ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

dカード GOLDをdカードにダウングレードする必要がない理由

投稿日:

こんな質問をいただきました。

「ギガライトで安くなったことでドコモ光と合わせても元が取れないので、dカード GOLDはダウングレードするべきでしょうか!?」。

もう少しわかりやすく補足すると、「ギガライトにプランを変更したことで料金が安くなり、そのためドコモの料金とドコモ光の料金を合算してもdカード GOLDの年会費の元を取るくらいにdポイントが貯まらなくなったので、dカード GOLDから年会費無料のdカードに戻した方がいいか」ということです。

dカード GOLDの特徴を「10%ポイント還元」の部分だけで考えればそう思ってしまっても仕方がないところだと思います。

ただ、だからといってdカードに戻してしまうと、逆に大きな損になってしまったりもするので、まずは思いとどまりましょう。

わかりやすく解説していきます。

10%ポイント還元はお得だが、それだけで元を取ろうと考えない

ドコモのdカード GOLDの特徴を考えた時に、非常に大きなメリットとしてドコモ料金とドコモ光に対する10%ポイント還元に誰もが思い当たると思います。

そのため、多くの方が「10%も返ってくるなら、月1万円以上利用があるなら年間トータルで元が取れる!」と考えてしまいがちです。

ただ、ここは以前「dカード GOLDのdポイントクラブご優待(10%還元)を詳細まで理解して使いこなす」でも解説した通り、ドコモのすべての料金に対して10%還元されるわけではないですし、相談者の方のようにギガライトを利用していると、現実的にドコモの料金+ドコモ光分だけで元を取るのは確かに至難の業です。

「じゃあ、dカード GOLDは年会費がかかる分、損じゃないか、早めにdカードにダウングレードするべきだ」、と考えるのはしかし、早計です。

何故なら、ドコモ料金+ドコモ光に対する10%ポイント還元は、あくまでdカード GOLDのメリットの一部であり、それがすべてではないためです。

 

dカード GOLDはそもそも「最大活用」するために申し込みされたもの

2019年10月1日より消費税が増税され、10%になりました。それと同時にキャッシュレス・ポイント還元事業が開始されたことは、多くの皆様がご存知だと思います。この非常にお得な流れの中で、せっかくdカード GOLDを持っているのに、一切買い物に使わないということがあるのでしょうか?

使う気がなくdカード GOLDの申し込みをされた方は普通に考えていないと思います。誰もが、しっかりdカード GOLDを最大限活用しておトクを享受したいために作られたのだと思います。

dカード GOLDを持つことは、ひたすら利用することが大前提、なのです。

そしてひたすら利用していけば、非常に大きなメリットを受けられる特典がdカード GOLDには存在しているのに、意外に忘れられがちです。

それは、dカード GOLD年間ご利用額特典です。

 

dカード GOLD年間ご利用額特典で年会費の元を取る

dカード GOLDには、年間のdカード決済の利用額に応じて特典を受けることができる年間ご利用額特典が用意されています。条件としては、年間100万円以上の利用で10,000円分の特典年間200万円以上の利用で20,000円分の特典がもらえます。

年間200万円、というと、人によってやや難しいかなと思いますが、年間100万円は意識さえすればかなり多くの方が達成できる水準です。

もちろん、食費はもちろん光熱費や雑費、保険、通信費、遊興費に至るまですべての支出をdカード払いにしていく必要はありますが、ほんの少し意識すればそう難しいことではありません。

一度年間利用額100万円を達成できるようになれば、おおよそ毎年その水準はクリアできるようになるはずです。この時点で既に、年会費の元は取る形となり、後はすべての面においてプラスでしかありません

 

dカード GOLD年間ご利用額特典を目指していく意識により加速度的に「お得」が増える

dカード GOLDの利用においてdカードと比較して直接的なメリットがある部分は、この年間ご利用額特典10%ポイント還元とともに最も大きく影響する部分なのですが、年間ご利用額特典に関しては、それ以外にも間接的な影響もあると考えていいと思います。

