ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

dカード GOLDで快適キャッシュレス生活

更新日:

最近何かと「キャッシュレス」という言葉をよく見かけるようになった、と感じている人も多いのではないでしょうか。

買い物と言えば現金、という価値観が根底から変わりつつあり、現金を持ち歩かなくても生活できる世界は既に目の前まで来ています。

ただ日本においては、キャッシュレスのメリットに早々に気が付いて積極的に移行している人も増えてきている一方で、キャッシュレスの世界に不安を覚え、まだまだ現金払いが安心と考えている人も少なくありません。

そうしたキャッシュレスに踏み切れない原因の一つとしては、キャッシュレスがどういうものかちゃんと理解されていないという現状が大きいのではないかと思います。

ドコモにおいてはdカード/dカード GOLDを中心に展開されるキャッシュレスについて、わかりやすく解説してみようと思います。

キャッシュレスとは何なのか

例えば現金の受け渡しを行わなくても、指紋や虹彩によって自動的に決済が完了してスムーズに買い物が出来たり公共交通機関を利用できたりする、というイメージは、20年、30年前だとまだまだ現実とは程遠い、SFの世界の話だったかもしれません。

しかし現代では既に、そうした技術が現実のものとして実用化されています。

古き良き現金払いに固執する日本人の気質もあり、世界的にみると日本のキャッシュレス環境は遅れてしまっています。

 

キャッシュレス」とは、具体的には硬貨や紙幣という「現金」を使わず、それ以外の方法で支払いや決済が行われることを言います。

一口にキャッシュレスと言っても種類も様々で、ドコモで利用できるキャッシュレスサービスとしては大きく分けて三種類があります。

一つは、dカード/dカード GOLDを利用した「クレジットカード」決済。

さらに、同じくdカード/dカード GOLD、またはおサイフケータイやApple Payを利用した「iD」による「電子マネー」決済。

そして最後に、スマホを利用した決済方法として最近開始された「d払い」によるスマホ決済。

 

これ以外にも、キャッシュレスな支払い方法としてはデビッドカードやプリペイドカード、仮想通貨など様々な種類が存在しています。

その中でどの「キャッシュレス」を利用するかは、個人個人の生活習慣や好みによります。

今回はドコモユーザーとしてお勧めできる、上記三種類について簡単に解説しておきます。

 

クレジットカード(dカード/dカード GOLD)

日本でもっと多く普及しているキャッシュレスツールは、やはりクレジットカードです。

ドコモユーザーにはdカード/dカード GOLDという形で実に2000万近い契約が存在します。

電子マネー決済と比較すると、サインが必要な場面などもまだまだあるため利便性においては負けますが、今後サインレスのクレジット決済もドンドン増えてくると思われますので、メインのキャッシュレスアイテムとして今後もますます利用の伸びしろがあると考えられます。

現金払いよりも、カードを通して購入することで、購入金額に対してポイントが付いたりするカードも多く、非常にお得です。dカード/dカード GOLDも購入金額に対して1%のdポイントが貯まります

ドコモユーザーでdカード/dカード GOLDのいずれも持っていない、という方はかなりもったいないのは間違いないですし、今後本格的に到来するキャッシュレス時代のことも考えて早めに申し込みしておきましょう。

 

電子マネー(iD)

iD、QUICPay、楽天Edy、nanaco、Suicaなど、様々な種類が存在している電子マネー。

中には馴染のある電子マネーが一つや二つはあるのではないでしょうか。特に首都圏などではSuicaは必需品だと思います。

大きく分けると、楽天Edy、nanacoのような先払い方式(プリペイド/チャージ式)の電子マネーと、iDやQUICPayのように後払い方式(ポストペイド)の電子マネーが存在します。

最大の魅力としては、「かざすだけ」で買い物ができるという手軽さで、iDにdカード/dカード GOLDを紐づけておけば、クレジットカード決済時と同じように購入金額に対して1%のポイントが貯まるため、一度使い始めたら欠かすことができなくなります。

