ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Apple Payでdカード GOLDを利用する

更新日:

Appleが2016年に発売したiPhone 7/iPhone 7 Plusに、FeliCaチップが搭載されたことによって、ついに日本でもiPhoneの「おサイフ機能」であるApple Pay(アップルペイ)が利用できるようになりました。

さらに、2017年発売のiPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plusにも同じようにApple Payは搭載されています。

これにより、ドコモが推進する非接触決済サービスの「iD」、そしてドコモの最強クレジットカード「dカード GOLD」が、いよいよiPhoneでもApple Payを通して利用可能となりました。

よりお得にポイントを貯め、iPhoneに必須のサービスとして活用することができるようになっています。

 

日本でのApple Payサービスは、2016年10月25日に開始されましたので、私も実際にSIMフリーのiPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone Xで設定し、利用してみました。

設定方法としては、dカードアプリを利用するか、Walletアプリを利用して設定可能です。

改めて内容を確認していきます。

dカードGOLD公式キャンペーンサイトdカード GOLD

dカード GOLDはドコモiPhoneユーザー必須サービス

もともと、ドコモでスマートフォンを利用していくのであれば確実にお得になるdカード GOLDですが、iPhone 7/iPhone 7 Plus以降、Apple Payに対応したことによって、その存在感がさらに倍増しました。

これからiPhone 7以降のiPhoneを購入しようと考えているのであれば、今のうちからdカード GOLDの申し込みをして準備をしておきたいところですが、いまいちdカード GOLDの内容を理解できていない、という場合には、どういう利点がdカード GOLDにはあるのか、以下関連記事にて確認されてみてください。

関連記事:「dカード GOLDはお得なのか

 

まずはdカード GOLDが元々お得なサービスで、Apple Pay対応iPhoneのユーザーでなかったとしても十分メリットがあるということを認識しておきます。

そうすると、dカード GOLDを実際にApple Payで利用した場合に感じるお得さも、最高のものになるはずです。

 

お店でApple Payを利用する

Apple Payにおける店舗での支払いには、FeliCaチップを搭載したiPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone XおよびApple Watch Series 2/Series 3が対応しています。

日本全国に加盟店が存在する、ドコモのおサイフケータイサービスといえば「iD(アイディー)」です。

iDに対応している店舗で買い物をする際、iD対応のおサイフケータイ機能を持つスマホを「かざすだけ」で決済が完了し、買い物をすることができます。

 

iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone 8/iPhone 8 PlusでのApple Pay利用

iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone 8/iPhone 8 PlusでApple PayによるiD決済を利用する時には、まずホームキーを二度タップし、Apple Payの画面を起動します。

そのあと、「Touch IDに指を載せ、指紋認証を実施する」必要があります。つまり、事前にTouch IDの指紋登録が必要と言うことです。

安全性と個人情報保護に高い配慮があるApple Payでは、セキュリティを重視するためにTouch IDを設定しておく必要があるということかもしれません。

指紋認証が完了すると、「リーダーにかざしてください」という画面が出てきますので、そのままレジでiDで支払うことを告げ、リーダーにかざせば支払い完了です。

まったく難しいことはありません。

 

iPhone XでのApple Pay利用

 

iPhone XでApple Payを利用する場合、右側のボタンを二度押しすると、Apple Payの画面が起動しますので、その画面上でFace IDで顔認証を実施してからリーダーにかざすことで購入ができます。

顔認証が完了すると、「リーダーにかざしてください」という表示が出てくるので、そのままかざせばいいのですが、とりあえずその状態を画面を暗転させない限りはかなり長い時間維持することができますので、焦る必要はありません。

 

 

初めてApple Payで支払う際に失敗しないか不安を覚えるなら、早めに顔認証を実施しておけば、慌てずに済むと思います。

ちなみに、顔認証を実施してから支払い完了するまでに時間があまりにかかりすぎると、電源ボタンのダブルクリック後に再認証を求められますが、よほど早く準備しすぎない限り問題ないです。

レジで商品を通してもらっている間にiPhone Xを取り出し、こっそり顔認証しておけば、あとは「支払いはiDで」と伝えた後にかざすだけです。非常に簡単です

 

Apple WatchでのApple Pay利用

Apple Watch Series 2/3でiD決済を利用する場合には、サイドボタンを2度押しすることで、Apple Payの決済画面が起動します。その状態のまま、iDのリーダーに近づける形になります。

 

 

Apple WatchでのApple Pay/iDの利用は、やはり何度利用してみても、Apple Watchのフェイス(ディスプレイ)部分をしっかりかざしてあげないとイマイチ反応が悪いような気がします。そのため、支払い時に少し不自然な感じで腕を差し出さないといけなくなり、あまりスマートではないです。

そのため、もし手元にiPhoneやdカードGOLDがあるのなら、個人的にはApple Watchで決済するよりも、iPhoneを取り出して決済するか、またはdカード GOLDを直接かざす方が気が楽です。

おそらくこの辺り個人差があると思いますので、とりあえず両方試してみて、やりやすい方法を選べばいいでしょう。

 

dカード GOLDには、「dカード特約店」での利用であればポイント付与効率が最大限に高まるのですが、Apple Payを利用した場合にも、その特典はそのまま利用可能です。

