ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

2019年冬春モデル ドコモ AQUOS(アクオス)情報

ドコモからAQUOS zeroは発売される? 機種変更したくなるハイスペックスマホ

更新日:

2018年10月3日、SHARPより最新スマートフォン「AQUOS zero(アクオス・ゼロ)」が発表されました。

最近SHARPは、日本の大手3キャリアの発表前に、自社で独自に新機種の発表を行うパターンになってきており、今回もそのパターンを踏襲したものと思われます。

おそらくは、ドコモでも2018-2019年の冬春モデルとしてAQUOS zeroは発売されるものと考えられます。

 

SHARPの公式サイトの紹介動画をみたのですが、これはかなり欲しくなりますね。かっこいいです。

2017年最も売れたAndroidスマートフォンであるAQUOSは、ここにきてさらにエンジン全開といったところでしょうか。

ドコモからの公式発表はまだありませんが、現時点での情報をまとめておきます。

※同時に発表されたAQUOS sense2についてもまとめておきました。→「ドコモでAQUOS sense2はdocomo with対応機種として発売されるか

AQUOS zeroは有機ELディスプレイの、6.2インチサイズとして世界最軽量!

まずは、以下のSHARP公式サイトのAQUOS zero紹介動画をみてみてください。

 

 

AQUOS R2から、またかなり変わりましたね。そして、今回のAQUOSは何よりかなりカッコいいです。まだ実機をみれていないので、動画や写真を見る限り、ということですが。期待大ですね。

やはりスマートフォンは、「このスマホ欲しい!」と思わせるデザインも大事ですよね。

 

AQUOS zero最大の特徴としては、ディスプレイサイズが6インチ以上で電池容量が3000mAhを超えるスマートフォンにおいて、世界最軽量(約146g)という点です。

ドコモの2018年夏モデルで言えば、docomo with機種のarrows Be F-04K、LG Style L-03Kとほぼ同じ重さです。

arrows Beは約5インチ、LG Styleは約5.5インチであることを考えると、6.2インチのAQUOS zeroがいかに軽いかがわかると思います。

 

AQUOS zeroはスペックもヘビー級

AQUOS zeroはスペックも非常に高いヘビー級のスマートフォンです。

夏に発売されたAQUOS R2はフラッグシップモデルでしたが、AQUOSとしては今回、続けてのフラッグシップモデルの登場ということになりそうです。

 

 

サイズ 約73×154×8.8mm
重量 約146g
OS Android 9.0
CPU
Qualcomm Snapdragon845(SDM845)
2.6GHz(クアッドコア)+ 1.7GHz(クアッドコア)オクタコア
Performance core 最大周波数(シングルコア):2.80GHz
Efficiency core 最大周波数(シングルコア) :1.77GHz
内蔵メモリ ROM 128GB(UFS Type)/ RAM 6GB
電池容量 3,130mAh
ディスプレイ 約6.2インチ WQHD+(1,440 × 2,992ドット)
有機ELディスプレイ
防水防塵
IPX5/IPX8/ IP6X
カメラ
アウトカメラ
有効画素数 約2260万画素 CMOS
インカメラ
有効画素数 約800万画素 CMOS

 

全体として非常に高いスペックを有しており、非常に期待が持てる機種と言えそうです。

 

独自のラウンドフォルムで美しいデザイン

今回、AQUOSとしては初の有機ELを搭載しており、パネル全体が緩やかにカーブする独自のラウンドフォルムを実現しています。

 

 

両サイドの曲線のイメージはGalaxyにも似ていますが、AQUOS zeroは両サイドだけでなく、全体が緩やかにカーブしているようです。

新しく、また美しいデザインですね。

 

そして、AQUOSもついに、有機ELとなりました。

薄くて曲げられるOLEDで、持ちやすさと薄さを追求したデザインを実現しています。自発光のOLEDは色ムラがなく、高いコントラスト比で高画質表現が可能ということです。

 

AQUOS史上最高のROM/RAMで格段に性能アップ

CPUには最新のクアルコムSnapdragon845を採用し、CPU性能とGPU性能、ともにAQUOS Rと比較すると30%アップとなっています。

複数アプリの起動でも処理落ちしない、高性能スマートフォンです。

RAM6GBを積んでいる機種はまだまだ少ないですが、AQUOSはついにここまで性能を上げてきた感じですね。

 

AQUOSの放熱設計とパラレル充電で快適利用

軽い薄いと言われているスマートフォンで、昔から気になるポイントとしてはやはり「発熱」の問題だと思いますが、AQUOSでは独自に培った放熱技術を採用しており、さらにAQUOSとして初のパラレル充電を搭載しました。

これにより、2つの充電ICで発熱源を分散し、充電時の発熱を抑えるので、充電しながらでも思う存分ゲームや動画などのコンテンツを楽しめるということです。

 

 

AQUOSの独自タッチチューニング技術も期待大!

AQUOS zeroでは、独自のタッチチューニング技術に加え、ディスプレイの湾曲した形状が指の動きにマッチするので、タッチ抜けで困ることがなくなるということです。

この辺りのタッチ感は、実際に実機をみて体感してみたいところですね。

 

AQUOS zeroのカメラにも期待!!

2018年夏モデルのAQUOS R2で、唯一不満を感じた部分がカメラでした。

もちろん不満と言っても基本性能は非常に高いのは間違いないわけで、あくまでGalaxyやP20 Proと比べて、ということだったのですが、そのあたりの差をどうにか縮めてきていると、よりAQUOS zeroは最強に近づきます。

 

カメラの画素数としては約2,260万画素で、今回はAQUOS R2に搭載されていたデュアルカメラは搭載されていません。シングルのカメラの高画質センサーと新画質エンジンにより、より鮮明な撮影が可能になっているそうです。

早く試し撮りしてみたいところです。

 

AQUOS zeroを購入するための準備をしておく

ドコモでAQUOS zeroが発売される可能性は限りなく高いと考えられますので、気になる方は購入のための準備をばっちりしておきたいところです。

機種変更時の注意点については、「機種変更の事前準備をまとめてみる」を参考にどうぞ。

より多くのdポイントを貯め、AQUOS zeroの購入時もdポイントをより多く獲得するため、dカード GOLDの準備がまだの方は早めに申し込みをして準備しておきましょう。→「dカード GOLDは本当にお得なのか

特にそこまでのスペックは求めていない、という方は、ドコモのお勧め格安機種も是非参考にどうぞ。

関連記事:「ドコモの機種変更にお勧め格安機種

 



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-2019年冬春モデル, ドコモ AQUOS(アクオス)情報

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.