ドコモ情報裏ブログ

ドコモのサービス/料金/キャンペーン/MVNO/格安スマホ/SIMフリースマホ/Android/iOS/Windows/アプリゲームを裏側から検証

*

dポイントクラブのリニューアルをどこよりもわかりやすく理解する

   

そもそもです。

dポイントクラブの全身であるドコモプレミアクラブの頃から、ドコモの大幅なシステム変更はかなりわかりにくいものがありました。

だからこそ、早い段階から発表して理解されるよう努めているのかもしれませんが、それにしても毎度毎度わかりにくいシステム変更は本当にユーザー目線でいうと負担でしかありません。

しかし実際に変更されると決定したものは仕方がないので、今回も2018年5月からのdポイントクラブの内容改定に向けて、何がどう変わるのか、その仕組みをどこよりもわかりやすく考えていきたいと思います。

関連記事:「ドコモのずっとドコモ割プラスでdポイントが選択可能に

dポイントクラブにまつわる過去の話

前置きとして少し昔話を。不要な方はこの項は読み飛ばしてください。

 

ドコモの長い歴史をみれば、dポイントクラブはまだ開始されて三年満たないシステムであり、それ以前に採用されていたドコモプレミアクラブと比べればまだまだ歴史が浅いです。

とはいえ、これまでドコモは、私が知る限りにおいてかなりの回数、仕組みの大枠であるdポイントクラブ(ドコモプレミアクラブ)について、大幅な変更を繰り返してきています。

時代時代において、ドコモの思惑と、ドコモが定めた仕組みがもたらす影響の間にズレが生じ始めるために都度変更されるものと思われますが、ユーザーからすれば毎回仕組みが変わればその分利用方法も、場合によっては利用キャリアすらも変えたくなる可能性がありますし、得になるならまだしも損になるようなら「どうしてそんなことをするんだ」と不満がたまるしかありません。

ちなみに、私の記憶にあるドコモプレミアクラブの変更は、ほぼ改悪に近いものしかなかったような気がします。

古くはDCMXカード(現・dカード)が今以上にポイント付与率がよかったこともありました。ドコモプレミアクラブとDCMXカードはそもそも直接的に紐づいておらず、それぞれにポイントがたまっていたんですね。むしろその時代の方が長かったと記憶しています。

しかしdポイントクラブでは、dカードはdポイントクラブのステージと関連付けられ、「そのステージに優遇されることでdポイントが通常以上にもらえるようになる」という仕組みに変更されました。

以前はそうではなく、ドコモプレミアクラブは独立してステージによりポイント付与率が違っており、それプラスDCMXカードやDCMX GOLDを所有することでさらにポイントが貯まる、という仕組みだったのです。

これが変更された一つの要因としては、DCMX会員の圧倒的な増加と頭打ちによる、GOLDカードへのメインターゲットの変更があったのかもしれません。現在ではそのために、dカード GOLDのメリットがdカードを圧倒しています

 

そして2018年、dポイントクラブとdカードは、また改めてその関わりを絶たれる形となります。

つまりは過去の状態へと戻るわけです。

しかし、とりあえず一点、安心できる部分を見つけてほっとしました。

すなわち、dポイントクラブリニューアルに伴うdカード GOLDユーザーに対する悪影響はない、という点です。

まずはそこを抑えた上で、全体の内容を確認していこうと思います。

 

新dポイントクラブのステージは5段階

なんだか何もかもが過去に戻されるような印象です。

ドコモプレミアクラブはもともと5段階ステージの時期もありましたからね。

ということで、現行のdポイントクラブと新dポイントクラブを比較していきます。

 

