ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windowsを裏側から検証

ドコモ情報裏ブログ

ドコモ・スマホ/タブ情報の裏

中国や韓国のスマホなんて使いたくない!という人のためのドコモの機種選び

投稿日:

私個人の印象としては、韓国・サムスンのGalaxyの性能がずば抜けていることはもはや常識で、今回の注目機種の一つである中国・HUAWEI P20 Proは非常に楽しみな機種であり、ドコモからは発売実績がありませんが、格安スマホとして発売されている台湾・ASUSのZenFoneなども実際に利用した経験上、非常に優れた機種だと認識しています。

しかし、世間一般のイメージと私のそうしたイメージにはかなりズレがある、という事実に改めて思い至りました。

日本人としてやはり国内メーカーのスマホを使いたい、という気持ちを持っている方は、まだまだ非常に多いのです。

というより、それは日本人として当然の気持ちだと思います。私もその点全く同意です。

特にあまり多くの情報を持たず、目の前に初めて商品を提示されて、日本メーカー、韓国メーカー、中国メーカーのどれかを選べと言われたなら、当然のことながら心理的に日本人なら日本メーカーを選ぶと思います。

 

とはいえ、最近は国内メーカーであっても海外製の部品が使われていたり、製造自体海外で行われていたりすることも普通にあるわけで、何をもって「国内製」というのか、判断が微妙なところだったりもします。

しかし、とりあえずそうした点はすべて忘れて、単純に理屈抜きで海外メーカーは嫌だ!という方に合わせて、完全国産メーカーでの機種の選び方について考えてみました。


ドコモの海外メーカーまとめ

まずはドコモにおける海外メーカーの主なスマートフォン・タブレットをまとめておきます。

最近は海外メーカーの場合、前面にはメーカー名が出てこない機種も多いため、知らずに利用しているという人も少なくないかもしれません。

 

メーカー名 主なドコモスマホ
サムスン 韓国 Galaxy S9・S9+/Galaxy Note8/Galaxy Feel
LG電子 韓国 LG STYLE L-03K/V30+
Disney mobile DM-01K/V20 Pro
HUAWEI(ファーウェイ) 中国 P20 Pro HW-01K/dTab
ZTE 中国 MONO MO-01K/MO-01J/M Z-01K
HTC 台湾 HT-03A (2009年)

 

サムスンのGalaxyは、さすがにスマホについて詳しくなくても「聞いたことがある」という人も多いのではないでしょうか。性能も非常に高くドコモでは長くラインナップのレギュラーとして発売され続けています。

ただそれ以外のメーカーは、まだまだ日本での知名度は高いとは言えません。

Disneyモバイルについては必ずしも毎回LG製というわけではありませんが、dTabはすべてHUAWEI、MONOはZTE、「M」もZTEが今のところ受け持って製造しています。

HTCはどちらかというとauとのつながりが強く、ドコモからはHT-03A以来スマートフォンは発売されていません。

国籍としては、サムスンとLGが韓国、HUAWEIとZTEが中国、HTCが台湾です。

 

iPhoneは海外メーカーだが・・・

日本人が大好きなiPhoneは、言わずとしれた海外メーカー(アメリカ)です。

しかし、それに対して「iPhoneは海外メーカー製だから買いたくない」と購入を躊躇している人は見たことがありません。

つまり、日本人の海外スマホアレルギーは、もう少し厳密に言うとおそらく「アジア系スマホアレルギー」なのではないかと考えられます。

中国や台湾、韓国製よりも日本製が優れている、という根強い思いこみや、心情的にどうしてもそれらの国のスマホは怖い、受け入れられないという気持ちがあり、それは理路整然と日本以外のアジアのスマホの優位性を説明されたとしても、なかなか翻るものではないと思われます。

もちろんそれならば日本のメーカーやiPhoneから購入機種を選べばいい話なので全く問題はありません。

 

2018年時点で日本メーカーのスマホを選ぶとすれば、どういう機種が選択肢になるのでしょうか。

 

圧倒的人気! SONY・Xperia(エクスペリア)

Androidスマートフォンの中ではドコモのスマートフォン初期の頃から高い人気を誇る機種がXperia(エクスぺリア)です。

2018年夏モデルとしても、Xperia XZ2 Premium、Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compactという三つのXperiaの発売が発表されています。→「Xperia XZ2に機種変更してみた!Xperia XZ2 Compact/Premiumを実際見てきた感想・評価

人気のXperiaの中で、自分の好みに合わせて三種類から選ぶことができる、という意味で、日本のメーカーからスマホを選びたいと考えている人にとっては非常に嬉しい内容となっています。

 

SONYのXperiaシリーズは、最大の売れ筋だからということもあるのか、廉価版的な位置付けの機種は基本的に販売されません。

そのため、価格帯としてもやや高めのものが多く、料金をできる限り抑えたいという場合には少し選択しにくいケースもあると考えられます。

 

一方で、現在のXperia XZ1 SO-01Kのように、新機種が発売された後の旧機種が、大きく値下げされてお買い得機種になることもあるため、価格を抑えてXperiaを手に入れたいと考えるのであれば、旧機種を狙ってみるのも一つの方法です。

→「ドコモの機種変更にお勧め格安機種

 

知名度はイマイチ!? 割れにくいスマホ・arrows(アローズ)

自分の記事を読み返した時に、SONYのXperiaを、(エクスペリア)という風に、読み方を付けることはそういえば、ほとんどなくなっていました。

何故なら、「Xperiaを知らない人は、そう多くはないだろう」と無意識に考えているからです。

 

