スマホの故障・設定・使い方

YouTubeプレミアムがあまりに便利すぎてやめられなくなった話

投稿日:

以前はまったく視聴していなかったYouTubeの動画ですが、昨今は当たり前のように毎日、チェックするようになりました。

テレビも必要ないような生活を送っていたのに、何故YouTubeにはハマったのか、本当に不思議な気分ですが、特定の、魅力あるコンテンツを提供しているYouTuberを見つけると、継続して視聴し続けるという感じだと思います。

実際、私が視聴している動画も、特定のYouTuberとその周囲、という感じで、ある程度限定されています。

そんな中、以前から気になっていた「YouTubeプレミアム」をついに利用し始めました。

初回限定の無料期間もあるので、とりあえず利用してみよう、という軽い気持ちでしたが、実際に使ってみると、もうYouTubeプレミアムなしには戻れない感覚です。

個人的に使ってみて感じた、こういう使い方をする方には確実にYouTubeプレミアムはお勧め、という内容を解説していこうと思います。

 

非常にお得なドコモのdカード GOLDの詳細情報はコチラから。→「dカード GOLDは本当にお得なのか

広告なしとオフライン再生があまりにも便利すぎる!

YouTube、といえば当然「広告」はつきものです。そもそもその広告によってYouTuberの活動は支えられているのですから、これはまぁ、無料で視聴させていただいている立場としては仕方がないところです。

とはいえ、興味のない広告を、動画の端々で差しはさまれるのは、気分の盛り上がりを邪魔されるようで、あまり気持ちのいいものではありません。

「YouTubeプレミアムなら広告なしで視聴できる」という事実は、知識としては以前から知っていたものの、「広告は付きもの」という感覚を持っていたこともあり、あえてYouTubeプレミアムを利用するほどではありませんでした。

YouTubeプレミアムは月額料金もサブスクものとしてはやや高く、1,180円するため、そこまでして利用するほどではない、と判断していたわけです。

 

が、YouTubeプレミアムの、もう一つの大きな特徴、実はこちらの方に私はより強く興味をひかれていました。

というのが、「バックグラウンド再生」です。

私の動画視聴の傾向が、ヒカルさん、中田敦彦さん、DaiGoさんなど、主に「喋り」を武器として活躍されている方々ばかりなため、実は動画はそれほど必要でなく、音だけでも成立しうるコンテンツが多かったのです。

それゆえ、普段からスマホをそこらに置いておいて、AirPods Proで動画を「聴く」ということが出来ればどんなに便利だろう、と考えていたわけです。

通常YouTubeは、スマホやiPhoneの画面が暗くなるとオフになってしまいますし、視聴しながら他のアプリを使おうと思っても、やはり視聴が一時的に止まってしまいます。これを回避できるバックグラウンド再生は、自分の時間効率を上げてくれるという意味でも、非常に魅力的に感じていたわけです。

 

ということで、ある日唐突に、無料期間があるしとりあえずやってみよう、ということで、YouTubeプレミアムデビューすることになりました。

 

バックグラウンド再生の活用術/こんな使い方が出来る!

個人的に、YouTubeプレミアムのバックグラウンド再生が便利だと感じる最大のポイントとしては、スマホを閉じても再生が止まらない点です。

AirPods Proを繋いで「聴きたい」動画を再生し、あとはスマホを閉じて身近に置いておくだけで、自由に行動しながらYouTubeの再生で音を聴くことが出来ます。

これが可能になったことで、一人で外出する時などにも同じ使い方が出来、わざわざ自宅で時間をとってYouTubeの再生をする必要がなくなりましたし、わざわざ画面を注視する必要もなくなりました。

さらに、自家用車で外出する時などは、車のBluetoothにスマホを接続することで、あとは「聴きたい」動画を再生すれば自動車の中でYouTubeの動画を「聴く」ことが出来ます。

