ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

dカード GOLDをPayPayの支払いに設定してみた結果

更新日:

たまに遠出をした時にタクシーに乗ったりするのですが、キャッシュレス決済はPayPayのみ対応、というケースにちょこちょこ遭遇します。タクシーに限らず、お店でもたまにそういうケースが見受けられます。

基本的に、現金で支払うのは面倒ですし出来る限りキャッシュレス決済にしたいと思うのですが、d払いもiDも対応しておらず、PayPayだけ対応、というケースに数回当たると、「やはりPayPayもあった方が便利かなぁ」と思ってしまったりします。

ドコモユーザーとはいえ、確実に現金払いよりはメリットがありますしね。

ということで、今回はドコモユーザーがPayPay利用時の設定にdカード GOLDを設定してみた場合どうなるのか、についてチャレンジしてみましたので、その内容をご案内します。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

ドコモユーザーでもPayPayは使える

ドコモを利用していると、話題のバーコード/QRコード決済d払いしか使えないのかな、と思ってしまいそうですが、実際のところそんなことはなく、他にもLINE Pay、メルペイ、Origami Payなど様々なQRコード決済を同時に利用することができます。

そんな中で、ソフトバンクのPayPayは、現状利用可能場所が一番多いのではないかと感じられるほどによく見かけますし、話題性でもやはり一番です。そのため、より効果的にキャッシュレスを利用しようと考えるなら、ドコモユーザーとはいえ、PayPayの利用は十分検討に値すると思います。

 

利用方法としては、まずはPayPayの公式アプリをダウンロードし、新規登録をしていく形になります。

 

PayPay(Android版)

PayPay(iPhone版)

 

新規登録の途中、ソフトバンク・ワイモバイルユーザー以外の場合、Yahoo! JAPAN IDが必要になります。

普段からYahoo! JAPAN IDを利用しているのであればそれを使えばいいですし、持っていない場合にはまずYahoo! JAPAN IDの新規登録が必要になります。

PayPayの新規登録のためのYahoo! JAPAN IDの新規登録、となると完了までの道のりが遠くなってしまうので、人によっては一気にやる気がなくなってしまう可能性もありそうですが、私は幸い、普段からYahoo! JAPAN IDを利用しているので、そのままそのIDを使ってPayPayの新規登録が完了しました。

 

PayPayの支払い方法のデフォルトは「PayPay残高」

PayPayの支払い方法は、特に変更をしないでいた場合、「PayPay残高」に設定されています。つまり、チャージをしてその分だけ支払いに利用する、先払い方式です。

チャージの方法としては、「銀行口座」、「ヤフーカード」をメインとして、他に「Yahoo! マネー」、「セブン銀行ATM」、「ギフトカード」、「ヤフオク」、「ソフトバンク・ワイモバイルと連携」などから選択することができます。

個人的に毎回チャージを実行するのは非常に面倒なので、チャージをするならオートチャージがいいのですが、ヤフーカードは持っていないので銀行口座を選択する形となります。

すべての銀行でオートチャージが利用できるかは未確認ですが、万が一オートチャージが利用できない場合は、都度チャージをするか、別の方法を考える必要があります。

 

PayPayを利用する際の最も基本となる流れは、以上の通りですが、これではdカード GOLDが利用できません。

ということで、続けてdカード GOLDを利用する方法を模索します。

 

dカード GOLDをPayPayの支払い方法に設定することもできる、が・・・。

上記で説明したPayPay残高での支払いを実施する場合、通常決済分の付与ポイントが3%(10月以降は1.5%)なので非常にお得です。これに加えて、ヤフーカードからチャージをすればヤフーカードでもポイントが獲得できるので、4%(10月以降は2.5%)になる計算です。

ただ、今回はヤフーカードを作ることなく、あえてdカード GOLDで支払い設定しよう、という話なので、その場合にPayPayのポイント還元率はどうなるのかというと、9月中は0.5%、10月以降はポイント付与なしとなります。

お得さ激減です。10月からPayPayで実施される最大5%還元+消費者還元事業でさらに5%還元、最大10%還元の「まちかどペイペイ(第一弾)」においても、ヤフーカード以外の他社クレジット利用の場合のPayPay利用特典はなんと0になるなど、dカード GOLDをPayPayの支払いに設定した場合には、PayPayのお得さを全く享受することができません。

ゆえに、ドコモユーザーでdカード GOLDをお持ちの方がPayPayを利用する場合、お得さ重視ならあえてdカード GOLDは使わず、銀行口座からのオートチャージによるPayPay残高、もしくはヤフーカードを作ってのヤフーカードからのオートチャージが間違いなくお勧めです。

 

