ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dカード GOLDは海外旅行保険という観点から検証すると絶対的にお得

   

ドコモユーザーが国内旅行および海外旅行時の保険をかける場合、そのまま旅行保険をかけるよりもdカード GOLDを利用した方が絶対的にお得であるという事実をご存じでしょうか。

そもそも、無保険での海外旅行時の危険性自体、あまり知られていないかもしれませんが、知らなかったでは済まされない、人生を左右するリスクが潜んでいたりするのです。

そして、そんなリスクに対応してくれるのが、dカード GOLDに付帯(利用・自動)している海外旅行保険です。

なかなか知られていない内容だと思いますが、この事実に気づくと、dカード GOLDがその他のメリットをすべて無にしてしまったとしても十分すぎるほど使えるカードであることが理解できます。

ドコモのdポイント獲得効率がどうこう、というレベルを超越して、非常に使えるdカード GOLDの海外旅行保険について検証・解説していきます。

dカード GOLDにも適用される保険の相互扶助

そもそも保険には、相互扶助という考え方があります。つまり、お互いでお金を出し合い、お互いを支え合うということです。

そのため、当然のことではありますが、何もトラブル(保険事故)が発生しなかった場合には、保険料を支払った分だけ損をしてしまいます。しかし保険とは本来そうしたもので、いつ誰にどういうトラブルが発生するか誰にも予測がつかないからこそ、誰かの万が一に備えて全員で協力しようというスタンスなわけです。

自分が幸いにも何のトラブルにも巻き込まれなければそれがもちろん一番です。しかし不幸にもトラブルが発生した場合でも、保険によってある程度の補償は得られることになります。

これはdカード GOLD国内旅行保険/海外旅行保険についても同じです。

特に国内旅行の場合には、保険金支払いの事由に遭遇することなど、かなりの確率の低さだと思われます。それでも、そうした保険事故に巻き込まれている人も現実に存在するわけです。それがいつ自分になるかなど誰にもわかりません。

海外旅行に関して言えば、日本国内の旅行と比較すれば格段に各種保険事故にあう可能性は高まります。その上、例えば海外で病気や怪我をしてしまい、病院にかかった場合には、日本では到底想像することができないような莫大な請求に見舞われます

だからこそ海外旅行前に「保険に入っておきたい」と考える人も多いのです。日本国内を旅行するのに、保険に入る人はそう多くはないと思われますが、これが海外の話となるとまるで様相が違ってくるのはそういう理由からです。

 

保険は相互扶助で支えらえているということは、リスクが高まれば高まるほど、保険料は値上がりすることになります。

保険事故が多く発生すればするほど、保険金の支払いは増え、保険会社の経営を圧迫します。そのため、よりリスクが大きい海外旅行に関する保険は、一般的にかなり保険料が高めに設定されています。

 

dカード GOLDの海外旅行保険引受会社は東京海上日動火災保険

dカード GOLDに自動付帯されている国内旅行保険および海外旅行保険の引受保険会社は、東京海上日動火災保険です。

ドコモと東京海上日動火災保険は、他にドコモの医療保険サイクル保険などでも浅からぬ関係がありますが、dカード GOLDの保険についても取り扱い保険会社が同一となっています。

その、東京海上日動火災保険は、単独で海外旅行保険を取り扱いしています。

様々な代理店がその海外旅行保険を取り扱いしていますが、どこを見てもかなり高めです。

基本的に海外旅行保険は「何日まで」で「保険金をいくらに設定するか」で、保険料がまったく変わってきます。

仮に傷害死亡保障を5000万円にして、旅行期間を90日で設定すると、保険料は5万円前後となります。なかなかの金額です。

一方で、dカード GOLDの場合は、通常の年会費1万円の範囲内で、90日間、傷害死亡保障1億円という補償を得ることができるのです。

この点だけでも、dカード GOLDの自動付帯の海外旅行保険がいかに優れているかがわかると思います。

 

海外駐在の家族・知人宅に遊びに行くなら

昨今、日本から飛び出し、海外事業を展開をしている企業も多くなってきました。

そのため、家族が海外駐在をしている、または頻繁に海外と日本を行き来しているという人も少なくないと思います。

このケースでよくあるのが、駐在で海外に在住している家族や知人を訪ねて、旅行を兼ねて遊びに行くというケースです。

せっかく海外に家族や知り合いがいるのだから、長期休暇を利用して海外に行ってみたい、という人は実は非常に多いのです。

そんなときに気になるのがやはり海外旅行時の保険です。

海外旅行の保険など、普段は利用することはないと思いがちかもしれませんが、実は意外と身近にチャンスがあったりするものです。では、いざ海外に、と考えた時に、海外旅行保険をのことを考えるのは非常に手間がかかります。

