ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

DCMXカードを持ち続けている人のための昔話

   

既にドコモのdカード/dカード GOLDを所有している人からすると、「DCMXカードってまだあったの?」という印象を持っている人もいるかもしれません。

新規発行は終了していますが、既存でDCMXカードを利用しているユーザーは、引き続き次の更新まではDCMXカードをそのまま利用できるので、実は特に変更することなくそのまま利用し続けている人もまだまだ少なくない、というわけです。

DCMXカードの普及数は非常に大きく、その割には自らdカードに券面切り替えをする人の方が実は少数派なのかもしれません。

もちろん、dカードの方が何かとメリットがあるのは間違いないので、思いついたら是非早めに変更しておいた方がいいでしょう。

今回はそんな、DCMXカードの昔話をしていこうと思います。

dカードGOLD公式サイトdカード GOLD

DCMXカードの思い出

 

DCMXカード、現在のdカードは、総契約数で1600万人以上のドコモユーザーが利用している、大人気クレジットカードサービスです。

そもそもDCMXカードのサービス提供が開始されたのは2006年のことですが、それ以前にもドコモでは、「ドコモカード」と呼ばれるクレジットカードの提供がなされていました。

ドコモ利用歴が長い人なら覚えている人もいるかもしれませんが、あくまで提携カードだったドコモカードから、「おサイフケータイ」との関連もあり、より積極的に三井住友カードと共同開発したクレジットカードがDCMXカードです。この仕組み自体はdカードと名前を変えた現在も変わっていません。

 

開始当初のDCMXカードは、多数のキャンペーン等を展開しながら契約者数を増やしていきました。

事実、ポイント還元という観点から見れば、当時は「持っているだけでお得なクレジットカード」だったのです。

ドコモユーザーであれば持たなければ損、と言われるまま、多くのドコモユーザーがポイントを貯めるためにDCMXカードの利用を開始しました。

 

販売窓口としてのドコモショップの役割もここでは大きく影響しました。

この、日本全国に展開する販売窓口としてのキャリアショップを持っていることが、ドコモはじめ、大手キャリアの大きな強みの一つです。

対面窓口があれば、その場で新サービスをしっかりユーザー相手に訴求することができるわけです。タブレットやdマーケットサービスが契約者数を伸ばしているのも、ドコモショップや家電量販店での販売力によるところが大きいと思われます。

そんな中、瞬く間にDCMXの契約者数は増え、ドコモの契約とDCMXカードは、強力な結びつきを持つに至ったわけです。

 

おサイフケータイ利用による「iD」決済推進

契約者数がある一定水準を超えるまでは、当然のことながら契約数を増やすことに主眼が置かれていたためか、ユーザー目線で非常にお得なポイントシステムが採用されていました。

もちろん利用状況によってポイント付与数は変わりはするものの、持っていて損をすることはないという仕組みから、よく内容を理解していない人でも、「少しでもポイントが貯まるなら」ということで加入したユーザーも多いのではないかと思われます。

しかし、契約者数が1000万を超え、1500万人をうかがう勢いで増えたところで、少しずつDCMXのポイントシステムは変更が入り始めました。

今では詳細は覚えていませんが、少しずつ少しずつ、ユーザー還元は減らされていきました。ドコモのポイントシステム自体、変更が入る時にはほとんどが改悪でした。

ユーザー数が増えたところで、DCMXの目指すところは会員数を増やすこと、という目的から、徐々に「決済利用を増やすこと」という目的に代わっていったのでした。

つまりは、DCMXカードのクレジットカードとしての利用、そしてケータイ・スマホによる「iD」の利用です。

ただこの当時、まだDCMXカードそのものでのiD決済はできなかったので、ケータイやスマホに設定をしないと、「iD」は利用できないという弱点がありました。この時点で「iD」の普及を阻んでいたのは、こうした内容も理由の一つかもしれません。

 

dポイントクラブへと名称が変わる前のドコモプレミアクラブもまた、仕組みを徐々に変えていきました。

サービスの歴史自体が長くなりつつあったので、変化は仕方ない部分もあります。時代に合わせて、内容は変えていく必要があるからです。しかしドコモユーザーにとっては、あまりうれしい変更をされた記憶はありません。

