ギガホ/ギガライト

ギガホ プレミア/5Gギガホ プレミアをわかりやすく詳細解説

投稿日:

ドコモの新料金プラン・「ギガホ プレミア」「5Gギガホ プレミア」が発表されました。

従来のギガホ/5Gギガホから、さらに料金を割り引き、なおかつ利用可能なデータ容量を5Gギガホ プレミアでは無制限、ギガホ プレミアでは60GBと、キャンペーンで提供されていた容量が標準になり、サービス拡大した内容となっています。

また、必要かどうかはともかくとして、どちらも毎月3GB以内で抑えることができたなら、さらに料金を1,500円割引きしてもらえます。

従来のdカードお支払割、ドコモ光セット割、みんなドコモ割はそのまま継続され、それらの条件をすべて満たした状態がギガホ プレミア/5Gギガホ プレミアの最安値、ということになります。

サービス提供開始は2021年4月1日から。先日発表されたアハモが3月提供開始なので、それよりもやや遅れる形となります。→「ドコモのアハモにギガホ/ギガライトから変更するべきか

従来のギガホ/5Gギガホは、2021年3月31日をもって新規受付終了となりますが、そのまま継続して利用することも可能、裏を返せばギガホ プレミア/5Gギガホ プレミアに変更手続きを行わなければ割引の恩恵を受けられない、ということになりますので、現状ギガホ/5Gギガホを利用されている方は要注意です。

必ず変更手続きを行いましょう。

新しいギガホ プレミア/5Gギガホ プレミアの細かい内容を、詳しく解説していきます。

ギガホ プレミア/5Gギガホ プレミアの料金体系

・「5Gギガホ プレミア」:利用可能データ量が無制限で、4,480円~(割引適用前6,650円)

・「ギガホ プレミア」:利用可能データ量が60GBで4,380円~(割引適用前6,550円)

 

ドコモの新料金プラン・ギガホ プレミア/5Gギガホ プレミアの料金は、今までのギガホ/5Gギガホと比較するなら非常にわかりやすい内容です。

5Gギガホ プレミアは5Gギガホよりも1,000円安くなり、ギガホ プレミアはギガホよりも600円安く設定されています。

データ容量は、元々キャンペーンで提供されていた無制限や60GBがそのまま標準で提供される形となります。

利用者側からしてみれば、内容は変わらず単純に料金が安くなる、ということなので、これは変更しない手はありません。むしろ、変更を忘れてそのままギガホ/5Gギガホを継続してしまうと非常にもったいないです。

自動変更になるわけではなく、改めて変更申し込みが必要となっているため、この点、要注意です。

 

料金体系の中でもう一点、今までと異なる部分として、毎月の利用容量が3GB以内に抑えることができたなら、追加で1,500円を割引する、という内容が、ギガホ プレミア/5Gギガホ プレミア両方で適用されています。

もっとも、3GB以内に収まるようならギガライトやアハモを利用すればいい話で、ギガホを利用している時点で3GB以内、などあり得ないような気もしますが、それでもたまに利用しない月があった場合などにはお得になりますので、これもないよりはあった方がいい、というところでしょうか。

 

 

その他、みんなドコモ割ドコモ光セット割dカードお支払割については今まで通り継続で、条件を満たせば割引が適用されます。

そういう意味では、既にギガホ/5Gギガホ利用中の方からすると、かなりわかりやすい内容と言えるかもしれません。

以下、まだご存知がない方のために、簡単に解説しておきます。

 

みんなドコモ割

みんなドコモ割は、ファミリー割引の音声回線数によって割引が適用されるという割引サービスです。

ファミリー内音声回線数が2回線の場合、月額500円引き、3回線以上なら1,000円引きとなります。

家族が多ければその分割引がかかる形となりメリットがありますが、家族がいない単独の回線の場合には、割引が適用されずメリットを受けることができません。

ギガホ プレミア/5Gギガホ プレミアの最安値は、みんなドコモ割(3回線以上)が適用されていることが条件です。

関連記事:「みんなドコモ割を完全解説

 

ドコモ光セット割

ファミリー内でドコモ光の利用がある場合に適用される割引です。月額1,000円割引きされます。

みんなドコモ割(3回線以上)と同様に、ギガホ プレミア/5Gギガホ プレミアの最安値を利用するためには、必須の割引きサービスとなります。

 

dカードお支払割

ギガホ プレミア/5Gギガホ プレミアは、ギガホ/5Gギガホ同様に、2年定期契約と定期契約なしから選択することが出来ます。

2年定期契約を選択した場合、更新月以外に解約した場合解約金が1,000円かかるものの、毎月の月額料金が170円安くなります。

定期契約なしを選択した場合、解約金はいつ解約しても一切かからないものの、毎月の月額料金の170円割引きが適用されません。

しかし、dカード/dカード GOLDを利用しており、毎月のドコモの料金支払いをdカード払いに設定している場合、dカードお支払割が適用されます。

これにより、定期契約なしであっても毎月の月額料金170円引きが適用される形となります。

関連記事:「dカードお支払割をわかりやすく詳細解説

 