Apple Pay対応のiPhoneを持っているだけで毎日簡単に買い物をすることができ、しかもポイントもどんどん貯まっていくわけです。非常にお得です。

 

Apple Pay利用時・dカード GOLD(MasterCard)のVISAにはないメリット

Apple Payとdカード GOLDの関係には、ブランドにMasterCard(マスターカード)を選択したのかVISA(ビザ)を選択したのかで、若干の使い勝手の差が生まれます。

dカード GOLDのブランドでMasterCardを選択した場合、Suicaへのチャージなど、Apple PayのSuica支払いにdカード GOLDを利用することも可能となっています。

さらに、dカード GOLD(MasterCard)の場合、アプリケーションやオンラインショッピングの支払いにも、Apple Payを利用することができます。Touch IDに指を触れるだけで簡単に支払いが完了したり、顔認証にって支払い完了させることができます。

配送先や連絡先、クレジットカード番号などを買い物のたびに入力する必要もなくなり、非常に簡単に買い物ができるようになります。

アプリやオンラインショッピングでのApple Pay利用については、iPhone 6以降のiPhone、またはiPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 3以降のiPadが対応しているということです。

つまり、Apple Payにdカード GOLDを紐づけて決済に利用することはできるものの、ハードの問題でFeliCa機能がないiPhone 7以前のiPhoneでは、店舗での決済はできず、ただアプリやオンラインでの利用は可能になるということと思われます。

MasterCardとVISAは、どちらもクレジットカードの世界5大ブランドとして数えられる有名ブランドですが、Apple Pay利用時においてはとりあえずMasterCard有利という若干の差が生まれています。

 

 

もちろん、どちらのブランドのdカード GOLDを所有していたとしても、Apple Payに紐づけることで店舗決済は可能となるため、VISAのdカード GOLDを既に利用していたとしても、モバイルSuicaへのApple Payによるチャージ利用時以外は特に大きな問題はないと思われますし、今後対応してくる可能性もあると思われます。

ちなみに、私が利用しているdカード GOLDもVISAブランドです。

ただ、Apple Payでの利用を念頭にこれからdカード GOLDの申し込みをするのであれば、MasterCardを選択した方がいいでしょう。

 

Apple Payのセキュリティ

Apple Payを利用するにあたって、今まで「おサイフケータイ機能」を使ったことがない人にとって気になるポイントはやはり、安全性や個人情報、セキュリティについてではないでしょうか。

例えばiPhoneを紛失してしまった場合など、勝手に利用されたりする心配はないのでしょうか。

まず、仮に紛失したとしても、iPhoneの端末内にクレジットカード番号が残ったりAppleのサーバーに保管されることはないので、安心です。

ではどうやって個人を認識するのかというと、各デバイス固有のアカウント番号が発行され、暗号化された状態でデバイス内のセキュアエレメントに保管されているということです。

仮にApple PayでiD決済を利用し買い物をしたとしても、dカード GOLDのクレジットカード番号が利用した店舗に通知されることはありません。

通常iPhoneを失くしたときは、「iPhoneを探す」機能をONにしておけば場所を探したりすることもできますし、場合によっては遠隔消去を実行することもできます。Apple Payについても同様で、紛失モードから簡単に一時利用停止したり、完全消去を実施するのも簡単です。

そのほか、iCloud.comにログインすることによって、Apple Payから支払い停止措置をとることもできるということです。

 

Apple Payにおけるdカードmini利用と機種変更時のiD引継ぎは?

ところでApple Payに、dカードminiは対応しているのでしょうか。この答えは確認したところすぐに出ました。

dカード miniはApple Payには対応していません。あくまでApple Payはクレジットカードやプリペイドカードと紐づけるサービスであるため、dカード miniは非対応です。

現在iDをAndroidスマートフォンで利用している場合については、特に引き継ぎ登録等必要なく、そのままApple Payで設定を実施するだけでOKです。

それまでのスマートフォンでiD(dカード決済)を設定していた場合も、そのまま新しいiphone側で設定すれば大丈夫です。

 

 

 

Apple Payにdカード GOLDを設定してみた

Apple Payにdカード GOLDを設定してみました。

方法は二つ、dカードアプリを使う方法と、Walletアプリを使う方法。

最初はdカードアプリを利用してみようと思ったのですが、途中でメンテナンス中と表示されてしまったので、とりあえずWalletアプリで最初に設定してみることにしました。

 

dcardapli walletapli
dカードアプリ Walletアプリ

 

Walletアプリを起動すると以下の画面が出てきます。上半分がApple PayにSuicaやクレジットカード、プリペイドカードを追加して利用するための設定です。

 

walletapli001

 

「カードの追加」を選択すると、Touch IDの設定を求めてきます。私は普段スマホやiPhoneにロックはかけない主義だったのですが、Touch IDを設定しないとApple Payは利用できませんので、早速設定しました。(※Touch ID対応iPhoneの場合/Face ID対応のiPhoneの場合はFace IDの設定が必要

