ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

スマホの故障・設定・使い方

Googleの検索履歴・閲覧履歴が消えない/消し方まとめ

更新日:

スマートフォンの検索履歴や閲覧履歴を見ると、それこそそのスマートフォンを利用している人が何を思い何を調べ何を見たのかが明らかになってしまうため、他人に趣味嗜好や性格まで想像されてしまう可能性があります。

検索履歴・閲覧履歴は実は非常に重要な個人情報の一つと言ってもいいと思います。

そんな重要な検索履歴・閲覧履歴だからこそ、人に見られる前にすべてをきれいに消してしまいたいと思うこともあると思います。

それなのに、「スマートフォンを利用していてどうしてもGoogleの検索履歴や閲覧履歴が消えてくれない」ということでは、怖くて自分のスマホを人に触らせることができなくなりそうです。たとえそれが家族であっても、「こんなことを調べていたのか」などと気づかれたくないこともあるはずです。

そんな検索履歴・閲覧履歴の削除方法について解説します。

 

※2017年8月上旬ころから、Googleの仕様が変わったらしく、検索してもいない履歴が表示され、下記方法で消えない、というケースが出てきています。この件については記事の最後で解説していますので確認ください。

関連記事:「スマホの文字入力予測変換を消す方法

Googleの履歴かブラウザの履歴か

Androidスマートフォンを利用している場合の履歴には、大きく分けて二つの履歴が存在します。一つは、インターネットを利用する際のアプリである「ブラウザー」の閲覧履歴や検索履歴

もう一つはもっと大元の、Google自体の閲覧履歴や検索履歴です。

どちらの履歴も削除しないと、結局意味がないのですが、どちらかといえばブラウザの履歴消去は比較的見つけやすく実施できている人も多いようです。

ただ、Googleアカウントに紐づいたGoogle側の閲覧履歴や検索履歴が、どうしても消すことができない原因となっているケースが多いと思われます。

Googleは、「検索内容や閲覧履歴の削除」について、こう記しています。

 

Google アカウントにログインしているときに、ウェブとアプリのアクティビティが有効になっている場合は、検索内容や閲覧履歴がウェブとアプリのアクティビティに保存されます。保存する内容は自分で管理できるため、いつでも保存済みの内容を削除したり、設定を無効にしたりできます。

 

つまり、Googleアカウントが有効になっており、ログイン状態にあれば、ウェブとアプリのアクティビティはデフォルトで有効になっているため、「検索内容と閲覧履歴」はウェブに保存されるのです。

そのため、「自分で管理」して消したい部分はその都度削除するなり、そもそも設定を無効にするなりしなければなりません。



検索履歴・閲覧履歴を消すには

Googleアプリからアクセスの場合

スマートフォンからGoogleの検索履歴・閲覧履歴を削除するためには、二つ方法があります。一つはGoogleアプリから入る方法、もう一つはブラウザ上から入る方法です。URLがわかっているのであれば、ブラウザ上から入る方が簡単ですが、削除のための流れがありますので、ここでは先にGoogleアプリから入って削除を実施する方法から解説します。

 

kensaku01

 

Google検索を実行しようとすると、毎回表示されてしまう過去の検索履歴。あまり人に見られたくないような検索履歴が表示されると困ることもあると思います。とりあえず暫定的な方法としては、項目ごとの長押しという方法があります。

 

kensaku02

 

消したい履歴を長押しすると、上記のような表示が出てきます。「削除」を押すと、自分のGoogleアカウントに保存されている検索履歴が削除されます。ただ、一つを消しても、またその前の過去の履歴が改めて表示されてしまいます。

 

kensaku03

 

この項目を一つ一つ実行するのは非常に大きな手間がかかります。ですので、すべての検索履歴を一括で全削除する方法をとりたいと思います。

 

kensaku094

 

まずはスマートフォンの中のGoogleのアプリを見つけてみましょう。Androidのバージョンが古かったり、以前の機種の場合は見つからない可能性もありますので、その時はインストールをするか、後述するブラウザからの設定で試してみましょう。

このGoogleアプリを開くと、Googleのトップページへとつながります。

 

kensaku04 kensaku05

 