  現・dポイントクラブ 新・dポイントクラブ
会員ステージ数 4段階 5段階
ステージ レギュラーステージ
ブロンズステージ
シルバーステージ
ゴールドステージ
1stステージ
2ndステージ
3rdステージ
4thステージ
プラチナステージ
ステージ判定 1.6か月間のdポイント獲得数
2.ドコモ回線継続利用期間
3.dカード/DCMX/
dカード GOLD/DCMX GOLDご契約
1.6か月間のdポイント獲得数
2.ドコモ回線継続利用期間
ステージ判定期間 上記1毎年6-11月、12-5月
上記2毎年11月末、5月末
上記3契約時/解約時に即時反映
上記1当該月の前々月までの6か月間
上記2毎月末
ステージ更新時期 毎年1月、7月 毎月
dカード GOLD ゴールドステージ優遇による10%還元 ステージに関係なく10%還元

 

現・dポイントクラブ 新・dポイントクラブ

 

変わる点としてはまず、ステージの数。そして、ステージ判定に影響していたdカード/dカード GOLDの所有という条件がなくなります。そして、ステージ判定期間も更新時期も変わります。

そして、dカード GOLDによる10%還元という事実は変わらないものの、それがステージ優遇によるものだったところが、ステージとは関係なく10%貯まる形になります。

わかりにくいですが、新dポイントクラブになったとしても、dカード GOLDのお得さは引き続き継続される、というわけです。

既にdカード GOLDを所有している人ももちろんそのまま利点を継続して享受できます。ここは非常に大事です。

 

dポイントクラブ・ステージ判定条件とステージ優待

ステージの決まり方

ステージ判定条件について、詳細を比較してみます。

 

【現行・dポイントクラブ】

レギュラー ブロンズ シルバー ゴールド
ドコモ回線継続利用期間 なし 10年以上 15年以上 なし
dポイント獲得数(6ヶ月) 600pt未満 600pt以上 3000pt以上 10000pt以上
カード保有 dカード契約 dカード GOLD契約

 

【新・dポイントクラブ】

1st 2nd 3nd 4th プラチナ
ドコモ回線継続利用期間 4年未満 4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
dポイント獲得数(6ヶ月) 600pt未満 600pt上 1800pt以上 3000pt以上 10000pt以上
カード保有 関係なし

 

新・dポイントクラブでは、ステージの決まり方とステージそのものが、大きく変わります。

ドコモ長期契約者をより上位のステージに優遇する仕組みとし、ドコモ回線継続利用期間が15年以上であれば、最上位のプラチナステージに優遇される形となります。

このステージ判定には、今まで関係していたdカード/dカード GOLDの契約有無は一切かかわってきません

変更された主な点としては、「4段階だった会員ステージを5段階に変更」、「ドコモ回線継続利用期間と6か月間のdポイント獲得数により、毎月ステージ更新(変更前は半年ごとに更新)」という点です。

ステージ判定のタイミング


ステージの判定については、現行が半年単位での判定になっているところから、毎月判定されるという形に変わります。

判定対象が6ヶ月という点は変わらないのですが、決められた期間の6ヵ月であったところが、直近6ヶ月に変更となります。

ただ、この部分もあまり何かに大きく影響するような部分ではないので、深く考えずにざっくり覚えておいてもいいと思います。

うまくいけば、ずっとドコモ割プラスが適用するステージが毎月変わるため、有利に働くようになります。今までであれば、一つ上のステージに上がるためには条件を満たしても長くて半年近くは待たなければならなかったからです。

 

ずっとドコモ割プラスで今まで以上にお得になる?

dポイントクラブの改定に伴い、長期契約者向け割引である「ずっとドコモ割」が更に拡充され、「ずっとドコモ割プラス」として特典に追加される形となります。

「ずっとドコモ割プラス」では、従来から実施している「パケットパック」の料金割引か、dポイント進呈のいずれかを選ぶことができます。

 

