ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス情報の裏

ドコモのdカーシェアをわかりやすく理解する

投稿日:

日本全体での乗用車の保有台数は、ここ数年のデータで日本の人口の半分ほど、約6000万台ほどあるそうですが、こと首都圏に限れば、「自家用車はいらない」という人も増え、若い人を中心に自動車は、「必要な時にのみ借りて乗る」という新しい考え方が普及しつつあります。

そんな時代に合わせて登場したドコモの新しいサービスが、dカーシェアです。

dカーシェアでは、自動車を借りて乗る「カーシェア」・「レンタカー」に加え、逆に自分で所有している自家用車を他人に貸し出したり借りたりすることができる「マイカーシェア」をサービス提供しています。

これからますます伸びてくるジャンルではないかと思われますので、今のうちから内容を把握し、注目しておきたいサービスといえそうです。

その詳細内容を確認していきます。

また、実際に、dカーシェアで利用できる「オリックスカーシェア」のステーションを見てきたので、その内容についてもお伝えします。

 

関連記事:「dカーシェアを実際に使ってみたら非常に便利だった!

公式サイト▼

dカーシェア

dカーシェアの概要

dカーシェア三つのサービス

dカーシェアというサービスが一体どういうサービスなのか、まずはその概要を確認しておきたいと思います。

dカーシェアには、基本的なサービスが大きく分けて三つあります。

その三つとは、カーシェア、レンタカー、マイカーシェアです。

 

カーシェアとレンタカーは、必要な時に車を借りるという意味では近いサービスで、dカーシェアにおける取り扱いとしては、カーシェアではオリックスカーシェア、レンタカーではトヨタレンタカー、オリックスレンタカー、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、Jネットレンタカー、バジェット・レンタカー、スカイレンタカーが取り扱いされています。

カーシェアとレンタカーでは、カーシェアの方が短時間の利用も可能なため、より簡易的に利用できるイメージです。

 

マイカーシェアについては、個人間での車のシェアサービスとなっており、個人の車を借りたり、または自分のマイカーを登録して他人にシェアすることができます。

 

初期費用・月額費用ともに0円

dカーシェアの大きな特徴として、初期費用も月額料金もどちらも完全に0円、無料です。

そのため、登録自体は気軽に実施できますので、まずは登録をし、実際の利用に備えるのがお勧めです。

もちろんレンタカーを利用したりカーシェア・マイカーシェアで車を借りた場合には都度料金がかかりますが、その料金については車種や借りた時間によって変わります。

 

最短5分で予約ができる

会員登録完了後、最短5分で予約することができます。

ただし、状況によって審査時間や所要時間が異なりますし、マイカーシェアは会員登録後24時間以内の利用ができないため、登録だけは早めに実施しておきましょう。

会員登録に関しては、dアカウントがあれば必要事項を自動的に入力してくれるため、簡単に登録を終わらせることができます。

 

また、予約はスマホやタブレット、パソコンから簡単に実施できますし、カーシェアではスマホで開錠を実施することもできます。※マイカーシェアの予約はアプリからのみ

 

dポイントが使える・貯まる

dカーシェアの大きな特徴の一つとして、利用に応じてdポイントが貯まったり、貯めているdポイントを支払いに使ったりすることもできます

dアカウントと紐づくことでdポイントが貯まるのですが、付与のタイミングとしてはマイカーシェアの場合が利用の翌月上旬頃、レンタカーとカーシェアの場合には翌々月上旬頃、ということです。

還元率としては100円に1ポイント貯まるため1%ということになりますが、dカード/dカード GOLDを利用して決済すれば、さらにクレジット決済分として1%分のポイントが付くのでよりお得です。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

 

dカーシェアの「カーシェア」

dカーシェアで会員登録が完了すると、実際にカーシェアの申し込みができるようになります。

現在dカーシェアで利用できるカーシェアは「オリックスカーシェア」のみなので、事実上近くのオリックスカーシェアのステーションを探す形となります。

ステーションのイメージは、駐車場の一角に専用車両が設置されていて、申し込み後自由に利用できるようになるイメージです。実際に近場のオリックスカーシェアのステーションをみてきましたので、この記事の最後にご案内しています。