この特典の存在により、「年間利用100万円」を目指すべくdカード GOLDの利用を促進しようという意識が高まる、という点が意外に見逃せなかったりするわけです。

何故なら、dカード GOLDは利用が増えれば増えるほど、加速度的にお得さが増すためです。

それは、単純に利用額に対して1%の決済ポイントが付与されることも理由の一つですが、さらに大きいのが、dポイントスーパー還元プログラムにおいてドコモの料金支払いにdカード/dカード GOLDを設定することで+1%のポイント還元するということ、そして新「ギガホ/ギガライト」利用の場合は、2020年3月31日までの期間限定で実施されている、dカードお支払割による5%還元キャンペーンも非常に大きい影響があります。

dカードお支払割5%還元キャンペーンは、通常の決済ポイント+4%なので、通常ポイントに加えてプラスになるのは、dポイントスーパー還元プログラムのdカード払い設定分と両方合わせて+5%です。(※dポイントスーパー還元プログラムは「iD決済/d払い」時に適用(クレジット対象外)/dカードお支払割5%還元キャンペーンはクレジット決済/d払い時に適用(iD対象外)・つまり両方適用されるためには「d払い」の利用が必要

5%ということは、仮に期間中100万円の利用があれば、通常還元分の1万ポイントと年間ご利用額特典1万円分にくわえ、5万円分の還元になるわけです。

dカードお支払割に関しては期間が約半年なので、半分の50万円分にしか適用されないとしても、50万円の4%は2万円分です。いずれにしても年会費分は完全に元が取れます。

 

もちろん、dポイントスーパー還元プログラムとdカードお支払割5%還元キャンペーンは、dカード GOLDだけでなくdカードでも対応する内容だったりはするものの、年間利用額100万円をめざそうという意識があるかないかでは、そこまで到達する可能性はかなり変わってくると考えられます。

その辺りは完全に、dカード GOLDが持つ見えない効能と考えてもいいのではないかと思います。

 

そしてどのタイミングであっても、年間ご利用額特典をしっかり獲得していくことができるのであれば、dカード GOLDをdカードに戻すメリットは一切ない、と言えます。

 

その他dカード GOLDの諸々の特典も

誰もが直接的に「お得」になるわけではないので目に見えにくい部分ではありますが、それ以外にも有名なところでdカードケータイ補償空港ラウンジ無料利用国内/海外旅行保険などなど、細かい特典は他にも色々と用意されています。

その辺りまで総合的に考えれば、どう考えてもdカード GOLDは年会費分を差し引いてもdカードをはるかに上回るメリットがあるのですが、詳細に関しては、以下の記事でかなり詳しく解説していますので、そちらを参考にされてください。→「dカード GOLDは本当にお得なのか/年会費1万円を回収する方法まとめ

 

dカード GOLDをdカードに気楽に戻せる人/戻せない人

もう一点、重要な内容を説明しておきます。

dカード GOLDの細かいメリットデメリットにすべて目をつぶったとして、dカード GOLDからdカードに、気楽に戻すことができる人と、できない人が存在します。

気楽にdカードに戻すことができる人は、固定の支払いをdカード GOLD払いに設定したりは一切していない人

気楽にdカードに戻すことができない人は、細かい支払いの数々まで、dカード GOLD払いを既に設定している人です。

dカード GOLDからdカードへのダウングレードを実施する場合、当然券面も変わりますし、クレジットカード番号も変わります。

そのため、すべての支払い設定を改めてやり直さなければならなくなります

これはなかなかの手間です。

dカード GOLDが、年会費分で極端にマイナスになってしまう、というならまだしも、しっかり利用していけばあっさり元を取れてより大きなメリットもあるのに、あえてダウングレードする必要性があるのか、という話です。

 

そのため、結論として、dカード GOLDからdカードへのダウングレードを推奨できる人とは、以下のすべての条件に当てはまる人です。

 

・ドコモとドコモ光の利用料金が非常に安い(10%還元の恩恵が薄い)

・独身、または扶養家族がいない(家族カードが利用できない)

・dカード GOLDの普段利用を放棄している(年間ご利用額特典がもらえない/ポイントが貯まらない)

・スマホを紛失させたり全損させることはまずありえない(dカードケータイ補償が活躍しない)

・飛行機に乗らない(空港ラウンジの利用機会がない)

・逆に、飛行機に非常に多く乗る(航空会社ラウンジが利用できるならカードラウンジは必要ない)

・海外旅行に行かない(海外旅行保険が活躍しない)

 

なかなかこれだけ当てはまる人はいないと思いますし、そもそも上記の多くに当てはまる方はdカード GOLDの申し込みをされていないと思います。逆に、一切当てはまらないのにdカード GOLDをお持ちでない方は非常にもったいないので、今すぐ申し込みを検討しましょう。

 

結論として、既にdカード GOLDをお持ちの方については、dカードへのダウングレードは基本的にお勧めでない、ということです。

10%還元の部分だけでなく、年間ご利用額特典やその他特典、そして実際に戻す際のリスクなどまで総合的に考えて、正しく判断しましょう。



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.