 

walletapli002

 

Touch IDの設定が完了したら、さらに先に進みます。

 

walletapli003 walletapli004

 

進んでいくと、「クレジットカード/プリペイドカード」を追加するのか、「Suica」を追加するのかを選択する場面にたどりつきます。ここで、Suicaの設定をしたいときにはSuicaを選びますが、今回はdカード GOLDをApple Payに紐づける設定なので、クレジットカードを選択します。

すると、カメラが起動し、設定するクレジットカードをカメラに写すよう求めてきます。

 

walletapli005

枠の中にカードを収めると、自動的にカード番号を読み込んでくれます。すごいですね。非常に便利です。

続けてカード情報を入力します。名義や有効期限、セキュリティコードなどです。

 

walletapli006 walletapli007

 

dカード GOLDの認証を実施するために、SMSかdカードアプリかを選択します。dカードアプリはメンテナンス中だったのでSMSを選択しました。

 

walletapli008

 

SMSで送られてきた認証コードをそのまま入力すると、アクティベート完了です。

 

walletapli009 walletapli0091

 

これでApple Payにdカード GOLDを紐づける設定は完了です。あとはお店で「iD決済」で買い物をし、おサイフケータイ用のリーダーライターにかざし、ホームキーに指を置くだけで決済することが可能です。

 

walletapli0092

 

通常のおサイフケータイとの違いとしては、先にTouch IDを設定した指で認証を実施した上でかざす必要があるという点が異なりますが、慣れればそう難しいことでもないです。

iPhone XのFace IDの場合には、右側のボタンを二度押しし、Apple Payの決済画面を起動した上で顔認証を実施したあとで支払いを実施します。

これでますますお得にdポイントを貯めたりdカード特約店でポイント還元してもらったりする幅が広がりました。

dカード GOLDとApple Pay、うまく両方利用しながら相乗効果で最大限に効果を発揮させていきましょう。

 

SIMフリーiPhoneでもApple Payにdカード GOLDを紐づけられる

SIMフリーのiPhoneでもApple Payにdカード GOLDを紐づけることができるのでしょうか。

以上の結果を見て明らかです。

私が上記で設定したiPhone 7 Plusは、SIMフリー版です。SIMフリー版iPhone 7 Plusでもまったく問題なく、Apple Payの設定をし、dカード GOLDを紐づけることができました。

これでApple Payでdカード GOLD/iDを利用しようと考えていた人も、安心してSIMフリー版のiPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xを購入することができそうです。

また、上記の設定方法はWalletアプリを利用したものであり、dカードアプリがなくても設定可能です。すなわち、それこそドコモの契約があるかないかは関係なく利用することができそうです。

 

dカード GOLDの家族カードでもApple Payに設定可能

dカード GOLDを所有している場合、その家族カードは1枚であれば年会費もかからずドコモの回線を1回線10%還元してくれるというメリットがあるため(2枚目、3枚目は年会費1000円)、利用している人も多いと思います。

そのdカード GOLDの家族カードは、Apple Payにも設定が可能ということが判明しました。

つまり、メインの夫名義の回線にdカード GOLD、妻名義の子回線にdカード GOLD家族カード、という形で紐づけることで、2回線ともにdポイント10%還元優遇してもらいながら、さらにそれぞれ夫と妻がiPhone Xを利用しているのであれば、それぞれのiPhone XのApple Payにdカード GOLDを設定することができます。

そうすれば、コンビニや各種iD対応店舗でそのままApple Pay(iD)が利用できるようになるわけです。

基本的にdカード GOLDの1枚目の家族カードはマイナス要素がまったくありません。

 

DCMXカード/DCMX GOLDでもApple Pay設定可能

まだ以前のDCMXカード/DCMX GOLDから券面切り替えを実施しておらず、そのまま利用している場合であっても、Apple Payにそのまま設定してiD決済できるようにすることができます。

そもそもDCMXカード/DCMX GOLDにはクレジットカードそのものにiD決済機能がついていないものがほとんどなので(ここ数年内に発行されたものの一部は対応)、Apple Payに設定することによって、DCMX/DCMX GOLDのクレジットカードそのものを利用することなく、iD決済が可能となります。

もちろんまず新しいdカード/dカード GOLDに替えて設定することもできます。

せっかく券面を切り替えられるのであれば、dカードではなくさらに一段階上のdカード GOLDを検討してみましょう。

関連記事:「DCMXカードを持ち続けている人のための昔話

 

Apple Pay設定完了のお知らせがdカード GOLDから送られてきた

2016年10月25日にSIMフリーiPhone 7 PlusのApple Payにdカード GOLDを設定したところ、10月29日、Apple Pay設定完了の通知がdカード GOLDから送られてきました。

 

applepaydcard02

 

当初、何が送られてきたのかと思いましたが、開封してみると以下の書類が封入されていました。

 

applepaydcard03

 

ドコモのiPhone 7/iPhone 7 Plusを利用しなくても、dカード/dカード GOLDを利用していると送られてくるようです。

しっかり登録が完了しているということがわかって安心できますね。

早速実際に店頭でApple Payを利用してみましょう。



-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.