2020-2021冬春モデル

ドコモ・arrows NX9 F-52A/機種変更に役立つ、わかりやすい詳細解説

投稿日:

2020年12月18日に、ドコモの5G対応スタンダードモデル、arrows NX9 F-52Aが発売されました。

利用される方のイメージとしては、

 

国内工場で作られた国内メーカーのスマホが欲しい。

ハイエンドモデルほどではなくても、それなりの性能が欲しい。

割れにくい、頑丈なスマホが欲しい。

 

という方に最適です。

 

2020年夏モデルで、arrows 5G F-51Aという久しぶりの本気のハイエンド機種を出してきた富士通ですが、今回は、より購入しやすいミドルレンジ機種としてarrows NX9を発売した形です。

arrows NX9の特徴やスペックを、わかりやすくご案内していきます。

arrows NX9  F-52Aの特徴解説

まずはドコモのarrows NX9  F-52Aの大まかな特徴からお伝えします。

 

 

約6.3インチ、3Dガラス有機ELディスプレイ

・カメラは3眼、メインカメラ約4,850万画素超広角カメラ約800万画素深度カメラ約500万画素。

RAM/ROMが8GB/128GBでサクサク動作。

電池容量3,600mAh電池持ち時間は4Gで約120時間、5Gで約110時間。

・生体認証はディスプレイ内指紋認証

・泡タイプのハンドソープで洗える。

防水防塵対応

MIL規格23項目準拠。

おサイフケータイ対応

ワンセグ/フルセグ非対応。

ワイヤレス充電非対応。

・下部にステレオイヤホン端子あり。

 

逆に言えば、価格はともかく、とにかくスペック重視(ハイエンドモデルがいい!)、という方や、日本メーカーしか受け付けない、という方には向いていない機種とも言えます。

 

arrows NX9のデザイン&カラー/日本製スマホ

 

arrows NX9 F-52Aのカラーバリエーションは、ホワイト、ゴールド、ネイビーの3色です。昨今では珍しい、日本のメーカーかつ日本の工場で作られている日本製のスマートフォンです。→「arrowsの工場見学

 

 

前モデルのハイエンドarrows 5G F-51Aと比較すると、薄さこそ負けるものの、全体としてのサイズがコンパクトになり、非常に持ちやすいサイズ感になりました。デザインもスマートでかっこいいですね。

 

左:arrows NX9 右:arrows 5G 左:arrows NX9 右:arrows 5G

 

熱を拡散する埋め込み式の「ベイパーチャンバー」構造で、ゲームなど負荷がかかる使い方をしても安定して利用することが出来ます。

 

 

HDR10での色表現に加え、HDR+方式で、映像コンテンツをディスプレイに表示する際に割り当てる輝度をシーンごとに切り替えることができるようになりました。

 

有機ELによる美しいディスプレイは大きな魅力です。ディスプレイ下部には、指紋認証のためのセンサーも搭載しています(ディスプレイ内指紋認証)。

また、下部にステレオイヤホン端子を搭載しているため、Bluetoothイヤホン/ヘッドホンがなくても、有線でイヤホン/ヘッドホンを利用することもできます。

 

arrows NX9のカメラ

 

ドコモのarrows NX9  F-52Aのカメラは、超広角・広角・深度のトリプルカメラです。

それぞれ約800万画素(超広角)、約4,850万画素(広角)、約500万画素(深度)で、超広角カメラは視野角120度、広角カメラは79度での撮影ができ、深度カメラでは被写体を際立たせる撮影が可能です。

インカメラは、1,630万画素のカメラで、セルフィーも美しく撮影できます。

 

逆光や夜景を簡単に美しくプロ並みの仕上がりに自動補正してくれる「Adobe Photoshop Expressモード」にも注目です。

 

 

動きのある子どもの写真でも、シャッター前後の中からAIが表情の良い写真を保存してくれる「AIオートショット」。

 

 

アウトカメラで撮影した動画や静止画の中に、インカメラで撮影した映像を合成して残すことができる「ワイプ撮影」など、非常に便利に使うことができます。特に、このワイプ撮影はなかなか面白そうですね。

