ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモ光 ドコモのサービス情報の裏

ドコモ光更新ありがとうポイントをもらう方法

投稿日:

ドコモの「更新ありがとうポイント」のドコモ光版・「ドコモ光更新ありがとうポイント」が2018年9月より提供開始されると発表されました。

ドコモ光の定期契約プランを更新するたびに、dポイント(期間・用途限定)を3000ポイントもらえるという内容です。

現行の「更新ありがとうポイント」の内容をほぼ踏襲する形ではありますが、実際にどのタイミングでドコモ光を申込したユーザーが対象になるのかなど、具体的な内容を確認し、検証していこうと思います。


ドコモ光更新ありがとうポイントの概要

ドコモ光更新ありがとうポイントは、通常のドコモの「更新ありがとうポイント」と、仕組みはほとんど同じです。

対象となるのが、ドコモの契約なのか、ドコモ光の契約なのかという違いのみです。

ドコモ光を利用開始し2年の定期契約で利用した場合、利用24ヶ月目で2年定期契約が満了します。

その満了月の翌月および翌々月が契約更新期間となり、このタイミングであればドコモ光を解約しても解約金が発生しません。

更新期間中に解約を実施しなかった場合にはそのまま継続契約となり自動更新される形となります。

更新期間2ヶ月が終了した時点で、新たな2年契約期間に入ります。そしてこのタイミングこそが、ドコモ光更新ありがとうポイントを獲得・利用できる期間のスタートとなります。

 

 

ドコモ光更新ありがとうポイントは、通常の更新ありがとうポイント同様、もらえるポイントはdポイント(期間・用途限定)であるため、利用用途はやや限定され、利用期間は最大6ヶ月となります。獲得・利用期間が最大6ヶ月なので、早く獲得すればその分利用期間は長めにとれますが、逆に獲得するのが遅くなれば自動的に利用期間も短くなってしまいます。

また、更新ありがとうポイント同様、獲得に際してはユーザー自身でポイント獲得の申し込みが必要となるため、この点だけは忘れないようにしておく必要があります。

もし、獲得手続きを忘れてしまうと、せっかくもらえるドコモ光更新ありがとうポイントが自動的に獲得・利用期間をすぎて失効してしまいます。

 

ドコモ光更新ありがとうポイントのメリット

ドコモ光更新ありがとうポイントのメリットは一つだけ、ただひたすらにドコモ光を利用し続けることで、二年に一度、3000ポイントをもらえるという点です。

このプレゼントがあってもなくてもいずれにしてもドコモ光を継続利用していた、という人にとっては、現在は全くそういう仕組みは存在していないわけなので、単純に二年に一度のプレゼント分だけお得になります。

ちょうど2018年9月時点でドコモ光更新ありがとうポイントの提供対象となるユーザーは、2年前2016年1月2日から2016年7月1日までにドコモ光を契約したユーザーとなると考えられます。

以後、順次10月、11月、12月、という具合に対象ユーザーは拡大していきます。

 

ドコモ光更新ありがとうポイントの該当ユーザー

上記、少しわかりにくいと思うのでもう少し詳しく説明します。

ドコモ光は開通の翌月を1ヶ月目としてカウントします。ただし、開通日が1日の場合には当月が1ヶ月目となります。

そのため、2016年1月2日以降にドコモ光が開通したユーザーとは、2016年2月がドコモ光利用開始1ヶ月目となるユーザーです。

となると、24ヶ月後は2018年1月、その翌月2018年2月と3月が更新月、4月から9月までがドコモ光更新ありがとうポイントの獲得・利用期間です。サービス提供は2018年9月からですから、該当の2016年1月2日から2月1日までに開通したユーザーは、9月のみですが獲得及び利用ができる計算となります。

同じように、2016年3月に開通したのなら、4月が1ヶ月目、2018年3月で契約満了、4、5月が更新期間、6月から11月までが獲得・利用期間なので、実際に提供開始される9月、10月、11月の3ヶ月が獲得・利用期間となります。

ただ、実際にはちゃんと自分が対象になっているのか、微妙なラインの時期に契約した方は、プレゼント提供開始後、一度念のために確認しておくと間違いないと思われます。

 

ドコモ光更新ありがとうポイントのデメリット

今までもらえていなかったものがもらえるようになるのですから、基本的にはメリットばかりでデメリットは存在しません。

しかし、使い勝手の部分を考えた場合、通常のdポイントではなくdポイント(期間・用途限定)がプレゼントされるという点は唯一デメリットと考えてもいいかもしれません。

 

また、ドコモ光が提供開始されたのは2015年3月1日なので、その時期から2016年1月1日までにドコモ光を開通させたユーザーについては、既に更新期間を過ぎて次の2年の時期に突入しているため、長く利用しているにも関わらず次のタイミングまでドコモ光更新ありがとうポイントがもらえない形となってしまいます。

この点は、ドコモ光利用が逆に長いユーザーほど不満に感じざるを得ない点かもしれません。

 

とはいえ、長く使っているのに救済措置がないのもどうかと思いますので、今後サービス提供開始が近づくにつれて、そうした古参のドコモ光ユーザーに対する救済措置がとられることを期待したいところです。

 

dポイント(期間・用途限定)はどう使うべきか

ドコモ光更新ありがとうポイントでもらえる3000ポイントは、通常のdポイントではなく、dポイント(期間・用途限定)であるとされています。

有効期限にしろ利用用途にしろ、かなり条件が制限されてしまうので、注意が必要です。

せっかく獲得しても利用しないまま期間が切れて失効してしまっては何の意味もありません。

dポイント(期間・用途限定)の利用用途については別の記事にて解説していますので、そちらを参考にされてください。→「dポイント(期間・用途限定)とは何か/無駄にしない利用方法詳細まとめ

 

ドコモ光更新ありがとうポイントを獲得する方法

ドコモ光更新ありがとうポイントを獲得する方法は、現時点ではまだ発表されておらず、2018年9月、サービス提供開始後に発表されるということです。

ただ、通常の更新ありがとうポイントの獲得方法が、dポイントクラブから簡単に実施できたり、専用ダイヤルで手続きが完了できたりすることを考えると、ドコモ光更新ありがとうポイントも、大体似たような形で獲得することができるようになるのではないかと考えられます。

詳しい内容については、実際に公式発表された後に、追記しようと思います。

 

ドコモ光を申込するなら今がチャンス

まだフレッツ光を利用中だったり、これからドコモ光を新規契約する予定という場合には、今がチャンスです。

ドコモ光のdポイントプレゼント特典が継続していますし、人気の高速プロバイダーGMOとくとくBBでは大きなキャッシュバックキャンペーンも実施されています。→「ドコモ光のキャンペーンまとめ

ドコモ光の利用に対して。10%のポイントが還元されるdカード GOLDと合わせて、全体をしっかり効果的に利用していきましょう。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか



-ドコモ光, ドコモのサービス情報の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.