ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモのキャンペーン情報の裏

+メッセージ・ドコモで総額1,000万ポイントが当たるキャンペーン/1,000万ユーザー突破記念

投稿日:

携帯電話番号だけでメッセージのやりとりができる「+メッセージ(プラスメッセージ)」の合計利用者数が、1,000万人を突破したそうです。

+メッセージに関しては、ドコモだけのサービスというわけでなく、au、ソフトバンクでも利用することができるため、契約全体の中での利用率としては、1,000万人でもまだまだ少ないと思いますが、それでも少しずつ普及はしてきているようです。

最も、アクティブなユーザーがその1,000万人の中にどれくらいいるのか、によっても「1,000万人」の評価は分かれるところですが。アプリはダウンロードしたし設定もしたけれど実際使っていない、というユーザーも結構な数いるかもしれません。事実、私がそういう感じです。

 

まぁ、その利用状況はともかくとして、合計利用者数1,000万人突破を記念して、合計1,000万ポイントなどが当たる「『+メッセージ』1,000万ユーザー突破ありがとうキャンペーン!」が2019年8月9日より開始されました。

詳細内容を解説していきます。

関連記事:「+メッセージ(プラスメッセージ)を実際に使ってみた

ドコモの「+メッセージ1,000万ユーザー突破ありがとうキャンペーン!」詳細

 

+メッセージ1,000万ユーザー突破を記念して展開されているキャンペーンは、ドコモ・au・ソフトバンクと各社で内容が異なります。

ドコモで実施されている「+メッセージ1,000万ユーザー突破ありがとうキャンペーン!」では、抽選で10,000名に1,000ポイントが当たる、という内容です。

流れとしては、キャンペーンエントリーを行い、+メッセージのアプリをスマホにインストールした上で、利用開始の設定を完了させればOKです。以下、詳細を見ていきます。

 

+メッセージありがとうキャンペーン概要

キャンペーン期間は2019年8月9日から9月30日までの約2ヶ月です。その期間中に、「+メッセージ1,000万ユーザー突破ありがとうキャンペーン!」の公式サイトからエントリーをし、キャンペーン期間終了までに「+メッセージ」の利用規約への同意が完了したユーザーに、抽選で1万名にdポイント(期間・用途限定)1,000ポイントをプレゼントする、というものです。

最近、ドコモの各種キャンペーンが多数実施されていますが、その多くで「エントリー」が必要になっています。どのキャンペーンにエントリー済みでどのキャンペーンが未エントリーだったのか、忘れてしまう可能性も高いです。その場その場でエントリーだけは完了させておきましょう。→キャンペーン公式サイト

 

キャンペーン条件

+メッセージありがとうキャンペーンは、以下の1~4のすべての条件を満たす必要があります。

 

1.キャンペーン期間中に「+メッセージ1,000万ユーザー突破ありがとうキャンペーン!」公式サイトからエントリーを行うこと

2.キャンペーン期間終了までに「+メッセージ」の利用規約への同意が完了していること

3.dポイントクラブ会員であること(ビジネスプレミアクラブ会員はキャンペーン対象外)

4.ドコモ回線かつspモードご契約者であること

 

エントリーを忘れずに実施し、+メッセージはちゃんと使える状態にするのを忘れないようにしましょう。

ちなみに、spモード契約でなければ、最初の設定ができません。Wi-Fi接続の場合はspモード接続にするように案内が出ますし、今私が利用しているiPhone XSではIIJmioのeSIMプランを利用しているのですが、そちらを通しても設定ができませんでした。一旦ドコモのspモードを通して接続した上で設定を完了させれば、以後はWi-FiやeSIMプランでも利用可能です。

 

もらえるdポイントは期間・用途限定ポイント

今回のキャンペーンで当たるdポイントは、dポイント(期間・用途限定)です。抽選で1万名に1,000ポイントがあたります。

当選した場合の進呈時期は2019年11月が予定されており、ポイント有効期限は進呈月から3ヶ月後の末日までです。

例えば、2019年11月にポイント進呈された場合は、2020年2月の月末29日までが有効期限となります。

 

+メッセージを既に利用中の方もキャンペーン参加可能

今回の+メッセージのキャンペーンは、これから新しく+メッセージを利用開始する人だけでなく、既に+メッセージを利用中の人も参加することができるキャンペーンとなっています。

+メッセージをこれから利用する人は、+メッセージアプリをダウンロードの上、初回起動時に表示される利用規約に同意の上、設定を行います。

既に+メッセージを利用している人は、キャンペーンエントリーのみで参加条件を満たしますが、万が一、一度も起動していない場合には、初回起動時の設定が必要となります。

 

特に既に+メッセージを利用中の方は、ただエントリーをするだけでdポイントが当たるチャンスがあるので、これは是非参加しておきたいところです。

 

au・ソフトバンクの+メッセージありがとうキャンペーン

auでは、ドコモと同じように「+メッセージ1,000万ユーザー突破ありがとうキャンペーン」と銘打って、1万名に抽選でau WALLETポイントを1,000ポイントプレゼントするキャンペーンが実施されています。

ソフトバンクでも同じように、期間中に「+メッセージ」を利用中もしくは利用開始し、応募した方の中から抽選で1万名にPayPayボーナス1,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

各キャリア、プレゼントの形はそれぞれdポイント(期間・用途限定)、au WALLETポイント、PayPayボーナスと異なるものの、同じ1万名に1,000円分が当たる、という点で共通しています。

つまり3キャリア合計すると3万人に1,000円分が当たる、ということですね。3万人と聞くと、結構当たりそうな気がしてきますね。まぁ、利用1,000万人の中の3万人なので、当選確率としてはそう高くもないのですが。

 

+メッセージに利用価値はあるのか問題

+メッセージは、2018年5月から提供されているサービスで、電話番号だけで写真や動画も遅ることができ、シンプルなUIや無料のスタンプで好評を得ているようです。

ただ問題は、既に日本人の多くに普及しつくしてしまった感があるLINE以上の利用価値が、+メッセージにあるのか、というところです。

 

LINEを利用したくない、という方は一定数いらっしゃると思いますが、それでも現実問題、周囲が利用していたら使わざるを得ない、と言うケースがほとんどではないかと思います。

SNSの難しいところは、自分だけが「このアプリを使いたい」と思ったとしても意味がなく、自分の周囲の人たちを巻き込んで利用しないと意味がない、という点です。

私も+メッセージ、できれば活用したいと思ってはいるものの、周囲の誰一人としてまともに利用していないので使いたくても使えない状態です。

この先、+メッセージの利用が広がるような未来はなかなか描きにくい気もしますが、「電話番号だけでやりとりできる」という点は大きなメリットだと思うので、一応動向を注目しておきたいところです

 



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモのキャンペーン情報の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.