ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

新機種購入する前に

機種変更は何年に1回? スマホの寿命と買い替えタイミングを考える

投稿日:

そろそろ機種変更でも・・・と考える時に、実際自分自身今のスマートフォンを何年利用したか、正確に覚えているでしょうか。

この記憶が意外にあいまいなケースが多く、実際に調べてみると「えっ、まだそれくらいしか使ってないの?」という人の方が多いようです。

そのため、一般的にスマートフォンは、自分の感覚で3~4年程度使っているくらいの気分になって初めて、ようやく割賦が終了する2年くらいと考えるとちょうど計算が合うのかもしれません。

しかし、決して安くないスマートフォンなのですから、2年と言わず3年でも4年でも、使える間はできる限り長く使いたいという人も少なくないと思います。

では一つのスマートフォン/iPhoneを、大体どれくらいの年数利用し続けることができるのでしょうか。また、買い替えの最良のタイミングはどう考えればいいのでしょうか。

検証してみました。

関連記事:「ドコモの機種変更にお勧め格安機種


初期のスマートフォンは買い替えスパンが短かった

ドコモはソフトバンクやauよりもiPhoneの取り扱い開始がかなり遅かったため、スマートフォン普及時にはAndroidスマートフォンのみで戦いを挑んできました。

もちろん不利な戦いだったわけですが、それに加えてまだまだAndroidスマートフォン自体が、初期の頃はまさに発展途上の段階にあり、今では到底考えられないようなスペックしかなく、電池は持たず動作は遅く、不具合等も非常に多かった、という状況が長く続きました。

そのため、「調子が悪い=故障」ではなく、どちらかというと「調子が悪い=スペック不足」というケースがあまりにも多かったため、故障と思われるような症状が出た場合には、修理に出したり交換したりしてもらっても結局改善しないということも少なくありませんでした。

そうなると、結論としては故障というよりもスペックが不足していて起こる症状なので、性能の高い新機種に買い替えた方がいい、という話になったわけです。

 

とにかくその当時、私もよく耳にしたりネット上で見かけたりした不満で多かったものとしては、フリーズする電源断再起動する、というようなものが多かった記憶があります。今ではほとんどありませんよね。

フリーズも電源断再起動も、基本的にはメモリ不足によって引き起こされてしまう症状なので、そもそもアプリをインストールすることもほとんどできない、ということもありました。

仮にインストールはできても、高容量のアプリを数個インストールするとすぐに限界で動作はガタガタ、というケースも多かったです。

 

そうした理由から、その当時の買い替えスパンは基本的には短く、その代わり買い替えた場合の性能の向上具合が非常に大きい、という状況でした。モデルごとにどんどん性能が高く安定してきていたので、基本的には買い替えれば買い替えるほどいい端末に巡り合う可能性が高かったわけです。(※もちろん例外もありました)

 

最新スマホは寿命が長く長期利用が可能

それに比べて最近のスマートフォン事情としては、まずドコモでも既にAndroidと比べて安定感の高いiPhoneの取り扱いが開始されていますし、仮にAndroidスマートフォンを選択したとしても、もう完全に性能としては安定期に入っており、逆に新モデルが登場しても性能の向上度が以前と比べるとかなり小さく、一年前の機種でも十分現役で利用できる、という状態になってきています。

そのため、逆に買い替えをする理由があまり見当たらなくなりつつあるわけです。

当然のことながら、買い替えの最大の動機は故障だったり何らかの不具合や不満などが主たる要因になるわけで、それが引き起こされる可能性が劇的に下がった今、機種変更をあえて1年に一度、2年に一度など律義に実施する必要性はほぼなくなったのです。

よって、以前は二年スパンでの買い替えが最もお勧めだったのですが、最近のトレンドはスペックの高い機種を購入したなら、あとはその機種をできる限り長く利用していくという方向性に切り替わっています。

 

