ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモ Xperia(エクスペリア)情報

Xperia XZ3のスマイルシャッターで変顔写真が撮影された話

投稿日:

ドコモのXperia XZ3 SO-01Lのカメラを、試しに色々と使ってみていたのですが、その中の「オート撮影機能」について、ご紹介したいと思います。

特にXperia XZ3から搭載された機能、というわけではないのですが、今までXperiaを使っていても知らなかった、という方も意外に多いと思いますので。

 

スマホのカメラ機能は年々性能が上がってきており、今ではカメラにこだわりがある方でも、それなりに満足できる水準の写真が撮影できるようになってきています。

そのため、私のようなカメラ素人の場合、その機能詳細を見ても何がどうなるのかさっぱりわからず、わからないまま「よくわからないからそのまま細かいところは触ることなく、普通に起動してシャッターを押すだけ」という流れになります。

しかしそれでも、十分満足できる写真が撮影出来たりしますから最近のスマホは本当にすごいです。

ただ、ちょっと意識するだけで、使い方の幅が広がる機能が隠れていたりもする、ということを私もたまに実感します。Xperiaのオート撮影機能もその一つです。

 

ということで、Xperia XZ3におけるオート撮影機能「スマイルシャッター」と「ハンドシャッター」を使ってみたらこうなった、という内容をお伝えしていこうと思います。

Xperia XZ3 SO-01Lのスマイルシャッターは笑顔の難易度が高い!?

 

Xperia XZ3のカメラに搭載されているオート撮影機能のうちの一つ、スマイルシャッターは、インカメラ/アウトカメラの両方で利用できるオート撮影機能です。

なんとなく、「スマイルシャッター」という名前を見るだけで機能の予想もつきそうですが、そのままズバリ、「笑顔」を自動検知してシャッターを押してくれる機能です。

そもそも「笑顔を検知」って、何をもって笑顔とするのか、というところから気になってしまいそうですが、物は試し、実際にXperia XZ3でスマイルシャッターを体験してみることにしました。

 

 

カメラを起動すると初期の状態ではアウトカメラが起動します。画面の右上に歯車マークがあるのがわかると思います。これが設定のマークです。これをタップすると、画面の下3分の2くらいに設定画面が出てきます。その中に、「オート撮影」という項目がすぐに見つかります。

スマイルシャッターという項目がOFFになっていたら、これをONにするとスマイルシャッターが自動起動するようになります。

 

 

ちなみに同じ流れをインカメラの状態で行うと、オート撮影の中に、スマイルシャッターだけでなく「ハンドシャッター」が出てきます。つまり、ハンドシャッターはインカメラでしか使えないということですね。逆に、スマイルシャッターはアウトカメラでもインカメラでも利用可能です。

 

 

アウトカメラの状態で自分の笑顔写真を撮影するのは難しいので、とりあえずインカメラでスマイルシャッターを試してみることにしました。

自分の顔をディスプレイに写して・・・とりあえず、はにかみ笑い、程度の笑顔を作ってみます。すると、画面の左中央部分に、メーターみたいな表示が出てくることに気づきました。

 

 

どうやらこれが、笑顔メーターらしいです。私のはにかみ笑顔では完全にパワーが足りません。パワーが足りないのでシャッターが動作せず、撮影してくれません。

仕方がないので、しっかり撮影してもらうべく、口角をさらに持ち上げて、満面の笑顔を作ってみます。すると、一瞬メーターが半分のラインを上回ったりするようになりました。しかし、すぐにまた下に戻ったりとなかなか安定しません。

これでは駄目だと思い、自分の限界に迫る笑顔を作ってみることにしました。歯を食いしばり、全力で笑顔(!?)を作ったところ、ようやくシャッターがきられ、撮影ができました。

 

で、その結果出来上がった写真は、ちょっと見れたもんじゃありません。変顔です、変顔。笑顔ではどうみてもありません。自分以外の誰にも見せるわけにはいきません。

まさかこれ「変顔シャッター」じゃないよな・・・という疑いがもたげてきたので、とりあえず自分以外の他人で試してみることにしました。

 

とりあえず近くにいた女性を捕まえて「笑顔ください」とお願いし、段階的に、ほのかな笑顔から試してみてもらいました。すると、いきなりその段階でカシャッと撮影が完了しました。出来上がった写真も、自然な笑顔をばっちりとらえた、非常にいい写真でした。

ちなみにこの時はアウトカメラで私がXperiaを手で持って被写体をとらえる形で試しましたが、インカメラでも反応自体は同じようなものでした。

まさかスマイルシャッター人を選ぶのか!?と思いましたが、笑顔として判定されやすい顔とそうでない顔があるのは間違いないものと思われます。

人によっては、私のように不自然な変顔になるまで顔を引きつらせ、それをしばらく維持しないとなかなか撮影してくれないこともあるので、スマイルシャッターの利用は体感として便利に感じる人もいればそうではない人もいそうです。

ただ、単純に変顔が撮影出来て面白い、というまさかの側面を見つけてしまったので、一度家族や知人同士などと試していただくと盛り上がるかもしれません。

 

Xperia XZ3のハンドシャッターはセルフィー撮影時に結構便利

スマイルシャッターは、私にとっては半分冗談のような機能でしたが、インカメラのハンドシャッターは、普通に役に立つ機能なので、覚えておいて損はないと思います。

どういう機能かというと、インカメラで撮影をする際に、手のひらをカメラに向けて認識させることで、自動的に2秒程度のセルフタイマーがかかり、撮影してくれます

 

例えばインカメラで自分たちを撮影しようとする場合に、右手を伸ばして自分たちをインカメラで捉えようとすると、どうしてもシャッターが押しにくくなってしまうわけです。

そこでハンドシャッターを利用すると、画面内で手のひらを向けてあげることで、セルフタイマーが開始されるので、すぐに手を引っ込めて顔を作れば、いい感じの自撮り写真が完成するというわけです。

ちなみにこの機能はGalaxyにもあります。「手のひらを向ける」という、全く同じ機能です。他のメーカーの機種は未確認です。

 

Xperia XZ3は、XZ2と比較してインカメラの性能がかなり向上しているということもあり、今まで以上にこのハンドシャッター機能は活躍する場面が増えるのではないかと思います。

非常に便利なので是非覚えておいて活用しましょう。

 

なんだかんだで満足度は高いXperia XZ3のカメラ

Xperia XZ3のオート撮影機能、これだけでXperia XZ3を買おう!と思うようなインパクトのある機能ではありませんが、ふとした時に「あ、こんなこともできるんだ」と得した気分になる機能、と考えるといいかもしれません。

 

Xperia XZ3のカメラ機能そのものについては、個人的に、どうしてもGalaxyやP20 ProやiPhoneなどと比較してしまうので、同じように暗所でも滑らかな写真が撮影出来れば、と感じ、Xperia XZ3のカメラをあと一歩!と思ってしまったりするわけです。

ただ、それでも暗所でかなり明るく撮影できるのは間違いないですし、明るい場所での画質は非常にきれいですし、普通に使えばこれはこれでかなり満足度は高いのではないか、と最近は思えてきました。

有機ELディスプレイの美しさはiPhone XS以上ですし、デザインや全体としてのスペックでも申し分なし、という意味で、この冬注目の機種であるのはやはり間違いなく、お勧めできる一台だと思います。

Xperia XZ3の詳細については、以下の記事も参考にどうぞ。

関連記事:「ドコモのXperia XZ3 SO-01Lに機種変更して操作してみた感想評価



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-ドコモ Xperia(エクスペリア)情報

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.