まずは左上の三つの横線の部分をタップします。出てきた項目の中から、「設定」を選択します。

 

kensaku06 kensaku095

 

 

次に「アカウントとプライバシー」を選択します。続けて、「Googleアクティビティ管理」を選択します。

 

kensaku097

 

「ウェブとアプリのアクティビティ」を選択します。

 

kensaku098

 

この項目の中の最下部に、「履歴を管理」という部分があります。こちらをタップします。

 

kensaku09 kensaku091

 

ウェブとアプリのアクティビティの右上部分をタップします。出てきた項目の中から「削除オプション」を選択します。新しいバージョンでは、「アクティビティを削除する基準」と表示されています。

 

kensaku092 kensaku093

 

「今日」を選択すれば今日の履歴を削除、「昨日」を選択すれば昨日の履歴を削除します。「詳細設定」を選択すると、「過去4週間」、もしくは「全期間」を選択できます。ここで「全期間」を選択し、削除します。

これですべてのGoogle検索履歴・閲覧履歴がリセットされます。

検索窓で過去の検索ワードが表示されることもなくなります。

 

ただし、このままでは改めて検索をするとまた検索履歴が蓄積されていき、何度も同じことを繰り返して検索履歴を削除し続けなければなりません。

それはそれで大変なので、検索履歴が保存されないようにすることもできます。後述します。



ブラウザ上でアクセスの場合

Googleアプリがスマホ上に見つからなかったりする場合には、インターネットブラウザ―上で、Googleアカウントに保存された検索履歴や閲覧履歴を消すことができます。

ブラウザ上から削除を実施するためには、Googleのアクティビティ管理から入っていきます。

Google アクティビティ管理

上記URLから直接入れます。基本的にはアプリを利用して作業を実施した時とやり方は同じで、「アクティビティ管理」の部分から同じ作業を進めてもらえればオーケーです。

ちなみに、仮にパソコンからであっても、同じGoogleアカウントでログインしている状態であれば、検索履歴削除の実施は可能です。

 

検索内容・閲覧履歴を残さないようにする

検索内容履歴や閲覧履歴を上記の方法ですべて削除してしまったとしても、そのままで利用していればすぐにまた履歴が溜まっていきます。そうなると、その都度全削除を実施し続けなければならなくなるため、利用者にとってはかなりの負担となってしまいます。

そこで、「ウェブとアプリのアクティビティ」を無効化することを考えます。上記の手順の途中に出てくるこの部分です。

 

kensaku098

 

画面の上から二番目、「有効」という項目にチェックが入っているのがわかると思います。このチェックを外してしまいます。

 

kensaku096

 

このような注意喚起が出てきます。内容に問題がなければ「一時停止」を選択することで、Googleアカウントによるウェブとアプリのアクティビティは無効化され、検索履歴や閲覧履歴が保存されることがなくなります。



要注意! Googleマップの検索履歴とロケーション履歴

Googleマップの検索履歴が消えない場合の削除方法

通常の検索履歴以外に、個人的に非常に気になっていたのが、Googleマップの検索履歴です。

場所がわからないところに行く場合、Googleマップを利用するケースは多いと思いますが、その検索履歴は上記とはまったく別にアカウント上に残ってしまいます。

 

 

 

つまり、今日、昨日、今週、どの場所を検索したのかが一目瞭然で、もし行き先を人に見られたくない場合には、この履歴は非常に余計なものに感じてしまうはずです。

ということで、この検索履歴を削除する方法を以下、解説します。

 

 

Googleマップのアプリを立ち上げ、左上のマークをタップします。

 

 

出てきた項目の中から「設定」を選択します。

 

 

設定の中に、「マップの履歴」という項目がみつかりますので、これを選びます。

 

ずらりと、自分自身がGoogleマップで検索した場所の履歴が表示されます。その右側にある「×」マークをタップします。

 

 

削除の確認が出てきますので、「削除」を押します。これで完了です。

ここで一つ疑問が出てくると思います。それは私自身が感じた内容でもあります。

つまり、この方法では、一つ一つ消していかなければならないので、過去の履歴が大量にある場合には非常jに手間がかかる、ということです。

しかし色々調べた結果、現状、この履歴の一括削除はどうやら存在しないようです。そのため、普段から履歴がたまらないように注意しておくか、または人に見られては困る履歴だけをピンポイントで消しておくしかないでしょう。

