金含む総額と手数料分を合わせるとかなりの金額差が発生します。

これを意識するかしないかでもかなり変わってきます。

しかも現在、ドコモオンラインショップ限定特典としてiPhone XS/iPhone XS Maxなど指定機種では5,184円が割引されるため、よりお得です。

高い新iPhoneを高い場所で購入しないように気を付けましょう。

 

関連記事:「ドコモオンラインショップでの機種変更/購入がリアル店舗より圧倒的有利な件



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-iPhoneの裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.