ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

ドコモ光/GMOとくとくBBの高速Wi-Fiルーターを使ってみたら驚くべき結果が出た

   

ドコモ光およびGMOとくとくBBを申し込みしてみて、自分で用意したバッファローのWi-Fiルーターを利用してインターネットを利用したところ、混雑する時間帯での利用時の速度低下があまりにも顕著で、これはやはりv6プラス対応Wi-Fiルーターの無料レンタル申し込みをするべきだなぁと感じて実際に申し込みをしてみました。

そして実際に比較してみた結果、非常に面白い検証結果が出たので、今回はその話をお伝えしていこうと思います。

関連記事:「ドコモ光は本当にお得なのか



申し込み後送られてきたWi-Fiルーターを接続する

GMOとくとくBBのWEBサイト「BBnavi」にログインし、簡単申し込みをして数日、Wi-Fiルーターが自宅に届きました。

一週間もかからなかったので、考えていたよりもずいぶん早い印象でした。

早速開封してみました。

 

 

選択したBUFFALO(バッファロー)のWi-Fiルーター「WXR-1750DHP」です。選択肢としてはもう一つ、IOデータのルーター「WN-AC1167GRV6P」もありましたが、バッファローを選択しました。

箱に書いてある「混雑に強いWi-Fi」という文字。さらにしっかり箱を見ると、「空いている帯域へ自動で誘導・バンドステアリング」とあり、早速期待が持てます。開けてみるとこんな感じでした。

 

 

本体とアンテナが三本、LANケーブルと電源アダプタ、置台です。組み立ても簡単でした。説明書を見るまでもありません。

このルーターの箱とは別に、ドコモ光/GMOとくとくBB利用者向けに、「Wi-Fiルーターかんたん接続ガイド」という一枚の用紙が別に付属してありました。それを見れば接続も簡単です。

というか、ほぼルーターを物理的につなぎなおしただけです。

元々つないでいたルーターからLANケーブルを外し、ONUと新しいルーターをつないで電源を入れたらそれで終わりです。ルーターのLEDがすべて点灯したのを確認したら、パソコンの設定に移ります。

受け側のパソコンでの設定は、通常のWi-Fi設定のみです。SSIDを受けて暗号化キー(パスワード)を入力します。これで完了です。簡単にインターネットが開始できました。

 

 

アンテナ三本は簡単に取り付けられます。当初、そのまま真っすぐ立てていましたが、どうやら両側は斜めに傾けた方が電波が飛びやすいらしいです。結果、こうなりました。

 

 

なんかそれっぽくなりました(笑)。

ただ、試したところ、まっすぐ立てていても全く問題なく通信できますし、速度も変わりませんでした。おそらくパソコンの距離が近すぎたためだと思われます。試したわけではないのですが、自宅の中で、もっと距離がある場所で利用する際は変わってくるものと思われます。

 

満を持して速度の確認実施

それまで利用していたWi-Fiルーターを利用した場合のドコモ光の速度が、時間帯によって大きな差があるのは既にわかっていました。毎日利用して、必ず遅くなる時間帯があり、それはほぼ平均して毎日変わりませんでした。

そのため、時間帯をある程度あわせて検証しないと速度が速くなったかどうかわからないかなと思い、直前に元々のルーターでチェックを行い、接続を切り替え、新しいGMOとくとくBBのv6プラス対応Wi-Fiルーターでの速度を確認してみました。

利用したのは有名なチェックサイトですが、速度についてはサイトや場所や時間帯によっても大きな差が出るのであえて細かい数字は出しませんが、目安として今までは最も快適に通信ができる時間帯で下りが数十Mbps、最低速度の時間帯では1Mbpsを切ることもありました。

ちなみにこの最低速度の時間帯には、dTVターミナルを利用したdTVdアニメストアの視聴にも影響が出ていました。基本は視聴できるのですが、頻繁に止まったり、数分前に戻ったりとおかしな挙動を繰り返していました。混雑している時間帯以外にはそういう症状は一切出ていないので、機器の故障という線はなく、まず速度低下が影響していたと思われます。

 

その状態が、GMOとくとくBBより無料レンタルしたv6プラス対応高速Wi-Fiルーターに変えてどうなったのか。

 