しかし一方で、富士通のarrowsについては、今でもたまに、(アローズ)という読みを注釈として入れたくなります。

Xperiaと比べたら知名度もイマイチかなぁと思ってしまうためです。

このあたり、ずっとドコモの機種を見続けてきた私のようなタイプの人間にはなかなか感じられない部分なので、「いやいや、君が考えているほどarrowsは世間の皆さんに知られてないよ」という風に言ってもらえると実は非常に助かります。

はっ、と気づくんですね。そうか、自分の常識は世間の常識ではないのだ、ということです。

 

しかし、そういう知名度の問題については、当の富士通自身感じているような気配もあります。

「The・割れにくいスマホ」という新しい付加価値を、arrowsというブランドに加えようとしているところなどは、特にそうですね。

「割れにくいスマホってCMやってたよね、小栗旬と山田孝之の。あのCM面白いよね」

そんな会話に紐づけて、「割れにくいスマホ=arrows(アローズ)」という言葉と図式をユーザーの心に刻み込んでしまいたい、そんな思いが感じられます。

 

パナソニックやNECなどの人気メーカーが次々ドコモのスマホから撤退する中で、ずっと踏みとどまってきた富士通のarrowsは、もっと認知され人気を博しても全くおかしくないと思います。

SONYのXperiaとの大きな違いとして、ハイエンドなフラッグシップモデルだけでなく、エントリーモデルかららくらくスマホにいたるまで、様々な機種を投入しているという特徴もあります。

docomo with対応機種として2018年夏モデルに投入されたarrows Be F-04Kは、私も機種変更して利用してみましたが、安く、それでいて性能も悪くなく、大きな人気を集めるものと思われます。→「ドコモのarrows Be F-04Kに機種変更した感想・評価

「割れにくいスマホ」を探しているなら、iPhoneよりもXperiaよりもarrowsです。この点しっかり覚えておき、購入時の参考にしましょう。

 

「AQUOS(アクオス)」のSHARPは国内メーカー?

AQUOS(アクオス)」ブランドを持つSHARP(シャープ)といえば、元々は純粋な日本の企業だったわけですが、現在はご存知の通り台湾の鴻海精密工業(ホンハイ)の傘下に入っており、純粋な国内メーカーと判断されるのか微妙なところです。

国内メーカーか海外メーカーかという判断を下すこと自体にそもそも何の意味もないのですが、スマホを選ぶ際に「海外メーカーは嫌だ」と感じている方々が、この事実を受けてSHARPを選択肢として含めるかどうかが、ここでは問題です。

ただ、「サムスンやファーウェイは嫌だけどSHARPなら元々日本のメーカーだし馴染みがあるから大丈夫」という人も少なくないのではないかと、個人的には感じています。

そもそもSHARPが現在ホンハイ傘下にあることにすら気づいていない人も多いはずです。

それは、2017年のSHARP製スマートフォンの売れ方を見ても明らかです。

 

2017年一番売れたAndroidスマートフォンをメーカー別にみると、なんとSHARPがSONYを抜いて1位でした。

フラッグシップモデルとして各キャリアのAQUOSブランドを統合したAQUOS Rの好調さもさることながら、docomo with対象機種として発売されたAQUOS senseが大ヒットしました。

これから購入を検討する場合、2018年夏モデルとして発売されたarrows Be F-04Kが最大の対抗機種となるため、あるいはarrowsに今まで以上に流れるユーザーも増えるかもしれませんが、それでも価格帯や性能を見た時に非常に購入しやすいコストパフォーマンスの高い機種であることは間違いありません。

 

ホンハイの問題はさておいて、SHARPを日本メーカーに含めることができないと、残すところSONYと富士通しか日本メーカーが残らないという問題もあります。

選ぶ側にとっても、ある程度の選択肢は欲しいところだと思いますので、どうしてもアジア系海外メーカーのスマホには抵抗があるという場合には、SHARPも含めて三メーカーから、新しいスマートフォンを選ぶようにしましょう。

 

国内メーカースマホの選び方まとめ

以上みてきた通り、アジア系海外メーカーを使いたくない、という場合にも、ドコモでは十分な選択肢が用意されています。

 

金額をそれほど重視しないのであれば鉄板の人気機種SONY・Xperia。

【2017-2018年冬春モデル】:Xperia XZ1 SO-01K

【2018年夏モデル】:Xperia XZ2 SO-03K・Xperia XZ2 Premium SO-04K・Xperia XZ2 Compact SO-05K

 

割れにくいスマホでハイエンド機かローエンド機かを選ぶなら富士通・arrrows。

【2017-2018年冬春モデル】:arrows NX F-01K

【2018年夏モデル】:arrows Be F-04K

 

2017年最も売れた今注目のメーカーを選ぶならSHARP・AQUOS。

【2017-2018年冬春モデル】:AQUOS sense SH-01K

【2018年夏モデル】:AQUOS R2 SH-03K

 

Xperiaについてのみ、現状毎シーズン、フラッグシップモデルが発売されていますが、arrowsとAQUOSについては年間サイクルで、フラッグシップモデルとdocomo with対象機種が交互に発売されています。それも踏まえて購入計画を立ててもいいでしょう。

関連記事:「ドコモ 2018年夏モデル・新機種の選び方」「docomo with対象機種比較

 

いずれにしても店頭で購入すると頭金や手数料などかなり高くつきますし、時間もかなりかかる可能性が高いため、基本的にはドコモオンラインショップをしっかり活用したいところです。→「ドコモオンラインショップでの機種変更/購入がリアル店舗より圧倒的有利な件

実際にドコモオンラインショップで購入する場合に一括購入でポイント2倍となるdカード GOLDも、忘れずに活用するようにしましょう。→「dカード GOLDは本当にお得なのか

ドコモオンラインショップ



-ドコモ・スマホ/タブ情報の裏

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.