以前は「iDで」と支払いをしようとすると、お店の人が困惑して戸惑う、ということもありましたが、最近はどこの店舗でもiD払いで戸惑われる、ということはまずありません。それくらい利用者も増えてきているということだと思います。

 

スマホ決済(d払い)

最近ドコモで開始された「d払い」は、お店でスマホに表示されたバーコードを見せるだけで簡単に決済が終了し、ポイントも貯まりやすいお得なサービスです。

また、ネットで買い物をするときにも選択することができ、非常に便利です。

最近始まったばかりということで、まだまだ利用機会は少ないですが、今後急速に普及していくことが予想されます。今のうちから利用方法に慣れておきましょう。

 

キャッシュレスにはこんなメリットがある!

会計がすぐ終わるのでラク

とにかく現金支払い時に面倒なのは、紙幣はともかく小銭をジャラジャラと探して出すあの手間です。

なかなか財布から小銭をうまく拾えずに時間がかかり、後ろに並んでいる人にイライラされてしまう、なんて経験がある人もいることでしょう。紙幣を出したら出したで、大量の小銭が返ってくるので時間がかかります。

そんな一連の金銭授受を、キャッシュレスだと確実に短縮できます。

また、大量の荷物を抱えていたり、子連れだったりする場合にも、例えば「iD」を利用するならかざすだけ、一瞬で支払いが終わります。

それまで現金支払いを利用していた人も、「こんなに便利なのになぜ今まで利用しなかったのだろう・・・」と思うこと間違いなしです。

 

現金を銀行からおろさなくていいので手数料の節約に

基本的にタンス預金よりも銀行預金としてお金を銀行に預けている人が圧倒的多数だと思うのですが、定期的に銀行からお金をおろす、という行為が、そもそも時間の無駄です。

クレジット決済にしろ電子マネー決済にしろ、完全に銀行からお金をおろす手間を省けてしまいます。

しかも、銀行に行く暇がないからとコンビニATMなどを利用してお金をおろしたりすると、手数料がかかることがほとんどだと思います。

この低金利の時代に、お金をおろすだけで毎回数百円も手数料を取られていたら、預けているだけで増えるどころかドンドンマイナスになっていきます

増やそうと考えて預けた銀行預金で資産を減らしていては本末転倒です。そんな手数料の一切をかからないようにできるキャッシュレスは、是非利用するべきです。

 

現金を持ち歩かなくていいので財布がかさばらないし紛失・盗難時も安心

支払の基本がキャッシュレスになると、紙幣や小銭をたくさん持ち運ぶ必要がなくなります。最低限の金額だけ入れておけばいいので、盗難や紛失時にも安心です。

家計簿をつけなければ、とレシートを毎回とっていた人も、キャッシュレスで決済を行うことで利用履歴は完全に残すことができ、後からインターネット上で確認すればすぐに家計簿に反映できます。というより、むしろ家計簿をつけなくてもその利用履歴さえ見ればいいような話にもなります。

ここでも手間・時間の短縮を図ることができます。

 

現金にはないポイント還元は最大の魅力

dカード/dカード GOLD、iD、d払いというドコモのキャッシュレスサービスでは、すべてのケースで利用金額応じてポイント還元が実施されます。

少額なら大した金額分にはならないかもしれませんが、日常的に利用するようになると積もり積もってかなりの大きな金額の差が生まれます。

現金派、とこだわればこだわるほど、貯まるはずのお金を吐き出しているのと同じなわけです。これは非常にもったいないですね。

具体的にどれくらいポイントが貯まるのかは、私が実際に実践済みです。→「dカード GOLDで年間どれくらいのdポイントが貯まるのかチャレンジしてみる

 

キャッシュレスには犯罪抑止効果も

コンビニ強盗や銀行強盗を想像してみてください。よくある「金を出せ!」的なやつです。

強盗は、現金がそこにあるからこそ発生します。

カードや電子マネーは、強盗犯にとってはリスクが高く、盗む価値が低いです。何故ならすぐに止められたら一切利用できなくなりますし、使うことですぐに足が付くからです。

盗まれた側としては、カード会社がその分はちゃんと補填してくれますので心配ありません。現金だったら、盗まれて使われたら返ってきませんよね。

そういう意味でも現金よりもキャッシュレスは安心な決済方法ということができます。

 

キャッシュレスに対する不安はこれ!

