ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

スマホの故障・設定・使い方

見守り・遠隔監視アプリを使ってみたら非常に便利だった話

投稿日:

サードパーティ製の「見守り・遠隔監視アプリ」を初めて使ってみました。

元々は「自宅の鳥害の監視のために、空きスマホを使ってみよう」というところからスタートしたのですが、使ってみると意外に色んな事に使えそうだなぁと感じましたので、少しドコモからは離れますが、話題にしてみます。

 

防犯・監視カメラをわざわざ買うとそれなりに費用もかかって大変ですが、アプリを使えば、使っていないスマホがあっという間に「見守り・監視カメラ」に変身します。

まず、現在使っていない空きスマホを1台ないし2台用意します。この空きスマホにアプリをインストールし、カメラとして利用します。

さらに、メインで利用している自分のスマホにも同じアプリをインストールします。こちらがビューアーになります。

Googleアカウントで同期することで、カメラで撮影した映像を、Wi-FiまたはLTEなどを通してそのままリアルタイムでビューアー側のスマホで映像を確認することができる、というわけです。

 

利用用途は様々だと思いますが、私のように鳥害、動物の被害の監視や、外出時の自宅で飼っているペットの見守り、別室にいる小さなお子様の見守り、赤ちゃんのベビーモニター、オフィスモニタリングカメラなどが主な用途になってくるかと思います。

こういうことができるアプリもありますよ、ということを、今回はざっと解説していこうと思います。

見守りアプリ/監視カメラアプリは多数存在している

今回私が利用してみたアプリは、「Alfred」というアプリです。無数にある同ジャンルのアプリの中からこのアプリを選んだのは、単純にGoogle Playにて「監視カメラ」で検索したら一番上に出てきたから、です。App Storeで検索しても、同じように上位に出てきます。

Googleアカウントを使って同期をするので、Android・iPhone間でも利用可能です。

非常に便利なアプリだと感じましたが、ただ、ドコモの公式アプリではないので、利用に関しては自己責任でお願いします。

とりあえずこういうことができるアプリもある、ということをお伝えすることが今回の目的なので、「Alfred」以外にも見守り・監視カメラアプリはたくさんありますので、それぞれ試してみていただいてもいいと思います。

 

とにかく監視カメラアプリを利用してみようと思ったのは、最近自宅ベランダにハトが飛んでくるようになっていて、早めに対策を取らないと住みつかれてしまう、と思ったのがきっかけでした。

以前からそういう監視や見守りができるカメラがあったらいいなぁとは思っていたので、ハトをきっかけとして実際試してみたら「こんなのが欲しかった!」という、ズバリ私のイメージしていた機能が搭載されていたため、満足度はとても高いです。

 

まず、アプリをインストールしてアプリを起動したカメラ側のスマホをスマホスタンドに取り付けて、ベランダに設置します。

室内に戻り、ビューアーとして設定したスマホのアプリを同じように起動すると、カメラ側のスマホで捉えた映像がそのままビューアーのスマホで確認することができました。

メインのスマホは何かと利用することもあると思うので、可能であればビューアー側のスマホにも空きスマホを使うと便利ですが、そう都合よく何台も以前のスマホが残っているとも限らないので、その場合は自分自身のメインスマホを活用しましょう。

パソコンで作業をしている時など、そのビューアー用スマホを横に置いておけば、常にモニターチェックをしながら作業ができる、というわけです。

さらに、カメラ側のスマホは増やすこともでき、1台ではどうしても死角になってしまう部分が出てくるので、それを防ぐためにもう一台別のスマホに同じアプリをインストールして同期した後、カメラとして設置すれば、2台のカメラを切り替えながらチェックすることが可能になります。

 

ずっとビューアーを見ておくわけにはいきませんが、それでもベランダ部分の状態がいつでもわかるので、この方法で、自宅にいる時はハトがやってきていないかをチェックし、画面内にハトが写った時はすぐベランダに出るようにし、「ここは危険な場所なのだ」という印象をハトが持つようにしたところ、まだハト側の執着が薄かったためか、数日でほとんど飛んでくることはなくなりました。

死角になりやすい場所に巣を作られたりすると本当に後が大変なので、被害を初期で食い止めることができて助かりました。

 