 

 

エントリーモデルでありながらのこのカメラ性能は非常に嬉しい限りです。

 

arrows NX9は洗える! 割れにくい!

arrowsと言えば、「洗える、割れにくい」、というイメージはそこそこ根付いてきつつあると思います。

今回の新モデル、arrows NX9  F-52Aについても、両方の特徴にしっかり対応し、泡タイプのハンドソープで洗うことができ、なおかつMIL規格23項目に準拠、安心して利用することが出来ます。

特に、洗える、という特徴は昨今の社会情勢による需要に合致しており、大きな安心感につながります。

 

 

MIL規格23項目とは、落下、耐衝撃、防水(浸漬)、防塵(6時間風速有り)、防塵(脆弱面90分)、塩水耐久、防湿、耐日射(連続)、耐日射(湿度変化)、耐振動、防水(風雨)、雨滴、高温動作(60℃固定)、高温動作(32~49℃変化)、高温保管(70℃固定)、高温保管(30~60℃変化)、低温動作(-20℃固定)、熱衝撃、低温保管(-30℃固定)、低圧動作、低圧保管、氷結(-10℃氷結)、氷結(-10℃結露)に準拠した試験を実施されている、といことです。

もちろん、すべての機能の連続動作を保証するものではありませんし、取り扱い不備があれば故障することもあります。耐久性が高いとはいえ、基本的には大切に取り扱いましょう。

 

 

arrows NX9の、ゲームにも強いCPU/8GBRAM

 

5G通信でのゲームにも適した、クアルコムSnapdragon 765G搭載で、RAMは8GB、ROMは128GBです。前述のベイパーチャンバーによる冷却により、安定した動作が期待できます。

 

バッテリー容量は3600mAh、電池持ち時間は5Gで約110時間、4Gで約120時間です。

突出して長持ち、というわけではありませんが、普通に利用すれば一日持たない、ということはないレベルです。

安心して利用できそうです。

 

arrows NX9  F-52Aのスペック

ドコモのarrows NX9  F-52Aの主要スペックをまとめてみます。

 

カラー ホワイト
ネイビー
ゴールド
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約152×72×8.5mm(最厚部約9.3mm)
重量 約162g
VoLTE(HD+) 対応
電池持ち時間 5G:約110時間 4G:約120時間
バッテリー容量 3600mAh
充電 USB Type-C
ワイヤレス充電非対応
ディスプレイ 約6.3インチ
有機EL Full HD+
CPU Snapdragon 765G
2.4 GHz + 1.8 GHz
オクタコア
RAM/ROM 8GB/128GB
外部メモリ microSD(1TB)
カメラ メイン:約4850万画素
超広角:約800万画素
深度:約500万画素
防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
おサイフケータイ 対応
MIL規格 23項目準拠
ワンセグ/フルセグ 非対応
発売日 2020年12月18日

 

スペックは全体として高く、格安のエントリーモデルであるarrows Beシリーズよりは一段階上の機種であることがわかります。ハイエンドとエントリーの中間、ミドルレンジモデルですね。

とはいえ、ひと昔前なら、圧倒的なハイエンドモデル、と言われてもおかしくありません。

最大の特徴はやはり、arrows最大の特徴である、「泡で洗える、割れにくい」、という点ですが、その特徴を踏まえつつ、トータルでの性能も平均的に高く、なおかつ料金もハイエンドよりは抑えられており、持ちやすく総合力の高い日本製スマホが欲しいという方には最適です

 

購入は、アハモ利用の方でなければドコモオンラインショップがお勧めですが(ahamo利用の場合、ドコモオンラインショップでの機種変更ができないため)、その理由としては、既に多くの方が利用されているdカード GOLDで一括決済をすることで、dポイントが2倍もらえるためです。

一括決済はやや高くも感じると思いますが、支払える能力があるのなら一気に支払ってしまった方が、ポイントが2倍になる分お得です。

もし、まだdカード GOLDをお持ちでない場合は、非常にもったいないので、まずは下記記事から詳細内容を確認されてください。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-2020-2021冬春モデル

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.