ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモdカード(旧DCMX)の裏

dカードお支払割の詳細内容解説/お得すぎるキャンペーンにも大注目

投稿日:

大手3キャリアの中で、唯一解約金1,000円プランを発表していなかったドコモから、正式に発表が実施されました。

2年定期契約の場合の料金は今までと変更ありませんが、2年定期契約を利用した場合の更新期間以外での解約金が、9,500円から1,000円に、大幅値引きされます。

それと同時に、仮に2年定期契約を利用しない、解約金0円のプランにしたとしても、月額料金は170円上がるだけなので、非常に選択肢の幅が広くなる形となります。

また、ドコモはdカード/dカード GOLD利用者を対象として、2年定期契約を利用しなくても、2年定期契約を利用した場合と同じ割引料金が適用される、「dカードお支払割」の提供を2019年10月1日から開始しました。

つまり、dカード/dカード GOLDを利用していれば、2年定期契約をする必要がなく、常に解約金は0円、ということになります。

解約金の部分でかなりややこしい内容も含みますが、詳細内容を解説していきます。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

dカードお支払割の詳細内容

ドコモでは、新しく2019年10月1日以降受付分のギガホ/ギガライト(ギガホ2/ギガライト2)にて、2年定期契約の解約金の値下げ、さらに定期契約なしプランの月額料金の値下げが実施されています。

そのため、ギガホ/ギガライト/ケータイプランを利用した場合の2年定期契約時の解約金は1,000円に変更されました。

また、定期契約なしの場合には元々解約金は0円ですが、その代わりに1,500円高めに設定されていた基本料金も、上がり幅が月額170円という形に、かなり選択しやすく変更されています。

まずは、ここまでをしっかり押さえておきましょう。

 

・2年定期契約あり・・・解約金が1,000円に変更

・2年定期契約なし・・・月額料金が170円高いが解約金は0円。

 

これをベースとしつつ、さらに追加の内容として登場したのが、dカードお支払割です。

定期契約なしの「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」を契約し、ドコモの利用料金をdカード/dカード GOLDに設定することで、解約金不要で、なおかつ2年定期契約と同じ170円安い月額料金を利用することができるようになる、というものです。

 

 

この表の料金では、ギガホにはギガホ割が適用されており、ギガホ/ギガライトともにみんなドコモ割(3回線以上)が適用されています。

 

ちなみに、データプラス、キッズケータイプランについては、定期契約なしでそのままの料金で利用できるようになります。そこまで合わせてまとめると、こうなります。

 

・2年定期契約あり・・・解約金が1,000円に変更

・2年定期契約なし・・・月額料金が170円高いが解約金は0円。

・2年定期契約なし+dカード/dカード GOLD所有でドコモの支払いに設定・・・月額料金はそのまま、解約金は0円。※dカードお支払割

・データプラス/キッズケータイプラン・・・解約金は0円。

 

ただし、それぞれの内容に関して共通している点としては、2019年10月1日以降、新しいギガホ/ギガライト(ギガホ2/ギガライト2)の契約をした場合、という点です。

 

既存のプラン利用&dカード/dカード GOLD利用の場合にはどうなるのか

多くの方が気になるのは、既にギガホ/ギガライトを利用していて、dカード/dカード GOLDを利用している場合にはどうなるのか、という点だと思います。

 

私は今、2年定期契約の旧ギガホを利用していてdカード GOLDを所有しています。

この回線を、解約金なしにしたい場合、まずは10月1日以降、新しいギガホに変更する必要があります。ここは必須です。手続きなしで自動変更はしません。これが一点、面倒なところですね。ちなみに、新しいギガホ/ギガライトは、正式にはギガホ/ギガライトと名称に変更はありませんが、WEB手続き上など、便宜上「ギガホ2」、「ギガライト2」という名称にされています。まぁ確かに、区別しないとわかりにくいですよね。

ちなみに、次の更新期間までに解約をした場合には引き続き解約金9,500円がかかります。

以下の通りです。

 

定期契約をご契約中で、更新期間以外に10月以降のプランに変更した場合であっても、当該定期契約満了月前月までに解約した場合は、変更前プランの解約金がかかります。

 

いずれにしても、次の更新期間以降は「定期契約なし+dカード GOLD」で解約金0円になるため、まず必要なのは新しいギガホ/ギガライトへの変更手続き、ということになります。

dカード/dカード GOLDを持っていなかったとしても、新プランに変更しておけば次の更新期間以後は解約金が1,000円になりますし、2年定期契約が嫌なら定期契約なしにすれば、解約金は0円になります。ただし、dカード/dカード GOLDがなければ、その場合は月額料金が今より170円上がってしまうので、あまりお勧めではありません。

