ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモ光

ドコモ光/So-netのv6プラス対応Wi-Fiルーター利用で快適ネットライフに!

更新日:

先日からの一連のドコモ光・プロバイダー変更の流れが、So-netでのv6プラス開始によってようやく完了しました。

結論から言えば、非常に快適です。

現状、大きな不満も何もなく、速度も安定しており、満足できるインターネット環境が出来上がりました。

これからドコモ光を新規契約しよう、またはフレッツ光から転用しようと考えている人に、確実にお勧められると確信しました。

そんな、So-netのネット環境や、BIGLOBEやGMOとくとくBBとの違いについて解説していきます。

関連記事:「ドコモ光は本当にお得なのか

v6プラスがあるかないかではあまりにも体感が違う

まず、これは最初に私がGMOとくとくBBでv6プラスを体感した時にも思ったことですが、v6プラスがあるかないかでは、通信環境の快適さがまるで違います

本当に全然違います。これは実際に体験してみていただくとわかると思います。

私はネット環境については結構『せっかちさん』なので、遅いと感じたり詰まりがあったりすると、割とすぐ気づいたり気になったりする方なのですが、だからこそv6プラスの効能がよく感じられます。

v6プラスを利用する前までは、それが当たり前だった、「若干の通信の重さ」、「時間帯による混雑感」が、スッとなくなってしまうんですね。本当にこれは心地いいです。

もちろん、最近はSo-netはじめ、v6プラスに対応していることが前提になっているプロバイダーも少しずつ増えてきていますので、初めからこれを利用した人にとってはそれが当たり前で、効果を実感することはできないかもしれませんが、少なくともv6プラスを利用していて、自宅でのインターネットの利用・Wi-Fi活用にあたって不満を覚えるシーンというのは、実際のところほとんどないのではないか、と思われます。

 

そうかなぁ、うちはちょっと遅いよ、という方は、まずは念のため本当にv6プラスになっているのかどうか、確認をしてみた方がいいかもしれません。

前回も紹介しましたが、こちらのサイトで簡単にチェックが可能です。→http://v6v4.net/

 

「v6プラスで接続しているか確認するにはこちら」を選んでみてください。問題がなければ以下のような表示が出るはずです。

 

 

もしこの表示が出ないようなら、v6プラスを利用している「つもり」になっていただけで、実際には申し込みされていないか、または申し込みはされていても設定が完了していないかのどちらかです。すぐに確認してみましょう。

 

So-netのv6プラス利用スタート

ということで、今回ようやく、So-netのv6プラスの利用をスタートすることができました。

ドコモ光の新規申し込み、または転用と同時にSo-netを申込しておけば、こんなに手間はかからなかったはずなのですが、今回私はBIGLOBEからの「プロバイダー変更」を実施したため、何かと手間取ってしまいました。

その経緯については、過去何回かに分けて解説してきたので、気になる方はそちらを参照ください。一応紹介しておきます。上の記事から時系列になっています。

 

ドコモ光/プロバイダーをBIGLOBEからSo-netに変更/一連の記事

 

まぁ、So-netのWi-Fiルーター無料レンタル方法以外は、ドコモ光新規契約の方にはあまり関係のない話だと思いますので、気になった方だけチラッと読んでいただければと思います。

ともかく、そうした経緯があっての、今回のSo-net・v6プラスの開通、というわけです。

現在利用しているSo-netの、無料のレンタルWi-Fiルーターはこちらです。

 

 

IOデータのルーターです。

So-netの場合、Wi-Fiルーターレンタル申し込みは、So-netからの用紙が送られてきたらすぐに実施することができるので、素早く手続きをすれば、実際にインターネットが利用できる工事日・開通日のタイミングでは既に手元に届いているケースがほとんどなのではないかと思われます。

設定方法がわからない場合はSo-netのフリーダイヤルにまで問い合わせてみてください。私もそうしました。それが一番早いです。

 

インターネットが無事つながったなら、先に説明したv6プラスの確認サイトでちゃんとv6プラスになっているかどうか確認して、問題がなければ完了です。

 

ブラウジングでは差は感じにくいが、大容量データのダウンロードでは違いが顕著

私の場合、v6プラス無しの状態で利用した際、午後9時前後くらいから「混んでるな・・・」と実感していたので、その改善は顕著でしたが、一般的には、ブラウジング(インターネットの通常利用)ではあまり速度の差というのは感じにくいと思います。

しかし、例えば大容量データのダウンロードの際などには、その速度の差が明確にわかります。

一つの例としては、dブックのデータダウンロードなどもそうですね。チマチマダウンロードしていたのが、サクッとダウンロードに変わります。まぁ、この場合の全体の時間としては数秒の差なので、そう変わらないんですけどね。これが動画などになると、また大きく変わってくると思います。

 

通信速度については、どうしても場所や時間や環境、チェック方法によっても大きく左右されるため、以前からあえて公表はしていません。とはいえ、一般的に言われる平均的な速度か、またはそれ以上出ているのは間違いありませんし、v6プラス利用前とv6プラス利用後では、確実に明らかな違いが出ます。

そういう意味で、これからドコモ光を検討される方は、絶対的にv6プラス対応のプロバイダーを選択した方がいい、と断言できます。

そしてプロバイダーはどこでもv6プラスに対応しているわけではありませんので注意しましょう。

 

 

v6プラス対応プロバイダー3社を使ってみてのお勧めと注意点

So-netでのv6プラス利用を無事達成できたことで、これで合計3社、ドコモ光におけるv6プラスを体験してみたことになります。

まぁ、大きい枠で見た時の利用間の違いはそう大きくなくて、例えばインターネットやWi-Fiを利用してみて、これがSo-netですか? BIGLOBEですか? と聞かれてもおそらくわかりません。

