ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

2019年夏モデル ドコモ Xperia(エクスペリア)情報

Xperia 1(エクスペリア・ワン)はドコモ2019年夏モデル! 実際触ってみた感想評価

投稿日:

ドコモから、新機種・Xperia 1 SO-03Lが発表されました。

既に他キャリアから発売が発表されていたため、ドコモでも確実視されていましたが、無事発売が決定しています。

詳細スペックと、実際に触ってみた感想も合わせて解説していきます。

関連記事:「ドコモ 2019年夏モデル・新機種の選び方

Xperia 1は世界初、21:9 CinemaWide 4K HDR OLEDディスプレイ

 

SONYから発表されたXperia 1(エクスペリア・ワン)最大の特徴は、世界初の21:9 CinemaWide 4K HDR OLEDディスプレイです。

横長の映画、シネマスコープサイズとほぼ同サイズのディスプレイで、ほぼ画面ぴったりでそうした映画を視聴することができるディスプレイとなっています。

 

 

ちなみに、Xperia XZ3のサイズがこれです。

 

 

横幅はほぼ変わりませんが、縦が9mmも長いです。

ちなみに、現在ドコモで最大サイズのGalaxy Note9よりもさらに縦は5mm長いです。横は3mm短いので、Note9よりあるいは持ちやすいかもしれません。本当に細長いスマートフォンです。インチ数で言うと、約6.5インチです。もうファブレットなのかスマホなのか、というサイズですね。

デザインは写真を見るとわかる通り、背面が以前のようなフラットなデザインに戻されています。

曲線デザインはXperia XZ2ではやや不評でしたが、Xperia XZ3では薄型化に成功して人気を取り戻した感がありましたので、ここで戻すのはもったいないような気がしないでもないですが、個人的にはやはりXperiaはフラットな背面の方がカッコいいと思うので、これは嬉しい変更です。

 

「4K」スクリーンによるフルHDの4倍の精細なディスプレイ、「HDR OLED」モバイルスクリーンによる明瞭なコントラスト、「X1 for mobile」による優れた処理と描写によって、過去最高のXperia 1のディスプレイは成り立っています。

ちなみに、4K(1644×3840ピクセル)有機ELディスプレイのスマートフォンは世界初、ということです。

また、縦長のディスプレイはマルチタスクにも最適で、二つのウィンドウを同時に見るのにも適しています。

 

21:9マルチウィンドウで広がるXperia 1の使い勝手

Xperia 1の21:9ワイドディスプレイは、動画視聴の際のみならず、通常利用時にも活躍します。

例えば、気になっていたYoutube動画を見ながら友達とSNSをしたり、資料を確認しながらメールを打ったり、英語の記事を読みながら辞書アプリで調べたり、などなど2つのアプリを同時に操作することが可能な上に、画面が大きいために違和感なく同時利用が実現できてしまうというわけです。

また、21:9マルチウィンドウは使い方も非常に簡単で、ホーム画面にあるアプリを起動して立ち上げることもできますし、サイドセンスから起動したり、Googleアシスタントを活用したりすることもできます。

「新しい機能は使い慣れないから結局使わない」という人も少なくないでしょうが、21:9マルチウィンドウは、起動が簡単なのですぐに使えて日常的な利用に昇華していくのもそう難しくないはずです。

Xperia 1の楽しみな機能の一つ、というとことができます。

 

Xperia 1は、Xperia初のトリプルレンズカメラ搭載

 

今回、何よりXperia 1を見て真っ先に目を引かれるのは、やはり縦に3つ並んだ、トリプルレンズカメラです。

トリプルカメラ、と言えばドコモでは2018年夏モデルとして発売された、HUAWEI P20 Proの記憶が新しいところです。Galaxy S9+やNote9と並ぶカメラの性能の高さでした。現在も販売中です。→「HUAWEI P20 Proのトリプルカメラに大注目!

 

Xperia 1のトリプルレンズカメラは、26mmの標準レンズ、52mmの望遠レンズ、16mmの超広角レンズを備えており、光学2倍ズームをはじめ、様々なシーンでの美しい写真の撮影を可能にしてくれます。

それぞれのレンズが12MP(約1,200万画素)で、Xperia XZ3のメインカメラの19MP(約1,920万画素)からするとやや控えめな数字になりましたが、画素数だけで写真の美しさが決まるわけではないので、あまり気にしなくてもいいでしょう。最新Xperiaですし、旧機種より出来上がってくる写真の質が落ちることはないと思われます。

画像処理エンジンも新しく「BIONZ X」が採用され、他にもスマートフォンとしては世界初の「瞳AF」が採用されています。被写体の人の瞳にピントを合わせることで、ピントのずれのない写真を撮影してくれます。SONYのデジタル一眼「α(アルファ)」で培われた技術がそのままスマートフォンでも採用されたカタチです。

さらに、デュアルフォトダイオード技術を利用することで、暗い場所でのオートフォーカスの速さも向上しています。

 

