ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

iPhoneの裏

SIMフリーiPhone SEにドコモSIMを入れてみた

投稿日:

通常、SIMフリー端末には海外SIMやMVNOのSIMカードを入れて利用するケースが最も多いと思われますが、SIMフリー端末にドコモなど大手キャリアのSIMを入れて利用するケースもあります。

iPhoneについても同様で、SIMフリーのiPhoneに大手キャリアのSIMカードを入れて利用することも可能です。

 

ということで、今回はSIMフリーのiPhone SEに、ドコモのSIMを入れて動作確認をしてみました。

ドコモのiPhone SEにドコモSIMを入れて利用する場合と、何が違うのでしょうか。

SIMフリーiPhone SEにドコモSIMを入れてみる

とりあえずドコモのiPhoneにSIMカードを入れるのとまったく同じ要領で、SIMフリーiPhone SEにドコモのSIMカードを入れてみました。

日本向けに発売されているSIMフリーのiPhoneは、ドコモのSIMについてはそのまま利用できるようになっていると以前Appleコールセンターで聞いたことがありますが、iPhone SEについても、まったく同じでした。

まず、通話に関しては何の問題もなく利用できました。

さらに、通信についてですが、こちらもAPN設定や構成プロファイルをインストールしなくても、ドコモのSIMで問題なく通信できるようになりました。ドコモのSIMにはspモード契約をつけておいたのですが、spモードのプロファイルはおそらくSIMフリーiPhone SEにプリインストールされているものと思われます。ドコモSIMでアクティベートすることにより、ドコモのAPNが設定されるのかもしれません。

ということで、SIMフリーiPhone SEにドコモのSIMを入れて利用する場合には、ドコモのiPhone SEを利用するのとまったく変わらない感覚で利用が可能ということがわかりました。つまり、ドコモユーザーでも、安心してSIMフリーiPhone SEを購入することができます。

 

SIMフリーiPhone SEで通信ができないケース

実は今回、元々SIMフリーiPhone SEはSo-netの「0SIM」で利用しようと考えていたため、最初にiPhone SEに0SIMを入れてAPN構成プロファイルをインストールしていました。

それにより0SIMでの通信は何の問題もなく可能となったのですが、一つ問題が発生しました。

0SIMの構成プロファイルがインストールされている状態で、ドコモのSIMをiPhone SEに入れてみたのです。すると、通信がまったくできませんでした。

0SIMの構成プロファイルをインストールしたことにより、そちらが優先されて、ドコモのAPNであるspモードに繋がらなかったのかもしれません。

その後、0SIMの構成プロファイルを一旦削除した後に再度ドコモのSIMカードを挿入すると、無事spモードでの通信にあっさり成功しました。その際も特に設定などは行っていません。何もしなくても勝手にLTEをつかみ通信可能となりました。

以上の結果から、もしMVNOのAPN構成プロファイルをインストールしている場合は、それを削除しないとドコモのspモードで通信ができないものと思われます。

 

SIMフリーiPhone SEはアクティベートSIMによって設定内容が変わる

iPhone SEを利用するためには、まず最初に「アクティベート」をする必要があります。

アクティベートを実施するためには「アクティベートSIM」が必要です。SIMフリーiPhone SEの場合、アクティベートSIMは、ドコモ系、au系、ソフトバンク系のどのSIMカードを利用してもアクティベートSIMとして利用することはできます。

そして、SIMフリーiPhone SEは、どのアクティベートSIMを利用するかによって、その後の設定内容が若干変わるという面白い動きをします。

 

まず、試しにドコモのSIMカードを利用してアクティベートを実施してみました。この場合、ドコモの契約が入っているSIMでもいいですし、すでに解約して使えなくなっているドコモSIMでも大丈夫です。さらには、ドコモ系MVNOのSIMカードを利用してアクティベートを実施した場合にも、ドコモSIMでのアクティベートと同じ内容となります。

iPhone SEにドコモのSIMを入れてアクティベートを実施すると、その後Safariのブックマークになんと「dメニュー」、「dマーケット」、「ドコモお客様サポート」が出てきます。

 

iphonese093

 

ここだけ見ると、SIMフリーのiPhone ではなく、まるでドコモのiPhone を利用しているようです。仮にドコモ系MVNOのSIMでアクティベートを実施した場合でも同じようにドコモの内容が出てきます。

 

では、ドコモではなくauのSIMカードでアクティベートを実施してみます。

 

iphonese094

 

すると、Safariのブックマークには「auスマートパス」と「auお客様サポート」が出てきます。おそらくauのSIMを入れて利用できるように、au用にアクティベートされたものと思われます。

私はソフトバンクのSIMは所有していないので試すことはできませんでしたが、おそらくソフトバンクのSIMでアクティベートをすれば、ソフトバンクの内容が出てくるものと思われます。

 

これがもし、ドコモのiPhone SEであれば、そもそもauやソフトバンクのSIMカードではアクティベートができません。逆にauやソフトバンクのiPhone SEの場合はドコモのSIMでアクティベートはできません。なぜなら、SIMロックがかかっているためで、その場合は購入から半月経過後にSIMロック解除を実施すれば他社SIMでも利用が可能となります。

 

SIMフリーiPhone SEでspモードメールは使えるのか

ドコモメールを利用している場合、そのままSIMフリーのiPhone SEでも利用できるのか気になるところだと思います。

実際に試してみました。

ドコモのSIMカードでアクティベートを行った場合、前述したようにSafariのブックマークに「ドコモお客様サポート」が出てきますので、そこにアクセスします。

そして通常の設定通り、ドコモの「iPhone初期設定」を実施します。その際、dアカウントとパスワードが必要です。

 

iphonese095 iphonese096

 

この手順通り、つまり通常通り設定を実施すれば、そのままSIMフリーiPhone SEでもドコモメールが利用可能となります。SIMフリーiPhone SEでも、ドコモのSIM利用およびドコモメール利用が可能となれば、ドコモのiPhone SEを利用しているのとまったく変わらない内容で利用が可能となります。

 

SIMフリーiPhone SEは使い勝手の幅が広い

以上の結果を見てもわかるように、SIMフリーのiPhone SEは、大手キャリア版でSIMロックがかかっているiPhone SEよりも使い勝手の幅が広いといえます。

基本的にはどのSIMカードを入れてもAPN構成プロファイルさえ問題なくインストールすることができれば利用できるようになります。

通常とは違う使い方や通常入れることがないSIMカードを利用することがあるという場合には、SIMフリーのiPhoneの方が確実にお勧めです。

Androidスマートフォンのように自分で簡単にAPN設定をすることができないのが難点ですが、iPhoneでの利用という需要は各SIMカード提供事業者も理解しており、自社SIMをiPhoneで利用するためのAPN構成プロファイルは用意されていることが多いためそれほど問題にはならないと思われます。

一家に一台、使い勝手のいいSIMフリーiPhoneを常備しておくと、何かと使いまわしができて便利です。そういう意味でも、比較的安価かつ小型で使いやすいSIMフリーiPhone SEはやはり「買い」といえそうです。



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-iPhoneの裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.