長期で利用してみたら、なんとなくの癖はわかるかもしれませんけどね。

 

しかし、これからドコモ光のv6プラス対応プロバイダーを選択しよう、という場合にはお勧め注意点は明確に存在しますので、その点についてご案内していきます。

 

まず、インターネットを利用した際の感覚がv6プラス同士ではそう大きく変わらないのであれば、何か別の要素で比較する必要があるわけです。その別の要素で現在最も大きく影響するのが、そうです、キャッシュバックです。

これしかないですよね。サービスがほぼ同じならキャッシュバックが大きいところで契約したいに決まっています。

 

では、このキャッシュバックが大きいプロバイダーはどこか、というと、現在So-net、そしてDTIオプション等の条件なしで15,000円のキャッシュバックを実施してくれています

GMOとくとくBBにもキャッシュバック最大15,000円がありますが、最大でキャッシュバックを受けるためには、ドコモ光電話バリューの申し込みが必要です。

ドコモ光電話、じゃないですよ、ドコモ光電話バリューです。今時固定電話を利用する人も少ないのに、ドコモ光電話バリューはさすがn大半の人は必要ないと思います。つまり、最大キャッシュバック獲得までのハードルが高いのでお勧めできません。→「ドコモ光電話/ドコモ光電話バリューのメリットデメリット

 

では、So-netとDTIどっちがいいのか、という話ですが、DTIは私が利用したことがないのでわかりません。なので、現状私はSo-netをお勧めします。まぁ知名度もSo-netの方がありますし、Xperiaユーザーの方などは特に、同じSONYの方が気分的に安心できると思いますしね。

以下、簡単に各プロバイダーのメリットデメリットをまとめてみました。

 

メリット デメリット
So-net ・オプションなし15,000円キャッシュバック
・契約後のフリーダイヤルあり
・解約時のルーター返却は返送キットを送ってくれる
・LINEでのサポートがある
・カスペルスキーセキュリティが最大24ヶ月無料
・申し込み時、不明な点をチャットで問合せ可能
・レンタルWi-Fiルーター利用時、設定が必要
・無料訪問サポートはあるが、キャッシュバックとどちらか選択
GMOとくとくBB ・条件あり最大15,000円キャッシュバック
・レンタルWi-Fiルーターの設定不要
・無料訪問サポート利用可能
・マカフィーマルチアクセスが最大1年間無料
・キャッシュバック最大額を受けるには条件あり
・契約後の問合せ窓口がナビダイヤル
・解約によるルーター返却は自分で
BIGLOBE ・契約後の問合せフリーダイヤルあり
・訪問サポート初回無料あり
・ネット安心パック最大12ヶ月無料
・解約時ルーター返送費用が、1300円かかる
・キャッシュバックがない
DTI ・オプションなし15,000円キャッシュバック 不明

 

GMOとくとくBBの非常に便利な点としては、レンタルした高速Wi-Fiルーターの設定が不要、という点ですね。すぐにつながります。

So-netはWi-Fiルーターの設定が必要なので、そこが若干残念でした。まぁその分、電話窓口はちゃんとフリーダイヤルで存在していますし、チャットやLINEでもわからない点はサポートしてくれるので、これは非常に便利です。ルーター返却時も返送キットが送られてくるので安心です。

GMOとくとくBBはその辺り、つまり契約後のサポートがやはり弱い印象で、何故か問合せ窓口にドコモユーザーとしては印象の良くないナビダイヤルが利用されていたり、解約後はルーターを自ら返却しなくてはいけなかったりと、細かい点が残念な印象です。

特に不満だったのはナビダイヤルです。ナビダイヤルはカケホーダイで無料になりませんからね。問合せの電話で通話料がかかるのは大きなマイナス要素だと思います。

 

BIGLOBEについてはそもそもキャッシュバックがないので論外ですが、Wi-Fiルーターのレンタル無料がいつの間にか始まっていました。私はずっと有料で支払っていましたが・・・。

通信環境も悪くなく、サポート等は非常に良かったと思うのですが、解約時のルーター返送費用に1,300円を取るのは、地味ですがかなり微妙な感じですね。そこは無料にしてもらいたいところです。

 

ということで、総合的に考えて、現状So-netの優位は動きません。確実にWEB申し込みしてキャッシュバック15,000円をもらいましょう。

 

ドコモ光のキャンペーン&dカード GOLDで最高にお得に

ということで、ドコモ光を改めて契約検討する、という方はこれから新年度に向けてますます増えてくると思います。

そんな時にプロバイダーの選択を間違えてしまうと、速度が遅かったりサポートが悪かったりもらえるはずのキャッシュバックがもらえなかったりと非常にもったいないので、しっかり初期の段階で確認した上で申し込みしていくようにしましょう。

 

ドコモ光のキャンペーンとしては、2019年5月6日まで、ドコモ光新規工事料無料キャンペーンが実施されていますし、dポイントプレゼント特典も合わせて継続中です。必ず活用していきましょう。

 

また、ドコモ光分の料金が10%還元される、dカード GOLDの存在も忘れてはいけません。10%の還元ということは、戸建タイプで年間6,000円分もの還元額になりますので、これは見逃せません。

ドコモ料金分への10%還元や、通常利用に対しての1%ポイント還元、年間利用額特典としての最大2万円分の特典、そしてこれから実施されるであろう消費税増税におけるキャッシュレスでのポイント還元も含めて考えると、圧倒的にお得になります。

まだお持ちでない方も、ドコモ光と合わせて早めに用意しておきましょう。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-ドコモ光

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.