高速CPUと6GBのRAMでハイパフォーマンスを実現しているが・・・

Xperia 1のCPUにはクアルコムのSnapdragon 855が採用され、RAMは6GBROMは128GBです。

この辺りの処理性能が高いと、価格も同時に跳ね上がるため、この時点でどう考えても価格が安いはずがない、という予感が漂っています。

処理性能は抜群によくても、高コストの不安があると、新料金プラン・ギガホ/ギガライトという分離プランが今後メインになってくる状況で、手を出しにくい価格水準になることが予想されます。

これからは、今まで以上に性能が良ければそれでいい、というものでもなくなり、価格にもこだわっていかなければならないという、難しい状況になってきそうです。

もちろんこの辺り、Xperia 1の性能の高さとは何の関係もなく、あくまでドコモのプランとの兼ね合いの問題なのですが、いい機種なのに価格の問題で一部のユーザーしか買えない、ということであれば、あまりに寂しい話になってしまいますので、懸念されるところですね。

月々サポート、端末購入サポートに変わって開始される、スマホおかえしプログラムの活用が必須になってきますね。→「ドコモのスマホおかえしプログラムの詳細内容を解説

 

Xperia 1には「サイドセンス」も健在だが・・・

Xperia XZ3で初登場した「サイドセンス」は、Xperia 1にも搭載されています。

サイドセンスについては機能の特性上、実際に触ってみないとどれくらい使い勝手が向上したかはわかりにくいと思っていたので、実際に確認してみたのですが、正直イマイチでした。あまり、操作性は改善していないように感じました。

今回も、サイドセンスは便利な反面使い勝手という点ではまだまだ改善の余地あり、という評価になってしまいそうです。

 

より洗練されたデザインと復活した電源キー部の指紋センサー

 

前述したとおり、Xperia 1のデザインは、従来のXperiaのフラットな背面デザインに戻されています。

Xperia XZ2が登場した時にそれはそれは「フラットなデザインが良かった」と何度も主張した手前、なんとなく申し訳なさも感じますが、やっぱりXperiaはこちらのデザインの方が「らしい」と思います。

その影響か、指紋センサーは背面からXperia XZ1以前と同じ電源キー部分に戻ってきています

もちろん防水/防塵にも対応しており(IP65 / 68)、衝撃に強いCorning Gorilla Glass 6が利用されています。

充電端子は従来のUSB Type-Cが採用されており、ワイヤレス充電のQiには対応しなくなっています。

カラーはブラック、パープル、ホワイト、グレーの4色展開で、「Xperiaといえば」、という固定ファンも多いパープルが復活しています。

いたるところに、Xperiaらしさが戻ってきた感がありますね。

新しくチャレンジしたXperiaもよかったのですが、この辺りは受け取り方次第です。

 

Xperia 1の主なスペック

Xperia 1の主なスペックを簡単にまとめておきます。

 

カラー ブラック、パープル
ディスプレイ 21:9 CinemaWide 4K(1644×3840) HDR OLEDディスプレイ
6.5インチ
カメラ 12MP×12MP×12MP(標準×望遠×超広角)
トリプルカメラ
CPU Snapdragon 855
RAM/ROM 6GB/128GB
電池容量 3330 mAh
防水防塵 耐水性(IP65 / 68)
サイズ 167×72×8.2mm
SIM nano SIM(シングル/デュアル)
充電 USB Type-C
ワイヤレス充電 非対応
生体認証 指紋
ドコモでの発売 6月中旬

 

とりあえずほぼ隙のないスペックです。

お手頃価格でもし今すぐに発売されたら、かなり売れるのではないでしょうか。それくらい、従来の「Xperiaらしさ」が詰め込まれた良機種だと思います。

 

Xperia 1を実際に触った感想

以前のXperiaに戻ったような、新しいXperiaの第一印象は、やはり「縦に長い」というものでした。

しかし、その分21:9のディスプレイで使うマルチウィンドウは非常に便利に利用できますし、横画面で映画などを見るのにも適しています。

トリプルレンズカメラも魅力的ですし、全体のスペックも非常に高いため、十分、これは「買い」と感じました。

ただ、カメラに関しては試し撮り程度では何とも言えず、まだ評価は保留というところで、実際に購入して様々に試してみないと結論は出ません。

サイドセンスについては、今回のような出来なら、もうやめてしまってもいいのではないかと感じました。

ちょっと使えるレベルじゃない気がします。むしろダブルタップではなく、スワイプで出てくるようにしてもらった方がまだよさそうです。

発売日は6月中旬ということで、完全に購入時のプランはギガホ/ギガライトになります。

もちろん、スマホおかえしプログラムでもプランを指定しているわけではないので、カケホーダイプランをそのまま継続しつつ、スマホおかえしプログラムを利用することも可能です。

その辺りは、利用状況に合わせて判断していきましょう。

 



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

-2019年夏モデル, ドコモ Xperia(エクスペリア)情報

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.