が、私のようにヤフーカードを持っておらず、なおかつチャージによる先払いがそもそも好きではないとか(使わなくなった時に残高が残ったまま忘れてしまったりするため)、PayPayはあくまでdカード GOLDによる「iD払い」「d払い」「dカード払い」のサブとしてのみ利用したい、という場合には、それほどPayPayの利用自体多くはならないと思います。

ですから、銀行チャージやヤフーカードを使うことはせず、あえてポイント還元は低いものの馴染みのあるdカード GOLD払いに設定するのもありではないか、と思いました

この場合も、とりあえずdカード GOLD決済分の1%のdポイントは付与されますから、最低限の還元はあります。まぁ、徹底的にお得さにこだわるならそれもどうかと思いますけどね。

どちらを選択するかは、人それぞれです。

 

dカード GOLDをPayPayに設定してみた

PayPayにおけるdカード GOLDの設定は簡単です。

「支払い管理」から「クレジットカードを追加」を選択し、あとは順を追って登録していくだけです。

 

 

登録が完了した後は、「支払う」ボタンを選ぶと、その中の「支払い方法」で支払い方法の変更ができます。

 

 

 

これだけで完了です。

 

これで、普段はdカード GOLDをメインとした「iD」、「d払い」、「dカード払い」を利用しつつ、そのいずれの支払い方法も見つからずPayPayのみ対応しているというケースに遭遇した場合には、dカード GOLD払いを設定したPayPayを使う、ということが可能になりました。

ますます現金を使うケースは減り、キャッシュレス利用率がまた一歩上がることになりました。

PayPay、設定してみるとこれはこれでありだな、と思いました。

 

本人認証未確認だと支払い時上限金額が少ない

上記、クレジットカード選択画面で、右側に「本人認証未確認」というオレンジのマークが出ているのが確認できると思います。

これは、不正利用やなりすましを防ぐための本人認証サービス(3Dセキュア)の設定がなされていない場合に表示されます。

未確認の状態だと、PayPayの利用上限額が、「過去24時間」および「過去30日間」で5,000円と設定されているため、つまりあっという間に上限に達してしまい、ほぼ使いものになりません。

もちろん、月5,000円以上使いすぎない方がいい、と考えているなら話は別ですが、基本的には本人認証を実施して、過去24時間の上限が2万円、過去30日間の上限5万円まで引き上げておいた方がいいでしょう。

 

方法としては、「本人認証未確認」部分をタップすることで設定に移ることができます。

 

 

dカード GOLDの、「インターネットショッピング本人認証サービス」を設定されている方は、そのままそのパスワードを入力するだけなので非常に簡単です。

 

 

あっという間に手続き完了しました。

もしまだ、インターネットショッピング本人認証サービスの手続きを完了させていないのであれば、この機会に設定しておくと安心です。

dカード GOLDをd払いの支払いに設定する方法の記事の中で、インターネットショッピング本人認証サービスの登録について解説しています。→「dカード GOLDをd払いの支払いに設定する方法

 

 

PayPayの設定が完了すると、緑色の文字で、「本人認証済」のマークが出てきます。これで安心です。

ちなみに、PayPayが定める特定条件を満たすと、青いバッジが表示されるそうです。その場合、上限額が25万円まで上がるということですが、その条件は開示されていません。

 

「まちかどペイペイ」にも負けない「d払い」

消費税増税が実施され、キャッシュレス決済が引き続き注目されています。

PayPayは「まちかどペイペイ」による「5%+5%で最大10%戻ってくる」という点を強くアピールしており、事実うまく利用すれば非常にお得だと思います。

ですが、ドコモの「d払い」の場合は実は、それ以上にお得な展開になる可能性があります。以下の通りです。

 

dカード GOLD決済分の1%。

d払い(街のお店)利用時の0.5%。

dポイントスーパー還元プログラムの最大7%。

dカードお支払割 5%還元キャンペーンの決済ポイントにプラスされる4%。

消費者還元事業の最大5%。

 

すべて重畳適用するので、非常に大きな還元率になります。

もちろん、dポイントスーパー還元プログラムの上限7%を満たすのはなかなか難しいとか、dカードお支払割には月あたりの進呈上限2,000ポイントという制限があったり、そもそもdカードお支払割適用対象は10月1日以降開始された「新ギガホ/新ギガライト」利用者に限られるとか、細かい注意点はあるため、人を選ぶ部分も確かにあります。しかしそれでも、非常にお得であるのは間違いありません。

利用場所の多さではPayPayに目が行きがちではありますが、ドコモユーザーでdカード GOLDを利用しているのであれば、まずはd払いからしっかり利用していくことを考えてみましょう。

d払いの支払い設定は、ポイント二重取りのためにdカード/dカード GOLDを必ず設定し、dカード GOLDをまだ利用されていない場合はそもそもそこから、準備を急ぎましょう!→「dカード GOLDをd払いの支払いに設定する方法

 



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.