ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモとMVNO/スマホ業界裏コラム

年配の方でもLINEは使える! 楽しく使う親世代ドコモのスマホライフ

更新日:

「うちの両親はもうかなり年配だから、今更スマホを使いこなせるわけがない、ガラケーのままでいいよ」。

スマホに興味を持つご両親などに対して「やめとけやめとけ」とスマホへの変更を静止している人は、意外にまだ多いかもしれません。

ちなみに私もこのパターンで、「うちの親がスマホを使えるわけがない」と決めて付けて、ガラケーからスマホへの変更は一切勧めていなかったのですが、最近、この考え方は大きな間違いだったことがわかりました。

本人はいつの間にかスマホを自分で契約しており、電話はもちろんカメラからLINEまで、使いこなしていたのです。

驚きました。と同時に、思い込みの怖さを思い知りました。

年齢がいくつになろうとも、興味の対象に対する知識の吸収力は決して衰えることがないんですね。

もし、「スマホが気になる」という年配のご両親や親戚知人がいらっしゃる場合、この興味をそこで静止するのは正しくありません。

ご年配であろうと、スマホを使いこなすことができるようになれば世界は格段に広がります。むしろ年配の方だからこそ、スマホによって大きく広がる世界に魅了されるということもあります。

ということで今回は、年配の方のスマホライフについて考えてみました。

きっかけは「スマホが気になる」という小さな好奇心

まだスマホ利用していない人たちのスマホに対するスタンスは、年齢にかかわらず完全に二極化されます。

スマホなんて使えるわけないし使おうとも思わない、という人たちと、これだけ世の中で流行っているのだから、ちょっと気になる、という人たちです。

この中で、完全に「使えるわけない」「必要ない」と考える人たちは、周りからお勧めされてスマホを持ったとしても、結局ガラケーに戻ってしまう可能性大です。

これは、私の親戚でもこのパターンで、家族に持たされたもののガラケーに戻してしまった、という方がいますし、はなから「スマホを持つ気はない」と公言されている方も少なくありません。

ただそんな中で、微かでもスマホに対して「興味」があり、「気になっている」、「使ってみたい」と考えている場合、これは伸びます。

無理に止めることなく、一度使ってみることをお勧めするのは、十分ありだと思います。

 

スマホやケータイに非常に疎かった私の両親が、実際に使ってみて「面白い」と感じ、LINEによって人と簡単に繋がれることに今までとは違う「喜び」や「安心感」を見出し、いつしかなくてはならないものになっていたのです。

操作方法というハードルはあるかもしれませんが、その程度のハードルは強い「好奇心」があれば軽々と超えていくことができます。

 

年配ユーザーの主な利用方法はやはりLINE

年配のユーザーがスマホの利用に面白味を感じる最大の要素は、やはりLINEのようです。

気楽に人と繋がれる、というLINEの魅力は、むしろ年配のユーザーにこそ響きやすいと言えるのかもしれません。

そしてそのLINEを利用するためには、スマホで文字入力をする必要があるわけですが、これもやってやれないことはありません。全くパソコンを利用しない私の両親でもいつの間にか覚えていました。

パソコンを一切使ったことがないから、スマホも使えるか不安、という人もいると思いますが、そんな心配は杞憂です。最終的にはやろうという意思がどれだけあるかです。

 

LINEの設定は「あんしん遠隔サポート」で

ただ、そんなやる気のある人でもどうしても最初詰まってしまうポイントがあります。それは、LINEの設定です。同時にLINEの設定は、ドコモショップ等店頭で設定してくれないため不満を感じる人が多い項目の上位でもあります。

ちなみにもう一つ、店頭で実施してくれなくて不満という項目は、おそらくデータコピーではないかと思います。

頭金含む総額が安く手数料も無料のドコモオンラインショップで購入せず、わざわざ店頭で買うメリットといえば、設定等を任せられるという点くらいしかないのですが、LINEの設定やデータコピーを丸投げできないならそれこそ店頭購入の意味がない、という人も多いと思います。

これは本当にその通りで、その押し問答で消耗する分も考えれば、初めからドコモオンラインショップで購入しておいた方が気分的にもずいぶん楽です。→「ドコモオンラインショップでの機種変更/購入がリアル店舗より圧倒的有利な件

 

では設定はどうするのかというと、これはドコモの「あんしん遠隔サポート」を利用しましょう。対応機種であれば遠隔操作をしてくれたりもしますし、LINEの設定等もサポートしてくれます

あんしん遠隔サポートのサポート範囲はかなり広範に及んでおり、端末の取扱説明書記載内容など以外にも、通話やカメラなどの基本アプリの操作方法、そしてドコモ以外が提供するアプリとして、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、Googleマップ、Gmail、Youtubeなどまでサポートしてくれます。

操作に不安がある方は入らないという選択肢はありません。あんしん遠隔サポートがあれば、ショップに足を運ぶ必要性もありませんし、ショップで教えてくれないような内容まで教えてくれます。

 

孫の写真をいつでも大画面で見ることができる喜び

私は孫がいるような年齢ではないので、孫の顔を見る喜びはまだ実感することはできませんが、お孫さんをお持ちの方々は皆、心の底からお孫さんを可愛がっておられると思います。

