ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dカード プリペイドはお得なのか/メリットデメリットまとめ

      2016/11/21

ドコモから新しく発表されたdカード プリペイド

すでにドコモのdポイント関連のカードサービスとしては、dカード/dカード GOLD/dポイントカードなどのラインナップがありますが、それぞれdカードとdカード GOLDはクレジットカード、dポイントカードはポイントカードなので、今回発表されたdカード プリペイドはその両者とも異なるプリペイドカードとしての性質を持っています。

dカード プリペイドは、全国のiD加盟店(65.3万か所)および国内外のMastercard加盟店での支払いに利用することができる、前払い式のプリペイドカードであり、かつdポイントカードの機能も併せ持っています。

2016年11月21日午前10時より申し込み受付開始です。

dカード プリペイドとは何なのか、dカード GOLDよりもお得なのか、そして最大のメリットとドコモの裏の思惑は何なのか、詳細内容を確認していきます。

関連記事:「dカード GOLDはお得なのか

dカード プリペイドの特徴まとめ

まずはdカード プリペイドについての特徴をまとめてみます。

dcardpri

 

「iD」決済機能と「Mastercard」決済機能「dポイントカード」機能を搭載したカードで、発行には年会費も手数料もかからず事前審査などもありません。

dカード/dカード GOLDと同じくiD決済時にはかざすだけで買い物をすることができるという利便性が魅力です。

ポストペイド方式のクレジットカードであるdカード/dカード GOLDに対して、dカード プリペイドはその名の通り前払い方式のプリペイドカードです。

注目はやはりポイント還元率ですが、iD決済、Mastercard決済のどちらの場合も支払い200円(税込)ごとにdポイント1ポイントが付与されます。

つまり還元率としては0.5%です。dカード/dカード GOLDと比較すると半分となっています。

ただし、dポイント加盟店ではカード提示によるポイント付与も受けることができるため、例えばローソンであれば100円につき1ポイントをもらうことができます。それプラス、決済分の0.5%、さらに3%割引特典もdカード/dカード GOLD同様つくため、合計で4.5%のお得となります。

ただここでも、dカード/dカード GOLDであれば最大5%の還元となるため、若干劣ります。

 

dカード プリペイドを利用するためには事前にチャージをしておく必要がありますが、チャージ方法としては専用WEBサイトから電話料金合算払いかdカード払いか、もしくはdポイント利用によるチャージかを選択することができます。

ほかにも、ローソン店頭にて現金払いにてチャージを実施することもできます。

dカード GOLDを所有していないドコモユーザーには、代わりに利用することができる便利なカードと言っていいかもしれません。

発行対象年齢もdカードやdカード GOLDと比べれば緩く、満12歳以上のドコモ契約回線契約者であれば申し込み可能です。

1回あたりのチャージ金額は、専用WEBサイトからであれば500円~最大50000円、ローソンでは最低1000円~49000円までがチャージ可能です。チャージ残高の上限額としては30万円となっています。

dカード/dカード GOLD同様、三井住友カードとの提携による提供ということで、カード発行会社は三井住友カード株式会社ということです。2016年11月下旬の提供開始予定となっています。

残高や履歴の確認については専用WEBサイトより可能となっており、カードの有効期限は発行より5年間となっています。

 

dカード プリペイドの券面デザイン

dカード プリペイドは、券面のデザインとして先着10万枚までは初回限定デザインとしてポインコデザインのカードを発行するということです。

通常デザインは、先着10万枚がなくなってしまってからの発行になります。

 

dcardpri01

 

通常デザインの方がシンプルでいいな・・・という場合には、とりあえず待つしかありません。

確かに、実際に利用することを考えると、特に男性の場合にはポインコデザインは少し辛いものがあるかもしれません。私も通常デザインの方が欲しいです。

逆に女性の場合はポインコデザインの方が人気が出そうですね。

 

dカード プリペイドとApple Pay

dカード プリペイドの詳細内容を見てもらえれば明らかですが、dカードやdカード GOLDを既に所有しているユーザーにとって、dカード プリペイドはほとんどメリットがありません。

ポイント還元率を考えても、それ以外の付帯特典の多さを考えても、ドコモユーザーにとって最もお得なのはdカード GOLDであるのは疑いようのないところで、dカード プリペイドが提供開始されてもそれは微塵も揺らぎません。

 

ただ一点だけ注目したいのは、dカード プリペイドがiPhone 7/iPhone 7 PlusのApple Payに対応するかどうか、という点です。

なぜここに注目するのかというと、dカード プリペイドがMastercard対応であるところが引っかかるわけです。

既に日本におけるApple PayでのiD決済について、アプリケーションやオンラインショッピングの支払い時にはVISAが対応しておらず、Mastercardのみが対応となっていることが明らかになっています。

そのため、Apple PayとiD利用において、VISAよりもMastercardが優位にあるわけです。

そのMastercardにのみ対応しているdカード プリペイドが登場するということは、dカード GOLDは所有しているものの「VISAカード」である、というユーザーに対する救済措置ではないか、とも思われるわけです。

つまり、dカード GOLD(VISA)を持っている場合、せっかくApple Payが利用できるようになってもアプリケーション購入やオンラインショッピングにはApple Payが利用できなくなってしまうため、その場合にはdカード プリペイドを使ってもらえれば、というドコモの思惑があるのではないか、ということです。

 

実際にApple Payにdカード プリペイドが対応するのかはまったく未定ですが、もし対応した場合には、dカード GOLD(VISA)ユーザーにとってはdカード プリペイドの大きな利用価値が生まれることになります。

もちろん、これからdカード/dカード GOLDを申し込みするのであれば、Mastercardにしておいた方が間違いありません。

 

dカード プリペイドとLINE Payカード

プリペイドカードといえば真っ先に思いつくのが、2%という高還元率を誇るLINE Payカードです。

dカード プリペイドは0.5%なので、単純にLINE Payカードは4倍もポイント付与率が高いわけです。太刀打ちできませんね。

ただ、dカード プリペイドには加盟店ポイントをもらえるという特典もあるわけですが、それはそれでLINE Payカードとdカード GOLDを併用すればあっさり解決してしまうわけで、現時点でdカード プリペイドを持つ理由は、上記のApple Payに対応した場合に限り、ということになりそうな気配です。

dカード プリペイドをしっかり理解すればするほど、dカード GOLDのパワーがよく理解できるようになりますので、どう考えてもdカード GOLDを所有していれば必要ないと思えてくると思います。

ただ、デザインには魅力を感じますので、発行は無料ですし、1枚2枚、持っておいてもいいのではないでしょうか。

私もdカード GOLDを所有してはいるものの、dカード プリペイドも申し込みしてみようと思います。

11月21日の受付開始を楽しみに待ちましょう。

 - ドコモdカード(旧DCMX)の裏