ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

新機種購入する前に

ドコモオンラインショップでカンタンお手続き導入! iPhone 11Pro購入時にも活躍する圧倒的便利な仕組みを解説

投稿日:

新iPhone・iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの発売前に、ドコモオンラインショップにて「カンタンお手続き」が利用できるようになりました。

機種変更時限定、という制限はあるものの、非常に簡単に手続きを完了させることができるため、9月20日に発売される新iPhone購入時にもかなり便利に使えるのではないかと思います。

予約はできても、実際の購入手続きが遅れると、それだけ自宅に届くのも遅れてしまうので、速やかに手続きできるにこしたことはありません。

今からカンタン手続きの内容をしっかり理解しておきましょう。

ドコモオンラインショップの「カンタンお手続き」は機種変更がカンタン便利!

 

ドコモオンラインショップで購入手続きをする際に、「カンタンお手続き」が利用できるようになりました。

具体的にどういう風に「カンタン」なのかというと、今まで機種変更手続きと言うと、該当商品をカートに入れて購入手続きに進んで、「商品受け取り方法の入力」、「料金プラン・サービスの選択」、「お支払情報の入力」、「ご注文内容の確認」、という具合に、何ページにもわたって手続きをしていく必要がありました。

これがカンタンお手続きに変わるとどう違うのかと言うと、商品を選んで「カンタンお手続き」を選択すると、カンタンお手続き画面に遷移し、その画面内で必要事項を選んだのち、すぐに「ご注文内容の確認」へと飛ぶことができます。

今まで間にあった、「商品受け取り方法の入力」、「料金プラン・サービスの選択」、「お支払情報の入力」という三つの項目を飛ばして手続きが完了してしまう、というわけです。カンタンすぎます。

必要な項目に関しては、「カンタンお手続き」の画面内で選択する形となり、それが済めば確認画面で確認をし、手続き完了となります。

iPhone 11やiPhone 11Proを購入する際にも、非常に早く手続きを完了させることができるため、配送に関しては確実に発売日に届けてもらうようにできるはずです。(※一部地域を除く)

 

カンタンお手続きで指定できる項目・できない項目

ドコモオンラインショップの「カンタンお手続き」では、カンタンであるがゆえ、指定できる項目もあればできない項目もあります。

簡単にまとめておきます。

 

【指定できない項目】

・商品のお届け先:カンタンお手続きでは、契約住所への配送となります。

・配送希望日時:カンタンお手続きでは指定することができません。

・料金プラン:カンタン購入手続きでは料金プランの変更はできません。

 

【指定できる項目】

・連絡先電話番号:変更可能です。

・スマホおかえしプログラム:申し込みするかどうかを選択します。申し込みをする場合、自動的に36回払いになります。

・お支払回数:12回、24回、36回から指定できますが、スマホおかえしプログラム利用時には自動的に36回になります。なお、一括払いはカンタンお手続きでは利用できません。

・分割に関する注意事項・分割払い本人確認情報:同意と記入を実施します。

・機種変更応援プログラム:契約中の場合には利用の有無を選択します。

・dポイントの利用:選択します。

・クーポンの利用:もし何かクーポンをお持ちなら、シリアルコードを入力します。

・下取りプログラム:下取りしてもらいたい機種がある場合は申し込みします。

・ケータイ補償サービス:申し込みするかどうかを選択します。

 

以上の項目ですべてです。選択が完了したら確認画面に進み、手続きを完了させます。

 

非常に簡単な「カンタンお手続き」には条件がある

非常にカンタンで便利なドコモオンラインショップの「カンタンお手続き」ですが、利用するためにはいくつか条件をクリアしている必要があります。

まとめておきます。

 

【対象条件】

・Xi→Xiの機種変更

・利用者が18歳以上かつ個人名義

・購入機種の端末種別がスマートフォン/iPhone/タブレットに限る

※iPad/ケータイ/キッズ/らくらくホン/データ通信は対象外

 

【対象外条件】

・一括払いで購入する場合(分割払いのみが対象)

・購入時に分割支払金残額清算が必要な場合、または端末購入サポート解除料が発生する場合

・現在カケホーダイ/カケホーダイライトをご契約の方が、AndroidからiPhone、iPhoneからAndroidへ機種変更する場合。

・機種本体の購入と同時に付属品を購入する場合

・機種本体の購入と同時にケータイ補償サービスに申し込み、あんしんパックが成立する場合

 

対象条件として、該当オーダーがXiからXi、つまりXi同士の機種変更のみで、契約変更や新規契約ではカンタンお手続きを利用することはできません。ここは大きな注意点ですね。

また、購入機種がタブレットの場合は問題ないですが、iPadの場合はカンタンお手続き対象外です。

さらに、支払い方法が一括の場合も対象外です。カンタンお手続きは割賦の場合にのみ利用可能です。

そしてさらにややこしいことに、現在カケホーダイプラン/カケホーダイライトを利用している方が、AndroidからiPhone、またはiPhoneからAndroidという形で機種変更する場合にもカンタンお手続き対象外となります。Android機種から新iPhoneに、という方は多いでしょうから、ここは対象に当てはまる方が多いかもしれません。

ケータイ補償サービスの申し込みは、カンタンお手続きと同時に実施できますが、あんしんパックとしての申し込みはできませんので、あんしんパックにしたい場合には後日My docomoなどからあんしん遠隔サポートとあんしんセキュリティを別途申し込みしなければなりません。

 

あくまですべての条件を満たした場合に関してのみ、カンタンお手続きが実施できます。

私はどうやら、一括払い不可、という点でひっかかりそうです。残念ですが。

 

iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max購入手続きは9月17日午前10時から

新iPhone・iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxのドコモオンラインショップにおける購入手続き開始は、2019年9月17日の午前10時からです。

もちろんそれより先に、9月13日午後9時からの予約を実施して在庫を確保する必要がありますが、在庫確保できたあとは、17日午前10時以降、出来る限り早く購入手続きを完了させて配送処理を実施してもらいたいところなので、カンタンお手続きが可能な方は、事前にどういう流れになるのか試しておくのもいいかもしれません。

画面を見ておけば、実際の購入の際にもスムーズに手続きできると思います。

また、上記で案内した条件を満たさない場合にはカンタンお手続きは利用できませんので、その場合にはカンタンお手続きを選ばず、通常手続きで購入を実施しましょう。

まずは新iPhoneに備えて、ドコモオンラインショップの購入の流れを、しっかり確認しておきましょう。→ドコモオンラインショップ公式



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-新機種購入する前に

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.