ガラケーでも写真を見ることはできますが、これがスマホになると画面の大きさが全然違いますし、何より動画もご家族に送ってもらえば容易に見ることができます。

これが日々の癒しにもなりますし、まだ現役の方は仕事へのモチベーションにもなると思います。

逆に言えば、スマホを持つことに抵抗がある方であっても、孫の顔をいつでも見られる、と説得されるとチャレンジしてみようかな、と思われる方もいるのではないかと思います。

むしろ親世代の方々の方が、自分の子を両親にいつでも見てもらいたいと考えられているかもしれません。

年配だからスマホは持たない方がいい、という時代ではなくなってきているんですね。

 

料金の問題を解決するドコモのシェアパック

初めてスマートフォンの利用をしようと考えた時に、もう一つどうしてもネックになるのが毎月の利用料金の問題だと思います。

スマホになると月額料金が1万円近くかかってしまう、と思い込んでいる人も少なくないと思います。

しかしもし、ご家族の方がシェアパックを利用されているのであれば、そのシェアグループの子回線に組み込んでしまえば、格安の料金で利用することができます

docomo with対象機種である、らくらくスマートフォンme F-03Kであれば、月額料金が1500円割引きされるため、シンプルプランの利用なら実に月額280円で利用することが可能ですし、らくらくスマートフォンよりも普通のスマホの方がいいという場合には当然arrows BeやLG Styleなど、魅力的な機種を自由に選ぶことができます。→「docomo with機種比較

そして今なら、iPhone 6sもdocomo with機種に追加されています。

 

月額料金280円に本体代金は加算されると考えても、24回の割賦にした場合には安い機種なら2000円前後での利用が可能であり、となるとガラケーとほとんど変わらないか、むしろ安くなる可能性も高いと言えます。

いずれにしても、それほど大きな負担にはならないのではないでしょうか。

 

お勧めはらくらくスマホ!? それともiPhone?

金額的な問題よりも、使い勝手を考えた場合、らくらくスマホとiPhoneでは、どちらがより年配のユーザーに向いているのでしょうか。

これは完全にケースバイケース、人による、と言えそうです。

ちなみに私の親の場合、iPhoneよりもらくらくスマホの方が使いやすかったらしく、そちらを自ら選択していました。

iPadも契約してきていたのですが、そちらは一切利用していませんでした。そういうこともあり、年齢が上がれば上がるほど、らくらくスマホの方が需要としては上がってくるのではないかとは感じています。

ただ、もし同居していて操作方法を常に教えやすい環境にあるなどの場合なら、iPhoneでも文字を大きくしたりすることはできますし、教える方も教えやすいということもあるかもしれませんので、あえてiPhoneを選ぶのもありかなとは思います。

 

年配の方一人でお店に行かせるのは避けたい/ドコモオンラインショップ活用を

私の親の場合がそうだったのですが、自分一人でショップに話を聞きに行き、スマホの契約をしてきたまではよかったのですが、予想通り(?)使いもしないiPadを同時に契約して帰ってきました

よくあるパターンですが、年配の方が一人でショップに行くと、何もわからないままiPadほか、店員さんの勧められるまま契約をしてしまうケースが非常に多いです。

というより、おそらく店員さん側もある程度確信犯で、年配の方の方が契約を取りやすい、という思いを持っていたりする方も必ずいると思います。それくらい、こうしたケースはよく聞く話です。

最近はこうした悪質な販売を防ぐために、かなりしっかりした説明がショップ側に課せられているようですが、それでも年配の方は情にほだされて契約をしてしまったり、いらなくても心が広くなってしまい契約をしてしまったりということもままあります。

実際、私の親のパターンがそうでした。必要ないとある程度理解していたにも関わらず、お勧めされたから、という理由で契約してしまったわけです。だから、詐欺とか不法販売とか、そういう話ではないのです。あえていうなら、不適切販売、ですね。

そうなると私としても、本人納得の上での契約なので、対処しようがないわけです。

こうしたケースを防ぐためには、年配の方を一人でショップに行かせない、という対策が必要で、必ず同伴する、またはそもそもショップにはいかず、最もお得なドコモオンラインショップで手続きを完結してしまうのが正解です。

その上で、自分の時間がある時に設定等も手伝うか、またはあんしん遠隔サポートを利用してもらえばいいのです。

実体験上、つくづくそう思いました。ご両親の手続きの際など、特にお気を付けください。

 

ちなみにそのiPad、「使わないから持って行っていいよ」と言われ、今私が持っています。当然私はiPad Proを持っているので、まったく使い道はなく、ただただ無駄に、眠っています。

 

快適なスマホライフを

いつの間にか、考えていた以上に年配の方がドコモでスマホを利用するためのハードルは低くなっている、ということが理解していただけたのではないでしょうか。

敬老の日は終わってしまいましたが、月額料金が2000円程度なら、その料金を負担してプレゼントしてもいい、と終われた方もいらっしゃるのではないかと思います。

もちろん、利用する本人の気持ちが一番大事なので、無理やりスマホを押し付ける必要はないでしょうが、私のように思い込みで興味や好奇心を封じてしまうことがないように、ご両親のスマホ利用についてたまには話を持ち掛けてみてもいいのかもしれません。

是非、ご家族とともに快適なスマホライフを送ってもらいたいところです。



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモとMVNO/スマホ業界裏コラム

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.