ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ソフトバンクの裏

ソフトバンクの学割先生はお得なのか

投稿日:

ドコモ・auがともに2017年内に発表・開始していた2018年春の学割ですが、唯一その流れに追随していなかったソフトバンクが、2018年の新しい学割「学割先生」を発表しました。

学割先生の対象者としては、今回「学生(U25)」とその「家族」に加えて、「先生」まで対象になっているというところが非常にユニークな内容となっています。

割引内容は、機種購入時に対象者が指定プランとともに学割先生の申し込みをすることで、一年間1020円の割引が適用され、加えて家族がウルトラギガモンスターで新規契約をすると、さらにU25・先生の回線から1000円割引されます。

詳細内容を確認していこうと思います。


学割先生の詳細内容

まず学割先生の詳細内容を、細かく見ていきます。

 

特典内容

今回のソフトバンクの学割先生には、「通信料割引特典」と「家族追加特典」、二つの特典があります。

どちらの特典も対象となる回線はU25/先生の回線で、通信料割引特典で一年間1020円の割引、家族追加特典で一年間1000円の割引となり、合計で一年間2020円の割引が適用される形となります。

 

適用条件

U25または先生が、以下の条件を満たした場合に割引特典の対象となります。

 

【通信料割引特典】

25歳以下の方または先生が、ソフトバンクに新規契約(MNPを含む)または機種変更の上、「ウルトラギガモンスター(データ定額50GB)」に加入して、「学割先生」に申し込むこと。

 

【家族新規特典】

25歳以下の方または先生が「学割先生」に申し込み、その家族が新規契約(MNP含む)の上、「ウルトラギガモンスター(データ定額50GB)」に加入して、「学割先生」申込者と同じ家族割引グループに申し込むこと。

すでに加入中の25歳以下の方または先生を指定する必要があります。家族新規特典の割引は、指定された25歳以下の方または先生にのみ適用され、家族回線には割引は適用されません。

家族の人数にかかわらず、家族新規特典の割引額は月額1,000円となりますので、追加で家族が2人新規契約をしたとしても、倍の1000円×2となるわけではありません。

 

共通条件

指定基本料(通話定額基本料/通話定額基本料(ケータイ)/通話定額ライト基本料/通話定額ライト基本料(ケータイ))の2年契約または2年契約(フリープラン)への申し込みが必要。

 

キャンペーン実施期間

今回の学割先生の実施期間は、2018年1月17日から5月31日までです。学割終了はau、ドコモとまったく同じタイミングとなります。

 

申し込み必要書類

U25

申し込み時点で使用者の年齢が25歳以下であり、その年齢がわかる書類(運転免許証、パスポートなど)を提示する必要があります。

先生

申し込み時点で有効な使用者の職業がわかる書類(公立学校共済組合組合員証・私立学校教職員共済加入者証)の提示が必要となります。

 

ドコモの学割とソフトバンクの学割先生の違い

今回、ソフトバンクの学割先生は、その申し込み条件として「ウルトラギガモンスター」が指定されている時点で、「格安で利用したい」というユーザーは完全にはじかれてしまうことがわかります。

 

一方でドコモの学割は、料金プランの細かい指定はされておらず、格安プランのシンプルプランはじめカケホーダイライト・カケホーダイプランのいずれのおプランでも利用可能です。パケットパックに関しても、データSパックからシェアパックまで、すべてのプランを選択可能です。→「ドコモの学割・2018年春・詳細まとめ

そのため、データ容量をたくさん使う場合でも少ししか使わない場合でも対象となるため、利用用途にかかわらず選べるという意味で、非常に使い勝手がよく選択しやすいと言えます。

その点ソフトバンクは、料金を抑えたいユーザーはどうしても学割先生の申し込みをするための「ウルトラギガモンスター利用」という条件を満たすのが難しく、そもそも「先生」も利用できるとは言ってもユーザー全体の中の「先生」という職業限定の割引はあまりにも門戸が狭く、利用しにくい印象です。

 

割引金額についても、ドコモの学割が一年間1500円の割引になるのに対して、ソフトバンクの学割先生は一年間1020円の割引と少なく、そもそも対象となるプランが元々高いウルトラギガモンスターであるために、割引がかかっている感覚が薄いという弱点もあります。

 

単純にドコモの学割と学割先生を比較すると、大容量利用ユーザー以外は確実にソフトバンクが不利になります。

 

ただ、ソフトバンクの場合、ライトユーザーかつ18歳以下のユーザーに対しては別に、「スマホデビュー割」が用意されています。

 

スマホデビュー割にiPhone 8が追加

ソフトバンクのスマホデビュー割は、MNP含む新規契約、対象機種からの機種変更などの場合に適用され、スマ放題ライトとデータ定額ミニ1GB、さらにおうち割光セットまで利用した場合に、月額1980円で利用できるサービスです。

ただし、このスマホデビュー割を利用した場合、月月割が対象外となってしまうため、端末価格がそのままの価格でかかってしまうという問題点があります。その問題点を補うため、スマホデビュー割利用時の特別価格機種が用意されており、その特別価格機種に、1月17日よりiPhone 8およびiPhone 8 Plusが追加されます。

特別価格適用時の実質価格は以下の通りです。

 

機種名 実質価格
iPhone 8 Plus 256GB 3500円
iPhone 8 Plus 64GB 3000円
iPhone 8 256GB 3000円
iPhone 8 64GB 2500円

 

つまり、最低料金で1980円プラス上記本体代、という形となります。決して格安とは言えないものの、月月割なしで本体代金がそのままかかってくることを考えるとまだ安く設定されていると言えます。

iPhone Xについては、特別価格機種にされていないため、スマホデビュー割でiPhone Xを選択してしまうと結局かなり高めになってしまうため、それならば最低容量ではなく大容量で利用可能な学割先生を選択するのも一つの方法と言えます。

もしソフトバンクで学割検討であれば、学割先生かスマホデビュー割か、使い方に合わせて選択できますが、シェアパック利用であれば子回線はかなりの格安で利用できるドコモにまとめて乗り換えてしまうという選択肢も十分ありと言えそうです。合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:「ドコモの学割・2018年春・詳細まとめ

 



-ソフトバンクの裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.