また、docomo withの登場も、今後はますます買い替え控えに拍車をかける可能性が考えられます。→「docomo with(ドコモウィズ)は本当にお得なのか

docomo with対象機種を購入したら、毎月1500円が割引されるのですが、この効果を最大限享受したいと考えるのであれば、以後極力端末購入を控えながら、3年でも4年でも、できる限り長く利用することで、コストパフォーマンスを最大化できるためです。

 

docomo withにはハイスペック最新端末がないという弱点もあるため、ここで大きくdocomo withを選ぶグループと最新iPhoneや最新Androidスマホなど、ハイスペック機種を選ぶグループの二つに分かれると思うのですが、いずれにしても買い替えスパンは長くなる傾向が強まっているのは間違いありません。

今後は一つの端末を長く利用することを前提に、様々な方向性を検討する段階に入っていくのかもしれません。

 

1年で機種変更する人々

では、今現在の状況において、1年で機種変更する人たちとはどういう人たちなのでしょうか。主に三つのパターンが考えられます。

 

1.前回端末購入サポート適用機種を購入している人

2.スマホやiPhoneの新機種に目がない人

3.利用している機種によほど強い不満がある人

 

前回機種購入時に、端末購入サポート適用機種を購入している場合、機種変更の事実上の縛りが正味14ヶ月しかありません。

端末価格が比較的安くなっているはずなので一括購入されているケースも多く、仮に割賦購入していても、それはそのまま残り約1年継続しながら新しい機種の割賦を組むこともできます。

そうした特徴から、約1年弱での買い替えが非常に実施しやすい条件がそろっているわけです。

ただし、そのことを実際に自分で把握していて、その上で1年弱で機種変更する人はあまり多くないと思われます。どちらかというと、1年弱のタイミングで端末の調子が悪くなったりして、修理か機種変更を検討してみたら意外に条件が揃っていて修理よりも機種変更を選ぶ、というケースが多くなる可能性が考えられます。

 

二つ目のパターンは、とにかくスマホやiPhoneを愛し、新機種に毎回必ず注目している人々です。いわゆるいい意味で「オタク」や「マニア」と呼ばれる人たちです。

当然のことながら1年弱で買い替えをすれば、端末費用がかさみます。しかし彼らにとって、そんなことは百も承知です。かかる費用よりも、自分の好奇心を満たすことを優先します。そのため彼らは常に最新機種を所有しており、周囲の人たちに貴重な情報を提供してくれる頼もしい存在となります。

 

三つ目は、一年弱で買い替えをすることで発生する費用的なデメリットを理解してもなお、買い替えたいと強く望む人たちで、得てして現行機種に強い不満を持っています。修理してもなかなか症状が改善しないとか、完全に考えていたのと違った、AndroidスマホにしてみたけれどやはりiPhoneが良かった、というようなケースがありえます。

 

2年で機種変更する人々

2年という期間は、多くのケースで現実的に機種変更を実施することができるようになるタイミングであるため、2年経つのを待っていた、という人も少なくなく、このタイミングでの機種変更を選択している人も少なくありません。

2年が経過すると、割賦代金や月々サポートが終了することによって、月々の料金が今までと変わってくるケースが多いわけです。

料金が変化したことで、「何かが変わった?」と感じ、料金の見直しをする過程で2年経過していたことを知り、それならついでに機種変更を、という人も少なくないでしょう。

もちろん特にそうしたきっかけがなくとも、ケータイ各社が昔から実施してきた「2年縛り」の効果が表れているのか、無意識的に「2年経ったら買い替え時期」と思い込んでる人もたまに見かけます。

ただ、現在は特に2年経ったからといって、早々に機種変更しなければならないようなことはありません。

むしろ、まだ使える状態なのであれば、できる限り長持ちさせた方が、特にdocomo with機種を利用しているのであればお得になります。

 