この知識がある人が見ると、逆に履歴がないとそれはそれで怪しく感じられもするので、通常の検索履歴は残しておいて、人に見られたくない履歴だけを削除するのがお勧めですが、その場合消し忘れには注意が必要です。



ロケーション履歴がONになっていると行動が丸わかり

Googleマップにはもう一つ、便利だけれども使い方を一歩間違うと非常に厄介な機能が搭載されています。

それが、「ロケーション履歴」です。

この機能がONになっていると、対象のスマートフォンをもって移動した経路を後から確認することができるのですが、逆に言えばいつどこに言ったのかがすべてわかるため、これを万が一誰かに見られると、知られたくない自分の行動が完全にバレてしまいます。

まずは自分で確認してみるのが早いと思いますので、Googleマップのアプリを立ち上げて、項目の中から「タイムライン」を選択してみてください。もし、地図上に自分の移動した履歴が表示される場合は、ロケーション履歴はONになっている状態です。

意外にこのロケーション履歴はONになっている人も少なくありません。どういう機能か知らないままにONにしてしまっているケースがほとんどと考えられます。

これをOFFにしたい場合には、「設定」から「個人的なコンテンツ」を選択します。

 

 

個人的なコンテンツの中に「ロケーション履歴がON」という項目があるので、これをOFFに変えます。

また、過去のロケーション履歴をすべて削除しておきたい場合にはその下の「ロケーション履歴をすべて削除」を選択します。

意外に知らず知らずのうちに自分の行動を残してしまっている人は多いものです。特に隠すことがない人は問題ないと思いますが、あまり人に知られては困る行動が多い人は要注意の項目でもあります。

 

利便性向上かセキュリティ保持か

今回取り上げたGoogleのウェブとアプリのアクティビティによる履歴保持の問題、さらにロケーション履歴の問題は、メリットとデメリットの双方が存在します。

機能を有効化している場合のメリットとしては、検索機能の精度の向上や、より利用者の趣味嗜好にあった検索結果やおすすめサイトを優先的に表示してくれるなどです。

逆にデメリットとしては、やはりセキュリティの問題で、自分のきわめてセンシティブな情報をGoogleに開示している状態となるため、それが翻ってGoogle関連ツールの利用方法によっては、他人の目に触れないとも限らないわけです。

便利な機能もうまく使いこなさないとリスクにもなりえるといういい例かもしれません。改めてGoogle検索の活用方法について、しっかり考えてみてもいいかもしれません。



追記:検索してもいない履歴が出てくるので消したい

普段通りGoogle検索を利用していて、おかしいな、と感じ始めたのは2017年8月上旬か、もしかしたら7月下旬くらいからかもしれません。

自分で検索したこともない履歴が、Googleの検索窓の下の方にズラリと出てくる症状が出ていました。

おかしいな、とは思いつつも気に留めずにいたのですが、さすがに毎日のように出てきますし、自分で検索した分は出てこないという不思議な現象でした。

ということで、この件について調べてみました。

出てきた検索キーワードについて、長押しをしてみたところ、「この検索キーワードはお住まいの地域での急上昇ワードです」という表記が出てきました。そこから詳細を押すことでGoogle検索のヘルプに移行し、内容を確認することができました。

つまりこの機能は、Googleの「オートコンプリート」という機能がONになっている状態なのです。

上記で解説した、Googleアプリの設定から入ります。その中に、「オートコンプリート」という項目を見つけることができます。

その中に、「人気の話題の表示」という項目があり、ONになっているはずです。これをOFFにします。

これだけで、今までどうしても消えなかった、検索してもいない履歴を完全に消してしまうことができます。

自分で検索した履歴ではないのですから気にすることはないとはいえ、誰かにそれを検索したものと思われるのも嫌ですよね。

この作業で元に戻すことができますので、気になる方はぜひ実践しておきましょう。

 



-スマホの故障・設定・使い方

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.