 

カーシェアのメリットとしては、15分から手軽に短時間利用が可能な点で、その点がレンタカーよりも優れています。もちろん、長時間の6時間・12時間・24時間パックなどもあるため、利用シーンに応じて使い分けることができます。

 

カーシェア利用の流れ

 

全体としてのカーシェアの利用の流れは上記のように単純明解です。

そこで、ここでは「予約」の流れを見ていきたいと思います。

 

カーシェア予約流れとしては、まず利用するステーションと車種を選択します。

料金プラン、空き状況などを確認後、利用時間として「開始予定日時」と「返却予定日時」を選びます。すると、自動的に料金が計算されますので、そのまま先に進みます。

オリックスカーシェアの「貸渡約款・プライバシーポリシー」を確認後、重要事項としてオリックスカーシェアにおける基本ルールの説明が表示されます。

 

 

その後続けて、利用方法が確認できます。

 

 

dカーシェアを利用するにあたっての注意点やおおまかな流れ等はここまでで確認をします。そのあとは、続けて支払い方法を設定します。デフォルトで「ドコモ払い」になっていますのでそのままだとドコモの利用料金に合算されます。

ただ、もしdカード/dカード GOLDを所有しているのであれば、クレジット利用分としてのポイントも付くため、忘れずに利用しましょう。

 

 

支払い方法変更から、dカードでのお支払いを選択します。

 

 

なお、もしdポイントを利用してdカーシェアの料金に充てる場合には、同じ場面で利用ポイントを入力します。

あとは最終確認をして、予約完了です。ホンダのフィットハイブリッドが予約できました。

 

 

dカーシェアは「最短5分で予約ができる」とされていますが、慣れてしまえばもしかしたら5分もかからないかもしれません。

料金も非常に安く、上記はお試しの30分で手続きをしてみたのですが、たった440円です。短時間であれば非常に安く利用も可能です。

 

カーシェアの料金

dカーシェアにおける「カーシェア」利用料金は、時間料金+距離料金で決定します。

料金にはガソリン代、保険料、駐車場代など、車両にかかる費用と消費税を含んでいるため、それ以外に料金が発生することは基本的にはありません。

ただ、予定していた利用時間内に返却が難しい場合には、次の予約に影響がない範囲で延長することができるのですが、この場合は延長料金がかかります。

もし返車時間を過ぎて延長手続きをしてしまうと、超過料金として通常の時間料金の倍額がかかってしまうため注意が必要です。

返車時間を過ぎた場合、他の予約が直後に入っているにも関わらず返車時間に間に合いそうにない場合は、必ずオリックスカーシェア問い合わせ受付センターまで連絡が必要です。

 

スタンダードクラス デラックスクラス
時間料金 距離料金 時間料金 距離料金
通常料金(15分あたり) 220円 0円 320円 0円
6時間パック 4200円 0円 4800円 0円
12時間パック 6500円 15円/km 7800円 15円/km
24時間パック 8000円 15円/km 9400円 15円/km
夜間パック(20-翌9) 2500円 15円/km 2500円 15円/km

 

スタンダードクラス デラックスクラス
・コンパクトカー(アクア等)

・ベーシックカー(プリウス等)

・ミニバン(フリード等)

・SUV(ヴェゼル等)

・ワゴン(ステップワゴン等)

・SUV(エクストレイル等)

 

料金は、まず車種によって2パターンに分かれます。

その上で、6時間パックまでは距離料金がかからず時間料金のみです。12時間パック以上にになると、時間料金に加えて距離料金が一律15円/kmかかってきます。

注意点としては、もし延長などで6時間(360分)を超過した場合、利用時間すべてに距離料金が発生してしまいます。あくまで延長も含めて6時間までが距離料金無料です。

また、夜間パックは6時間パック・12時間パック・24時間パックとの併用はできず、6時間以内の利用であっても距離料金が発生します。

 