見守り・監視アプリの利用パターン

室内飼いのペットの見守りには最適

昔はペット、特に犬は外飼いが基本だったような気がしますが、最近は室内飼いをしている方がほとんどだと思いますし、猫の場合はやはり室内ですよね。

人が出かける場合には、連れていきたくてもどうしても連れていけないことも少なくないと思いますので、やむを得ずペットだけ自宅で留守番、ということになると思います。

その留守番時に、我が家のペットが一体どういう行動を取っているのか、気になったことがある人も多いはずです。

そんな時に見守り・監視アプリを利用すると、人(飼い主)がいない状態でのペットの行動を確認することができるので、とても便利です。

当然家全体を網羅するのはさすがに難しいですが、リビングなど主要な部屋でできる限り死角がないようにカメラとなるスマホを設置することで、カメラのフレーム外にペットが出たらカメラを切り替え、という感じで利用することで、おおよその行動パターンの確認はできるようになります。

そうすることで、人がいない時には壁でつめを研いでいるとか、ソファを噛んでいるとか、普段は吠えないのにずっと吠えていて落ち着かないとか、いろんな普段見られない動きを見ることができ、それに応じた対策を取ることもできます。

 

また、今回私が試したアプリでは、モニター側で確認ができない時にも、フレーム内での動きを検知すると自動録画をしてくれる機能などもあり、これもなかなか便利でした。

 

野良猫による自家用車への擦り傷被害対策に

私はハトの害への対策として、監視カメラアプリを利用してみたわけですが、似たような動物被害だと、戸建では野良猫の問題などが多いのではないでしょうか。

以前私も、野良猫に自家用車に乗られ、細かい傷を付けられたりという被害に遭ったことがあります。自宅敷地内での糞などの被害はまだ我慢もできますが、車の傷はちょっときついですよね。

車体カバーを付ければいい、という意見もあるでしょうが、車体カバーを付けることで逆に細かい傷がつく可能性もあるので良し悪しですしね。まぁ私なんかはそれくらいの傷はそこまで気にしないのですが、本当に大事にしている人や高級車を所有している人などは死活問題だと思います。本当は車庫から作ればいいんでしょうけど、なかなかそういうわけにもいきませんからね。

 

そんな時に、とりあえず被害状況を確認するために、監視カメラアプリを使ってどれくらいの頻度で野良猫がやってきているのか、どの時間が多いのかなどを確認することができます。

もちろん、それでどうにか対策が取れるかというとかなり微妙なところですが、まずは状況を把握するために、そういう方法もありではないかと思います。

 

赤ちゃんモニターやお子様の見守り

私の経験上、子供の見守りは基本自分の目が届く範囲で実施することが多いのでは、と思うため、お子様の見守りにこういうカメラアプリが必要だろうか? と疑問に思いましたが、例えば仕事をしている間、別室で遊んでいる子供の様子を一応確認しておきたいとか、まだベビーベッドから動けないくらいの時期の赤ちゃんなら、そのモニターとして利用するのはありなのかな、と思いました。

家庭ごとに環境は異なるでしょうから、色々と我が子の様子を確認する使い方を想像し、試してみてもいいのではないでしょうか。

 

従業員の行動監視のためのオフィスモニタリングカメラとして

従業員を抱えるほどの規模の会社を運営されているのであれば、普通に監視カメラを買ったがいいんじゃないか、と思うのですが、試験的に試してみたい、ということであれば、監視カメラアプリも便利です。

管理者がいなくなった途端に緩む、というのはよくある話だと思うので、カメラがあると緊張感をもって仕事ができるようになるかもしれません。

まぁ、働く側からすればそこまで管理側から監視されると煩わしいかもしれませんけどね。

 

活躍したarrows BeとLG Style

見守り・監視アプリのカメラ側として利用するスマホは、基本的に電池持ちがいいスマホが望ましいと思いますが、例えば今回私が利用したように、屋外にスマホを設置する場合、あらゆる環境への耐久性が高い方が望ましいです。

例えば真夏の太陽の下に置いておくのであれば、高温に耐えられる方が安心ですよね。

そういう意味で、MIL規格に準拠したarrows Be、そしてLG Styleが最も適しているのではないか、と判断して両スマホを利用しました。

とはいえ、わざわざそんなことのために最新型にしろ中古にしろ、arrows Beを買うわけにもいかないですから、あくまでカメラ側のスマホは以前使っていたけれど現在は利用していないスマホ、ということになると思います。

カメラ側にはarrows BeやLG Styleが便利、というのは、もし持っていたら、MIL規格準拠のスマホの方が安心して使える、という程度の意味です。

 

一応機種変更時、何かに使えるかもと思って残しておいたはいいものの、結局眠ってるだけで一度も使っていない、というスマホが自宅にあるのなら、こうした活用方法もありではないかと思うので、もし何かしら例に挙げたようなケースの中に興味があるものがあるなら、あるいは新しい使い方を思いついたのなら、一度試してみても面白いかもしれません。

 



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-スマホの故障・設定・使い方

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.