5Gギガホプレミアには超過はない/ギガホプレミアは超過後1Mbps

利用可能データ容量が「無制限」とされている5Gギガホプレミアには、超過後、という概念がありません。ひたすら使い放題です。

一方で、ギガホ プレミアには、60GBという利用可能データ量があるため、それを超過した場合には速度制限がかかります。

速度制限がかかった場合の通信速度は、1Mbpsです。これは従来のギガホの速度制限後の速度と同様で、もちろん通常の速度からすればかなり遅くはなるものの、一般的な利用にはそれほど影響がない程度で使うこともできるため、そこまで心配する必要はありません。

どうしても速度制限かかる、制限後の遅さが気になる、という場合には、5Gギガホ プレミアへの変更を検討しましょう。

 

通話が多いならかけ放題オプション/5分通話無料オプション

 

ギガホ プレミア/5Gギガホ プレミアには、今までのギガホ同様、音声オプションが別に用意されています。

何も選択しない場合には通話料が30秒あたり20円かかりますが、月額料金はかかりません。通話をどれくらい利用するかによって、通話オプションは選択しましょう。

 

ギガホプレミアにみんなドコモ割/ドコモ光セット割がないならアハモに優位性

非常にお得に大容量を利用することが出来るギガホプレミア/5Gギガホプレミアですが、もし、みんなドコモ割もドコモ光セット割も対象外だったとしたら、それだけで料金はプラス2,000円です。

最初に案内した最安値、5Gギガホプレミア:4,480円ギガホプレミア4,380円から一気にどちらも6,000円を超えてしまいます。

そうなると、いくら大容量が使えるとは言っても、抵抗を感じる人も増えてくると思います。

結果、みんなドコモ割もドコモ光セット割も関係がない、アハモの2,980円で20GBが非常に魅力的に見えてくるはずです。

月20GBでは、極端に大きな容量を利用する人からしたら少なすぎるかもしれませんが、料金的には割引なしのギガホプレミア/5Gギガホプレミアの約半額で利用できるアハモは、十分天秤にかける価値はあり、アハモを選択する人も多いのではないかと思われます。

 

ギガホプレミアにおけるロング学割の適用額はギガホ/5Gギガホとは若干異なる

 

ロング学割適用対象者がギガホプレミア/5Gギガホプレミアを選択した場合、適用される割引額が、ギガホ/5Gギガホの場合と若干異なります。

5Gギガホプレミアでは、U22特典は適用されないものの、期間限定特典にて3,500円割引きされ(※3GB以下だと2,000円)、最初の6ヶ月間は月額980円で利用可能です。(※みんなドコモ割3回線以上/ドコモ光セット割適用時)

ギガホプレミアでは、期間限定特典とU22特典の両方が適用され、最初の6ヶ月は月額900円、7ヶ月目以降は3,980円(※3GB以下だと3,580円)となります。(※みんなドコモ割3回線以上/ドコモ光セット割適用時)

特に最初の6ヶ月間は、安すぎてすごいことになっています。

 

極論になりますが、最初の6ヶ月、ギガホプレミア/5Gギガホプレミアで格安運用をし、7ヶ月目に入る前に格安SIMなどにポートアウトする、なんて荒業も可能です。

その場合、もしdカードお支払割があるなら解約金すらかかりませんしね。負担は新規事務手数料と格安の月額料金だけです。

ただ、最安値の980円/900円が、そもそもドコモ光セット割とみんなドコモ割3回線以上、dカードお支払割があった上でのロング学割適用時料金となっているため、あくまで家族がしっかりその条件を満たしている場合、ということになります。

また、短期解約はその後改めてドコモで契約をする際にマイナスになる可能性もあるため、お勧めはしません。

 

とにかく、ロング学割ですべての条件を揃えた場合の最初の6ヶ月は、本当に安くなる、ということです。

 

ギガホ プレミア/5Gギガホ プレミアの申し込みチャネルは幅広い

新料金プラン「アハモ」は、WEB申し込み限定プランでしたが、ギガホ プレミア/5Gギガホ プレミアについてはWEBだけでなくドコモショップやドコモインフォメーションセンターでも受け付けしてくれます。

自分で手続きするのが苦手、という方にとってはありがたいですね。

ただし、My docomoからの変更手続きも非常にカンタンですし、手間もかからないため、そちらの方がお勧めではあります。可能ならば、一度チャレンジしてみましょう。

 



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ギガホ/ギガライト

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.