つまりは、YouTubeの動画をラジオ的に利用することが出来る、というわけです。

この使い方は、動画の内容が主に音声、つまり「喋り」が中心であり、「画面」を見ても見なくてもどちらでもいい、というYouTuberの動画に限られますが、そうしたコンテンツが多いYouTuberを好む方であれば、まさに理想的な使い方となります。

前述した通り、私のYouTubeの活用においては見事にフィットする利用方法でした。あまりにも便利すぎるため、有料期間に突入しても、もう辞めることはないと思います。

辞めるとしたら、「聴きたい」YouTuberがいなくなった時、ですね。

 

動画のメディアであるYouTubeですが、YouTubeプレミアムは動画を「聴きたい」というユーザーの拡大をも促すものなのかもしれない、と思いました。

逆に言えば、「聴ける」コンテンツを持つYouTuberは、YouTubeプレミアム会員から好んで聴かれるため、そういう意味でも有利なのかもしれません。

まぁ、YouTubeプレミアム会員には広告が表示されませんから、その辺りのYouTuberへの還元がどういう風になっているのかはわかりませんが、何らかの還元はされていると思いたいところです。そうしないと、視聴者がYouTubeプレミアム会員ばかりになったらYouTuberに収益が入らなくなりますしね。

 

YouTubeプレミアムの申し込み方法

YouTubeプレミアムの申し込み方法は非常にカンタンです。YouTubeアプリのアカウントメニューの中に、結構目立つ感じで「YouTube Premiumに登録」という項目が用意されています。

 

 

ここから入っていくとすぐに、一ヶ月無料トライアルの開始ボタンが現れます。

 

 

ドコモの各種dマーケットサービスと同じで、一ヶ月無料の後はそのまま有料となり継続しますので、無料トライアル中に不要であればキャンセル手続きを行う必要があります。

ちなみに私はこの無料トライアルが、3ヶ月か4ヶ月になっており、まだまだ有料課金されるのは先の話です。たまたまタイミング的にそういうキャンペーンがあっていたのか何なのか、その辺りはよくわかりません。

とはいえ、そういうキャンペーンも極力活用した方がお得ですし、何より注意したい点としては、AndroidスマホやパソコンからYouTubeプレミアムの申し込みをする場合と、iPhoneアプリから実施する場合とでは、月額料金が全く異なります。

Androidスマホやパソコンからだと、月額1,180円、iPhoneアプリからだと1,550円です。月額なので、年間にすると約4,000円も変わってきます。間違っても、iPhoneアプリからは申し込みしないようにしましょう。iPhoneを利用されている方は、パソコンからか、ブラウザでYoutubeを開いた状態で、月額1,180円になっているのを確認してから申し込みしましょう。

まぁ、間違っても初回であれば無料トライアルがありますからどうにかなりますが、そんなことで無料トライアルを消化するのももったいないですしね。

 

肝心の月額費用に関しては、YouTubeに登録したクレジットカードやドコモを通したキャリア決済、PayPalなどから選択することが出来ます。私は迷わずクレジットカードを選び、dカード GOLDを設定しました。

 

YouTubeプレミアムのその他の特典

YouTubeプレミアムの最大の特徴は、前に挙げた2点、広告が付かない点バックグラウンド再生が出来る点ですが、その他にも大きな特典が3つほどあります。

 

・動画を一時保存してオフライン再生する

・YouTube Music Premiumが利用できる

・YouTube Originalsが利用できる

 

内容は、ざっと見るだけでもおおよその予測は付くと思いますが、簡単に解説していきます。

 

動画を一時保存してオフライン再生する

YouTubeの動画は、通常保存することはできませんが、YouTubeプレミアムでは動画や再生リストを一時保存して、インターネットに接続していないオフライン時でも視聴することが出来るようになります。