ドコモが調べた、キャッシュレスに対する意識・実態調査によると、現金派の方がキャッシュレスに踏み切れていない理由のトップ3は、以下の通りだそうです。

 

1.使いすぎてしまいそうで怖いため

2.盗難やスキミングなどが怖いため

3.使うお店が限られていると感じるため

 

キャッシュレスは本当に使いすぎるのか?

使いすぎてしまいそうで怖い、という意見は、確かに一見説得力がありそうな気はするのですが、では現金で生活している時は、どうやって使い過ぎを把握しているのか、という話ではあります。

手持ちの現金を確認する、または家計簿をつける、ということになるのではないかと思いますが、現金や家計簿を確認する手間を考えるなら、スマホで利用履歴をポンとみるだけでどれだけ使ったのかが把握できるキャッシュレス決済の方がはるかに確実です。

例えば、現金で生活していて、「あれ? あと一万円くらい持っていたと思うんだけど、財布にはもう2千円しかない。どこで使ったかな・・・」と感じることがないでしょうか。

それくらい、現金の利用にしたって自分が使った分の把握は不完全なわけです。むしろ、失くしたのか何に使ったのか思い出せなければ余計気持ち悪いですよね。

それなら、キャッシュレスで利用履歴が一目瞭然の状態にある方が、はるかに管理としては確実かつ簡単なのです。

 

盗難やスキミングのリスク?

盗難が怖い、というのはこれも当然のことですが、むしろ盗難は現金の場合の方が怖いです。「そこに現金がある」という事実は犯罪を誘発するリスクがありますし、仮に現金を盗難された場合、利用されたら戻ってきません。

これが仮にカードの場合はすぐに利用をストップできますし、万が一利用されたとしてもカード会社が補償してくれます。これはスキミング被害の場合も同じです。

現金が入っていなければ、ひったくりなどの犯罪被害もほとんどなくなります。むしろ抵抗してケガさせられる方が怖いくらいです。

 

使うお店が限られている→使うお店を選ぶ

例えばdカード GOLDを利用する場合、クレジット決済が今どきできないお店はかなり少数だと思いますし、iDに対応していないということであれば、次からはiD対応の店舗に行くようにしよう、と逆に行動を変えるといいと思います。

その行動パターンこそが、最も効果的にdカード/dカード GOLDを活用する行動だったりするので、それを新しい習慣としていくことで、年間通すとかなり大きなメリットが生まれます。

実際のところ、現金派の人が「お店が限られてるでしょ」というのは、実際に使っていないために感じることで、実際利用していくと思いのほか様々な店舗で対応していることに気づいたりするものです。

まずは利用して、それからお店が限られていると感じるのであれば次の行動を考えればいい、というわけです。

 

だから使わないともったいないdカード GOLD

何故キャッシュレスなどを利用するかわからない、という方も、こうして考えてみると現金を利用し続ける方がデメリットが大きいということは理解できたと思います。

せっかくドコモを利用しているのであれば、そこで活用したいキャッシュレスサービスの基本となるのがdカード、そしてdカード GOLDです。

ドコモ利用分およびドコモ光利用分に対してdポイントが10%貯まったり、様々な特典や補償を受けることもできるため、既にこのお得さに気づいた多くのドコモユーザーが利用開始しています。→「dカード GOLDは本当にお得なのか

とはいえ、まずは入り口としてはdカードから、という人は、それもありだと思います。→「dカードとdカード GOLD徹底比較

まずは現金派からキャッシュレスへ、時代の流れにうまく飛び乗り、よりお得かつ便利に生活を変えていきましょう。



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.