ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモ光

他社光コラボからドコモ光への変更が可能に! 事業者変更手続き導入

投稿日:

ドコモ光で非常に大きな変更が実施されます。

事業者変更手続きの導入」です。

これだけ聞いても全くピンとこないと思います。もう少し具体的に言うと、「フレッツ光の設備を使った他社光サービスを利用中のユーザーが、新たに工事を実施することなく、ドコモ光へのきりかえが可能となる」ということなのですが、これでもなんとなくわかりにくいですね。

さらにかみ砕くと、「他社コラボ光からドコモ光への変更が可能になる」ということです。

今までは、NTTフレッツ光からコラボ光への転用は一回限りの一方通行で、一度変えたらそれまで、再度別のコラボ光にしたい場合には、解約し、さらに改めて新規申し込みをしなければならなかったため、非常に手続きが面倒でした。

それが、「立ち合い工事なし」の「工事料無料」で、「電話番号もそのまま引き継げる」、という形になり、非常に便利になります。

これにより、本当はドコモ光にしたかったけれど、他社コラボ光を既に利用していて変更することができなかった、という人でも、ドコモ光への変更が可能になるというわけです。

 

というわけで、その光コラボの事業者変更手続きについて、細かく内容を確認していきたいと思います。

関連記事:「ドコモ光は本当にお得なのか

ドコモ光への事業者変更

事業者変更とは、光コラボレーション事業者が提供するフレッツ光の設備を使った光サービスを利用中のユーザーが、新たに工事を実施することなく他の光コラボレーション事業者が提供する光サービスの契約に変更する手続きのことを指します。

つまり、「フレッツ光の設備を使った他社光サービス」から「ドコモ光」へのきりかえのことですね。2019年7月1日より導入予定です。

 

 

工事不要で切り替えが可能、という点が大きなポイントです。

今までは、一度光コラボに変更してしまうと、別の光コラボを利用するには一度解約してから改めて新規契約する必要があり、手間もコストもかかりました。

また、光コラボの事業者変更では、ドコモ光の提携プロバイダーならドコモ光に切り替えた後も、そのままプロバイダーを継続することができます

もし、切り替え前の光コラボ事業者で契約中のプロバイダーが、ドコモ光と提携していなかった場合は、新たにドコモ光で別のプロバイダーを契約するか、「単独タイプ」を選択する形になります。

ただ、単独タイプ+プロバイダーとなるとどうしても料金的に不利になってしまうので、基本的にはドコモ光対応プロバイダーから選び直すのがお勧めです。

 

きりかえおすすめポイント

立ち合い工事なしで切り替えることができるため、手間がかかりません。一度設備を撤去し、改めて設置するなどの作業はなく、そのまま切り替えることができます。

 

工事費用は発生せず、切り替え手数料がかかるのみです。

 

光電話利用中の場合、そのまま自宅の電話番号を引き継ぐことができます。

 

事業者変更時の注意点

事業者変更の手続きと同時に、通信速度の変更や、オプションサービスを申込みした場合、別途工事が必要となり、工事料が発生 します。

また、現在契約しているオプションサービスは原則、ドコモ光にて利用することができますが、一部利用できない、またはNTTとの直接契約となるものがあります。

NTT東日本/西日本以外の事業者が独自に提供する電話サービス(Yahoo!BB ホワイト光電話など)を利用中の場合、電話番号が継続利用できない場合があります。

 

ドコモ光に事業者変更する手続きの流れ

ドコモ光への「転用」とは、NTTフレッツ光からドコモ光に変更することを言いますが、その転用の手続きをする際に必ず「転用承諾番号」が必要になります。

それと同じように、事業者変更を実施する場合には事前に「事業者変更承諾番号」の取得とオプションサービスなどの確認が必要です。

NTT東日本/NTT西日本とオプションなどで直接契約がある場合、事前にNTT東日本/NTT西日本のホームページから情報開示に関する同意をする必要があります。

 

1:事業者変更承諾番号の取得

NTT東日本/NTT西日本のホームページに、現在利用中の事業者の連絡先が掲載されているため、自身で該当の事業者に連絡し、事業者変更承諾番号を取得します。→NTT東日本NTT西日本

この辺り、転用承諾番号を取得するのと基本は同じですが、異なるのは転用承諾番号を取得する場合の相手は必ずNTT東日本/NTT西日本ですが、事業者変更承諾番号の取得をする場合の相手は、今まで利用していた光コラボレーション事業者である、という点です。

 

2:事業者変更の申し込み

事業者変更の申し込みは、ドコモショップまたはドコモインフォメーションセンターで申し込みすることができます。

WEBでの申し込みは当面の間はできませんが、転用と同じように今後WEBで手続きが可能になるタイミングはもしかしたらあるかもしれませんね。

 

3:事業者変更手続きに必要なもの

・事業者変更承諾番号

有効期間は発効日を含めて15日間です。転用承諾番号と同じです。

 

・契約中の事業者での契約名義

NTT東日本エリアのユーザーのみ。

 

・契約ID(CAFまたはCOPから始まるID)

NTT西日本エリアのユーザーのみ。

 

・契約事務手数料:3,000円

翌月、利用料金と合算請求されます。

 

4:利用に必要な書類の受け取りとドコモ光への切り替え

ドコモから「開通のご案内」など利用に必要な書類が送付され、ドコモ光にきりかえられます。申込書控えがその後、ドコモより自宅に送付されます。

現状の通信速度の変更などがある場合には、工事が必要になる場合があるので注意しましょう。

 

5:Wi-Fiルーターなどの接続・設定

ユーザー自身によるWi-Fiルーター・パソコン・プロバイダーなどの接続・設定が必要になります。

ただし、切り替え前と同じプロバイダーを利用する場合には接続・設定は不要なので安心です。ドコモ光の提携プロバイダーに利用中のプロバイダーが存在している場合、特に問題がなければ、とりあえず同じプロバイダーにしておいてもいいかもしれません。

プロバイダーを変更し、接続・設定が必要な場合にどうしても自分で難しいと感じた場合には、ドコモの「ネットトータルサポート」を利用しましょう。

 

これまでドコモ光にできなかった、コラボ光利用中ユーザー要注目!

スマホはドコモを利用しているので、本当はドコモ光にしたかったけれど、コラボ光に変更してしまったのでもう戻ることができない、と思っていた方々に、朗報となる事業者変更手続きの導入。

具体的にどういう方々にチャンスが生まれるのかというと、コラボ光、つまりソフトバンク光やOCN光、So-net光、BIGLOBE光など大元はNTTフレッツ光で、そこから転用して〇〇光という形で利用中の方々、ということになります。

特に、ドコモを利用していてコラボ光を利用することにメリットは特にないのに、「営業されてなんとなくお得と聞いてコラボ光に転用した」、というようなケースの人にとっては大きなチャンスが生まれる話でもあります。

旧プラン利用中でも新プランでも、ドコモを利用中ならドコモ光にするとセット割引もかかりますし、dカード GOLDを利用していればドコモ光の利用料金に対して10%dポイント還元されるため、事実上の最大1割引きにもなり非常にお得です。

2019年7月以降、コラボ光からドコモ光への変更を、積極的に検討してみましょう



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-ドコモ光

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.