カーシェア利用時の安心・安全のための保険補償制度

dカーシェアで提供されるオリックスカーシェアには、以下の保険・補償額が利用料金に含まれており、下記の保険・補償制度が適用されるため、万が一の事故やトラブルなどの場合にも安心です。

やはり「車を借りる」というサービスの性質上、万が一のことがあったらどうしよう、という不安を感じてしまうこともあると思いますが、こうした保険・補償によってしっかり守られていますので心配無用です。

 

保険・補償額

対人 1名限度額 無制限
(自賠責保険含む 免責0円)
対物 1事故限度額 無制限
(免責0円)
車両 1事故限度額 時価額
(免責0円)
人身損害 1名につき3000万円まで

 

あんしん補償サポート for dカーシェア

利用中トラブルの多くを占める7項目を、無料で補償してくれます。

 

1.事故におけるNOC免除(※NOC(ノン・オペレーション・チャージ):事故による修理などで該当車両で営業できない期間の補償金額)

2.タイヤパンク

3.鍵のインロック

4.利用中のバッテリー上がりに伴う現地ジャンピング費用

5.事故等のレッカー対応

6.ガス欠での現地給油

7.事故・故障時の代車費用

 

いずれも安心してカーシェアを利用するためには非常に重要な保険・補償であり、詳細まで理解しておきたいところです。

ボリュームが大きいので、dカーシェアの公式サイトにて細部まで必ず確認しておきましょう。→dカーシェア保険内容詳細

 

カーシェアまとめ

カーシェアの最も大きな特徴として、最短15分から利用できるという手軽さが挙げられます。

例えばショッピングモールへの買い物だったり、家族の送り迎えだったりという、些細な日常利用も可能です。

ただし、さすがに日常での利用をあまり頻繁に繰り返していると、料金がそこそこかさんでしまうため、基本的には何か特別な用事がある場合に利用する、というケースの方がメインになってくるかと思います。

その場合は、短時間ではなく、それなりに時間をかけることが多くなるかもしれません。

そこで活躍するのが、dカーシェアにおける「レンタカー」です。

dカーシェアの「レンタカー」

dカーシェアのレンタカーは、各営業所からクルマをレンタルする、従来のシェアスタイルです。複数のレンタカー業者が登録されており、その業者間を横断して希望の車を検索することができます。

カーシェアやマイカーシェアに対してレンタカーは、全国各地に営業所があるため、最も馴染みもあり知名度も高いと思われます。エコカーから高級車まで、多様なニーズにも対応してくれます。

 

レンタカー利用の流れ・料金

 

レンタカーに関しては、過去に利用したことがある、という人も多いと思いますので、詳細は省きますが、dカーシェアを通して見つけた車を予約し、営業所に出向いて借りる、という従来通りの流れとなります。

料金についても業者ごとに異なるため、都度確認が必要です。

 

dカーシェアにおけるレンタカー対応業者

dカーシェアで利用することができるレンタカー業者は以下の通りです。

トヨタレンタカー、オリックスレンタカー、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、Jネットレンタカー、バジェット・レンタカー、スカイレンタカー

dカーシェアの「マイカーシェア」

dカーシェアの中で、最も未来的でありながら、リスクを先に考えると実際の利用には二の足を踏んでしまいそうなサービスが、「マイカーシェア」です。

完全に個人のマイカーを、個人がシェアする、というサービスです。

慎重な日本人の性格ゆえか、「もし何かトラブルになったら・・・」と考える人が多いのかもしれませんが、まだまだ登録者は少なく、実際に借りたいと思っても希望に沿った場所・車種で探すのはなかなか大変です。

しかし今後は、確実に利用者は増えていくと考えられます。貸す側は利益を得ることができますし、借りる側も普段は乗れない車や、より安価に乗れるということであれば借りたいと考える人もどんどん増えてくると思われます。

今のうちから使い方をチェックして、もし貸し出せる車を所有しているのであれば、オーナーとして貸し出すのもありだと思います。

 