3年4年、それ以上使い続けて滅多に機種変更しない人々

元々そんなにケータイやスマホに興味がなかったり、最低限とりあえず使えてさえいればいい、という人たちも実はかなりの人数存在します。

そういう人たちは、滅多に機種変更はしません。逆に、機種変更をすることによって使い方が変わってしまうのを恐れている人も少なからずいます。

とはいえ前述したとおり、昨今のスマホの性能は格段に向上しており、3年、4年、5年と利用しているからと言って、何も焦って機種変更する必要はありません。

そもそも、つい最近docomo with対象機種に追加されたiPhone 6sは、既に3年前の機種です。それでも十分現役として、最新のAndroidのdocomo with機種にも全く引けをとらない性能を持っています。

ただし、4年近く機種変更をしない場合には、また別の点に注意する必要があります。それは、dポイントの失効についてです。

 

長期利用ユーザーがdカード GOLDで貯まるdポイントを無駄にしないコツ

機種変更を長く実施せずに長期同じ端末を利用しているユーザーのdポイントにおける注意点をご案内しておきます。

dポイントが劇的に貯まるdカード GOLDを利用している場合、特に意識しておいていただきたい点です。

 

基本的にdカード GOLDを所有している場合、頻繁に機種変更するよりも、機種変更をあまりしないという場合の方が、月々サポートが適用される期間があまりないことによって、ポイント付与対象料金が上がるため、ポイント還元においては有利となります。

ただ、通常は機種変更時に利用されることが最も多いと思われるdポイントを消化するタイミングが、機種変更しないことによりなかなかやってこない、ということになります。

dポイントは「獲得した月から起算して48か月後の月末」までが有効期限とされていますので、さすがに普通は失効してしまうことはまずないと思いますが、機種変更をそれこそ5年、6年もしないということであればとにかく別にポイントを利用していかないと、非常に勿体ないです。

dポイントは、ドコモの機種変更以外にも、ドコモの利用料金に充当したり、ローソンやマクドナルドで利用したり、dマーケットで利用したりと様々な活用方法があります。

もし長期で機種変更をしない、という場合には、忘れずに定期的に利用していくようにしましょう。

関連記事「dカード GOLDは本当にお得なのか」にて、dポイントが貯まったあとの使い道についても解説していますので参考にどうぞ。

 

機種変更の最適なタイミングとは

結論として、現在の状況においては、数年前よりもはるかに、スマホの長期利用は実行しやすくなった、ということが言えます。

そのため、一つの目安としての2年を経過したとしても、必ずしも機種変更を考えなければならないわけではありません。

むしろ選択する機種によっては、「2年前に買った機種とそう変わらなかった」という意見をもってしまうケースも出てくる可能性があります。例としては2年前のハイスペック機種からdocomo with機種への機種変更などで起こりがちですね。

長く使えそうなら長く利用してみてもいいと思います。

 

ただ、機種変更について、今も昔も全く変わらないことがあります。

それは、身もふたもないようですが、買い替えたくなったらそれが機種変更の最適なタイミング、ということです。

万人に共通する最適なタイミングというものは存在しませんので、自分の状況に合わせて、今ここで替えなければならない、買い替えたいという強い欲求を感じたのであれば、深く考えずに素直に機種変更してしまうのがお勧めです。→「機種変更の事前準備をまとめてみる

もちろん、年間スケジュールに当てはめた場合のタイミング的な問題はありますが、それもあくまで参考程度に考えておき、あとは自分のタイミングで実施するといいと思います。→「初心者が陥る買い替えてはいけない月とは

 

コスト的に有利なdocomo withには、iPhone 6sが追加されて選択の幅が広がりました。

手数料完全無料、頭金なし、手間暇なしで非常にお得なドコモオンラインショップを有効活用して、まずは次の機種の下見から始めてみましょう。

関連記事:「ドコモオンラインショップでの機種変更/購入がリアル店舗より圧倒的有利な件



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-新機種購入する前に

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.