 

dポイント進呈を選ぶと、料金割引の1.2倍の額が適用となり、最大で月額3,000ポイントが進呈されます。

注意点としては、進呈されるdポイントは期間・用途限定ポイントであるということと、「dポイント進呈」(「ずっとドコモ割プラス(ポイント)」)を選択する場合には、申し込みが別途必要です。

dポイントクラブ改定の内容をざっと見ても、実際に何がどうなるのか、見比べてもよくわからない部分も多いと思います。

基本的に影響する部分としては、「ずっとドコモ割」が今まで適用していた部分が「ずっとドコモ割プラス」になると考えるだけで問題ありません。

ただ、「ずっとドコモ割」が「ずっとドコモ割プラス」に変わっても、全体として影響を受ける部分はありません。「ずっとドコモ割プラス」のさらなる詳細内容はこちらにて。→「ドコモのずっとドコモ割プラスでdポイントが選択可能に

まとめると、「ずっとドコモ割」が「ずっとドコモ割プラス」になることによってユーザー側で得られるメリットとしては、割引ではなくdポイント(期間・用途限定)を選択することができるようになった、という点に尽きます。

 

新dポイントクラブは特別に特典が大きくなるわけではない

新dポイントクラブで、今まで以上にステージを増やすということは、それぞれのステージにおける特典が何かしらあるのでは、と感じられますが、今までと違う特典はほとんどありません。

ステージ特典の一つとして、ずっとドコモ割プラスが挙げられていますが、これは前述したとおり基本はそのままです。繰り返しますが、割引ではなくdポイント(期間・用途限定)を選択できるようになったのが、唯一大きな変更点です。

 

次に、特典2として挙げられているのが、ドコモのケータイおよびドコモ光利用に対するポイント進呈です。

つまりこれも、現行と同じですね。

 

1st 2st 3nd 4th プラチナ
ドコモのケータイおよび
ドコモ光に対する進呈ポイント
1000円につき10ポイント

 

 dカード GOLDを保有していれば、この部分が1000円につき100ポイント、という10%還元にアップする、というわけです。形が違うだけで、内容は今とまったく同じです。注意点として、1000円につき10ポイントというステージポイントが別途ついて合計11%お得になるわけではありません

あくまでdカード GOLDにおける10%還元とは、通常1000円につき10ポイントのところが、1000円につき100ポイントになる、という話です。

若干変わるのは、ステージに応じた優待クーポンです。

これは現行、プレミアムクーポンやスペシャルクーポンとして提供されていますが、これが「プラチナクーポン」、「スペシャルクーポン」、「dポイントクラブクーポン」という形で再構築されるようです。内容はまだ明確になっていませんが、これも基本的には現状の内容に準じるものになると思われます。

繰り返しますが、dカード GOLDについては、現行と一切変わりません。ドコモの報道発表資料に、以下のようにあります。

 

これまでdポイントクラブのゴールドステージ特典であった、毎月のドコモのケータイ及びドコモ光のご利用料金1,000円につき100ポイントのdポイントを進呈する特典については、引き続きdカード GOLD会員特典として提供いたします。

関連記事:「dカード GOLDは本当にお得なのか

 

場合によっては再度変更もある?

ドコモプレミアクラブの頃の話ですが、今回と同じように大規模なシステム改定が発表されたおり、あまりにもユーザー側に不利な内容があったことがあるのですが、その部分についてはその後、ドコモが若干内容を改めることになった、ということもありました。

ずいぶん前のことなのでどういう内容だったかまでは覚えていないのですが、開始までに時間がある場合には特に、実際にそういうこともありえます。

今後、このdポイントクラブの改定までにはまだあと半年以上の時間が残されています。ユーザー側の反応を見ながら、何かが付け加えられたり、なくなったりという微調整はもしかしたら今後もあるかもしれません。

 

ちなみに、10月25日時点で、dポイントクラブリニューアルに関するメールがドコモより送られてきました。

 

 

長期利用ユーザーに対する上位ステージへの優遇と、ずっとドコモ割プラスについて軽く言及されています。詳細内容は当記事内で解説したとおりです。

 

 

引き続きdポイントクラブについても注目していきたいと思います。

 - dポイントクラブ