ドコモ光

ドコモのhome 5G/home 5Gプランをわかりやすく解説

投稿日:

2021年8月、ドコモより新たに「home 5G」が開始されます。

 

 

home 5Gは、設置工事が必要がなく、対応機種「HR01」を自宅のコンセントにさすだけで、ドコモの5G/4Gの電波を利用してWi-Fi環境を作り出すことができるというサービスです。

ソフトバンクに「SoftBank Air」という通信ツールがありますが、イメージとしてはこれと似たものと考えればわかりやすいかもしれません。

実際にソフトバンクエアーについては私自身利用してみたことがありますが、通信が遅すぎて全く使い物にならなかったのですが、ドコモのhome 5Gでは、その名の通り5Gにも対応しているため、その弱点が解消されたまったくの別物と言えます。

具体的な料金プランや割引、仕様などを解説していきます。

 

home 5Gのメリット

home 5Gの特徴をまとめます。

 

・設置工事不要ですぐに使える。

・高品質なドコモの5Gネットワークに対応。

・月額4,950円(税込)で無制限使い放題。

・「ドコモのギガプラン」とセットなら、「home 5Gセット割」でスマホの料金がお得に。

・キャンペーンでドコモオンラインショップからの申し込みなら15000ポイントがもらえる。

 

設置工事不要/引っ越しが多い人に最適

テレワークも増えている昨今、自宅のWi-Fi環境は必須になってきていますが、光回線は工事が必要なため、引っ越しをした場合には移転手続きをしたり工事のやり直しをしたりと、何かと面倒な部分も多いです。

そんな時に、home 5Gであれば、コンセントに挿すだけでWi-Fi環境を簡単に作り出すことができるので、非常に便利です。

特に引っ越しが多い仕事をされている方には最適のアイテムと言えます。

 

ドコモの5G/4Gに対応

home 5Gは、ドコモの5Gネットワークに対応しているため、光回線に勝るとも劣らない通信速度で快適に利用することができます。

また、5Gがまだ自宅に届いていない場合でも、4Gにも対応しているため、安心して使えます。

 

月額4,950円のhome 5Gプラン

home 5Gを利用する場合、home 5G用の料金プランとして「home 5Gプラン」が用意されています。

料金は月額4,950円(税込)で利用できるので、ドコモ光(戸建)と比較すると、より安く設定されています。

そして、さらに非常にお得な内容として、home 5Gセット割が用意されています。

 

ドコモのギガプランならhome 5Gセット割

ドコモのスマートフォンの契約がある場合、「home 5G セット割」が適用され、「ドコモのギガプラン」の月額料金から最大1,100円割引きが適用されます。

しかもこの割引、「home 5G」 契約者と同一「ファミリー割引」グループ内の「ドコモのギガプラン」を契約している家族全員のスマホ1回線ごとの月額料金からの割引、とされているため、仮に家族3人がギガホプレミアを利用している場合、それぞれ1100円、合計3300円が割引されることとなります。

そのため、home 5Gの月額料金4950円(税込)からは割引はないものの、ドコモのスマホを含めたトータルの料金では、利用プランによっては事実上非常に安い料金で利用することも可能となります。

 

プラン名 home 5Gセット割 割引金額
ギガホ/5Gギガホ
ギガホプレミア/5Gギガホプレミア
-1,100円
ギガライト
5Gギガライト
ステップ4(~7GB) -1,100円
ステップ3(~5GB) -1,100円
ステップ2(~3GB) -550円
ステップ1(~1GB)

※すべて税込み価格

 

なお、ahamo(アハモ)利用の場合には、セット割引はありませんので注意しましょう

 

home 5Gの申し込みはドコモショップやオンライン

home 5Gの申し込みチャネルは、ドコモショップ、量販店、ドコモオンラインショップなど、それぞれ用意されています。契約すると即日利用することができる、という点が何より大きなメリットです。

ドコモ光はじめ光回線のように、申し込んで開通まで一ヶ月や二ヶ月かかる、などということは全くありません。

 

home 5G対応機種「home 5G HR01」

 

home 5G用の対応機種として、「home 5G HR01」が発売されています。

仕様は以下の通りです。無料提供、またはレンタルが用意されていれば嬉しかったのですが、「home 5Gの利用には対応製品の購入が必要」となり、選択肢は購入のみです。

一括購入だと39,600円とかなり高めですが、36回分割にすることで月々の支払いは1,100円となり、さらに月々サポートが毎月1100円かかるため、36ヶ月利用すれば端末代金は実質無料となります。

同梱品としては、ACアダプタと試供品のLANケーブルが付属しています。

端末内にSIMカードが挿入されていますが、専用プランのSIMカードなので、スマホに挿し直して利用することはできません。

 