そしてDCMXカードは、さらに次のフェーズへと移っていきます。

DCMX GOLDです。

 

DCMXからDCMX GOLDへ

DCMXカードがある程度の契約数を達成したところで、次の段階として訴求が強まり始めたのがDCMX GOLD、現在のdカード GOLDです。

当初DCMX GOLDは年会費も15000円と高く、ゴールドカードとしてのステータスは得られても、コスト的なメリットはほぼ得られないクレジットカードでした。当然契約者数も、今のように多くはありませんでした。

ドコモはそこから、DCMX GOLDの年会費を1万円にしたり、多数のキャンペーンを展開したりと、徐々にDCMXからDCMX GOLDへの移行を強めていきました。

dカードが開始される2、3年ほど前から、そのような傾向が顕著になってきていたような気がします。

そして、DCMXからdカードへの名称およびカード券面の変更に伴い、dカードのメリットをさらに減らし、その代わりdカード GOLDのメリットがさらに強化され、今に至ります。

ゆえに現在、dカードはdカード GOLDと比べて、お得感はかなり低めに設定されています。

その分、ドコモユーザーにとってはdカード GOLDがお得なのです。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

 

いまだ残るDCMXカードホルダー

そんな経緯の中、DCMXカードを利用し続けている人もまだまだいるでしょう。

とはいえDCMXのままだったとしても、仮にdカードに券面切り替えしたとしても、ポイントの付与率は以前のように高くはなりません。これはドコモプレミアクラブがdポイントクラブに切り替わったことによる弊害です。

そう考えると、わざわざ手間をかけてまでDCMXをdカードに変える必要性はないようにも思えます。

せいぜい「iD決済機能」が付与されたくらいの違いですが、DCMXカードも後期に申し込みをして送られたカードの場合は、すでに「iD決済機能」に対応していますので、この場合それこそdカードに変更するメリットが減ります。

DCMXカードに対するdカードのメリットとして明確に挙げられる点としては、dポイントカードとしての利用が追加されることくらいでしょうか。

仮に券面切り替えをせずにそのままにしておいても、やがてカードの更新期限がやってきますので、その時に自動的にdカードに変更になるのみです。

 

しかし、それをあえて券面切り替えを検討するのであれば、やはりアップグレードを同時に行い、「DCMXカード」→「dカード GOLDへの変更がおすすめです。

どういう点がお得なのかは「dカード GOLDは本当にお得なのか」で確認していただければと思います。

変更自体は、WEB上から簡単に実施することができます。

関連記事:「dカード GOLD申し込みからカード到着まで

 

DCMXから未来へ

今現在、DCMXカードを所有している人は、少なくとも2015年11月以前にDCMXの申し込みをしたユーザーです。

つまりもっとも最近DCMXを申し込みした人で、約1年半ほどの利用歴ということになります。利用しているカード自体に愛着もわいてきているかもしれません。

ただ、保管状態によっては傷や汚れも気になり始めているのではないでしょうか。

dカードおよびdカード GOLDへの切り替えなど、そんな簡単なきっかけでも十分だと思います。

ポインコがデザインされた、かわいいカードがほしい、という動機でもいいでしょう(※もちろんノーマルもあります)。

 

 

DCMXは、もう十分役割を果たしてくれました。そしてdポイントの世界は、ますます広がりを見せています。

dカード/dカード GOLDであれば、dポイントをローソンやマクドナルドなどのお店でそのまま付与してもらうこともできます。

DCMXを懐かしみながらも、ここはよりドコモのサービスを最大限活用することができるよう、未来を見据えていきたいところです。

未来につながる新しいdカード/dカード GOLD

最近はドコモの各種キャンペーンも終了の傾向が強まっています。チャレンジするならキャンペーンも実施されている今しかありません。

以下公式サイトよりさらに詳細な内容を確認してみましょう。

dカードGOLD公式サイトdカード GOLD

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