比較検討するのも非常に疲れると思います。そんなときに輝くのがdカード GOLDの海外旅行保険というわけです。

 

海外旅行好きは必携のdカード GOLD

加えて、海外が好きで、本当に頻繁に海外旅行に行く、という人もいると思います。そういう人は、dカード GOLDは確実に所有しておいた方がいいでしょう。年会費1万円など、安いものです。

そもそもドコモユーザーであれば、この海外旅行保険だけでもある程度年会費分の元は取れるのです。加えて各種補償や特典の数々を見たら、損する部分がありません。

 

dカード GOLDの海外旅行におけるメリットは、保険だけではありません。出発時の国内国際空港で、ラウンジを無料で利用することができ、旅行出発前の時間を有意義に過ごすことができます。→「dカード GOLDで無料利用できる空港ラウンジを再確認しておく

通常利用できるラウンジはカード会社の提携ラウンジですが、ある方法を使うとJALのサクララウンジを利用するチャンスもあります。→「dカード GOLDでJALのサクララウンジを利用する方法

 

例えば海外で買い物をする際にも、やはりクレジットカードは必須の時代です。そんなときにdカード GOLDを持っていれば非常に便利です。

若い人であれば、海外旅行だけでなく、ホームステイやワーキングホリデーなども将来的に検討しているのであればなおさらdカード GOLDを所有しておく価値があります。

例えばフィリピンの21日以内ビザなし滞在や、マレーシアの90日以内ビザなし観光滞在などを経て、オーストラリアやカナダにワーホリに行く、という話はよく聞きます。人気のワーホリ協定国にdカード GOLDを持って出かけてみるのも楽しそうです。

 

海外旅行費用はdカード GOLDで

海外旅行時の費用は、基本的にはdカード GOLDで支払いをしましょう。

なぜなら、旅行費用の支払いをdカード GOLD払いにしているかしていないかで、海外旅行保険の各種補償金額が変わってくるからです。

そのため、できる限りdカード GOLDから支払いが出来るように調整しましょう。支払いに利用すれば当然のことながら、海外旅行保険に加えてdポイントまで貯まるのでよりお得です。

さらに言えば、旅行を計画する際にdトラベルを利用するとよりお得です。通常ポイント1%に加え、dカード GOLDで旅行代金を支払った際の決済ポイント1%、さらに加盟店ポイント1%も加算されて合計で3%もお得になります。

 

dカード GOLD 海外旅行保険の詳細

dカード GOLDに付帯している海外旅行保険の詳細内容をまとめておきます。

 

  本人会員/家族会員 本人会員の家族
傷害死亡 1億円
(旅行費用をdカードGOLDで
支払った場合)
5000万円
(旅行費用をdカードGOLDで
支払わなかった場合)
1000万円
傷害後遺障害 400万円~1億円
(旅行費用をdカードGOLDで
支払った場合)
200万円~5000万円
(旅行費用をdカードGOLDで
支払わなかった場合)
40~1000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
300万円 50万円
賠償責任
(一事故の限度額)
5000万円 1000万円
携行品損害
(年間限度額)
50万円
(一事故あたりの自己負担額3,000円)
15万円
(一事故あたりの自己負担額3,000円)
救援者費用
(年間限度額)
500万円 50万円

 

最近、大好きな日本に旅行した際に重度の病気に見舞われたタイ人女性の話が話題になりました。日本の優秀な医師の措置により命を救われ帰国したそうですが、残念ながら海外旅行中の保険に加入していなかったために、なんと医療費総額が1800万円にもなってしまったそうです。

まさにこれと逆のパターンが、海外旅行中の日本人に起こる可能性があるのです。

また、出産前のマタニティ旅行で海外へ、という人も中にはいると思いますが、妊娠中の海外旅行のリスクは、実は母体の健康不安もそうなのですが、それ以上に無保険で海外の医療の世話になってしまった場合の金銭的リスクが非常に大きいのです。

こうした様々な海外旅行におけるリスクを、無意識的にある程度カバーしてくれるのがdカード GOLDであるというわけです。

 

以上、日本で利用するだけでもメリットがあるdカード GOLDをよりお得に活用するために、海外旅行保険についてスポットを当てて考えてみました。

ただし当然のことですが、「海外には100%行かない」という人には海外旅行保険は何のメリットもありません。ただそういう人でも国内旅行には少なくともいくことはあるでしょうから、多少なりともメリットはあると考えていいはずです。

その他、dカード GOLDには理解しておかないと損をしてしまう落とし穴も多数ありますが、それを踏まえてメリットを最大化し有効活用していきたいところです。

dカード GOLDの海外旅行保険に関するさらなる詳細内容は、以下関連記事にて解説しています

関連記事:「dカード GOLD(ディーカードゴールド)は本当にお得なのか検証してみる

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