マイカーシェア利用の流れ

 

上記流れを見ていただくとわかりますが、dカーシェアを通すとはいえ、基本は個人対個人の交渉による、共同使用のための契約締結になります。

最近はネットオークションからメルカリまで、個人が個人と交渉して売り買いをする場面もかなり一般的になってきていますので、それと近い感覚で考えることができれば、そう違和感なく利用することができると思われますが、やはり実際に赤の他人と会う、という不安を乗り越えられるかどうかがポイントになりそうです。

 

マイカーシェアの利用料金

マイカーシェアでは、共同使用料と保険料の合計金額が、借りる側にかかる形となります。

オーナーは、共同使用料を車両情報に基づいた上限額の範囲内で、24時間単位で自由に設定することができます。

 

合わせて保険料については、24時間1500円から利用できる1日自動車保険に加入する形となります。

スタンダードプランとプレミアムプランがあり、プレミアムプランの場合には24時間1800円となります。

カーシェアやレンタカーの場合も同じですが、保険については必ず内容をしっかり確認しておきましょう。

dカーシェアの会員登録

dカーシェアを利用するための会員登録について、最後に解説しておきます。

初期費用・月額費用は無料なので、登録自体には料金は一切発生しませんので、まずは登録してどんなサービスなのか気分だけでも味わってみましょう。

dカーシェア公式サイトより登録可能です▼dカーシェア

 

登録は順に沿って行けば簡単に終わりますが、dアカウントとパスワード、そして運転免許証だけ用意しておきましょう。dアカウントと紐づいて名前や電話番号などはそのまま自動的に入力されますので、手間が省けます。

 

 

運転免許証の情報は、撮影してアップロードする必要がありますが、該当の箇所を選択して後は免許証を撮影するだけなので簡単です。

登録が完了すると、「会員登録を受け付けしました」というメッセージがdカーシェアアプリ内に送られてきて、その数分後に会員登録完了のお知らせが送られてきます。

この段階で、dカーシェアが自由に利用できるようになります。

 

例えば、普通にオリックスカーシェアを利用したり、レンタカーを利用するよりも、dカーシェアを通した方がdポイントがついてお得なので、普段からカーシェアやレンタカーの利用がある場合には、今すぐ登録して利用してみましょう。

 

 

dカーシェアで「メルセデス・ベンツ」試乗サービス提供開始

dカーシェアとメルセデス・ベンツのコラボレーションにより、新型Cクラスを含む最新モデルの試乗が可能となります。

試乗期間は2018年8月10日から12月31日まで、場所はメルセデス ミー東京およびメルセデス ミー大阪の二か所となります。

最大2時間まで、スタッフの同乗なし、無料で試乗することができます。

具体的な試乗可能車種は、東京で新型Cクラス、Vクラス、smart、大阪で新型Cクラス、smartです。

dカーシェアアプリにおいて、試乗したいクルマを選び、来店日時を入力してリクエスト送信後、承認されると試乗予約が確定となります。

こんな機会はなかなかありませんので、興味がある方は是非試乗しておきましょう。

 

 

dカーシェアのエリアを実際に見てきた!

dカーシェアの「カーシェア」を実際に利用するべく、dカーシェアアプリで見つかる、近場のオリックスカーシェアステーションを眺めてきました。

 

 

普通の駐車場の一角に、一台分だけ設けられているオリックスカーシェアのステーションです。オリックスカーシェアののぼりがあるのでわかりやすいです。

私が見に行った時には、自動車はどなたかに借りられていました。

 

 

オリックスカーシェアの冊子も置いてありました。

ただ、dカーシェアにおいて注意事項等は、実際にクルマを借りる手続きをする際に、しっかり出てきますので、そちらで事前に確認しておきましょう。

駐車場利用規約にも目を通しておきましょう。

今回はタイミングが合わなかったので実際に借りることはしませんでしたが、次回チャンスがあれば実際に借りてみたいと思います。



-ドコモのサービス情報の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.