通信 5G:受信時最大4.2Gbps/送信時最大218Mbps
4G:受信時最大1.7Gbps/送信時最大131.3Mbps
サイズ 未定
重量 未定
無線LAN規格/最大伝送速度(規格値) IEEE802.11a/54Mbps
IEEE802.11b/11Mbps
IEEE802.11g/54Mbps
IEEE802.11n(Wi-Fi 4)/300Mbps
IEEE802.11ac(Wi-Fi 5)/867Mbps
IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)/1201Mbps
2.4GHz帯/5GHz帯対応
有線LAN IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
同時接続台数 65台(Wi-Fi:64台/有線LAN:1台)
かんたん接続機能 WPS、QRコード接続
電源 100-120V、50/60Hz
消費電力 未定
本体付属品 ACアダプタ、LANケーブル(試供品)
連続通信時間(5G/PREMIUM 4G/LTE) ―(専用ACアダプタ駆動)
WORLD WING
USBテザリング

 

Wi-Fi接続での通信速度

home 5G HR01と、それに接続するスマホやタブレット、パソコンとの間の通信速度は、Wi-Fi6/ビームフォーミング対応で、Wi-Fi接続の場合、最大1.2Gbps、有線LAN接続では最大1Gbpsとなります。

十分すぎる速度です。

どちらかというと、5Gエリアがいつ自宅まで届くようになるのか、5Gに対応しない場合の4Gで利用した場合、どれくらいしっかり電波を掴めるのか、4G利用時の受信時最大1.7Gbps/送信時最大131.3Mbpsという理論値と実際の速度間でどれくらいの差があるのか、などが気になるところです。

 

home 5Gパックでケータイ補償とネットワークセキュリティ

home 5Gの開始に合わせて、新しく「home 5Gパック」が提供開始されています。

対応機種(HR01)の故障・水濡れなどを補償してくれる「ケータイ補償サービス」と、パソコン向けセキュリティ対策機能を提供する「ネットワークセキュリティ」をセットにしたパックプランです。

月額使用料は税込み770円です。

まぁ、ここは考えものです。自宅据え置きのルーターですから、そうそう故障することはないと思いたいところです。

 

ドコモオンラインショップ申し込みで15000ポイント

home 5Gのドコモオンラインショップ申し込みキャンペーンにより、15000ポイントがもらえます。

もらえるdポイントはdポイント(期間・用途限定)で、有効期限は進呈月含む6ヶ月です。

進呈タイミングについては、進呈条件を満たし、「home 5Gプラン」のdアカウントを発行した月の翌々月ということです。dアカウントは、ドコモオンラインショップで購入した場合、購入の際に自動発行されるということです。

ドコモオンラインショップの申し込み窓口はこちら→ドコモオンラインショップ

home 5Gはドコモ光の代わりとして利用できるのか

もし、home 5Gがドコモ光の代わりとして利用できるのであれば、特にドコモ光(戸建)の場合には料金も安くなりますし非常に手軽になるため乗り換えも検討余地があります。

ただ、そのためにはとにかく自宅が5Gエリアになることが大前提です。4Gのみだと、私がソフトバンクエアーで体験したような、残念な結果になりかねません。→「ドコモ光とソフトバンクエアーを比較してみたらあまりの違いに驚いた話

そういう意味で、日本全国的にみると、まだしばらくは対象となる方は限られそうです。既にドコモ光利用中なのであれば、あえて乗り換えをするメリットは低いと言えます。

 

ただ、これから新たに自宅にWi-Fi環境を作りたいと考えている場合には、十分検討余地があります。工事なし、即日利用可能というメリットは非常に大きいですし、引っ越しにも強い点も考慮すれば、大きな魅力があります。

今から契約を考えており、しばらくは4Gの速度でも問題ない、という方は、ドコモ光とどちらがいいか、比較して考えてみましょう。→「ドコモ光は本当にお得!? 詳細解説

 

home 5Gには設置場所縛りはあるのか

ドコモのhome 5Gと似たサービスである、ソフトバンクエアーには、利用時の大きな注意点として、「設置場所縛り」があります。

つまり、コンセントに挿すだけで利用できるサービスではあるものの、どこにでも持って行って使っていい、というわけではなく、あくまで契約住所内でのみ利用可能、という条件があるわけです。

もし、自宅と外出先に持ち運びして定期的に場所を変えてhome 5Gを利用したい、という使い方を考えている場合、こうしたソフトバンクエアーのような縛りがhome 5Gにはないのか、念のため確認しました。

その結果、契約時に設置場所住所の入力が必要であり、なおかつhome 5Gも設置場所住所でのみの利用に限る、ということでした。

設置場所以外で利用した場合には、事前通知の上、利用が中止されるということです。自宅から友人宅に持ち運んでの利用、のような使い方はできませんので注意しましょう。ちなみに私はソフトバンクエアーでこの使い方を試したことがありますが、普通に警告が送られてきました。利用場所のデータは、運営側に伝わる仕組みになっているそうです。

なお、設置場所は契約者住所以外でも設定可能であり、設置場所に居住している証明書の提出は不要です。月一回、設置場所については変更手続きを取ることも可能です。

 



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLDを含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 そしてdカード GO ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモ光

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.