YouTubeアプリだけでなく、YouTube Musicアプリでも同様です。

主な利用用途としては、通信が出来ない場所で動画を視聴したい場合などに、あらかじめ視聴したい動画を保存しておくことで、オフラインでも視聴を可能にすることが出来るため、例えば飛行機の中だとか、通信が一時的に遮断される状況でも動画視聴ができるようになります。

また、自宅のWi-Fi環境のみを動画視聴に利用し、外出先では通信容量を抑えたい場合にも活用できます。

つまり、自宅であらかじめ保存しておき、外出先ではオフラインで視聴することで無駄なデータ容量の消費を抑えることが可能になります。

YouTubeのモバイルアプリで動画再生を開始した後、動画下にある「オフライン」から一時保存を選択します。一時保存が完了した動画は、ライブラリの「オフライン」という項目に表示されていますので、いつでも好きな時に再生をすることができるようになります。

私も今回YouTubeプレミアムを利用するにあたって初めて利用しましたが、非常に便利なので、この機能も上手く活用したらかなり使える! と思いました。

 

YouTube Music Premiumを利用する

YouTubeプレミアムを申し込むことで、通常無料で利用できるYouTube Musicの機能も、「プレミアム」にパワーアップします。

違いとしては、通常のYouTubeの動画同様、バックグラウンド再生や、一時保存によるオフライン再生ができるようになったり、広告が消えたりします。

ドコモユーザーの方なら、もしdヒッツを利用していないのなら、かなり使えるサービスといっていいと思います。

私の場合は、dヒッツを最大限活用していてプレイリストなども結構作りこんでしまっているので、今更他の音楽サービスを利用する気にはなかなかなりませんが、音楽のサブスクリプションサービスを今まで利用されていないのであれば、この機会にYouTubeミュージックプレミアムを最大限活用すると、かなり費用対効果は高くなると思われます。

 

YouTube Originalsは必要ないかも

最後に、YouTubeプレミアムのもう一つの特典として、YouTube Originalsの動画を視聴することが出来る、という内容が用意されています。

YouTube Originalsは、YouTubeによるオリジナル シリーズや映画、イベントを視聴できるサービス、とありますが、用意されている動画の一覧を見た感じ、あまり日本人が一般的に利用することはなさそうな気がしました。

この特典に関しては、一応そういう特典もある、と押さえておく程度でいいのではないかと思います。基本的に、お勧めはしません。

 

通常のYouTubeとYouTubeプレミアムの違いまとめ

料金 広告 バックグラウンド再生 オフライン再生
YouTube 無料 あり 不可 不可
YouTubeプレミアム 1,180円
(※iPhoneからだと1,550円)
なし 可能 可能

 

改めてYouTubeとYouTubeプレミアムの違いをざっとまとめます。前述した通り、非常に大きいのが広告の有無、バックグラウンド再生の有無、オフライン再生の有無です。

月額1,180円という費用が、実際の利用の快適さに見合うかどうかで、申し込みの判断が分かれるところだと思います。

何より助かるのが、初回の無料トライアルがあることで、これがなかったら私も申し込みしなかったかもしれません。

まずは使ってみて、その上で月額1,180円の価値があるのかを見極めるのが大切です。

まぁ、少なくとも、毎日YouTubeの動画を視聴していて、主に「観る」より「聴く」ことの方が多い、という方にはより向いていると思いますので、まずはお試しされてみてください。

 

非常にお得なドコモのdカード GOLDの詳細情報はコチラから。→「dカード GOLDは本当にお得なのか



1

NTTドコモのクレジットサービス「DCMX」改め「dカード」は、既にdカード、dカード mini、dカード GOLD(dカード ゴールド)を含めて2018年6月末時点で1900万契約を突破しています。 ...

2

今回はなんと! 特別にdカード GOLDについて、実際に株式会社NTTドコモのdカードの担当の方にインタビューさせていただきました! dカード GOLDについて、しっかり質問してきましたので、既にdカ ...

-スマホの故障・設定・使い方

Copyright© ドコモ情報裏ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.