 

そう考えると、現状ギガホ/ギガライトを利用されている方であれば、どのパターンであっても、新プラン「ギガホ2/ギガライト2」への変更手続きは実施しておいた方がいい、むしろそうしないと、現行の解約金の2年更新が繰り返されてしまう、ということになります。

これは逆に怖い話ですね。つい、変更を忘れてしまったなら、また2年、解約金9,500円で縛られてしまいます

今後、更新期間を迎えたユーザーから、自動的に新しい制度に移行していけばいいのですが、現行はそうはなっていないようです。

もちろんいずれにしても、ドコモを解約する意思がない方にとっては、どうでもいい話でもあります。

 

ギガホ/ギガライトに変更していないユーザーはそのまま変更なし

実は現状、ギガホ/ギガライトを既に利用している、という人の方がもしかしたらまだまだ少ないかもしれません。

そう考えると、今回の変更については、影響を受ける人はそう多くはない、ということもできそうです。

もし、解約をしたいユーザーがいたとして、解約金免除のために新プランに変更、という裏技を実施しようとしても、それは叶わず、いずれにしても次の更新期間までは待つ必要があります

また、特にドコモを解約するつもりがなければ、解約金がかかろうが、現行プランを維持する、というもの一つの選択肢だと思います。

少なくとも私はそのままdocomo with付きのカケホーダイプランとシェアパックについては、まだしばらく維持しようと思います。

先日ギガホに変更した回線に関しては、新ギガホに変更手続きはしようと思います。

 

dカードお支払割は、回線に紐づいている必要がある??

気になるのはもう一点、dカードお支払割の適用範囲です。

つまり、私の場合、代表回線にdカード GOLDが紐づいているため、子回線の自分名義の番号にはdカードは紐づいていないわけです。家族カードが紐づいている回線であればdカードお支払割は適用されますが、家族カードが紐づいていない回線に関しては、この恩恵を受けることはできないのでしょうか。

この点、確認してみたのですが、dカードの一括請求グループに入っていれば、dカードお支払割は適用される、という回答でした。それなら安心ですね。公式サイトでも見つけました。

 

利用月月末時点の支払設定が必要です。一括請求グループの場合、代表回線がdカード/dカード GOLDに支払設定をしていれば、子回線も対象となります。

 

間違いないですね。私の場合、親回線がdカード GOLDで、支払い設定もしているので、子回線はdカードお支払割適用です。

 

dカードお支払割 5%還元キャンペーン

 

dカードお支払割の適用開始に伴い、大きなキャンペーンが実施されています。

dカードお支払割 5%還元キャンペーン」です。dカードお支払割適用のドコモユーザーにとって、dカードお支払割そのものより、実はこちらの方が注目度が大きいと言えそうです。

内容としては、2019年10月1日から2020年3月31日までの期間中、dカード/dカード GOLDによるクレジットカード決済金額に対する通常時の100円(税込)につき1%のポイント還元に加えて、キャンペーンでの決済金額の4%分のdポイント(期間・用途限定)を追加し、合計5%が還元される、というものです。

このキャンペーンのすごいところは、国が2019年10月1日から実施するキャッシュレス・消費者還元事業の登録加盟店での決済の場合の最大5%還元と合わせて利用できる、という点です。

つまり、合計最大10%もの還元を受けることができるようになります。お得すぎますね。

 

関連記事:「dカードお支払割 5%還元キャンペーンがお得すぎてすごい!

 

dカードお支払割の管轄はドコモ側らしい

ちなみに、このdカードお支払割に関してdカードゴールドデスクに確認をしたところ、「dカードお支払割に関してはドコモの管轄なのでそちらに問合せしてほしい」という回答をいただきました。

わかりにくいですが、間違ってdカードセンターやdカードゴールドデスクに電話をしても同じ回答となり時間の無駄ですので、初めから、ドコモインフォメーションセンターに問い合わせるようにしましょう。

 

いずれにしてもますますお得なdカード GOLD

消費税増税後のキャッシュレス決済で非常にお得となるため、dカード GOLDの利用はもはや必須項目となっていましたが、今回のdカードお支払割、特に「dカードお支払割 5%還元キャンペーン」によって、圧倒的お得さになりました。

申し込みをしていないと非常にもったいない状態になってしまうので、もはや猶予はありません。

今すぐ、検討のち、申込をしておきましょう。

詳細内容は以下で解説しています。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモdカード(旧DCMX)の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.