ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

Pontaポイントをdポイントに交換する方法

      2016/07/21

NTTドコモのdポイントカードが2015年12月1日より開始されました。

これに伴い、コンビニエンスストア「ローソン」で買い物をする場合には、dポイントカードもしくはdカードを提示することでポイントを付与してもらうことができるようになりました。

つまり今までローソンで利用していたPontaカードと同じ役割を、dポイントカード/dカード/dカード GOLDが果たしてくれるようになります。

そうなると、Pontaカードとdポイントカードの両方を所有している意味はないため、どちらかにポイントも集約した方がよさそうです。

そのポイント集約方法について解説します。

Pontaポイントとdポイントの交換比率

ローソンのPontaポイントとドコモのdポイントは、相互交換が可能となっており、どちらからどちらにポイントを移行することもできるようになっています。

そのため、現在利用しているポンタポイントをそのままdポイントに交換することもできますし、dポイントカードで貯めたポイントを、今後Pontaポイントに集約することもできます。

ただし、交換の条件に違いがあるため注意が必要です。

 

Pontaポイントとdポイントの交換において有利に設定されているのはdポイントです。最低交換単位が100ポイントからで、以後100ポイント単位でPontaポイントに交換することができます。手数料等も一切かかりません

逆に、dポイントからPontaポイントに交換する場合は、かなりの制約が付きます。交換単位が一律5000ポイントで、しかも手数料として追加で250ポイントを消化します。つまり、最低5250ポイントが必要ということです。

さらに、同月内での交換は1度のみ、同一年度での交換は2度まで、3度以降は5000ポイントから2500ポイントへの変更になります。

どうも、あからさまにdポイントからPontaポイントへの流入は防ぎたいという意図が見えます。何か大人の事情でしょうか。

いずれにしても、これを見てもわかるように、dポイントからPontaポイントへの交換はお勧めできません。どちらかにポイントを集約するのであれば、確実にPontaポイントからdポイントへ集約した方がお得です。

 

実際にポイント相互交換するには

では、Pontaポイントをdポイントへ移行するにはどうしたらいいのでしょうか。

まず事前準備としてPontaポイント、dポイント相互の利用者登録が必須となります。

Pontaカードを所有している人には、Ponta.jpへの利用者登録を一切行うことなくそのままポイントだけ貯めている人も存在します。それでもポイントは貯まっているのですが、このままではdポイントへの交換ができませんので、まずはPontaのサイトから利用者登録を入れる必要があります。

 

CapD20151201

 

ログインに成功したら、「おトクにためる」という項目の中に「dポイント交換」があります。

 

CapD20151201_1

 

「Pontaポイントからdポイントへの交換はこちら」を選択します。あとは手順に沿っていくなので簡単です。

途中、Ponta.jpにログインしていない場合はログインを求められます。初めからログインしている時にはそのまま進みます。

その後、dポイントクラブの会員番号と契約中のドコモ携帯電話番号を入力します。ここで、dポイントクラブの会員番号がわからないと思います。dポイントクラブのポータルサイトのトップ下部を見ると、「会員証を表示」という項目があるので、ここで確認します。

会員番号はdポイントカードに記載されているdポイントカード番号とは違いますので注意が必要です。

 

CapD20151202_4

 

途中、少し手間取りそうな部分もありますが、ポンタのサイトにも詳細な方法は記載がありますので、難しいことはないと思います。

なお、Pontaポイントからdポイントへの移行も100ポイント単位ということで、Pontaカードに端数が残ってしまう形になります。この分についてはローソンで買い物をする際などに消化してしまえばいいでしょう。

dポイントにすべて交換を完了して、以後はdカード/dポイントカードにローソンでの加盟店ポイントも貯めていきましょう。今までポンタカードを利用していた時と同じように、ローソンでの買い物時にdカード/dポイントカードを提示すれば、ポイントを付与してくれます。

dカード/dポイントカードとPontaカードは役割が競合するため、ローソンで買い物をしたときに両方のカードにポイントをためてもらうことはできませんので、その点だけは注意が必要です。

どちらに今後ポイントを貯めていくのか、検討した上でカードを提示しましょう。

 

Pontaポイントがdポイントになってもローソンでは使える

Pontaポイントとdポイントを比較した場合に、現状使える場所がそれぞれ異なります。開始当初はリアル店舗ではローソンと東京都内マクドナルド約100店舗でしか利用が出来なかったdポイントですが、順次少しずつ利用可能店舗が広がりつつあります。

とはいえ、とりあえずローソンで利用出来れば最低限利用機会は維持できると考えれば、Pontaポイントをdポイントに替えることによるデメリットはほとんどないと言っていいでしょう。

ローソンでも利用でき、もちろんドコモでも利用可能なdポイント、Pontaポイントを合算集約して有効活用していきましょう。

 

 - dポイントクラブ, ドコモのサービス情報の裏