結論としては、驚くほど劇的に、混雑時の速度が改善しました

元々速度の出る時間帯は、まったく変わりませんでした。特に速くなる、ということはありませんでした。同じ程度、数十Mbpsが出ていたので、あれ、これはあんまり変わらないのかも、とちょっと不安になったのですが、速度の遅い夜などの時間帯は全く違いました。

こんなにも違うのか、という感想です。驚きました。まさかここまであからさまな結果が出るとは考えていなかったんですね。

もうルーターを交換して何日も利用していますが、混雑して遅くなる、ということがありません。混雑知らずです。

速度チェックを実施しても、ほぼ変わらず数十Mbpsを維持しています。

dTVターミナルでのdTV、dアニメストア視聴も試してみましたが、非常に快適です。止まることも一切ありません。

 

もしこの結果が、「まぁ改善はしたけれど、微妙な程度の改善だから、人によっては改善と思えないだろうなぁ・・・」という程度であれば、おそらくなかなか自信をもって勧められなかったと思うのですが、ここまで変わるのであれば、これは非常にお勧めである、と断言できます。

もちろん、同じようにドコモ光とGMOとくとくBBを利用しても、地域によっては違った感想が出ることもあるのかもしれませんが、確実なのは、v6プラスに対応したWi-Fiルーターにしただけでこれだけ変わった、という事実です。

GMOとくとくBBではない、v6プラスに対応していないプロバイダーを選んでしまうと、時間帯による遅さに苦しめられていたかもしれません。

ちなみに私が以前利用していたOCN光では、同じように時間帯による速度差がやはり大きかったので、v6プラス対応のドコモ光のGMOとくとくBBに変えて大正解だと思いました。

 

GMOとくとくBB+ドコモ光を継続します

実は今回、私は本当に速いのか、使い勝手がいいのか疑心暗鬼だったドコモ光とGMOとくとくBBを検証してみるためにあえて、OCN光からドコモ光に切り替えました。

もし万が一使い勝手が悪かった場合、解約金等がかかったとしても他のプロバイダーに切り替えたり、最悪ドコモ光自体、また工事費がかかっても他の光に変えて試してみることも考えていたのですが、その必要はまったくなくなりました。

何故なら、速度と安定感に満足することができたので、あえて変更する理由が見つからないからです。

しかもドコモユーザーであればドコモ光が最強なのはすでに分かっていることで、dカード GOLDとの併用を考えても確実にお得になるわけです。これだけメリットがあれば、さすがに長期的に利用していきたいと思います。

なんとなく光回線をフレッツのままにしているとか、新規契約するならどこがいいのか悩んでいるということであれば、是非高速通信のv6プラスに対応したドコモ光+GMOとくとくBBを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

ドコモ光の口コミの悪さは何だったのか問題

最後に、ドコモ光とGMOとくとくBBの口コミの悪さについてです。

悪い評価を口コミされている方が多いのは事実です。だからこそ、私も検証してみたかったわけですね。そんなに悪いものなのか、その口コミ評価は本当なのか、ということをです。

その結果として、現状、何故ドコモ光やGMOとくとくBBをそんなに批判するのか、という理由がまったくわかりません。

手続きも工事もスムーズに終わりましたし、不満を持つ点はほぼありませんでした。

もちろん、それだけ悪評をネット上やSNS上で書き込みされているということは、それなりの不満を持つようなことが過去にあったのでしょうが、もし使ってもいないのに「ドコモ光とGMOとくとくBBはダメだ」という噂を信じているのであれば、これは間違いだと思いました。

一つの感想がすべての事実を表しているわけではないということですね。

「GMOとくとくBBは遅い!」という人は、v6プラス対応Wi-Fiルーターを利用していないのではないか、とすら思いたくなるくらいです。

少なくとも私は満足できています。満足できなかったら、元々利用していたOCN光をお勧めしようとすら考えていたのに、こちらがお勧めだと感じたわけです。

 

ということで、様々なドコモ光の悪評には真向から対立してしまう意見になりそうですが、ドコモ光とGMOとくとくBBは、簡単申し込みできてスムーズに手続き終了し、v6プラス対応Wi-Fiルーターを利用すれば速度も非常に快適に利用できると結論づけようと思います。

もちろん、こんなにうまくいくケースばかりではないのかもしれませんが、光回線利用の、一つの判断材料として参考にされてみてください。
公式サイト→GMOとくとくBBのドコモ光


 - ドコモ光